夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

私は面会交流支援団体FVSでの活動もしています。

 

面会交流とは、両親の離婚後あるいは別居により別れて暮らす親子が、定期的、継続的に「親子の時間」を過ごすことです。

 

これが何の問題もなく行われている親子もあれば、会わないことが問題にもなっていない親子もあり、会いたいけれども会えない親子もいるのです。

 

 

私は夫婦問題カウンセラーなので、活動を始める前から当然面会交流については知っていましたし、いつも離婚するご夫婦には面会交流についてもご説明をしています。

 

しかし、私も離婚を経験していますが、子どもたちは自分の意志で両親と自由に会える年齢と状況であったため、実際に面会交流で苦労はしていません。

 

ご相談者への面会交流についてのアドバイスが、形式的なものであり、一般的なものになっていたことを反省しています。

 

そこで、葛藤を抱えながらも支援を必要とし、面会交流を実現しようとしている親子の現場に立ち会わせていただこうと思いました。

 

 

母親からお子さんをあずかりエレベータに乗り父親の待つフロアーに向かいます。

 

一年以上ぶりに会うということで、「父親のことを覚えているだろうか?」「嫌がるようなことがあたらどうしよう?」とドキドキしましたが、遠くに父親を見つけると駆け寄っていきました。

 

お子さんの笑顔を見た時に、感動とともにこれでいいんだと思えます。

最初はお互い少し照れながらも、スタッフが見守る中プレイルームで親子の時間を過ごします。

 

会わせたいという思いがありながらも、不安定な新しい生活の中、この状況を作ることがどれだけ大変なことなのか、お母さんの気持ちはよくわかります。

 

日常から突然消えてしまった子どもを思い毎日を過ごすお父さんの気持ちも痛いほどわかります。

 

「連れてくるだけでしょ?」「その時遊ぶだけでしょ?」そんな簡単なことではありません。どれだけの思いでここに至っているのでしょう。

 

両親ともにそれぞれの言い分がありますので、どちらの肩を持つ気もありません。

 

私たちが考えるのはいつも子どもたちの笑顔です。

夫婦は別れても親子は親子、子どもには両親が必要です。

 

面会交流での親子の時間を過ごすことで成長する子どもたちを見て、両親も成長し、支援から卒業していかれることを望みます。

 

そのためにも、毎回父親母親とお話する時間も設け、現在の状況をお聞きしています。

ありがたいことに

「気持ちが整理できました。」

「話を聞いてもらうことでスッキリしました。」

「自分のこだわりに気づきました。」

「相手との距離の取り方が少し見えてきました。」

などの声をいただきます。

 

 

現在夫婦問題でお悩みの皆様、離婚がすべて悪いわけではありませんので、離婚に至ることもあると思います。

 

しかし、私のところに相談に来られる皆様には、面会交流支援を必要としない離婚に導けるよう、できる限りのお話をしたいと思います。

 

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

名古屋市西区で夫婦問題でお困りの皆様のご相談にお答えしています。

 

夫婦同席カウンセリングにも対応していますが、二人の方向性が全く反対を向いているときはお断りすることもあります。

 

例えば離婚したい妻と離婚したくない夫。

二人ともが全く自分を変えようとする気がない場合、二人の希望をかなえることは不可能です。

 

では浮気問題の場合、した方とされた方と真逆で今は修羅場でも、最終目標が修復であるなら引き受けます。

 

夫婦同席カウンセリング中大喧嘩になることもありますが、一度はちゃぶ台をひっくり返さないとやってられない気持ちもわかります。

 

浮気されたことがショックで憔悴しきっているパートナーを、どうしてあげたらよいかわからずただオロオロしてしまう気持ちもわかります。

 

仲良くしたいのに言葉がかみ合わず、同じ言い争いを繰り返してしまうこともよくあります。

 

浮気問題がこんなに苦しいなら、いっそ別れた方がラクになれるかも、と思うかもしれません。

 

でも夫婦同席カウンセリングはしっかり結果が出るのです。

それはそれはさすがに構えますよ、百戦錬磨の私だって。

でも大丈夫、ちゃんと通訳しますから。

 

皆さんは自分の頭でパートナーの気持ちを判断し、自分の言葉がパートナーに伝わると思うから話し合いにならないのです。

 

浮気した方とされた方、男と女、相手は異星人だと思ってください。

だからこそ通訳が必要です。

 

少し考えてください。

 

浮気した方は夫婦同席カウンセリングで気まずい思いをするのに、責められるかもしれないのに来ているのです。

 

浮気された方は何でわざわざ来なくちゃいけないのかと思いながらも足を運んでいるのです。

 

それでも二人で来ているという事実から、相手の気持ちを汲み取ってください。

 

 

