非二元と脳科学に基づく学習法の記事

ノンデュアリティ・スピーカー 矢沢大輔のブログ

NEW !
テーマ:
お金は人類が発明したものだと、多くの人は思い込んでいる。
このストーリーを信じている限り、お金の心配とやりくりの苦労は続く。

追伸
お金は、「現れ」です。
現れるものは、必ず消えます。
または姿を変えます。

お金は自然に現れ、そして消えるもの。
これをコントロールできる個人は、どこにも存在していません。

興味のある方は、非二元(ノンデュアリティ)のプライベートセッションをお受けください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は1日10時間くらい眠る。

 

翌日にセミナーの仕事がある日以外は、毎日、目覚まし時計をかけずに寝ている。

すると、たいてい10時間くらい経ってから目が覚める。

 

学生時代やサラリーマン時代に比べて、睡眠時間が増えたことで、私が一番変わったなと実感しているのは、英単語の記憶力が上がったことだ。

 

人は幼少時にたくさんの言葉を覚える。

そして、よく眠る。

 

言葉をたくさん覚える時期だから、よく眠るのか。

それとも、よく眠るから言葉をたくさん覚えられるのか。

どちらが先なのかは、よくわからないが、脳は眠っている間に、記憶に関わるシナプス結合の強化作業を行っている。

 

だから、私は、毎日、眠る前に、英単語集を見て、音読している。

 

英単語集を見て、たくさんの言葉にふれると、自然に眠りが訪れ、よく眠れるようになるからだ。

そして、眠っている間にシナプスの結合が起こるので、たくさんの単語を幼少期のように自然に覚えられるようになる。

 

学習において大事なのは、眠りであり、この両者は切っても切り離せない。

 

年をとると記憶力が劣えると、よく言われているけれど、それは全くの見当違いで、睡眠時間が減っているから、シナプスの結合が強化されにくいだけの話だ。

 

何歳になっても、新しいことを学べば、脳はその記憶を定着させるために、眠りに入る。

すると子供のようにスヤスヤ眠れるようになる。

 

お知らせ

「英語脳」と「ビジネス脳」をつくれる学習ストラテジー講座では、睡眠中に起こるシナプスの強化を最大限に生かせる、脳科学に基づく学習法をお教えしています。

詳細はこちらから

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「非二元(ノンデュアリティ)に至るのに、瞑想は役に立つか?」というような質問を時々受けるので、今日はそれについて書いてみる。


まず、この質問は、瞑想をやるかやらないかを決めてそれを実行に移せる「自分」がいる、という前提になっている。


また、「非二元」というものが、何かをすることで至りつけるような到達目標のように考えられてしまっている。


瞑想をやるかやらないかを決められるような「私」はいない。

瞑想が起こったなら、それは単に瞑想が起こっているだけで、見かけ上、誰かが瞑想をしているように見えても、それをやっている誰かはいない。


くしゃみをしている人を見たら、その人がくしゃみをしているように見えるけど、個人の意思でくしゃみをしているわけではないのと同じで、瞑想も、くしゃみも、単に起こっていることに過ぎない。


瞑想であれ、ヨガであれ、くしゃみであれ、昼寝であれ、言い争いであれ、それが起こったなら、単にそれが起きているだけで、それを意図的にやっている個人はどこにもいない。


起こったことの全てがワンネスの表現であり、それをやるかやらないかを選択できるような個人の私も、他人も、存在していない。


この事実を、「非二元」という言葉は指し示している。

「瞑想をしたら(原因)、非二元に至れる(結果)だろうか」という問いは、「瞑想を実行できる個人の私がいたなら…」という夢物語から発せられた言葉であり、現実には、瞑想をできるような誰かもいなければ、非二元に至れるような誰かもいない。


そして至りつけるような「どこか」があるわけでもない。


今、起きていることが何であれ、これが全てであり、これ以外のものを探し求めている私は存在していない。


これが非二元。


お知らせ

非二元(ノンデュアリティ)をわかろう、学ぼうとしているなら、それは思考によるゲームが続いているだけです。

何かをコントロールできる個人の私がいない感覚を直接感じたい方は、非二元のプライベートセッションをお受けください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昨日、下北沢の喫茶店で、高2の息子と「清水富美加の出家」の話から、宗教についていろいろ話した。

