小1ママの子供の字の悩み

テーマ:

昨日は近所のママ友が遊びに来て。

雑談の中で小1の娘の字の練習の話になり。

学校でハナマルにも段階があるそうで、一番上のが

ほしいと子供本人が言ってるらしく。

 

細かいことは書きませんが、総じて感じたのは

ティーチとコーチのバランスかなーと。

 

子供本人は本人なりに「これはこれでいいじゃん」と

思ってるのに「汚い」とか「もっと○○したら?」と言うと

ムッっとしちゃうかもです。暗に今の状態を否定することに。

そうするとあまり話を聞かなくなり。

 

本人が最上級ハナマルがどれほどほしいのかも重要で。

もしかしたら、すんごい練習しなきゃなら別にそこまでして

ほしくないのかもしれません。

 

先に会話や実体験などで、子供なりに練習の必要性に

気づき、頭も体も聞く態勢になってから、細かく書き方を

伝えた方がすんなりかなーって。コーチしてからティーチ

 

そんなわけで、私が子供の生徒さんに教えるときは、

まずは私は何も言わず何枚かお手本書いてもらって、

本人にうまく書けないところ、もしくはもっと書いて

みたいところを発見してもらい、まずはそこから攻めます。

 

子供がいっぱい練習したけどあまり変わってないかも…

って思った時は、過去に書いたのと今書いたのを並べて

見比べてもらいます。大丈夫、ちゃんと進んでるよ(^^)って。

 

もちろん時間がかかることもあります。けど、私は

じっくり熟成させるのも悪くないっていつも思います。

深みのある味は時間をかけることで出せるので。

 

親子の数だけ悩みもいろいろあると思います。

みんなが笑顔で文字に触れ合えること、心から願ってます!

AD