【広島】発達障害・不登校でも大丈夫!可能性を開き幸せになる

【発達障害・不登校】こころを癒し、行動をかえる!セラピーコーチ長尾美香のブログ

 




音譜
マインド リバランス メゾット(MRM心理講座)

本来持っているあなたの力を発見!それを活かして

 ドキドキ心のバランスを整えましょうドキドキ

 

 受講生募集中!! 詳細はこちら^^



ペアレントトレーニング in 福山
9月から後半に突入!!  



テーマ:

こんにちは長尾美香です。

 

台風が近づいていますね。

広島はさほど影響を受けないようですが

台風が通る道付近の方は十分に気をつけられて下さいネ。

 

少し涼しくなった本日

私は広島県の会議に出かけてきます。

 

さて先日また悲しい事件がまた起こりました。

いじめを苦に命を絶つ

 

この子どもさんの行動をどうぞ無にしないように

新たに悲しい想いをする人がでませんように

お子さんの冥福をただただ祈るばかりです。

 

 

命の大切さ

自分を大切にすること

更にそれは相手も大切にすることなのだと

被害者・加害者(イジメた子たち)はもちろんのこと

 

イジメを見て見ぬふり 

見ても何もしなかった子 

知っていながら何も出来なかった子達

 

この子達 (殆どの子はこのタイプでしょう)への

教育? 心の教育が必要なんじゃないかな~?

 

 

子ども達が将来大人になった時

彼らが社会を作っていく

 

大多数の子ども達に対して

既に教育現場では力を入れているでしょうけど

教育関係者だけではなく

家庭でも何ができるのか考えてもらえれば

もっと子ども達も社会も変わっていくんだろうなぁと思っています。

 

 

学校に来ない児童生徒がいても

それは自分とは関係ないから

って

 

そのように思っている子どもが多いのかもしれません。

 

(不登校の子や特に親は、存在を忘れられるのが寂しい・・・・・)

 

 

学校に来ないことさえ 興味を持たない

自分とは関係ないから、関わりを持たない 

それは自分を守る事でいっぱいだからかもしれない

 

子どもにも 余裕が無い時代になったのかなぁ・・・・

そう思うとせつないねぇ

 

 ↓しーたさんの事務所

そして、何度かブログでも書いたけど

私も思春期はいじめられっ子だった 

でも、必ず助けてくれる人がいたし

慰めてくれる人もいた 

ありがたいねぇ・・・ シミジミ

 

 

決して親にはそのことを言えなかったし

先生も助けてくれるとは思ってないので

知らせなかった。

 

 

加害者でもない、被害者でもない

残りの子ども達は何を感じているんだろう・・・・

 

それって社会の縮図=大人の社会が

子どもにも表されているのかもしれないね。

 

自分の子どもは自分で守る! 

自分自身が自分を守れるようにしょう~♪ 

 

いざという時には戦闘も必要なのさ! 実感・・・・・! 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは長尾美香です。

 

お住まいの地域では台風いかがですか?

自然には誰も逆らえない 

神様がいるかどうかは解らないけれども

人には逆らえない力があるのだと実感するこのごろです。

 

今起こっていることを

どのように思い(考え)

とらえ

行動するかは

その人次第です。

 

そして

行動をするから(しないから)

変化が起こる(起らない)のです。 

結果が出る(出ない)のです。

 

 ↑宣伝 9月29日 バスソーダを作ろう!(画像はバスソルト(^_^;)

 

 

さて、先日性について書いたなかでの起こった事件

今だニュースで取り上げられていますね。 

 

これを機会に

色々な人が考えるきっかけになればいいな・・・と思っています。

(当事者の皆様には、とても大変なことだとは思います、一人ひとりが幸せに成りますように♪ 祈る)

 

 

そして、この事件に対して

様々な方がコメントを発信されています。

(力の無い私も書いていますが(^_^;)

 

 

皆さん、それぞれの立場からの見解からのご意見

教育者といわれる方達(◎◎ママとか)

犯罪心理学者とか

親の立場から一般人

タレントさん  

加害者と関わりのある方達(今昔)

 

発信されたご意見は、その方の見解なので 

私は良い悪いは無いと思っています。

 

 

今回の出来ごとに対して

様々な意見が出る。

 

原因とか今後のこととか・・・ 

 

 

この事件を例に挙げるには少し問題があるかもしれませんが、皆さん強烈な印象をお持ちになられたでしょうから、解りやすいかな? 

