未来の魔法のランプ 公式サイト 配信スタート‼


本書は、実生活において起こる意味のある偶然の一致としての「共時性=シンクロニシティ(Synchronicity)」の発見と出会いから、その意味を読み取り、楽しみながら前向きに解き明かすことで「セレンディピティ(Serendipity)」へ発展させて、「予期しない幸運をつくる、生きて活きる知恵が解りやすく描かれた物語」です。


仕事、お金、家、友達、恋人をなくしてしまった青年のもとに突如現れた「魔法のランプ」。一千年の時を超えて眠りから覚めた炎の精霊は、なんと小さな小さなかわいいレディーのイフリータでした。青年はイフリータに「助けて欲しい」とお願いするが、彼女は「私、魔法は使わないわ」とことわります。


何故なら彼女は魔法のランプの生身の「取扱説明書」として永遠の任務をもっていたのです。

$未来の魔法のランプ


$未来の魔法のランプ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
May 14, 2011

『未来の魔法のランプ』空を飛ぶ‼

テーマ:ブログ

未来の魔法のランプこれまでの進展状況です。


2010年>

The 21(PHP研究所)4月号書評記事掲載。

523日‐「神戸新聞」(神戸新聞社)書評記事掲載。

「ミスティ」(実業之日本社)6月号書評記事掲載。

「ダ・ヴィンチ」(メディアファクトリー)6月号書評記事掲載。

「ダ・ヴィンチ」(メディアファクトリー)7月号書評記事掲載。

「東京国際ブックフェア2010(78日~11)において印刷会社ブースに出展。表紙カバーと帯に加工のおしゃれなUV厚盛印刷が評判となる。

831日‐本の紹介サイト新刊JP新刊JP的夏の100選2010カウントダウンBOOK NO.99に選出される。

116日‐声優の野村道子さんがプロデュースする朗読集団みどりぐみによる朗読劇『未来の魔法のランプ』が千葉県の高等学校において上演。

1212日‐横浜市市民文化会館関内ホールにおいて、野村道子さんが指導する「朗読&朗読劇ワークショップ終了発表会」において「みどりぐみ」がゲスト出演し朗読劇『未来の魔法のランプ』を上演。




2011年>
128日‐公式サイト配信スタート
214日‐公共図書館 学校図書館 必備必備「ヤングアダルト図書総目録2011年版推薦掲載。
2011220日‐松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホールにおいて、松山市ことばのちから実行委員会主催・松山市教育委員会共催「第3回響け!!言霊"ことばのがっしょう"コンクール」において「みどりぐみ」がゲスト出演し朗読劇『未来の魔法のランプ』を上演。


228日‐公式サイト動画アップロード。

52日‐本書をアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス(Los Angeles)の総合メディア制作会社へ日本から航空便で発送。

512日‐本書がアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス(Los Angeles)総合メディア制作会社に到着。英語版の翻訳出版化に向けて、翻訳スタート

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
April 12, 2011

発刊一周年

テーマ:ブログ

Happy Birthday to "Future Magic Lamp"


『未来の魔法のランプ』は発刊一周年を迎え

本日は満1歳の誕生日です!


未来の魔法のランプ



201148日、

Amazon ベストセラー商品ランキングにおいて

> 人文・思想 > 倫理学・道徳 > 人生論・教訓

70位を記録しました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
October 12, 2010

おいしい料理

テーマ:ブログ

「本」は、けっして食べてはいけません。

けれど、

おいしい料理に似ています。

盛りつけは、うつくしい壮丁です。

お味は、おいしく感じる感性です。

栄養は、血となり肉となり、

“生きて活きる知恵”となりますね。

『未来の魔法のランプ』は、

発刊してから、本日でちょうど半年目(6か月)

を迎えました。

ありがとうございます。

クリスマスの夜はプレゼントブックに

最適です。

未来の魔法のランプ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
September 12, 2010

魔法合戦

テーマ:ブログ

「目の前に起こる出来事は全て自分の心の内に原因がある。従って全て自分の責任である」と、いうことを書いた本がたくさんありますね。しっかり読めばその内容には充分な価値があります。

しかし、悩みや苦しみで崖っぷちに立っていて藁にでも縋りたい勢いで読んでしまうと、「全て自分の責任である」と、論じているのですから、結局のところ、「人(読み手)の責任にしているではないか」と錯覚を起こしてしまうかもしれません。

