兵庫県伊丹市 児童発達支援事業所・放課後等デイサービス事業所「エントランス」のブログです

小学校5年生になる双子男児(どちらも自閉症)の父親です。
発達に遅れのある子供たちを対象とした「児童発達支援事業」
及び「放課後等デイサービス」を兵庫県伊丹市で運営しています。
学習支援にも力を入れています。


テーマ:
みなさんおはようございます、今日の伊丹は底冷えです。

今年も1月17日がやってきました。

阪神淡路大震災から、21年目の朝です。

当時芦屋浜に住んでいた私は、19階建てマンションの
10階で地震に遭いました。余りの激しい揺れに、
マンションが倒壊すると本気で思いました。

部屋は足の踏み場も無い状態で、当然停電、断水、
今の様にインターネットもスマホも無い時代ですので、
何とかラジオをつけて聴いていると、数分ごとに酷くなる
被害の報告に震えました。

夜が明け、双眼鏡で山側を見ると、阪神高速が倒壊。

住んでいたマンションは、余りの激しい揺れにより
鉄骨主柱が「破断」するという、極めて珍しい損害を
受けました。

破断

この様に、主柱が完全に裂けました。


その後、主柱はこの様にギプスをはめたように補修
されました。補修部分の真ん中付近の横にある溶接
部分が破断した所です。

補修後


この地震で、私が知っている人が亡くなる事はありません
でしたが、15年住み慣れた芦屋は、まさに崩壊していました。


当時高齢だった祖母も同居しており、ライフラインが全て
止まっている芦屋では生活が大変だろうと、地震の二日後に
岡山の親戚宅へ祖母を避難させようと、車で171号線を走り、
伊丹に入ると普通にコンビニが開き、日常生活が営まれている
光景に強いショックを受けた事を、思い出します。

新幹線が止まっていたため、伊丹空港で10時間待ち、伊丹⇒
岡山という通常では有りえない臨時フライトで岡山に向かう
経験もしました。


電気は比較的はやく復旧しましたが、ガスや水道は3カ月程
不便だったと記憶しています。その間、食事は買ってきた弁当か、
カセットコンロで温めたもの。風呂は尼崎の銭湯か知人宅に
週1回くらい。


地震から1週間程経った頃、福岡県に数日避難をしました。

毎日テレビで流される、小さい頃に住んでいた神戸市東灘区、
祖母が住んでいた灘区、いつも遊びに行っていた三宮、
そして我が家がある芦屋市。見慣れた光景や学校の避難所が
テレビに映し出されるたびに、「こんなところで温かい、おいしい
もの食べてたらアカンやろう」と思い、芦屋に戻って東灘区の
小学校で数日ボランティアをしました。


その地域は家屋倒壊の被害がすさまじかったところで、避難
している人の多くが家族を亡くしたり、家を失っていました。

人々の荒れ、すさんだ言動に、当時まだ22才の私は驚きました。

「ワシはもう家もなんにもないからな、どうでもエエねん」

と一日中酒を飲んでいる人。

小学校に備蓄されている救援物資が盗まれ、自警団が結成
されると、物資を守るより武装化する事に意義を感じだす人たち。

炊き出しの時には、

「オレは被災者やぞ!はよせんかい!」

自衛隊が作ってくれたお風呂、燃料が乏しく、夕方で終わら
ざるを得なかったのですが、夜仕事から避難所に戻った人は、

「何でもう風呂ないねん!俺ら仕事終わって帰ってきとんや!」

よく、テレビでは日本人は震災の時でも秩序を乱さず、規律正しく
避難生活を送っていると伝えますが、現場ではその様な、テレビに
映らない、いろいろな人間模様がありました。

今、この様な仕事をしていて思うのは、大災害の時に、障害を持つ
子どもたちがどの様に避難や、災害後の不便な生活に適応できる
のか、という事です。

阪神淡路大震災から21年、東日本大震災からも間もなく5年が
経とうとしています。

これからの生涯で、またこの様な災害に直面する事があると
思います。

その時に、経験を活かして、彼らを守れるようにしたいです。


今朝、5:46に阪急伊丹駅前で「西台商店会」さまの呼びかけで
1分間の黙とうに参加させて頂きました。

祈り


あの日を忘れないように。





AD
いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。