2010年12月20日 14時53分40秒

BMWのロゴが目に焼きつく広告

テーマ:広告表現
BMW Ad Puts Company Name Into Viewers Heads (The Huffington Post)

ドイツの映画館で、観客のまぶたにBMWのロゴを焼き付ける実験的なCMが上映されました。

どういう仕掛けかといと、日中に太陽を一瞬見た後に目を閉じると、まぶたに太陽の残像である丸い光の球体が見えるのと同じ効果を利用するのです。

CMの映像の後半に、一瞬、大光量のフラッシュライトが客席に向かって放たれます。

光はBWMのロゴマークを突き抜けるようになっているので、観客のまぶたにはロゴが焼きつきます。

そして、CMの中の男性ドライバーが客席に向かって、次のように語りかけます。

It's in you. Close your eyes. You will see it. Close them. Now.
あなたの中にあるのです。目を閉じてください。見えるはずです。閉じるのです。今です。


指示されたとおりに目を閉じると、観客たちは自分のまぶたに焼きついたBMWのロゴを目撃する、というものです。




面白い実験だと思います。

ただ正直、映画館で本編の前に、自動車会社のロゴをまぶたに残像で焼き付けられたら、あんまりいい気がしないように思います。

もちろん初めての体験だったら、映像の中の最後に出てきた男性たちのように驚いて面白がるかもしれませんが、繰り返しこうした手法が使われて「また、目を閉じろかよ」ということになると、ウンザリでしょうね。

でも、広告表現もいろいろな実験がなされているのですね。

さすがドイツ、という気がしました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年10月28日 07時08分20秒

40代女子の憂鬱。

テーマ:広告表現
ひさびさに朝刊の新聞広告を見て、言葉を失ってしまいました。

コミュニケーションという不思議。

アラフォーって呼ばないで。

私たちは、

40代女子

です。


宝島から創刊される雑誌『GLOW』の全面広告。

広告の一番下にある言葉も「好きに生きてこそ、一生女子!」と女子のオンパレード。

「アラフォー」は、蔑称だったのか・・・。

40代といえば、バブル全盛から崩壊の時期を10代から20代前半に体験した、現存する最後のイケイケ世代。

停滞する時代なんてなんのその、バブルガールズたちがやがて40代女子へと進化するのは、自然な流れだったのかもしれません。

昭和のはじめに「男子の本懐である」という言葉を残して凶弾に斃れたライオン宰相こと浜口雄幸氏も、草葉の陰できっとビックリの平成に生きる大和撫子たちの宣言。

雑誌のつくりも今どきの「女子向け」らしく、宝島社お得意の付録戦略で、創刊号の付録は「ローラアシュレイ 豪華BOXバッグ」のようです。

で、現実の40代女性は、このノリにちゃんとついていくのかな?

雑誌の創刊で新聞全面広告というのは、メディア戦略的にはかなり昭和的な懐かしさもあり、個人的に無視することはできませんでした。

「グロー」と発音する雑誌名でありながら、英語のスペルは「GROW」ではなく「GLOW」であり、年齢を重ねることは拒否しつつ、輝き続けましょうという雑誌のコンセプトが、よくよく伝わってきます。







いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010年08月06日 08時48分07秒

あー、だまされた!

テーマ:広告表現
おとといのブログ に書いたナイキの広告は、「FAKE」だそうです。

Big-Butt Debate of 2010 Inspired by Fake Nike Ads  (Ad Age)

うーん、だまされたぁ。

でも、アメリカのいろんなメディアもだまされたみたいで「本当の女性を広告に起用した勇気ある表現」という賞賛から「お尻が大きな女性は黒人女性というステレオタイプを助長する」というブーイングまで、さまざまな議論が主にウェブ上で展開されていたそうです。

アドエイジ誌の取材に対してワイデン&ケネディは「あれは、うちの作品じゃない」と一蹴。

外交官を意味する"ambassador" が "embassador"とスペルミスがあったり、言われてみれば・・・という感じですが、完全に信じちゃいました。

で、ナイキが女性向けに現在発信している本当の広告はというと・・・


コミュニケーションという不思議。

リーボックなどが発売していて女性に人気のトーニングシューズ に対抗しての商品広告でした。

本家によるメッセージ性の強い広告にも期待してます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月03日 09時10分40秒

「ワタシのお尻はアルファベットのCのように丸い」

テーマ:広告表現

コミュニケーションという不思議。

ナイキの女性向け商品の広告ポスター。

「ワタシのお尻は大きい。ワタシのお尻はアルファベットのCのように丸い」とコピーが続きます。

たしかに丸いです。

「1万回のランジでさらに丸くなったけど、小さくはならなかった。でも、それでいいの」とも。

タフなトレーニングに励む女性アスリート向けのメッセージ。

ナイキはこういう挑発的なコピーがお家芸で、僕は好きです。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010年07月29日 08時47分44秒

想定外の突き出し広告

テーマ:広告表現
今朝の朝日新聞社会面に堀江さん の顔写真があるから、「あら、また何かあったのか?」と思ったら、健康食品の突き出し広告だった。


コミュニケーションという不思議。-DVC00399.jpg

なるほど、堀江さんには経済面より社会面がしっくりくるかも。


拝金/堀江 貴文
¥1,470
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月01日 13時47分31秒

ビッグアイデア

テーマ:広告表現
犬の蚤取りが商品の、面白い屋外広告を見つけたので、NHK「ハーバード白熱教室 」的に論じてみたいと思います。


コミュニケーションという不思議。-Big Idea


サンデル教授「この屋外広告は、実に興味深い事実を我々の目の前に提示している。自分では広告アイデアを認知することの出来ない地上の歩行者が存在してはじめて、高いところにいる広告ターゲットへの広告訴求をなしうるクリエイティブである、ということだ」

生徒「つまり、地上に歩行者がいない時間帯や、地上の歩行者たちへの広告訴求は、最初から切り捨ててしまっている、ということですね?」

サンデル教授「そのとおりだ。」

生徒「しかし、先生。こんな複雑な仕掛けより、福山雅治が犬を抱きしめていたほうが、より高い広告効果がのぞめるのではないでしょうか?」

サンデル教授「いい質問だ。君の名前は?」

生徒「マイケル」

サンデル教授「マイケル、しかし君は、僕の、広告アイデア原理主義的仮説を、台無しにしてしまった。」

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学/マイケル・サンデル
¥2,415
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み