そのままでいいよね☆ゆるなら風舎

くにのまほろば《奈良》は大和郡山市で
『カウンセリングルーム風舎』を営んでいる女性カウンセラーの日記です。
カウンセリング・アートセラピー・心理学に基づいたセミナーなどをしています。

疲れたココロ、傷ついたココロ・・  その周りにあたたかい≪風≫を、吹かせたい。


 これからの人生を、幸せに生きていくことは必ずできる。


 わたしも、あなたも、そのままでいいよね。          ~カウンセリングルーム 風舎~


心理カウンセリング 性格分析 セラピスト支援(コンサルティング・教育分析)

パステル和アート 曼荼羅ワーク® 



HPアドレスはこちらです↓↓
http://nara-fuusha.com

NEW !
テーマ:
久しぶりにパステル

海辺の風景です。




セッションルームに
お気に入りの絵を飾っていたのですが

実は、これです。




あまりにも
季節はずれ!!


なので
次の冬まで
しまっておくことにしました。


風景画は
観るのも、描くのも
好きです。


観る人が
この風景に、どんな物語を
感じるかなぁ。。

そんなことを思いながら
新しい絵を、飾りました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
西大寺の近鉄百貨店に
東急ハンズができたというので
行ってきました。

雑貨、大好きです!

特に買うものがなくても
眺めているだけで、楽しいですもん。


この近鉄百貨店とイオンとの複合施設を
奈良ファミリーというのですが

外観はこんな感じ



手前に写っているのは
平城京跡の樹々です。

ここには写っていませんが
すぐ側に、佐紀の古墳群
もあります。


遺跡に隣接した百貨店というのは
なんとも、奈良らしいなぁ。。


奈良ファミリーの屋上から
古墳群を眺めると
ちょっと得した気分になれます。



余談ですが

地面を掘ると
必ずといっていいほど、遺跡が出てきて
調査のため工事がストップするので
奈良の道路工事は
とても時間がかかっちゃうんですよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1986年にシカゴで開催された学会で

伝統的な来談者中心派と
フォーカシング派と
他の流派との統合派との間で
議論がなされました。


そのとき
カール・ロジャーズ
「私は来談者中心的なやり方を見出したかったのではない。
 人々を援助するやり方を見出したかったのだ。」
と言い

ユージン・ジェンドリン
「いずれのやり方も必要」
と言ったそうです。


ロジャーズもジェンドリンも
こんな議論は馬鹿げている
と感じていたと言います。

さらに
ロジャーズもジェンドリンも
「私の真似をしないでください」
と言っています。

それは

自分以外の誰かが
人を援助する上で有効だから
行っていたやり方ではなく

自分が人を援助する上で
有効なやり方をせよということなんです。


そうそう、そうなんです!


わたしたちは
先人の構築してきた手法を学んで
実際に使っています。

そして

どの手法を使うかは
今目の前にいる人を援助するために
今自分ができることは何か
で選んでいくもの。


今の自分が使えるものの中で
今のこの人に有効なもの
ということが大切なのです。


自分が使えるということに
着目してみると

学びの広さや深さだけでなく
自分が持っている特性によって
使いこなせるかどうかは違ってきます。


ですから

対人援助職としての
独自のスタイル(やり方)が
自然に出来上がっていくんです。


それは、あくまでも
自分のスタイルに過ぎないのです。

このスタイルが
今の自分にできる精一杯の援助

ただ、それだけなんですよね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 『100歳の少年と12通の手紙』 監督:エリック=エマニュエル・シュミット




白血病で入院している
10歳の少年の12日間を描いた作品です。

ひょんなことから
少年を毎日訪ねることになってしまった
ピザ屋の女性の
子供の扱いに不慣れな感じや

少年の
子供らしい目線に

温かい気持ちになったり

切なさに涙したりしながら


毎日を
ただ、丁寧に生きるということ
を思い知らされるというか

生命というものを
ただ、抱きしめたくなるというか

そんな作品です。


原作者が、監督・演出をしています。
原作は

 『神様とお話した12通の手紙』



読んでみようかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
カウンセリングの中で

「できた!って思ったのに、やっぱりできませんでした」
とか
「進んだと思っていたのに、また戻っちゃいました」
とか
言われることが
あります。


そんなとき
「やっぱり、わたしはだめなんだ・・」
って、がっかりしなくていいんですよ。

そういうものですから。


たとえば

自分がカナヅチだったとしましょう。

伏し浮きから練習して
バタ足ができるようになり
ようやっと
25メートル、泳げるようになったとします。

やった!
25メートル、泳げた!

大喜びした、翌日
泳いでみたら、20メートル地点で
苦しくなって、立ってしまう
ということは、よく起こることですよね。

けれど
伏し浮きができない状態には
もう戻れないですし

25メートル泳ぎたいと思って
練習を続けていくうちに
しっかりと身について
また、泳げるようになります。


行きつ戻りつしながら
カウンセリングは進んでいきますが

最初の状態まで戻ってしまうことは
実は、できないのです。

前へ進みたいと思って
続けていくことで
しっかりと、前進することができるのです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。