夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

昨日はウィメンズカウンセリング名古屋YWCA17周年記念講演会に行ってきました。

「性暴力神話のからくり~加害者の語りから見えてきた社会~」

 

後半は(株)ハーモニークリエーション代表取締役白石美恵子さんの

「加害者は性暴力をどうとらえているか」でした。

(株)ハーモニークリエーション HPより

 

セクハラの話を、白石さんの痛快な話口調で、すごくわかりやすく話してくださいました。

 

セクハラは相手の意に反する性的行動ですが左矢印これがバツレッド

セクハラする側は、意に反するとはみじんも思ってないから

 

被害者は負い目とか心理的に下という気持ちがある

この気持ちを手玉に取るのが加害者

 

NOというより、どうやって怒らせないようにするかという心理的落とし穴にはまり

これくらいは・・・というゲームが始まる

 

セクハラする側は、NOと言われないから勘違いする

 

夫婦のモラハラも一緒ですね。

 

 

白石さんが企業の健康管理室に入られた時、問題が山積みのはずなのに誰も相談に来なかったそうです。

相談に行くのは自己管理のできない人精神的に弱く仕事のできない人と思われたくないという心理から。

そこで、

困ったときに助けてと言える人が強い人で、問題を解決できる有能な人だと意識改革されました。

結果、健康管理室は予約でいっぱい、相談員を3人増やさなければいけない状態になり、うつで休職する社員がゼロになったそうです。

 

夫婦問題も同じで、家庭内のことは家庭内で解決しなければとか、妻一人のこともちゃんとできないなんて情けないとか、不幸だと思われたくないなんて言ってないで、少しでも早く相談して離婚問題に発展する前に解決してください。

 

 

終了後、ご挨拶させていただきました。

偶然にも年齢が同じ、白石さんは2月で私が3月生まれでした。

白石さんの出身は岐阜ですが大学からはずっと名古屋で名古屋弁なのもしっくりきます。

 

夫婦問題の相談業務をしていると自己紹介すると理解を示してくださり、社会の最小単位の夫婦関係が上手くいっていたらセクハラもパワハラもうつも無くなるのにと言ってくださいました。

 

そうそう、その通り、嬉しーい。

それなのに企業は家庭の問題に口を出すことは・・・とか言って避けて通ろうとするのです。

 

性の事にも問題意識を持っていることも共通し、そこで結婚教育の話から、性のプロジェクトリーダーをしているをしていると話すと、それからはさらに意気投合。

アダム徳永さんを講師に呼ばれたことがあるとのことで、メルマガ読んでいる私としてはさらに嬉しくなってしまいました。

 

夫婦問題で相談した方がいるときは思い出してくださり、私の結婚教育や性のセミナーにも行ってみたいと言ってくださいました。

 

名古屋でも尊敬でき、ご相談したいと思える方がどんどん増えて、とてもありがたいことです。

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

相談のご依頼は、HPの問い合わせフォームからお願いします

夫婦問題相談室 リボーン

 

ブログ 「性(SEX)と結婚教育」夫婦問題の現場から

 

 

 

 

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

大人だから、バツイチだから、親だから、恋愛には臆病になるし不安になります。

厄介なことに、年齢を重ね思考グセもさらに磨きをかけ頑固になったりもします。

 

だいじょうぶですよ乙女のトキメキ

み~んな一緒。

悩んでいるのはこれではいけないって思っているからで、自分のなかではほぼわかっているのです。

少し話を聞いてもらい、一緒に整理して、すとんと腑に落ちればスーッと前に進めるのです。

大人なのに恋愛問題で悩めるって素敵ハート

本人にとっては切なく苦しいことだけど、うらやましいって思っている人、たくさんいますよね。

 

今日はご相談の後メールをいただき、掲載の了解をいただいたのでご紹介します。

 

 

40代女性

 

昨日は本当にありがとうございました。

 

人を好きになると全ての予定もその人に合わせてしまう性格の私。
その人しか見えなくなってしまう言ってみれば重たい女。
人の気持ちを左右出来るわけでもないことぐらいわかっているのに上手く自分をコントロールできなくなる。


頭ではわかっているのに今枝さんに一つ一つ丁寧に掘り下げて話を聞いてもらううちにやっと自覚して納得出来ていく自分がいました

 