出家とは何なのかが、息子の最大の疑問だったらしく、在家と出家の違いについて話したら、出家した人たちは、生活費をどうやって稼いでいるんだと聞いてきた。

先日、息子は、彼女と鎌倉にデートに行ってきたばかりだったので、「お寺入るのにタダで入れたか?」と聞いたら、息子は、ああ、そうかと応えた。

でも、そんな金額以上に、数百万円単位のまとまったお金が入る仕組みが日本の宗教にはあり、私が知っている占い師も、同じものを信者に買わせて、広大な敷地に大豪邸を建てたことを話した。

新興宗教というものは、宗旨替えをさせなければ、信者を増やせない。
そのためには、存在しているのは「個人の魂」であり、個人の自由意思によって宗教も選べると思わせる布教を行わなければ、宗旨替えを起こせない。

今回、息子には詳しく話さなかったが、日本に伝えられている「自己啓発」も、もともとアメリカの新興宗教の布教のためのものだ。
しかし、アメリカの歴史を知らない日本人の多くは、それが布教のためのものだとも気づいていない。

今回の騒動が起きるまで、息子は「幸福の科学」の名前させ知らなかった。
そして、それがどのような宗教とも知らず、清水富美加のツイッターをフォローし始めていた。

気づくべきは、このメディアを巻き込んでの布教活動の巧妙さだ。

とはいうものの、今回の騒動のおかげで、新興宗教の歴史に始まり、日本の葬式仏教のカラクリ、安倍内閣(政治)と神道の関わりなど、宗教についていろいろと息子に伝えられる、いいきっかけをもらえた。

お知らせ
宗教、スピリチュアル、自己啓発は、こうすれば人生がうまくいくと、個人を誘います。 
非二元は、そのような「教え」でも「信仰」でもありません。
実際に存在しているのは、個人の私ではなく、生そのものであること。
これがわかると、信じる必要、知る必要のあることは何もなくなります。
あるのは、生との分離がないこの愛、自由。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
就労時間を減らせと、政府は企業に迫る。
 
どうすれば、収益を落とすことなく、労働時間を短縮できるかの戦略を示さないまま、とにかく時間を削れと政府は企業に迫る。
 
1日数十分程度の時間削減なら、個人の努力で何とかやりくりのしようもある。
 
でも、組織の収益を維持したまま、大幅に労働時間を短縮するには、戦略を組み立てる必要がある。
 
ここでいう「戦略」とは、戦うための策略ではなく、無駄な戦いを省略するための方策。
仕事でいうなら、無駄な仕事を省略するための方策のことだ。
 
そして、戦略は、何かを学習するときにも極めて重要な機能を果たす。
 
たとえば、英語を習得するには、数千時間の学習が必要だとよく言われるが、これは戦略のない学習者についての話だ。
 
日本人の多くが、中高大を通じて英語を学んでも、英語を使えるよにならない理由は、まだまだ学習時間が足りていないからではなく、戦略のない学習を続けてきたからに過ぎない。
 
だから、この先、小3から英語の授業を始めたところで、日本人が英語を使いこなせるようにはならない。
むしろ、第一言語の日本語の運用能力が落ちることの方がデメリットだ。
 
学習において重要なのは、学習戦略であり、これまでの日本の英語教育には、第二言語としての英語を短期間に速やかに習得できるように組み立てられてた学習戦略がなかった。
だから、多くの日本人が、英語を学んだにもかかわらず、使いこなせるようにならない。
 
これは個人の努力の問題ではなく、学習戦略のない教育方針の問題だ。
 
しかし、今や脳科学や認知言語学の研究が進み、日本人に適した学習戦略と、そのための学習教材も出回り始めている。
 
その戦略や教材を活かすことなく、小3から英語教育を始めても、日本語さえロクに使いこなせない日本人を増やすだけだ。
 
お知らせ
3月開催の「英語脳」と「ビジネス脳」をつくれる学習ストラテジー講座の残席が、あと2席になりました。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)