大つごもり日記

わたくし、ふようほうによる、歴史ネタ、寄席ネタ、マジック鑑賞ネタ、鉄道ネタ、音楽ネタ、障害競馬ネタ・・・などを書き連ねていく、はずのブログです。


テーマ:
長らく書かないまま日が経ってしまいました。
今年は、大坂夏の陣400周年ということで、色々書こうと思っていたのですがまだ書けておりません・・・とか言ってる間にはや5月。
旧暦ながら、5月6日から8日にかけては、西軍のビッグネームが次々に亡くなっています。
5月6日 道明寺・誉田合戦で、後藤又兵衛基次、薄田隼人正兼相ら討ち死に。
    八尾・若江合戦で、木村長門守重成ら討ち死に。
5月7日 真田左衛門佐幸村(信繁)ら、討ち死に(自害?)
    大坂落城
5月8日 豊臣秀頼、淀殿、大野修理治長、毛利豊前守勝永ら、大坂城本丸北にある山里曲輪内にて自害。


・・・いずれ遅ればせながらでも書いていこうと思いますが、今日はちょびっと。
慶長20年5月8日(1615年6月4日)、秀頼とともに自害した大坂方の武将たちのなかでも、やや地味な速水甲斐守守久のことを。

●前半生
例によって、Wikipediaやら何やらを元に。
さきに「やや地味」と書いてしまったものの、彼は秀吉が晩年秀頼のために創設した親衛隊・七手組の筆頭にいた人です。出身は近江(滋賀県)で元々は淀殿(秀頼の母)の父 浅井長政の家中にあり、浅井家滅亡後、お市の方(淀殿の母。織田信長の妹で浅井長政に嫁いだ。のち信長により浅井家が滅ぼされると、信長に引き取られる)の家来を経て、その後秀吉に仕えます。

Wikipediaによれば
-----
近習組頭、黄母衣衆となる。
小牧・長久手の戦い、小田原征伐などに歴戦し、朝鮮出兵では肥前国名護屋城本丸広間番衆六番組頭を務めた。
平時には秀吉の身辺警護にも当たった。奉行として検地などにも活躍し、1万5000石を拝領、後に4万石まで加増された。
-----
ということで、派手な戦功はともかく、秀吉から信頼を受けていた印象があります。


●調停係の日々
秀吉が亡くなり、関ヶ原の戦いの後徳川が政権を握ったあとも、守久は豊臣家に仕え続けます。秀頼の奥方で徳川家康の孫娘(秀忠の娘)である千姫の教育係にも任じられたようです。
その彼が、歴史の表舞台に垣間見え始めるのが、大坂の陣直前のこと。

世に言う方広寺鐘銘事件が起こります。
豊臣家の財力を恐れる家康は、秀頼に勧め京都の方広寺大仏殿を再建させます。この再建とセットで梵鐘が作られたのですが、その銘文の文言にある二つの語句「国家安康」「君臣豊楽」に徳川がいちゃもんをつけます。
「国家安康とはどういうことか。前征夷大将軍であらせられる大御所さま(家康)のご本名(諱)を含めるのでさえ無礼不法の至りなのに、家の字と康の字を二つに切ってしまうとはもってのほかだ!!」
「君臣豊楽とは、豊臣を君主とし子孫がおおいに栄えるのを楽しむて意味であろう!!」

果たして豊臣家サイドでは、重臣で再建の総奉行を務めた片桐且元を徳川側に派遣し、弁明をはかります。しかし大坂城に復命した且元が、
「秀頼が江戸・駿府に参勤するか、淀殿を人質として江戸によこすか、大阪城を出るか、どれか一つを呑む必要がある」
と提案した------この提案が且元の考えなのか、徳川の案を伝えたのかは定かではありませんが、ともあれその結果淀殿や大野修理から内通を疑われるようになってしまいます。
・・・と、前置きが長くなりましたが、そのようなわけで大坂城内の空気がぎすぎすしてきたなか、調停役として登場するのが守久です。
老練な守久は大坂城首脳陣と且元との間の調停に努めます。結局且元の疑いは晴れず、一時は且元は暗殺者から身を守るため、場内の屋敷内で籠城体制を取ります。結局調停は不首尾に終わったものの、守久の骨折りもあって大阪城内での戦闘は回避され且元は蔵の米や金などの勘定の引き継ぎを済ませ、大坂城を武装退去することとなりました。退去に当たり守久はこれを護衛し、ひとまず且元の命は助かります。池波正太郎の小説「真田太平記」では、且元と首脳陣の間に立った守久と秀頼との間のやりとりとして、このようなエピソードを挙げています。この真偽は知りませんが、守久が秀吉に続き、秀頼からも信頼されていたように描かれています。
-----
秀頼は、
「東市正(いちのかみ。且元のこと)の心底が甲斐守(守久)によって、よくわかった」
と、いい、速水守久へ、身につけていた羽織をぬぎ、密かにあたえたというはなしも残っている。
-----

