防音性。

テーマ:
ヘーベルハウスの遮音性については、皆さん諸説あるみたいですね。
「窓を開けたら外の音が聞こえる」なんてコメントは論外として(苦笑)、「外からの音は聞こえないけれど、二階を歩く人の足音や声は凄く聞こえる」とか、「ヘーベルの遮音性が高いなんていうのは伝説ですよ!」と何故か力強く断言なさる方とか(笑)、前の道路の音が聞こえる、聞こえない……もうホント色々。
やっぱり、窓の大きさが大きく影響しているのかなあ。
窓ガラスが大きければ大きいほど、やっぱり音は聞こえやすくなるはずですもんね。

個人的には、けっこう外の音は遮られる……と感じています。
確かに、階段を下りてくる猫の足音が、一階仕事場にいてクリアに聞こえるのはビックリでしたが(笑)、まあ仕事場横の台所が階段下に造られているので、おそらくは構造のせいもあるんでしょう。
猫の動向がわかって、助かっているので結果オーライ。
昨夜は強い風が吹いていたのに、その音はまったく聞こえなかったし。
隙間風が入らないので、サッシがガタガタ鳴らないというのも大きいのかな。
間仕切りにはヘーベル版が入っているわけじゃないので、部屋間には、そこまでの防音性はもとから期待していなかったし。
ただ、お家拝見ツアーでお邪魔したお家でうかがった、「自宅でピアノ教室をしていて、特に防音工事をしていないけれど、外に音なんか聞こえませんよ」というのは、多少誇張つか、リップサービスだったんだろうなあ、と思います。
サイレントについている自動演奏機能をつけて外に出てみると、うん、聞こえる聞こえる(笑)!
やっぱり、弾きこなし段階までは、サイレントをオンにして練習したほうがよさそうです。

自分がヘーベリアンになって思うのは、ヘーベルで家を建てた人の中には、まるで宗教のようにヘーベル全肯定の人がけっこういるってこと。
自分の家の欠点を見つけるのは決して楽しい作業じゃありませんが、駄目なとこは駄目、足らないところは足らないとちゃんと指摘していかないと、未来に繋がらないじゃないか~(笑)。
次に建てる家がもっといい家になるように、そしてヘーベルで建てようと思っている人が、長所と共に短所もちゃんと理解し、納得ずくでヘーベルを選べるように、公平な情報を提供するのって、こういう場所で住宅ブログを書く人間の心得なんじゃないかなあ、と最近思います。
感情にまかせて悪口三昧ってのは最低ですけども。
会社が潰れたらロングライフもへったくれもなくなるのだから、ヘーベルハウスがこれからもよりよい家を建て続けてくれるよう、応援しつつ小言も言わなきゃね。

れんらくちょう。-100211_031302.jpg

そして週末はいよいよバレンタインですなー。
義理チョコ23個を、本日発送(笑)。
けっこう壮観でした。
まあ、お中元もお歳暮もしないので、こういうときにまとめて感謝の気持ちを形にぎゅーっと。
というわけで、お仕事関係の女性陣にもチョコ発送なのでした(笑)。
ただ、今年はもろもろあって、一つの余りも出なかったため、いったいどんな味なのかを確かめることができず。
贈り主失格ですね……。うう、心配だ。美味しいといいなあ。
自分用チョコは、伝統的なこれです。
不二家のハートチョコ。
これに勝るチョコというのは、実際なかなか見つからない、と思う。
AD