兵庫県伊丹市 児童発達支援事業所・放課後等デイサービス事業所「エントランス」のブログです

小学校6年生になる双子男児(どちらも自閉症)の父親です。
発達に遅れのある子供たちを対象とした「児童発達支援事業」
及び「放課後等デイサービス」を兵庫県伊丹市で運営しています。
学習支援にも力を入れています。


テーマ:
今年も残すところあと2週間ほど、いやー1年が早い!

今朝は毎月恒例の、

伊丹朝マルシェ

で長男と朝食をとった後、神戸で開催された「兵庫障害児
放課後ネットワーク」の学習会に参加しました。

これがレジュメです。

レジュメ


前半は、京都教育大の丸山先生による講演で、「こどもの
気持ちに目を向ける」という視点や、「能力をあげる事に
偏った支援にならない様に」というキーワードが印象に残り
ました。

特別支援に関わると、どうしても「成果」や「スキルアップ」に
意識が行きがちですが、この様な観点を常に持つ事が、
バランスの取れた支援なのだと、改めて気づきになりました。

後半は、たぶん初めての試みとなる「「分科会」。

A分科会では、宝塚と川西で「COCO育」と「たっち」を運営
されている谷部さんの実践発表と神戸大木下教授による
研究発表(子どもにあわせた実践、放課後活動に必要な
支援)が行われました。こちらの参加者は50名程と大人気!

B分科会では、「放課後活動の運営に必要なこと」という
テーマで、私から実践発表をさせて頂きました。こちらの
方も25名ほどにご参加頂きました。

今回は、恐らく過去最高の70名近くの参加(その殆どが
事業所の方々)にご参加頂き、放課後デイの事業所増加
に伴って、「よりよい支援をしたい」という志の高い方々も
増えているんだなぁ、と実感しました。

事業所が乱立している、質の低い事業所がみられる、等
最近余りいい話が聞こえない気がしますが、今日の様に
たくさんの熱心な支援者の方々を見ると、トータル的には
きっといい方向に向かうと思います。

次回は4/17(日)に第11回の「兵庫障害児放課後ネット
ワーク総会」が神戸で開催されます。また盛況になる様、
私も頑張っていきたいと思います。

最後に開会の挨拶をされる木下教授。いつも分かりやすい
お話をして下さります!

木下先生







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

フューチャージニアスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。