何を話しても私が何が言いたいのか、どうしてほしいのかをちゃんととらえてくれてびっくりしました。

決して反論ばかりするのではなく、私の性格を考えながら私が一番気持ちが落ち着く道を見つけてくれました。


いい歳して自分の悩みなんて人からみたらバカげた事かも、相談することも出来ないでいましたが自分にとっては夜も眠れないぐらい毎日毎日不安で考えこんでしまう…
そんな私の気持ちをわかってくれてすごく嬉しく、そして納得してまた明日から頑張ろうという気持ちになれました。

 

本当に本当に今枝さんてすごいです。
すごくスッキリしたんです。
頭の中で整理して考えることが出来てます。
今のとこ。
本当にありがとうございました。

 

 

こちらこそ、私を頼ってくれて話してくれてありがとう。

喜んでくれてお役に立つことができれば私も嬉しいです。

 

恋愛相談はHPにもどこにも書いてありません。

ブログを見てくださっている方で、夫婦問題じゃないから相談できないと思っている方は、お気軽にご相談くださいね。

 

ご相談はHPの申し込みフォームからお願いします。

HP 夫婦問題相談室 リボーン

申し込み・お問い合わせフォーム

 

ブログ「性と結婚教育」夫婦相談の現場から

 

 

 

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

子育て中のママは本当に大変ですあんぐりうさぎ

毎日毎日やってもやっても終わらない残業を抱えて働き続けているような感じ。

 

会社を出たら終わり、寝たら終わりはありません。

24時間ずっと張りつめています。

 

私は子育ての時、3か月になったら、3歳になったら、3年生になったら、と3の数字を区切りに頑張っていたような気がします。

 

こんなことがいつまで続くんだろう?大泣きうさぎと闇の中にいるように感じることもあると思いますが、毎日どんなに少しづつでも確実に成長し、手がかからなくなっていきます。

夜泣きの時期があったり、イヤイヤ期が来たりしますが、それも成長です。

 

後になれば必ず懐かしい思い出カナヘイ花になります。

私の場合子どもが成人し独立している現在でも、夢に出てくる子どもはいつも幼稚園までの一番大変な、だけど一番かわいかった年齢です。

左から年少・年中・1歳カナヘイハート

 

その後大きくなって手は離れても、反抗期になり

「もう!!何考えとんのーーー!!!カナヘイびっくり

と大声で怒鳴る時もあったけど、この写真をテレビの横に置き

「こんなかわいい時もあっらんだから、まぁいっかカナヘイキャンディ

と心を落ち着かせる毎日でした。

 

今現在泣きそうになりながら子育てしているママ。

プラスもう一人さらに手のかかる大きな子どもに悩まさていたら、それはそれはさらに辛いと思います。

辛い気持ちも良くわかるし、今となればああすれば良かったという反省もあります。

どうしようもないこともあれば、できないと声を出して助けてもらえばよかったと思うこともあります。

 

ちょっと話すだけで、スッキリしたり気づくことがあったり、気が済んだりしますよ。

 

 

相談機関を利用するほどではないけどちょっと話したい聞いてみたいと思ったら、名古屋市西区の幅下コミセンに来てくださいね。

夫婦問題家族問題専門のカウンセラーが2.3名で待っていますカナヘイうさぎ

 

毎月第一水曜日・第三金曜日 9~12時

1/20(金) 2/1(水) 2/17(金)

幅下コミュニティーセンター 2階和室

090-9918-5844

(電話で参加希望日をお伝えください)

 

個人面談で有料のご相談はこちら

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーンHP

 

性のブログはこちら

「性と結婚教育」夫婦相談の現場から

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

みなさま今年もよろしくお願いいたします。

昨年は夫婦相談だけにとどまらず、活動の場が広がる一年でした。

 

今年も夫婦関係の修復相談を中心に活動させていただこうと思います。

 

リボーン今枝朱美は日本結婚教育カウンセラー協会の掲げる婚育100年プロジェクト®を基に、夫婦の関係を現在起きている問題だけではなく、親からの影響子どもとの関係、社会背景からも考え解決方法を探していきます。

解決方法としましては、初回相談でお話しいただいた情報を様々な角度から分析し、真実の問題点を探り当て、解決とは何かを考え、それに対する目標設定を長期短期でたて確実にゴールに向かうステップを組み立てていきます。

ひとりではなかなか難しい事でも、月謝会員制を導入する事で確実に寄り添い、目標を到達し解決というゴールに到着するまで一緒に走り続けます。

解決方法が離婚であれば後悔のないものにすること、そして離婚後の親子関係を子どもの立場から考え、日本ファミリービジテーションセンターさんの協力のもと面会交流支援もさせていただきます。