そのような本が溢れていますから、浅く読んだ人が悩みや苦しみの相談を受けて、「全てあなたの責任である」と、説くようになってしまったら、これは厄介なことになってしまいますね。
はっきり云えば、
「全てが自分の責任ではありません!」
どんなに努力を重ねても駄目な場合があるのです。

元は小さくて単純な事柄が、複雑に絡み合って深刻な問題になってしまう場合があるのです。

何もしていないにも関わらず、知らないところで誤解や嫉妬などで意図的に窮地に陥れられてしまう場合があるのです。
それはどうしてなのでしょうか。
物事は人の想念によってかたちづくられてゆきます。いわゆる人の思考がまるで「魔法」のように「現実」を生みだしてゆくのです。「心の内なる根源が森羅万象をつくり続けている宇宙の意識と繋がっている」からこそできるわけなのですが、たいていの本に書いてあるのはそのことばかりですね。
なのに、どうして思い通りならないのでしょうか。
もちろん魔法のような出来事が、「論理的」でないとか、「科学的」でないとか、「ばかばかしい」とかの理由ではありません。それは「概念」だけでなく、長い間、時間をかけて、一つ一つの「体験」を得て、心と宇宙が繋がっていることをはっきりと掴むことができました。
だからこそ、答えは単純です。
思い通りにならないのは、「みんなが魔法を使える」からです。
世の中、人と人との「魔法合戦」なのです。
逆境のなかで、前向きにやるべきことはぜんぶやってみた。けれど、状況は前よりも悪くなってしまった。
それは確かに辛いですよ。嘆きたくなるし、泣きたくもなるし、逃げ出したくもなるでしょうね。
でも、さらにはっきり云えば、
どんな状況でも、心の奥底で幸せになりたいと願っている限り、

「人生は幸せを求めて進化しています!」
人生の進化には、「現状からの発展」と「現状からの移行(Shift)」と「現状そのもののリセット(Reset)」などがあって、ときには、止む無く電卓のように「クリア(clear)」のキイを押されてしまうことがあるのです。昔の算盤(そろばん)塾では「クリア」を「御破算で願いましては」といったらしいのですが、このほうがわかりやすいかもしれませんね。
但し、ここでいう「クリア(clear)」するの「リセット」は、振り出しに戻るわけでないのです。例えば、多くの体験を積み重ねながら「地球一周」の旅をして出発地点に戻ったようなものなのです。 
物理的には確かに元の地点なのですが、精神的には遥か彼方に到達しているのですからね。
もっとはっきり云えば、
「崖っぷちに立たされたときこそ、願望が明確に定まって、魔法のパワーが強まるのです!」
決してあなただけが悪いのでなく、また、まかり間違って窮地に追い込まれたのかもしれません。ところがその過程を通ることによって、願望が明確に定まるのです。
「…であって欲しい」と、願いごとがシンプルになります。願い事が明確になれば、それを実現したいと一心に願う魔法のパワーが強まるのです。だらだらと半端な窮地にいれば、不満に対する愚痴の連続です。辛いながらも、悲しくも、それは半端な窮地での半端な「抵抗」です。前向きに変えるためには後ろ向きな抵抗を捨てなければならないのです。

現実に、どんなにあなたが正しいと思っていても人には通じないからです。どうしてあなた以外の人にあなたのことがわかりましょうか。あなたのことはあなたが一番知っていて、あなた以上にはあなたのことはわからないのです。
でも、崖っぷちに立ってしまったからこそ、もう不満や愚痴なんてどうでもよくなってしまいます。

願望が明確に定まって魔法のパワーが強まれば、防御も攻撃も必要のない「自然体」にもどれるのです。
つまり、ここまできてこそ、「心の中で無駄な抵抗を止める」ことができるのです。