 

 

このように

物ごとには、その人ひとりひとりの捉え方があります。

意見を皆さんぞれぞれ持っている。

 

それは、それまでその人が生きてきた歴史(経験等)があっての

その人から出る意見になのですね。

 

 

ところでみなさんは、

何か問題が起こった時

信頼出来る誰か(人)に相談されませんか? 

 

その人の意見を参考にするはどうかは別として

その人の見解を聞きたい、参考にしたいと思われるから聞かれるのでしょう。

 

 

ということで、 

自分には自分の歴史があって

自分特有の考え方がある

それは殆どパターン化されています。

(癖のようなものです)

 

そして、まだ他にあるかもしれない

それでいいのよ♪と認めてもらいたくて

(背中をおしてもらいたくて)

信頼出来る人に意見を求めているのかもしません。

(実は無意識でその人を選んでいます・・・この人ならこう言うだろう・・・と) 

 

 

今回のような事件のことは別として

様々な立場から見て見る(考えてみる)ことで

今までの自分のパターン以外の

新しい何かが見えてくる(考えられる)可能性があります。

 

 

立場を変えて

見てみる、考えてみる、感じて見る 

 

これは一人でも行うことができます。

 

NLPのポジションチェンジといわれるもの

ゲシュタルト療法であれば、テンプティチェアと言います。

これらは見る位置(立場)を五感を使って変えています。

 

 

色んな人になりきって 

そのことを改めて見て(考えて・感じて)みる。

 

結果

 

新しい見方 考え方 捉え方ができるようになる。

 

リフレーム

気づきがおこる

 

 

一般的な傾聴をメインとしたカウンセリングでは聴くこと話すことで気づきを起こしますが、NLPやゲシュタルトでは実際に身体を移動(五感を使って)させて気づきを起こします。

 

それぞれ向き不向きがありますので、

みなさんは自分に合っている方法で試してみてくださいネ。

 

他者の目線になって考えてみる。

試してみてくださいね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは長尾美香です。

 

今日ほんの少しだけ涼しいでしょうか? 

台風が来ているからなのか? 現在12時室内気温27度 

我が家のクーラースイッチ温度29度くらいなのです。

↑上の画像は、9月らぽーるで教えて下さる先生の作品です。

画像はバスソルト、作るのはバスソーダ!! 泡入りです^^ 

 

 

さて、2学期が始まった我が家の娘

そんななか、頑張ってアルバイトを続けています。

 

社会との関わりを学生の時に学ぶこと 

学生だからこそ、許してもらえることもあるかと思います。

(もちろん、それはダメでしょ!ってこともあります、遅刻とか・・・)

 

 

でもね、大人=社会の一般常識

これは高校生に身についていないのは許される。

 

一般的に高校生に大人対応は求めないでしょ?

だからこそ時給がお安い! 

相手様も育てようと言う気持ちがおありで、関わって下さいます。

 

 

そんななか大切なのは、その子の素質なんですけどね。

更に

高校生としての常識は身についておいて欲しいでしょうね。

但し

これは家庭でのしつけや、学校で学ぶルールやマナーの範囲

 

 

高校生がバイトをさせて頂けるということは、

大人の社会に入って行く前に

少しだけ、その世界に触れることができる。

 

そして少しの失敗ならば許してもらえる(だろう・・・・・・・たぶん)

 

そのようなこともあり、

子供たちにバイトを勧めています。

 

それが我が家の家訓!!