且元退去後、大野修理ら大坂城首脳陣は、徳川と戦うべく会議を開こうとしますが、七手組の組頭たちのなかには挙兵反対論を唱え会議出席を拒むものもいました(ちなみに、そのなかには元々徳川に仕えていた者もおり、元々スパイだったのかことの成り行きのなかで豊臣家を見限ったのか、戦後のなりゆきから考えて徳川への内通していたと考えられる組頭もいました)。
そこで出てくるのがまたしても守久です。守久は会議出席を渋る組頭を説得し、何はともあれ合議を実現させます。なかなか気苦労が絶えない立場のようです。


果たして大坂の陣が始まると、守久も奮戦します。夏の陣の5月7日の決戦では後方に位置して、壊滅した真田隊らの殿(しんがり)を勤め大阪城内に撤退。同日16時頃に大坂城が炎上すると、守久は秀頼らを先導して万一の避難場所であった本丸北部にある山里曲輪に落ち着きます。この際守久は、千姫を家康の許に送り届ける手配をおこないました。守久の嫡男守治は自ら騎乗して敵のおとりとなり、その間に堀内氏久が千姫を護り徳川陣屋に送り届けました。その間に守治は戦死(ちなみに堀内氏久およびその兄弟たちは千姫を助けた功により徳川に許されます)。
かくて千姫を通じ秀頼・淀殿の助命を乞わせますが交渉は失敗。かくて翌5月8日、秀頼や淀殿らとともに、守久も自刃し最期を遂げます。

最後まで、調停ごとの苦労が絶えなかった守久でした。
こういう感じの人、身の周りにいたら多くの信頼を集め重んじられるんでしょうけれど、存外守久のように報われることが少ないのかもしれません。

ちなみに大坂の陣の戦後、守久にとってちょっと良かったことが。千姫のこともあったのか、戦死した守治以外の子供たちは、戦後徳川に助命されたそうです。

何のオチもなく何なのですが、今日はこの辺で。


・速水守久 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9F%E6%B0%B4%E5%AE%88%E4%B9%85
・大坂の陣 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9D%82%E3%81%AE%E9%99%A3
・天王寺・岡山の戦い - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E5%AF%BA%E3%83%BB%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
・片桐且元 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E6%A1%90%E4%B8%94%E5%85%83
あとこれはWikipediaではありませんが(記事の内容の出典の有無はわかりません)
・速水守久 - 大坂の陣人物列伝
http://www.geocities.jp/senryusai/senryusai.hayami.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
更新をサボり続けること5ヶ月余。
今年は大坂冬の陣開戦400周年の年ですが、関連歴史ネタ記事も全く書けておりません・・・。来年は大坂城関連ネタをきっちり書きたいと思う今日この頃。


今年は上半期、仕事が忙しく、ついでに人間関係のトラブルも色々ありまして、ヘロヘロしておりました。走るほうも、ウルトラマラソン1つ、トレラン2つ大会エントリーはしていたものの、練習の時間が取れず当日も忙しかったりで不出走。新横浜で毎月第3日曜日に開催されている、よこはま月例マラソンも、ここ3年だいたい毎月出ていたのが2~4月は不出走。ついでに、体重も標準体重プラス9キロまで膨張しました。


しかし、7月下旬の富士登山競走にはどうしても出たいと仕事がいったん落ち着いた5月後半より練習再開。久しぶりに練習してみると、意外に走っている間に、考えあぐねていたいろんな事柄について考えつくことが多いこと多いこと。ちょっと走る時間が今後も確保していこうと思いました。


そして迎えた下半期。
結局7月下旬までに体重は絞れたものの、走力回復は間に合わず。
富士登山競走は出走したものの、途中5合目地点で制限時間オーバーに終わりました。
が、11月頭にフルマラソンを走りきれる程度に走力が回復。
11月にハーフマラソンの自己ベスト更新。12月のフルマラソンで2年ぶりに3時間半を切ることができ、さらに自己ベストを更新することもできました。その際、本命のフルマラソン大会途中にトイレにピットインという初めての経験もすることができました。
下半期のレースで学んだこと、それは

・フルマラソン前日に食い過ぎてはいけない。さもなくば、ピットインが・・・(笑)。
 (大会前日の宿でその日の客が私だけやったんで、もったいないと思って夕飯に出された炊飯器、おかわり3回して空にしたのが敗因かと)