あなたはあなたの「魂」に素直に聞けばよいのです。

何も、死んでから身体のなかから飛び立つ霊だけが魂ではないのです。

直観、閃き、歓喜・感動、心の根源から込み上げる意識、それが魂です。

あなたの魂をあなた自身が感じることができれば、あなたが新しい未来に向かうために必要な最高のナビゲーションシステムとなるでしょう。

自分の魂に逆らうことを止めるべきです。

逆境にきてこそ、それを知ることができるのです。

その瞬間、魔法合戦は中和されて、

やがて時間をかけて、

あなたに必要で相手にも必要とされる「人」や「物」や「出来事」を自然の流れが自然の力で結び付けてくれることになるでしょうね。

さあ、チャンスです。
「クリア(Clear)には、一つの言葉のなかに二つの意味があります。

一つは、ゼロにリセットすること。

もう一つは、危機から脱出すること。

これは、実に面白いですね。

あなたはもっともっと幸せになるための「ターニングポイント」を迎えることになったのですからね。

さて、仮に、あなたの人生が映画として描かれることになったとしましょう。

崖っぷちのなかからよみがえるという物語です。
最後のシーンに炎の精霊イフリータが出てきて、一言のセリフがあるのです。
「崖っぷちに立たせられたことも自ら願った「魔法」だったのよね。その結果として、こんなに素晴らしい物語が生まれたのだわ」
※本書『未来の魔法のランプ』(説話社刊)の奥付発行日4月12日から本日でちょうど5か月が経ちました。読者の皆様、書店の皆様、出版社及び関係者の皆様、たくさんのブログに書評を投稿してくださった皆様。ほんとうにありがとうございます。

本日只今のAmazonランキング(本)は、

28,552位です。

写真は、紀伊国屋書店グランドビル店にて(9月4日撮影)

未来の魔法のランプ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
August 12, 2010

本書発刊から4か月

テーマ:ブログ

 本書『未来の魔法のランプ』(説話社刊)の奥付発行日412日から今日でちょうど4か月が経ちました。

 多くの読者の皆様に読んでいただき、幾つものブログで書評が取り上げられ、なかには人々の悩みの相談を受ける職業のセラピストや占い師の先生方の掲載もありましたことなど、とても感謝しています。

 本書は、共著者の二人が10年間議論しあった疑問を解くことができた瞬間、その勢い強く、わずか数週間で書き上げることになりました。それは昨年のちょうど今頃の事でした。お盆前に原稿を書き始めてお盆明けには出版社へ原稿を持ち込もうと目標を立てたのです。もちろん出版化に至るまでは8か月ほどの時間を要しましたが、本書の執筆前に幸運な偶然が重なって編集者と出会っていたことから、結果的に最初から出版社も決まっていたかのようなご縁もありました。

 議論しあった疑問点とは、国内外には沢山の自己啓発や精神世界の本があるけれど、どれもこれも書かれていることは「全ての結果は自分の心のなかにある」という意味のプラス思考のことばかりでした。
 物事をプラスに考えることを推奨することはけっして間違ってはいないのですが、目の前の最悪の状況のなかでプラスに考えることが難しいからこそ人々は悩んでいるわけで、究極の悩みの渦中において「全ての結果の原因はあなたの心のなかにある」といわれて素直に受け止められればよいのですが、その意味を解らずして無理矢理にプラス思考にもってゆこうとすれば、結局は現実のマイナス思考に逆らってプラス思考に転じさせようというわけですから、受け止められないことを受けとめようと本心に逆らうことになるわけですから、逆らった分だけもっとマイナス思考になって、結果、救われないのです。

 人生は不思議なもので、最初に素敵な異性とめぐり合いたいと願ったとしますね。そして次にお金持ちになりたいと願ったとしますね。ところがしばらくして突然に経済が破たんして生活が必死の状態になってもう異性とのめぐり合いどころではなくなってしまいます。でも、そんな路頭に戸惑っている状況のなかで素敵な異性と出会ったりするものなのですよ。そして誰からみても羨ましい限りの大きな会社で安泰でいても突然にリストラされたりもするもので、また、そんな路頭に戸惑っているときに天職をみつけてほんとうの幸せをみつけたりすることがあるものなのですよ。

 考えているマイナス思考が結果を悪い方向へ誘因すると決めつけずに、悪い結果は一時的なもので、次の結果が良くなるための条件だと考えることがほんとうのプラス思考だと考えるのです。
 「誤解してはならないことは、ネガティブなことに遭遇する現象は、新しいステージへ移って最初に思い浮かべたポジティブな思いを実現させるために必要不可欠な過程であるかもしれないのです。」(本書より)
 でも、願い事の魔法を自分にかけるときには注意が必要ですよ。
最近、太りすぎて痩せたいと願っていると、確かに痩せられます。破たんして食べ物を買うお金がなくなって、結果、痩せてしまうなんてこともありますからね。まるで笑い話のようですが。
 人生はよく航海にたとえられます。
今週の月曜日、体験学習をする帆船の出航風景に出合いました。
帆船を見て改めて思ったことです。
人生において、風も波も雨もあります。

風と波と雨が激しくなればもう嵐ですね。
嵐を乗り越えるには、知識や知恵や技能が必要です。

 海に向かわなければ危険はないかもしれません。でも海に向かえば...

