【広島】発達障害・不登校でも大丈夫!可能性を開き幸せになる

【発達障害・不登校】こころを癒し、行動をかえる!セラピーコーチ長尾美香のブログ

 




音譜
マインド リバランス メゾット(MRM心理講座)

本来持っているあなたの力を発見!それを活かして

 ドキドキ心のバランスを整えましょうドキドキ

 

 受講生募集中!! 詳細はこちら^^

※御希望の日程がおありでしたら、できる限り御希望に合わせます♪     



◆発達障害・不登校ひきこもり家族関係者の居場所◆ 
「NPO法人らぽーる」からのお知らせ


 第5期 平成28年4月スタート 予約募集中!

 

NEW !
テーマ:

こんにちは長尾美香です。

 

本日の広島地方は暑いですね。

娘はオープンキャンパスに出かけていきました。

昨年は親子で、大学や専門学校のオープンキャンパスに出かけていきましたが、今年は私にお声もかかることなく(少し寂しい母) 本人が一人であちこちに出かけています。

 

 

今回のオープンキャンパス、娘は友達と一緒に出掛けることはありません。

だって友達とは、行きたい学校=進路が違いますから・・・・

 

常に友達と一緒でないと不安。。。。。。。。

我が家の娘には見かけられません。

 

 

これは、決して友達と一緒の行動ができないわけではなくて

自分を大切にしているからこそ

自分の思いややりたいことには、自分だけで行動する。

 

 

立派だわ~~~ 

昔の私にこれができていたかしら??(同年代のころと比較)

 

 

自ら調べ、自ら比較し、自ら考えて

行動!!

 

だからこそ、自分の取った行動には

自分で責任を負える(ただし年相応ですが)のです。

 

そして、自分で考えて解らないことがあったら、

そのとき初めて私に聞いてきます。

 

 

これが親に言われた 親が決めたことだったら

子供は自ら自分で対応(責任を取る)をしようと思うでしょうか?

 

何かに行き詰まったり、失敗したときに

自分で対応する子もいるでしょうが

 

親の責任にする子もいるかもしれません。

(そのようにさせているのは、親です)

 

だからこそ

自分の行動に責任(対応)するために

自分で決めることが大切なのです。 

(自分で決められるように、親は持っていく ある種策略する(笑) 

 

そして

いきなりこれができるようになることはありません。

少しずつ少しずつの練習 

積み重ねが必要なのです。

(親は教え、みちびき、見守るのが大変(;'∀') 

 

 

は~~ぁ 

我が家もここまでが長かったぁ 

小学校3,4年からの行渋り、

小学校6年の学級崩壊→ 拒否状態=親子でボロボロ

中学校3年間の「学校は休んでもいい!」宣言で、プチ不登校(年間30-50日休)しながらの卒業

高校1、2年の頑張った時期  

高校3年 4月の悪夢のような10日間 を乗り越え

 

「ぱっかーーん」

と娘の何かが開き

 

長いーー長いーーー

自分の内に意識が向いていた時期から

外に外にと気持ちが向き始め

 

発言も行動も変わりました!

 

 

子育ては、自分育て 

こどもによって親は育てられるものだと、改めて実感。

 

そろそろ私も子離れ、しなくちゃいけないんだなぁ~~  

 

※兄ちゃんからの子育て期間 すでに26年

長い長い子育てがそろそろ終わりそうです。

ウルウル・・

 

孫育て 楽しみにまってるも~~ん♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは長尾美香です。

 

夏休みに入って数日、

皆さんのご家庭は、どのようにお過ごしなのでしょうか?

 

我が家は、例年以上に忙しい夏となりそうです。

(忙しいのは、学校(子供)との関係あれこれです)

 

娘が某所でアルバイトを始めました。
我が家には家訓が少々ありますが、

その家訓の一つがあっての行動です。

 

↓ バイト1日目のお疲れさんスイーツ♪

人間、切羽詰まったら行動するものなのですね。

この件につきましては、FB等にも掲載しました。

 

自分の部屋や机周りを片付けなくても・・・・・

(本人困ってない、私困っている)

アルバイトには出かけるのです。

 

そこには必ず!! 

  行動を起こす感情があるからなのです

(毎度毎度の内容です)

 

わたくしの場合

新しいパソコン(ウインドウズ10)は不慣れで・・・

うまくいかない イライラ!!  

古いパソコン ビスタは重いので

動かない・・・・・ 固まる  だからイライラ!!

 

感情=イライラで

ブログが書けませんでした。 

 

感情  イライラに伴う、

やらないという 行動!