・走行中熱を除くべく、給水で取ったポカリスエットを頭にかけると、整髪料の代わりになる。
(いや、髪がガチガチに固まってしもて・・・)

・沿道の声援も活力源、失笑も活力源
(今年も「ファイトー!」という声援に対し「いっぱあああつ」と返して、失笑を買ってしまいました(涙)。その場を早く立ち去りたい一心で、自然に加速することができました(号泣)。)

・・・これからの人生に役立てていきたいと思います。


目下オフで体を緩めてますが、来年も練習時間を確保しつつ頑張りたいと思います。
← オチも、おもろいとこもない、まとめやなあ(しみじみ)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
また記事間隔が空いてしまいました。
観劇したネタを書こうと思いつつサボったまま幾星霜(いや、霜は降りてないか)。また明日までの公演について、ひとまず書きます。

●プレイ(東京・中野・テアトルBONBON)
http://bokuranozaidan.com/news/

以下、上記ページより引用
ーーー
"ボクらの罪団" 初犯公演『プレイ』

・演出 高橋 俊次

・公演日程
2014年7月22日(火)~7月27日(日)

・劇場
テアトルBONBON
http://www.pocketsquare.jp/bonbon/

・ストーリー
樹海にひっそりと佇む薄気味悪い廃墟...。
其処は成仏できないワケありの霊たちの溜り場になっていた。
それぞれが成仏を願いながら暇を持て余す味気のない毎日。
そんなある日、樹海に迷い込んだ若いカップルがやって来て…。
「ボクらの罪団」が贈る、可笑しくも切ないひと夏のファンタジー。

・出演
中村ヒロユキ

及川奈央

高柳将太
阪口拓嗣
あや
山本淳平

田嶌友里香(怨)
岡田志織(念)
大橋篤(怨)
南南南(念)
青海環(怨)
木下夢(念)
清家伶緒奈(怨)
丸山静香(念)
小楠啓展(怨)
小濱正次(念)

絹川麗
笑門福
絲木建汰

幸将司(怨)
草野智之(念)

湯沢勉

高橋俊次

ー映像出演ー
稲川淳二(特別協力)

・タイムテーブル
22日(火) 19:00 怨
23日(水) 19:00 念
24日(木) 14:00 念 ★ / 19:00 怨
25日(金) 14:00 怨 ★ / 19:00 念
26日(土) 14:00 念 / 19:00 怨
27日(日) 12:00 怨 / 16:00 念
※全10公演【一部Wキャスト(怨 or 念)】
※開場は開演の30分前からになります。
※★の回は終演後アフタートークがございます。

・チケット
【料金】
前売り3,900円 当日4,200円(全席自由)
【予約】
CoRich(コリッチ)
☆下記URLにアクセスの上、必要事項をご入力ください。
https://ticket.corich.jp/apply/55997/bok/

・主題歌
あや『あなたが居ないのなら…』

・スタッフ
プロデューサー:高柳将太
アソシエイトプロデューサー:河野優(株式会社サードポジション)
舞台監督:角田晃一(劇団鴉霞)
美 術:仁平祐也
照 明:村山寛和 (有限会社マーキュリー)
音 響:川西秀一
演出助手:阪口拓嗣
撮 影:UISHAAAWORKS
HP・チラシデザイン:上田昌宏(UISHAAAWORKS)
映 像:高柳将太
制 作:太石好美(株式会社サン・マルガン)
企画・製作:ボクらの罪団

・協力
(株)アヴィラ 、(株)アービング、(株)サードポジション、(株)ファイヴドットオン、(株)ユニJオフィース、(株)FACEPLANNING、(株)T.N.B(有)オフショアー、(有)スターダス・21、マックオクザキ、ライズプロダクション 、BONDS、tomolution group、VIVIT(50音順)

・協賛
INSPA横浜
http://www.inspa.co.jp

・オフィシャルサイト
http://bokuranozaidan.com
ーーー

たまたま役者の太石好美さん(制作を担当)からこの公演につあて聞いて観に行ったこの劇。前回書いた「ずっと忘れない」と同じく亡くなった人がこの世に残した思いをテーマとしています。