兄ちゃん、小兄ちゃん、娘と続いています。

 

それぞれが、適した時に自分でそれを引き寄せている。

(考えてバイト先選び、行動をしている…と思いたい(^_^;)  

 

 

私自身経験しながら学ぶタイプなので(だから失敗も多い(笑) 

子ども達にも経験を通して沢山学んでもらいたいと思って家訓として(私が勝手に)決めています。

 

 

頭で理解することと

経験から学ぶことは

違うことの方が多い!

 

だからこそ体験することが

とっても大切なことなんですね。

 

 

体験ワクワク ドキドキ

たまには、悔しい 残念なこともあるかもしれない。

この夏、お子さんと色んな体験を楽しんでくださいネ!

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは長尾美香です。

 

もうすぐ夏休みも終わりですね。

宿題もラストスパートを迎えられているのではないでしょうか?

 

流石に高校生になると、私も宿題の管理をする訳もなく

本人に任せるしかないのですが

小中学生の時・・・・(結構放任だった(^_^;)反省)は

ほんと子ども一人ひとり個性があって、宿題の済ませ方も様々でした・・・ 

 

子どもの個性に合わせた対応が出来たらよかったんだなぁ

終わったことは仕方ないので、

今の年齢となった子どもに合わせた対応が出来るように頑張っています!

 

出来てない所はきっとたくさんあると思うんです。

でも母も成長(発達)している最中なので、親子で成長していけたらなぁ‥と思っています。

 

さて、気になったことがあるので、個人的な意見ではありますが書いてみたいと思います。

 

若手二世俳優さんの事件は皆さんご存知のことと思います。

犯したことは許されることでもないし、今後責任をしっかり取って行かれること思います。

 

 

私は自分の持っている特性と近いものを感じたので(個人的見解)気になっています。

あくまでも検査をされているわけでもないので濁しておきますし、全く違うこともある可能性もあります。

 

そして、擁護するつもりもありません。 

 

 

そして、彼や彼のお母さんのこと毎日のように報道されていますね。

世の中全体に対して

振りかえるきっかけ、考えるきっかけとなればいいな・・と感じています。

 

 

親はどんな状態の子どもだって可愛い

それが愛情。

 

きっと過去子育ての段階でも

出来る限りの事をされてこられたと思います。

 

 

この事件は彼らが有名人だからここまで取り上げられていること

実際には表面化していないことも沢山あります。

(言えない人、言えても相手が解らない人も多い )

事件となっていたとしても、関係ない人は知ることが無い。

 

 

先日「性についての教育」が大切とブログで書きましたが

自分を大切にすることって

加害者立場になっても、自分を大切できてない

 

 

理性で抑えられる範囲を超えた

本能の部分(性)だからこそ

しっかり教育をすることと

 

更にそれを理解できているか?を確認すること

行動でそれが出来ているのかもチェック!

 

誰もがそうですが

ストレス状態にあると、

コントロールが難しい状態になります。

(ストレス状態にあることを自分で解ることが、なかなか出来ない)

 

 

今回の息子さんの事件

お母さんは思春期にご苦労(誰もがそうだけど)とご心配をされていたようですね。

 

専門家に相談されていたのかな? 

 

大人であれば、自分を知ることも大切(自己理解)

衝動性をコントロールできる薬 飲まれても良かったのかな・・・と

(自覚がなければ薬は飲まないでしょうが)

 

 

子育てが間違っていたのではないか?といわれる専門家もいますね。

きっと一生懸命されて来られたと思うのです。

誰もこれを責めることはできません。

 

 

もっと適した方法があった 

(凸凹さんであったとしたら、理解も対応も大切)←私の勝手な想像

 

起こったことは変えられない

(今回は重大なことなのだけど、経験から学ぶ凸凹さんの場合失敗も多い)

 

 

これを機会に他人事ではなく、

考えるきっかけにして頂ければと願っています。

 

 

※私とこの事を同じにしてはいけないと思いますが、

私も食欲のコントロールは難しい・・・

他にも買い物依存の人もいらっしゃるし

本能って 強い意志だけでコントロール出来ないこともある。

負荷(ストレスなど)がかかると更に難しくなります!