(やらないことも行動のひとつ)

 

ということで、久しぶりのブログ更新も

生きてます!報告のブログになりました。

 

皆さま、お暑い日が続きますのでお体ご自愛されてくださいね! 

 

 

◆ ここで、サービス画像??(笑) 

じゃーーん!! ネット上に画像を発見!

 

NPO法人らぽーるでサポートファイル勉強会をした時の画像です。

 

なつかしい~~~

3年前はわたくし、こんなに痩せていたのね・・・・

 

わっっは==!!

今じゃ別人 

これってまるで、詐欺じゃん! (笑)

 

痩せてる頃の私 かむばーーーっく!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは長尾美香です。

本日は福山にて前半最後のペアレントトレーニングを開催しています。

↓福山城が見える会場です^^


あっという間の前半終了!

このペアトレは、お子さんをお持ちのお母さんであればだれでも有効なスキルをお伝えしています。

発達障害や不登校に特化している内容ではありません。

使い方次第では、大人にも使えますよ!
ご主人がガラッと変わった方もいらっしゃいますし
成人した子供だって使えます。

大人と大人の関係も同じことが言えると思います。
褒められて嫌な人は、たまにしかいない。
(実際には受け取れない人もいます、自己肯定感が低すぎるとね・・・・) 


そして、いかに使う側(ここでは親)が冷静に!
これを!と言う技を、さっと使えるかがポイントになるでしょう。



更に、スキルを学んで頭で理解していたとしても
それを使えるかどうかは
その人の思考パターンと感情パターンが左右する。


このパターン化された思考・感情が邪魔をするのです!

大人の場合、このパターン化されたものは
しっかり身についているので、
結構厄介で、なかなか変えられるものではありません! 
(まずは気づいているかどうかも関係してきます)


そして子どもの場合は
パターン化されたものが少ないので(まだまだ成長段階!)
上手く新しいパターンを入れることが可能です。


褒められることで、起こす行動
行動をほめられると、それは正しい行動だと認知し
更にそれを褒められるために繰り返そうとする。



認知行動療法を使ったトレーニング。
行動療法と認知療法がミックスされて認知行動療法と言います。

どちらかだけでは、行動か認知のどちらかだけが変わるので、両方合わさった認知行動療法を使った方が有効なのです。


子どもは対応を変えると 
   ↓
   ↓
あっという間に変わります。


しかし
大人の場合は・・・・・

結構忍耐を要する 
旦那さんが変わるのって時間かかりませんか? (笑)
更に自分が変わるのも時間がかかる・・・

おっと これは
大人の方が厄介だなぁ~   


ペアトレは、褒められることで、正の強化をし 
更に負を減らしていく・・・・ 
ABAも同じ考え方ですね。


繰り返し繰り返しすることで、更に強化される 
これってスーパーのポイントカードと同じかも(笑) 

ポイント5倍セールに走り (ほめ)

ゲットして喜ぶ (感情をブルブル)

更に次回のポイント5倍セールで買い物に走る(ほめられることを望んで行動)

大人も子供も自分の益になることで行動を起こすのです。



ペアレントトレーニングは子どもの好ましい行動を定着させる
好ましい行動を増やす、好ましい行動に移行させることを目標としています。

まずは、親が好ましい行動を見せることも大切かもしれませんね。
一番身近にいるモデル!
 なのですから。
 


福山後半は夏休み明け 9月スタートです!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは長尾美香です。
最近ゴメンナサイ、更に不定期更新、不定時間で発行しています。 


いやーーぁ 暑いですね。
暑い暑い・・・・(^_^;) 

クーラーをつけられない事情のある我が家 
一日も早くクーラー生活に入りたいものです。

ってことで、太もも下に保冷まくら(笑)  
結構涼しくてお勧めです。
※冷え過ぎに注意!!



さて、本日は本のご紹介です。

発達障害の子どもを持つ保護者の方の関心事項NO1 
「性」のことについて 

最近は情報が瞬時に出回ることも有り
犯罪系のニュースを見ると興味深いものがありますね。

実はこのようなことは昔から聞かれていたこと
だけど、情報が今ほど出回らないし

お口チャック!
一定の人以外に出回ることもなく
ヒミツ事項として取り扱われていたことが多かったようです。
(実際私も幾つかの「生の事例」を聞いています)


社会全体がストレスを抱えている時代
ストレスになおさら弱いタイプの私達凸凹仲間は
敏感に反応してしまいますからね・・・・

普段には考えられないようなことも、あったりするわけです。


と言って、社会の責任ではありますが
社会がそう簡単に変わるわけでもなく
世の中の人すべてが急に優しくなるわけでもなく

予防と対策を先に学習しておくことも大切なことかもしれません。
ということで、本屋さんで目にして

おおおおーーーこれはナイス!!
(ナイスは死語?(笑)

