武田双龍の美しい文字を身につける方法

書道家・武田双龍主催書道教室「ふたばの街」で指導しています。
全国に支部を持つふたば書道会の理事長です。2017年2月14日にリニューアルし、「文字を美しくするブログ」に特化していきます。双龍の作品や日常はインスタグラムorフェイスブックをご覧下さい。

NEW !
テーマ:
こんにちは、こんばんは。
双龍です。

ようやく、展覧会の準備が終わりました。

生徒の皆様や業者の皆様、スタッフのおかげで160作品を美しく飾り付けすることができたかと思います。

私はこの展覧会を、「書道のデパート」みたいなものにしたいのです。

古典、インテリア、習字、現代アート、立体作品、かな、子ども作品、大作と全てを網羅できました。

無料ですので一度足を運んでいただければ、書道の面白さが理解できるかと思います。

私は2日以外は毎日顔を出します。
(滞在時間は短い日があります)

ぜひいらして下さいね♪

場所:東京芸術劇場

アクセス:池袋駅直結

会期:5月1日(月)~7日(日)

時間:10時~20時(最終日は16時までです)

入場料:無料

※5月3日(水)14時~ 双龍による書道パフォーマンスを行いますが混雑が予想されますので、ご覧頂けない場合がございます。


{E5A7DA72-CE6D-441C-9EF8-76C3C97ACBEC}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、こんばんは。
双龍です。

昨日、墨汁と固形墨の違いをお話ししました。

今日は、擦った墨がどうなるのか、動画で確認してみましょう。




墨の色がグラデーションになっているのがお分かり頂けたと思います。

擦った墨は粒子が細かいため、美しく自然な濃淡を表現することができます。

最初の方は、筆がたっぷり墨が含まれているので濃くなり、後半になるとその墨が少なくなるので薄くなっていきます。

また、ゆっくり書くと濃くなり、早く書くと薄くなります。

更に、半紙の質、温度、湿度によって微妙に変化していきます。

墨の量やスピードの調整、自然環境、書道道具の質により、様々な墨色を表現することができる書道は、やはり魅力的ですよね。

二度と作り出せない線にこそ、書道の面白さがあると私は思うのです(。・・)ノ゙


やばい、、書道、、、面白すぎる、、、


みなさんも、ぜひ墨をすって楽しんでみてくださいね♪




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、こんばんは。
双龍です。

墨汁=質の悪い墨、と受け取ってる方もいると思いますが、職人さんが開発した墨汁は固形墨に引けを取りません。

結論から言うと、特別にコダワリがなければ、墨汁で問題ありません。

だからと言って、百均の墨汁はやめましょうね。
品質が悪すぎて、練習にすらなりません。

開明書液」の価格が最低保障金額の墨汁です。
そんなに高くないですよね(。・・。)


さて、墨汁も擦る墨(固形墨)のそれぞれのメリットデメリットをお伝えしましょう。


★固形墨
メリット
①墨の粒子が細かいので、濃淡のグラデーションが美しい
双龍作「墨を奏でる」をご覧ください。
正直言って、違いはわかりにくいですよね。
動画ではなく、実際にご覧頂かないと違いはわかりません 笑

②筆が痛まない
固形墨は洗った時に水ですぐに流れてくれるので、墨が落ちやすいです。

③擦る前の状態だったら、長期保存ができる

④淡い墨の作品を表現しやすい
濃さを調整しやすいので、淡墨作品に向いています。


デメリット
①擦るのに時間がかかる
大筆で半紙2文字を書くならば、30分は擦らないといけません。
その時間はさすがにもったいないので、普段は墨汁で問題ありません。

②擦った後の墨は腐りやすい
大量に一度に擦ってしまうと、時間の経過とともに、作品制作の間に腐ってしまい、墨の色が美しくなくなります。

大作系を書かれるときは注意が必要ですね。


★墨汁
メリット
①はっきりとした墨色を出せる
真っ黒なシンプルにカッコいい色を出したいときは、墨汁の方が安定します。

②すぐに書ける
そりゃそーだ(。・・。)
これが最大のメリットでしょう。

③品質が安定する
固形墨は硯や湿度、温度によって微妙に変化しますが、いつも同じ感覚で書くことができます。

デメリット
①消費期限がある
1年〜2年と覚えておきましょう。
子供のときに使ってた墨汁を開けると悲惨な臭いがしますよ、、
恐ろしい臭さです(*´﹃`*)

②色がはっきりしすぎる
黒色の中での濃淡がでにくいので、ペンキで書いたような感じになりがちです。
※墨汁の品質によります。

③筆が傷みやすい
傷みやすいと言っても、洗い方や使い方を間違えなければ、そこまで気にするほどではありません。

現に、私の場合は、墨汁を毎日使っても8年ほどもちます。


以上がそれぞれのメリットデメリットでした。


墨汁の技術が発展し、高額のものであれば、固形墨を凌駕する品物も登場しました。

高級墨汁「液墨」は固形墨レベルで安定しています。

忙しく時間の取れない方は、墨汁で問題ありません。


状態に応じて使い分けましょうね
\\\\ ٩( 'ω' )و ////







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。