美しい自然に出合えるのです。
人と人との楽しい出会いが待っているのです。
新しい文明や文化に触れることができるのです。
すべてが価値ある体験となることでしょう。

 いや、海に向かうとか向かわないとかではなくて、人生そのものが大海原なのですから。

(アジア太平洋トレードセンターにて)
未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
July 30, 2010

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

テーマ:ブログ

 USJへ行って参りました。

東京ディズニー・リゾートと並ぶ国内2大テーマパークの1つと云えるでしょう。とは云え、どちらも「アメリカン」です。


未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ

 この種のテーマパークの魅力は様々ですが、例を挙げれば「映画の世界のなかに入って行けること!」でしょうね。

 子供のころ「映画のスクリーンのなかへ入って行きたい」と思ったことがあります。なかの風景や建物を見たいし登場人物やキャラクター達と会いたかったからです。映画だけでなく「テレビ画面のなかへも入って行きたい」と思ったものです。もしテレビ画面のなかへ入って行くことができたとしても「でも誰かがチャンネルを替えてしまったら…」なんて本気で心配していました。
 映画の世界は「時間と場所(空間)の概念」が異次元的です。「映像の世界」ですからね。つまり、時間や場所(空間)を瞬時に移動できるという面白さがあるのです。「現在」と「過去」そして「未来」という時間軸に規定がなく、過去の過去に遡り現在には戻らずに未来へ行く(飛ぶ)こともできるのです。それこそが「映画=映像の世界」の魅力なのです。

 かつて、仕事で世界一周をする客船に乗務したときがあり、そこは映画的な世界でした。極端ですが、突然に南国の世界に着き、突然にアラブの世界に着くからなのです。乗務においてはお客様とは異なって、入港や出港の情景を味わっている暇がありません。慌ただしく船内にいるものですから、気が付けば南国の世界、気が付けばアラブの世界、気が付けば島も見えない360度、海・海・海の上…なのです。それはまさに、映画のスクリーンのなかへ入って行く感覚、或いはテレビ画面のなかに入っていく感覚だったのです。
それはそれば、すばらしい体験をしたものでした。

 さてさて、少し話題をかえて冒頭の写真について「種明かし」をしましょう。

…写真を並べた順番です。

 ユニバーサルシティ駅に着いた列車

 夢と期待を抱いて人々がテーマパークへ向かう様子

 最初のゲートを潜ってシンボル球の前に出たときの様子

 いよいよテーマパーク直前の最後のゲートを潜る人々の様子

テーマパークの楽しい様子

⑥ テーマパークのスタジオ内()

…実は撮った順番が違うのです。
⑥の順番に撮ったのが「事実」です。
…しかも⑥の写真はテーマパークとは全く関係のない関西国際空港の国際線搭乗ゲート内を同じ日に俯瞰して撮ったものです。巨大なスタジオの一部だと錯覚されたかたがいるかもしれませんね。
 映画=映像のお話しをするには理由があります。ちょっと遠回りをした大切なわけがここにあります。

 「映像の世界」は「心」すなわち「心像の世界」と、とても似ているのです。「良い過去」、「悪い過去」、「良いと思う未来」、「悪いと思う未来」がいつも時間軸を超えて無秩序に交差しているのです。要はそれが「虚像の世界」でありながらも「現実の世界」でもあるということなのです。虚像だからといって偽物だとは限らないのです。
 「悪い過去の思い」の組み合わせと「悪い未来の思いの組み合わせ」が、「最悪の現実」です。
 「良い過去の思い」の組み合わせと「良い未来の思いの組み合わせ」が、「最良の現実」です。
 「映像」も「心像」も英語では、"IMAGE"と呼びます。イメージ(IMAGE)の組み合わせこそが、「幸せを呼び寄せる」最大の鍵と云えるのではないでしょうか。
 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ったから本ブログを記したのではなく、本ブログを記するために映画のテーマパークと関西国際空港(KIX)へ行った(飛んだ)わけでもあったのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
July 24, 2010