 

そのことが解っていて、社会的迷惑、

特に人に迷惑をかけるものであれば病院に行くことも必要だし

お薬やカウンセリング等も有効ですね。

 

※我が家にも男の子がいます、自分こととして考えてみたいと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは長尾美香です。

 

もうすぐ夏休みも終わりですね^^

我が家の娘も今日から2学期です。

当分暑い日が続きそうなので、

十分水分補給に心がけましょう。 

さて、先日発達障害の子どもの性教育についての講演をお聴きしました。

講師は呉の発達相談に関わられている田宮先生 

 

発達障害も幼少期、学童期、と話題にのぼり

大人の発達障害、大学生の発達障害と続き

思春期の発達障害に焦点が当たっているため

性についても必要事項になったのでしょうね。

 

更に発達障害について細分化されてきたようです。

例えば、女性のADHD(発達障害)とか、親子の発達障害とか自閉症の男性等など・・・・・・

もう少ししたら、更年期の発達障害とか(ホルモンバランスで症状は変わります)

初老期の発達障害とか、中年期の発達障害なんて出てきそうですね^^

 

発達障害に関わらず、それぞれの年代の発達課題(エリクソンが有名)があるので、それに合わせて発達障害の課題も出てくるのは当たり前のことです。

 

更に二次障害

一般的にウツ、統合失調症等が言われていますが、その他にも、重ね着障害とか愛着障害と合併?(この表現で正しいのか?)もあります。

 

世の中が決して好しい状態に向かっている訳ではないので

まだまだ発達障害から目が離せませんね ^^

 

 

少し先を歩く叔母ちゃん凸凹、

自分の経験とお偉い人が発すること(本など)は

「 やっぱりねぇ」 「だからそうなんだ!!」 と

残念ながら後から納得できるのであります。

 (もっとスピードアップしてくれ~~~) 

 

 

またまた話がずれましたので(^_^;)、話を戻しまして性のこと 

 

以前とは全く違う環境、社会全体が変わってきたため

加害者にも成りえる、被害者にも成りえる

誰もがそうなのですけども・・・・ 

少数派の場合はなかなか一般人には想定出来ないことが多く

 

今までは、避けてきたような内容(性)に、

ハッキリ!させておく方が好ましいだろうと言うことで

本や講演会などが増えてきたのだろうと思います。

 

発達凸凹さんたちが変わったのではなく

世の中、社会、環境が変わった!!

その点をよくよくご理解下さいませ。

 

 

実際、ストーカーという言葉は誰もが知っているワードに成りましたし

依存 共依存 執着  

見えないもの=「心」

発達障害の人達にとっては苦手な分野だけに

加害者にも被害者にも成りやすいのは事実 

 

加害者となっても、自分が傷つくことなんだから

それって被害者なのよ! 

 

事前に予防するために

正しい知識を知っておく!

 

田宮先生のお話は、実際のデータ経験に基づき(ドクターだからね)

とても充実していてわかりやすい内容でした。

 

 

私が子どもの頃は、ネットも無く

間違った情報というか正しい情報さえも私は知りませんでした。

 

今はネットで簡単に手に入れることができますからね

それが間違っているかどうかなんて、

子ども本人には解りません! 

 

それがそうなんだ! 

本人がそう思いこんだものが、その人の基本や常識になる可能性だってあります。

 

疑うことを知らない発達障害の子ども達

初めに見たものがベース、基本になるかもしれません。

 

間違った知識が入る前に

正しく伝えること!

 

身近な大人 親は教えて行きましょう♪

 

 

このようなプライベートなこと

とても大切なことだけに

いつ、どこで、だれが、何を、どこまで伝えるか・・・・

 

田宮先生が語られたこととは、先日私が紹介した本と重なる部分が多かったので、本を読まれてもいいかもしれません。

 

講演で語られなかった具体的なことも本には書かれています。

 

そして、もし既に問題が起こっている場合や何かご心配がある時には、ドクターに相談されてくださいね。

 

間違った知識を知る前に

あえて伝える! 

 

寝た子を起こす! と本にも書かれています。 

 

性のお話を伝える前にこちらもどうぞ!!(以前ブログで紹介しています)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)