 

もう一つの幅の広がりとして夫婦関係の中での大切な部分、しかし多くのカウンセラーが踏み込めていない性の部分も専門的にご相談をお受けしています

今までも得意分野ではありましたが、結婚教育カウンセラー協会の性のプロジェクトリーダーとして昨年は日本性科学会にも参加させていただき更に正しい最新の情報を得て深く学ぶことができるようになりました。

今年は協会の助産師、薬剤師、看護師、保健師などの医療関係の仲間とともに、学会発表を目標に夫婦のセックスレスについて研究していきます。

まずは性のプロジェクトとして1月には行政とのコラボで婚活支援サポーター向けの性教育、2月には中学3年生向けの性教育、小学校教員向けの性教育も決まっていますので、力を合わせて学んだことを発信していきたいと思います。

 

名古屋では行政との協働ボランティア活動として、昨年秋から引き続き学区のコミセンで産前産後の子育てママたちが「孤育て」や産後クライシスで悩まないように「子育てサロン」でお話を聞いていますので、お近くの方はぜひお越しください。

 

名古屋の夫婦問題カウンセラー仲間でつくる「ピースの会」では1月よりカフェを貸し切り夫婦を語る座談会を始めます。

ピースの会のHPでも随時お知らせやご報告をしていきますのでお楽しみに。

 

「なごや婚育プロジェクト」として2月から9月まで毎月ごとの8回シリーズで、結婚教育セミナーを桃沢勢子カウンセラーとともに開催していきます。

第一回は2月18日(土)14:00~15:30 ウィルあいちセミナールーム4です。

セミナーについてはこのブログで随時お知らせしていきますので、ぜひお越しください。

 

今年もパワー全開で皆様のお役に立てるよう活動していきますので、応援よろしくお願いします!

 

 

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン

 

「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から

 

新年名古屋城一周お散歩

テーマ:

夫婦問題カウンセラー 今枝朱美です。

 

あけましておめでとうございます鏡餅

本年もよろしくお願いいたします。

 

1月3日、今年は少し運動しなければと思いジョギングウェアを着たまではいいんだけど、結局お散歩になってしまいましたあせる

ちょっと曇っていますが、名古屋城お堀周りをご案内します。

 

家を出て10分足らずで手前の能楽堂にある加藤清正像に到着。

加藤清正公は徳川家康に命じられ天守閣の工事を担当した大名だそうです。

 

名古屋城正門に到着。

 

でも今日は場内には入らずお堀の外を一周します。

名古屋城を左に見て東に進みます。

 

場内のお堀には鹿がいますが、ここにはいません。

 

お堀の内側に愛知県体育館があります。

1964年9月竣工。築52年なので私が3歳の時です。

小学校の6年間は週2回ここの水泳教室に通ったのですっごく懐かしいです。

夏には大相撲名古屋場所が開催されます。

 

野々村一男作「伸(のびる)」

小学校の時は「大きな人だなぁ~」と思って見ていた記憶があります。

 

去年お堀に1m30cmに成長してしまったアリゲーターガ―が目撃され話題になりました。

 

名古屋城の周りには街路樹にたくさんの柳があります。

柳の木は名古屋市西区の木です。

 

野鳥もたくさんいます。これはユリカモメ。

名古屋城の瓦が緑なのは銅板葺き(どうばんぶき)だからで、銅が酸化することによって発生する緑青(ろくしょう)の色です。

 

北側から一番きれいに見える名古屋城天守閣。

戦争で焼失し市制70周年記念事業で再建が決定され1959年10月1日竣工。

鉄筋コンクリート製ですが、老朽化のため木造での再建が検討されています。

さて、どうなるでしょう。

御深井丸西北隅櫓(おふけまるせいほくすみやぐら)は重要文化財です。

 

西側ウエスティンナゴヤキャッスル側から見た天守閣。

金のしゃちほこが良く見えるのはこちらからです。

 

写真を撮りながら歩いて一周して1時間もかかってしまいました。

帰って駅伝のつづき見よっとDASH!

ジョギングでノンストップで走れるようになるのはいつの事でしょうあせる

30分では帰ってきたいです。走る人

 

昨年はたくさん動き学びの年としました。

今年はさらにそれを形にしていこうと思いますキラキラ

 

 

夫婦問題・離婚問題相談室 リボーン

 

「性(SEX)と結婚教育」夫婦相談の現場から