こにちは~


今日はちょっと真面目なお話



気が向いたらこのリンク見てもらえますかね?

http://wancha.blog33.fc2.com/blog-entry-213.html


我が地元、日野市のドッグカフェWanchaさんと愉快な仲間たちが

東北支援を続けています


うちのお客様として知り合った、今ではすっかりお友達の夫婦が参加していて

すげーな、偉いな、とぼんやり思ってました


なんていうんだろ、知ってほしいんだな。

ニュースでもほとんど震災の事は取り上げられなくなって

私も含め、忘れかけてると思う


でも友達が今年の夏休みに行って実際目にした画像を見たらショックでした

8月の宮城県仙台市の状況です

http://wancha.blog33.fc2.com/blog-entry-210.html


昨日、私が勝手にツイッターで拡散したら

Wanchaオーナーさんから電話が来ました!


全然面識ないのに律儀なお方です

そして現地のお話を聞きました

『僕が行きたいから行ってるだけです』

うん、シンプル!

そういうの好きだな。



みんな、自分の身に不幸や事故があったら親友や恋人、家族に

打ち明けますよね


でも、仮設住宅の方々はそれを言えないんですって。

そこでこの愉快な仲間たちが行くと、いろいろお話してくれて

みんなスッキリした顔になるそうで。

関係のない人だから言える。ってよくわかる。

美容室のお客様も、旦那やママ友、姑に関係のない私だから言えて

思う存分に話してスッキリ顔で帰る方が多いですもん




仮設住宅内にお店もあるんですって。

だから生活用品が買えない訳じゃない


でも何かほら、友達が熱出したらゼリー届けてあげたくなったり

親戚から大量に野菜が届いたら隣近所におすそ分けするでしょ?


私はそんな気持ちになって粉ミルクとおむつをほんの気持ちだけ

Wanchaさんに託しました

息子が一人暮らししたら、勝手に米やカップラーメン送っちゃいたくなる的なアレです。




ちゃんとこうして→ http://wancha.blog33.fc2.com/blog-entry-208.html

遠い親戚(笑)の手に渡るんだなと思うと嬉しいです


このブログ読んじゃったからって、何かしてよね!って話じゃないんです


ただ、こうして活動を続けている人達が居る事を、

未だ仮設住宅で暮らしている人が居る事を知ってほしかっただけなんです



AD

コメント(4)