母乳が出ない・乳腺炎でつらいを解決!妊婦・産後ママの母乳育児相談

助産師が教える!親子の絆をつなぐ楽しい母乳育児の方法:ふわり助産院【三重県桑名市】


テーマ:
●中日新聞に掲載されました!

こんにちは!東員町と朝日町で町からの委託産後ケア事業を行っている助産師の水本安由美です。

本日9月25日の中日新聞朝刊、三重版に、インタビューを掲載していただきました。

image

掲載内容を少し抜粋します。

「出ない」「痛い」ママの悩み

「母乳がうまく出ない、痛い」「一人目はミルクに頼ってしまった。二人目こそは」。

免疫力向上やコミュニケーション効果など、近年見直されている母乳育児だが、同時にママたちの悩みの種にもなっている。

~中略~

-多い相談内容は。

おっぱいの出が十分でない、乳腺が詰まって痛みを感じるなど。

母乳が出る可能性があってもサポートが足りず、あきらめてしまう人は多い。

思いが強いほど「お母さんの役割を挫折しちゃった」と後悔しがちになる。逆に出すぎて困る人もいる。

~中略~

-産後ケアの重要性は。

子育ては「くじけどころ」がいくつもあって、母乳はその中の一つに過ぎない。

寝てくれない、抱っこや入浴の仕方がわからない、便秘や下痢にどう対応したらいいの・・・。新米ママにとって、産科の退院後や、実家から戻った後が1番大変。

24時間、会話ができない赤ちゃんとずっと一緒にいるので、社会的疎外感、孤独感にさいなまれ、産後うつになる可能性だってある。

私自身も気づかないうちに涙を流していて、はっとした経験がある。

~略~


取材をしてくださった記者さんは、独身の男性で、母乳の「ぼ」の字もわからない状態でした。

そんな中、「悩むママが多いなら、産後ケアを広まるといいですよね!」と言って、インタビュー記事にしてくださったんです!


今年度から始まった、東員町の「おっぱいケア事業」、朝日町の「産前産後ケア事業」をご利用いただく産後ママのほとんどが、母乳に悩み、助産師から直接の乳房ケアを受けたいと、希望されています。

やはり、出産後自宅へ帰ってから、母乳育児がうまくいかず悩んでしまうママが多いということが、実感としてあります。

助産師をはじめとし、保健師や地域のサポートが受けられれば、きっとママたちが思い悩むことも減ると思っています!!

そんな、地域ぐるみでのサポートが、三重県内だけでなく、全国でも、もっともっと広がることを願っています^^


出産後すぐに始まる育児のスタートが、赤ちゃんの抱っこ・おむつ替えに続き、母乳を飲ませることです。

そのスタートで、どうにもいかず、悩んでつらい思いを抱えてしまうのは、もったいない!

もし、あなたが今、母乳育児がうまくいかず、悩んでしまっていたら、その悩み私にぜひお話してくださいね^^


出張は、桑名市、東員町、朝日町、川越町、いなべ市、木曽岬町、四日市市、菰野町、亀山市、三重県内、弥富市など愛知県から依頼をいただいています。講座教室ボディケア等には、名古屋市、鈴鹿市、伊勢市、岐阜からも参加していただいています。

子育ての悩み、育児ストレス、逆子、お腹が張る、むくみ、骨盤のゆがみ、慢性疲労、頭痛、不眠、肩こり、首コリ、冷え性、便秘、赤ちゃんのむきぐせなどについてもご相談いただけます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

母乳の悩みを解決する!ふわり助産院:助産師 水本安由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。