武田双龍の美しい文字を身につける方法

書道家・武田双龍主催書道教室「ふたばの街」で指導しています。
全国に支部を持つふたば書道会の理事長です。2017年2月14日にリニューアルし、「文字を美しくするブログ」に特化していきます。双龍の作品や日常はインスタグラムorフェイスブックをご覧下さい。

NEW !
テーマ:
こんにちは、こんばんは。
双龍です。

前回の右払い動画①

今回は
「急に太くしない」です。

まずは動画をご覧下さい。




徐々に太くしなければいけないので、
Aはかなり細く入筆しなければいけません。

A→穂先の先の先っちょ部分で軽く触れる程度

B→筆の根元まで押さえて、筆全て使う

思った以上に太さが変わらないといけないのです。


私はよく車のアクセルで例えます。


A→20キロくらいのスピードを出す、アクセルをちょこんと踏むイメージ

B→アクセル全開

んー、余計わからないかな?笑


特に右払いは難しいので、意識しましょうね
\\\\ ٩( 'ω' )و ////

ふたば書道会のホームページに遊びに行って頂ければ、さらに詳しく説明する有料動画を公開しています。

ぜひそちはもお楽しみ下さい。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、こんばんは。
双龍です。

文字は細かいところより、全体的なざっくりしたところを変えた方が効果は高いです。

{180FA9B9-2285-47F5-AB1C-4C180E359F37}

縦線に対して、横線を半分の太さにする、と覚えておけばこれだけで「それっぽく」なります。

覚えておきましょう
\\\\ ٩( 'ω' )و ////



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、こんばんは。
双龍です。

日々お遊び的な書道をアップしています。

そこで、、

{4BEB368E-AA98-4151-B480-0C2092462202}

この作品の文字を書くときの考え方をお話しします。

単調にならないように、
「同じ筆法や形は二度は使わない」ことを意識します。

①起筆(筆の入り)の変化

{7E99C593-A288-4BBE-B325-E1CBE84D5F7A}

このように起筆の「角度」「太さ」を意識的に変えます。


②太細の変化

{001D75B6-6E67-4CC4-A737-7A07574FA26A}

「限」の三本の縦線の太さが似ないようにします。

③疎密の変化

{93B7DDAC-071F-4429-BDA3-21D84E2241F9}

「限」の左の縦線と真ん中の縦線の間の余白より、
真ん中の縦線と右の縦線の間の余白が狭くなるようにすることで立体的に見せます。


④筆を支配しないように、筆に任せる意識

理論半分、感覚半分が双龍の創作する際の考え方です。

筆の弾力やねじりを利用し、自分の想定外の線質を作ります。

「無限」の揮毫動画をご覧頂ければ、よりわかりやすいかと思います。


創作書道も楽しんでみてくださいね
\\\\ ٩( 'ω' )و ////
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。