夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

私は3人の子どもを育てましたが、反抗期で困った記憶がありません。

といっても、私の子どもだから決して優等生であったわけではありません。

 

何度も学校の先生に叱られたり呼び出されたりはしました。

思い出すのは・・・

長男は小学校の時に先生に叱られふてくされ答案用紙を白紙で出した。

次男は高校の時後輩を蹴り先生と一緒に相手の家に謝りに行った。

長女は中学の時に禁止されてるのに自転車通学して近くのマンションに隠して登校していた。

成績は・・・チーン!普通

 

一般的な、いたって健康的な子どもたちです。

三人とも男女交際はかなり活発だったから、相手がいることなのでガミガミ言ったような気がしますし、片付けのことや食事のことなど、しつけではきつく注意したと思います。

でも、無視してきたり、「ばかやろう!」とか「うるせい、ばばあ!」とか、反抗してきたことは一度もありませんでした。

だから私の認識としては、反抗期が無かったような気がしているだけなんですけどね。

 

ムカつくときにいつも私の心を静めてくれたのがテレビの横にあったこの写真

「あんなかわいいころがあったんだから、まあいっかハート」と思い、流していました。

 

結婚してすぐに妊娠して、この写真の状態まで育てるのが本当に大変でした。

だからこそ一番思い出深い時期だし、今でもいつも夢に出てくる子どもはこの年齢です。

ちゃんと育てなければと必死で、その時はかわいいと思う余裕もなかったような気がしますが、後になれば良い思い出です。

 

今赤ちゃんの子育てで大変な思いをしているママたちは、この先どんなことになっちゃうんだろうと泣きそうな毎日だと思いますが、今の大変が一生続くと思わなくて大丈夫です。

子どもはだんだん大きくなっていきますから。

ひとりでトイレに行き、着替えて、ご飯が食べられるようになったらこっちのものです。

 

今の時代仕事もあり、子育てに集中することは難しいのかもしれませんが、自分のできる範囲の状況で全力を尽くしてください。

「精一杯やったんだ。」と思えることが大切です。

自分で納得できると子離れがとてもスムーズにできるような気がします。

親が子離れできれば、子どもは自然に親離れしていきます。

結果、あとあと楽ちんなんです。

多少の×も〇に変わっていきます。

 

三人の子どもたちも今は必死に子育てしています。
子どもが可愛くて仕方がない様子がラインから伝わってきます。

親に育てられたように子どもを育てているように思います。

良いことも悪いことも親の常識が自分の常識となり、子どもに受け継がれていきます。

 

核家族化が進み、兄弟や親せきも少なくなり、近所付き合いもなくなっている今の時代は、身近にお手本が少なく、結婚や子育てが大変難しくなっています。

 

結婚をだれも教えてくれなかったからうまくいかない、どうしていいかわからない。

すすめられるけど、結婚したいかどうかも判断できない。

 

みんなで結婚を学び、考えてみませんか?

結婚を勉強するって必要だよねって声、続出です。

自分の結婚が上手くいかない原因が見つかるかもしれないし、どうしたらよいかわからない結婚に対する自分の考えがはっきりするかもしれません。

 

そんな講座がこの秋名古屋で開講されます。

 

そして、自分が勉強するだけでなく伝えたいと思ったら、結婚教育を普及してくださる結婚教育サポーターの仲間になってください。

 

夫婦問題相談室 リボーンHP

 

リブログ(1)

リブログ一覧を見る