イラスト版 発達に遅れのある子どもと学ぶ性の話
子どもとマスターする性のしくみ・いのちの大切さ

イラスト版 発達に遅れのある子どもと学ぶ性のはなし: 子どもとマスターする性のしくみ・いのちの大切さ/合同出版
¥1,728
Amazon.co.jp

親はいつまでも生きているわけではありません。
こどもが一生幸せに暮らせるようにと願い
出来る限りの事をしておきたいと思う
のは、親心

本の目次は
第1章 からだの理解
第2章 性行動の選択
第3章 性と人間関係
第4章 性的人権の尊重


結構難しい題名(^_^;) でも内容は解りやすい!!

子どもの年齢を5段階に分けて実施できるようにされています。
3~5歳、6~9歳、10~12歳、13~15歳、16~18歳

まずは低年齢の所が理解できてから、上の年齢に進む
10歳だからと言って10歳から始めるのではないようです。


そして本にも書かれていますが、
まずは大人が学ぶこと!
そして子どもには繰り返し伝えること


性について、定型の子どもたちにさえ伝えることを戸惑う親御さんが多いなか。

曖昧がなんとなく許せたり、仲間の中で情報を収集する子供たちや、人の気持ちがすぐさま解る子、対応できる子ども達は、どこかで知ってくることも多いでしょう。

しかし発達の遅れや凸凹さん達、ネットからの間違った情報を鵜呑みにしたり、本能・感情をコントロールが容易ではない子には、まずはしっかり知識として伝えておくことが大切です。 

更に、正しい情報を正しく理解していることを確認する。


これらは、男の子だけではなく、女の子にも必要なことです。
(最近は男の子も被害者に成るご時世) 

自分で自分が守れる子 
自分を大切にできる子を育てていきましょう。



※らぽーるの会員さんには本をお貸いたしできますので、ご覧に成ってみたい方は長尾までご連絡下さい。
イラスト版発達に遅れのある子どもと学ぶ性のはなし [ 伊藤修毅 ]
¥1,728
楽天

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは長尾美香です。

毎日暑い日が続き、子供たちは夏休みに入りますね。
子供たちは楽しみにしているのではないでしょうか?

そして、我が家の元プチ不登校児の娘
某所にアルバイトが決まりました。パチパチ8888

不慣れなことで大変だと思いますが
きっと大丈夫!だと信じて親は見守る 
ちょっとずつ大人の階段を上っているのですね。



さて今日は、つばき会館にお部屋の予約をしてきました。


♪ パンパカ ぱーーん♪♪ 発表します!!

10月から「親子パン教室」を始めます!

発達障害を持つお子さんや
不登校気味(不登校)のお子さんが参加できます! 
(不登校や凸凹を持っていて良かったねぇ~ 何もない子は参加お断りをしています)


講師は、広島某企業のパン教室で教えていた実力ある先生。


お子さんが主役の
  親子パン作り教室
です。 

子どもが楽しいこと! 

子どもができること!



そのため、大人のパン教室とは違った時間の流れです。
(子供のペースで進みます)

その場でしっかり学べて
家に帰って、子どもが作れるパン!!



毎月お菓子パンを1種類 作ります♪


【日時】  平成28年10月16日(日) 
午前10時 ~ 12時30分(約2時間程度)

【会場】  呉生涯学習センター 506号室(調理室)
     呉つばき会館 内 

【参加費】  1家族 (親と子) 2000円(材料費込)

御兄弟の参加も可能です。
お母さんの材料を使う場合は 追加料金なし
別に作りたい場合は  追加1000円 (1人につき)

※NPO法人らぽーる会員さんのための講座につき
非会員の場合は一人につきプラス500円加えて頂戴いたします。 
親子参加は3000円です。

限定 5家族まで  

※持参物はお申し込み頂いた方にご連絡いたします。


☆おまけ☆

楽しい経験を子供の頃から沢山しましょう!
楽しい感情を経験することで「楽しい」って感覚が解る

大人になって「楽しい」が解らなくなった私
小さな頃、楽しい経験が少なかったからだと気づきました。


感情(楽しい)と小さな頃から沢山触れ合うこと(経験すること)が
大人になって凄く役立つはず!


ネガティブな感情が出やすい人は、小さな頃にネガティブな感情を沢山経験したからかもしれません・・・・(必ずしもではないでしょうが)
反対に
ポジティブな感情が出やすい人は、沢山ポジティブな経験をしている人でしょう。

経験がその感情を出やすくしているのです。

ってことで、パン教室は楽しい経験に成って下されば有難いです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)