観て、良かったです。
チラシとか舞台の背景とかの様子がホラーぽく、劇冒頭に流れる稲川淳二さんのエペローク映像も怪談チックですが、ホラーではなかったです。

前半、亡くなった個性的な人たちが、それぞれの事情で成仏できない様子ご描かれます。彼らがぶつかり合う様子がややくどく部分的に不自然さを感じるとこもあったけれど、それぞれの関係や場の雰囲気がちゃんと描かれ、話の動く後半にうまく繋がっていきます。
後半は素晴らしかったです。
個々の役に無駄がなく役者さんたちもそれぞれの味を出してました。お一人ずつ書いていくと切りがないのですが、ヒロイン役の及川奈央さん、劇に出たはるのを観るのは初めてでしたが、その好演で観客をストーリーに引き込んでくれました。表情の変化とかも良かったですが、穏やかな感じながらも彼女がいると舞台の空気が締まり、ヒロインとしての存在感がありました。主役の中村ヒロユキさんものほほんとした能天気な表情を浮かべつつ、主人公のキャラクターを自然な感じで演じてはりました。彼の醸し出す雰囲気がこの舞台を魅力的なものにするのに、大きな役割を果たしていたと思います。

公演、明日までです。
また東京ですが、興味を持たれた方は、ぜひ明日中野へ!!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご無沙汰しております、ふようほうです。
5月下旬にして、今年初めての日記となってしまいました。

年明けからドタバタしてたのが落ち着き、最近いくつか劇公演を観ています。
レビューを書きたいと思いつつ、既に数本溜まっている今日この頃。
ひとまず、現在公演中のもの2本について書かせていただきます。
ともに東京都内の公演ですが、もしよろしければ劇場に!!


●『ニューヨーク!ニューヨーク!ニューヨーク!』
http://www.parknorth.jp/live.html
パークノースシアター vol.19 人情喜劇"春"
『ニューヨーク!ニューヨーク!ニューヨーク!』
(以下、チラシより)
世界の中心ニューヨーク
この大国の都市で日本人の経営する
アパートメントを舞台に渦巻く人間模様
アメリカだから・・・ニューヨークだから・・・
そして1人の若者が答えを出す。その答えとは・・・
日本を飛び出したHyumanComedy!
(以上、チラシより「Hyuman」は原文ママ)

それぞれに夢や思惑を持ってニューヨークにやってきた日本人たちが集まる小さなアパートメントを舞台にした、人情喜劇。
登場人物たちの醸し出す温かい雰囲気が、人情喜劇ならではのある種の作り物ぽい感じはあるものの、しかしこれはこれで本物だなと感じさせてくれました。
観ていてちょっぴり、心がほっこりしました。

アパートの滞在者に、パントマイムパフォーマー(演じるのは神雅喜さん!)、ジャズソンガー、殺陣師、タップダンサーがいるのですが、劇中それぞれが披露する芸も楽しかったです。それに、さりげなく怪しい日本語を使う(?)のアパートメントのスタッフの米人好青年(演じるは後藤潤一郎さん)も楽しかったです。

公演は明日24日土曜まで。

5/22(木) 開場18:20 開演19:00~※既に終演
5/23(金) 開場18:20 開演19:00~※既に終演
5/24(土) 開場16:30 開演 17:00~

【会場】
南大塚ホール
〒170-0005
東京都豊島区南大塚2-36-1
(山手線、大塚駅徒歩5分)
http://www.toshima-mirai.jp/center/h_otsuka/

【チケット】
全席自由 4000円



●アンティークスVintage16「ずっと忘れない」
http://www.antiques04.com/
(以下、HPより)
「やさしい風」を感じた。ふと「あの人」を感じた・・・
「人が生きる」そして「人が亡くなる」めぐりゆく一期一会のそんなお話になる予感・・・
(以上、HPより)

主人公は臨床心理士の女性。彼女と彼女を取り巻く現世の人と、彼女を見守る大切な亡くなった人たちを巡る話でした。

個人的には、観に行って本当に良かった思います。
最近年なのか、劇を観て泣きかけることがちょくちょくあるのですが(笑)、今回は、不覚にも実際に涙を流して泣いてしまいました。自分にとって大切な人たちと今後どう向き合っていくか、考えさせられた作品でした。

公演は25日日曜まで。


5/21(水)19:00※既に終演
5/22(木)19:00※既に終演
5/23(金)*14:00※既に終演・19:00※既に終演
5/24(土)14:00・19:00
5/25(日)13:00・*17:00

前売・当日共2,700円
*の回は前売2,400円・当日2700円

【会場】
OFF・OFFシアター
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-11-8TAROビル3F
tel/03-3424-3755
http://www.honda-geki.com/offoff.html
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の中山大障害。馬券を取れたのは個人的に良かったのだが、古豪メルシーエイタイムが脱臼で競走中止。普通なら安楽死となってもおかしくない重症ながら、生きられる可能性を求め治療に努めるとのこと。まずは今日朝8時半に再度診察があるそうだ。
障害GI戦線で頑張り続けた同馬。何とか治ってほしい。
http://blog.livedoor.jp/macross40/archives/35071832.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。