異人館

テーマ:ブログ

 神戸・北野の「異人館」に行って参りました。

異人館とは、主に明治時代において異邦人(主に欧米人)が日本に建てた西洋館のことです。「異人」という表現に今では議論もありますが、「異人館」は文明開化の憧れの対象として今でも新鮮に感じることができる不可思議な意味合いがありますね。

たくさん在る異人館の一部をご紹介しましょう。

先ず「北野物語館」です。
2009年からスターバックスコーヒージャパンが「スターバックスコーヒー神戸北野異人館店」として営業しています。
もともと由緒ある建物で、震災時に一時建物は解体・保管され、2001年に北野坂の現在地へ復元されたステキな西洋館です。
こんなところでおいしいコーヒーが飲めるなんて最高ですね。館内の部屋は解放されて、カップルや観光客はもちろんのこと、会議室のように打ち合わせをしていたり、ひとり読書や受験勉強をしていたり…と、オシャレでとてもおもしろい空間(お店)です。

未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ

 次に「風見鶏の館」です。
この建物は1978年に国の重要文化財に指定されています。
かつてNHK朝の連続テレビ小説「風見鶏」のシンボルとなった建物で、これがきっかけとなって北野町が全国に知れ渡り神戸の観光スポットになったそうです。

未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ

 そして「萌黄の館」です。
この建物も1980年に国の重要文化財に指定されています。

未来の魔法のランプ

 異人館を訪ねた後で、2件の本屋さんにも立ち寄りました。
「福家書店」三宮店です。

未来の魔法のランプ

「福家書店」神戸店です。
未来の魔法のランプ

 本屋さんを目指しているうちに「ハーバーランド」まで来てしまっていました。

未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
July 17, 2010

祇園祭

テーマ:ブログ

 京都の祇園四条へ行って参りました。
 今日は祇園祭です。そして特別な日でもあります。

祇園祭は7月1日から7月31日まで開催されるのですが、7月17日は、山鉾巡行があり、祭りのクライマックスとも云えるのです。

なんと、32基もの山鉾が京都市内の中心部を巡行するとのことなのですから。

未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ

 八坂神社へも立ち寄りました。御神籤も引きました。
第一番 大吉
願望 遂ぐるによし努力せよ
仕事 諸事成果あり最善を尽くせ
…でした。

未来の魔法のランプ

 さて、山鉾巡行を堪能させていただいた後、京都駅へも立ち寄りました。
最近、京都駅八条口側近くに巨大なショッピングモール「イオンモール京都」がオープンしたとの情報を得て、その中に1000坪もある大きな書店「大垣書店(京都駅前店)」がオープンしたということを聞いたのです。
有り難いことに『未来の魔法のランプ』在りました!
幸いにもコーナーのご担当者にお会いしてご挨拶をすることもできました。

とても素敵な店員さんですね。

未来の魔法のランプ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
July 11, 2010

東京国際ブックフェア

テーマ:ブログ

 “東京国際ブックフェア”へ行って参りました。

未来の魔法のランプ

 世界中の本が集まるなか、『未来の魔法のランプ』も出品されています。この度の出品は特殊な事例で、印刷会社のブースにて出品されているのです。出展のブースは、印刷会社/平河工業社のブースです。この会社は大きな会社でハイデルベルグ印刷機が100台も稼働中とのことです。
 本書は表紙カバーと帯におしゃれなUVの厚盛印刷が加工されているために来場者の皆様にお披露目の機会を得たわけです。編集者とデザイナーさんが装丁にも力を入れていただいた成果とも云えるでしょうね。本づくりは著者だけではなくプロフェッショナルな関係者の熱い思いがひとつひとつ重なって出来上がっていくものです。

 本書は近い将来において世界中に広まってゆくことを関係者と共に願っています。
未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ
未来の魔法のランプ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
July 07, 2010

七夕

テーマ:ブログ

 今日は7月7日、「七夕」です。

人々は「短冊」にお願い事を書いて、それを笹の葉に結び付けます。

「星へのお願いごと」それはファンタジーな世界を体験する入り口かもしれません。そしてやがては「魔法への扉」を開くことになるのでしょう。

わたしも短冊にお願い事を書きました。

「『未来の魔法のランプが』読者の皆さまのお役に立てますように!」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。