それぞれにお話をお聞きすると、パートナーへの愛情が伝わってきますし、お互いの本心も読み取れます。

 

私はプロですので想像して通訳することもできますが、やはり夫婦同席カウンセリングでお聞きしたことを通訳する方が圧倒的に正確です。

 

そして、その場で返事を聞き伝え対応を見ることができるので混乱の原因を探ることができ、スピーディーに解決に向かいます。

 

お二人のお話から、この先の修復に向けての提案もさせていただけます。

 

 

二人で話し合うことをあきらめてしまう前に、パートナーに第三者の専門家に相談することを提案してみてください。

 

必ず今より前に進むことができます。

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

中年期の男性相談者がカウンセリング後におっしゃいました。

 

「ここに来るハードル、すごく高かったです。

夫婦の悩みを誰にも話さないって訳ではないですが、本当のことを全部話さなきゃいけないと思うと、、、」

 

自分は正しいことをしているんだ。

一家の主人として家内を導かなければいけないんだ。

今までやってきたことが間違っているはずがないんだ。

理論的に説明すればいわかるに違いない。

男たるもの弱音を吐いてはいけないんだ。

 

無理しない無理しない。

 

肩の力を抜いて。

 

モラハラ街道まっしぐらですよ。

 

病気になったら医者へ行き、

お金がいるなら銀行へ、

髪を切るなら床屋さん。

 

夫婦の問題で困ったら夫婦問題相談室に来てください。

 

間違いじゃなくて、違っていたことに早く気づきましょう!

 

良かれと思ってしていることは、なかなか気づかないものですよ。

 

たとえ間違ったとしてもいいじゃないですか。

 

改めればいいのですから。

 

「でも、来てすごくよかったです。

一人になると考えてしまい、怖くて仕方ありませんでしたが、すごくラクになりました。」

そうです、そうです。

 

自分の気持ちを正直に話すことから始まります。

 

悪かった気持ちを話せる感覚をつかめばかなり前進です。

 

それは奥様にも伝わることでしょう。

 

一人で頑張らないで相談に来てくださいね。

 

私、すっごく話しやすいですからニコニコ

 

 

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

夫婦関係においてまじめなことは素晴らしいことです。

 

しかし、誠実で真剣であればあるほど夫婦の悩みを誰にも相談できず、自分一人で解決しようと思い詰めてしまいます。

 

この傾向は男性に強いです。

良かれと思い長年積み上げてきた夫婦関係が、小さなひずみのある物体で積み上げられたものであったとしましょう。

 

ちょっとの力が加わった時、ガラガラを音を立てて崩れてしまいました。

 

まじめな旦那さんはまた一から積み上げようと考えます。

 

しかし、もう奥さんは協力してくれません。

なぜならまた積み上げたとしても、同じことが起きることが分かっているからです。

 

それでも旦那さんは真面目にコツコツ積み上げればいつかは形になると信じてやり続けます。

 

前と同じ方法で、それをしかめっつらで一年間やり続けることは、事態をより悪化させます。

 

一日でも早く相談に来てください。

 

何かに気づくために。

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム

 

夫婦問題相談室リボーン 今枝朱美です。

 

新婚夫婦のセックスレス相談がありました。

 

「私のこと好きじゃないのかな?って思ってしまいます。」

毎日家で一人で過ごし旦那さんの帰りを待っていると、帰宅した旦那さんのちょっとしたそっけない態度で悲しくなってしまいます。

 

「疲れているんだろうなぁ。」

 

わかっていてもやっぱり寂しくなります。

 

口下手な旦那さんは、気の利いたことは言えません。

 

寂しい時は黙ってぎゅっとハグして欲しい奥さんの気持ちもわかりません。

 

「私、愛されているのかな? 私と結婚していい事あったのかな?すごく不安です。自信がありません。」

 

悪循環の歯車が回り始めます。

 

不安→悲しい→怒り→相手が対応に苦しむ→セックスがうまくいかない→愛されていない→不安

 

悪循環を断ち切るのはセックスの技術ではありません。

 

三人でたくさんたくさんお話ししました。

 

最後にいつもご主人が家では話さない職場の話をしてくれました。

 

「職場で『結婚してよかったね。』『結婚して変わったよ。』と言われます。」

 

それを聞いていた奥さんの顔が一変しました。

ぱっ!と明るくなったのです。

 

どんな話をしていた時よりも。

 

「知らなかった。。。(*'ω'*)」

 

本当に嬉しそうな顔で微笑みました。

 

 

そんな些細な話が、重大問題の解決の糸口となるのです。

 

 

お知らせ
*夫婦問題の相談って何だろうと思ったら

夫婦問題相談室リボーンホームページ

 

*相談方法や料金が知りたかったら

料金・システム・アクセス

 

*相談しようと思ったら

問い合わせ・申込フォーム