2011年02月04日 11時07分34秒

「CityVille」で体感した、実名ソーシャルゲームの居心地のよさ。

テーマ:Facebook革命
ソーシャルゲームが大流行する「薄気味悪さ」 (日本経済新聞)


昨年12月にロンチされたばかりで、早くも月間アクティブユーザー数が1億を越えるという世界最大級のソーシャルゲーム「CityVille 」。

気になっていたものの自分自身ではプレーせずにいたのですが、ここ数日かなり集中的に時間を使ってやってみました。


コミュニケーションという不思議。


正直「よくわからないなー」というままに始めて、今でも「完全に理解した!」とは思っていないのですが、それでも実によく出来たゲームだということはわかってきました。

最初は「研究目的で」といいながら操作していたのが、たった数日の間で、朝起きてから夜寝るまで、会社での打ち合わせの合間も含めて、しょっちゅうチェックしたくてしょうがない、という「中毒状況」になりつつあります。

始めてみて驚いたのが、けっこう自分のFacebook上の知り合いが既にこのゲームをやりこんでいる、ということです。(一方で、いかにもやりそうな人がやっていなかったりしますが・・・)

「あの人のレベルに追いつくまで、あと5段階か」と気になったり、彼らが自分の街の開発を手伝いにきてくれたり、僕も彼らの街を「Visit」していろいろ手助けしたり、あらためて「ソーシャルゲーム」というのはこういうことかと、体感することができます。

そんなの、CityVilleに限らず、グリーでも、モバゲーでも、同じじゃん、という指摘を受けそうですが、僕にとっては必ずしもそうでもありません。

過去に、オセロゲームや将棋なども含めて、ネット上の交流ゲームはいろいろ経験しているのですが、正直、見ず知らずの人とゲームとはいえコミュニケーションをとるのにちょっと怖気づく感じがあります。

ところが実名のリアルで知っている人しか基本的に承認していないフェイスブックの場合、ゲームで交流(ソーシャライズ)するのも知人ばかりです。

これが、すごく気安い。

日経の記事で指摘されていた、絶妙のさじ加減でゲームを続けさせる仕掛けに「薄気味悪さ」を僕自身まったく感じないわけではありませんが、それでも従来のソーシャルゲームで僕が感じていた「居心地の悪さ」がCityVilleにはないのは、とても大きいです。

もっとも、知り合いから「スダはここ数日仕事しないで、CityVilleばっかりやってるな」と思われるのはどうなんだろう? という不安を感じないでもないです。あせる

ということで、「ちゃんと自分の中で分析して、今後の業務に生かすための観察レポートもやってますよ」とアピールする目的もあって、このブログを書いてます。(笑)

とはいえ、まだまだ研究不足ですので、もう少し時間をかけて、CityVilleを研究したいと思います!グッド!


コミュニケーションという不思議。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

すだしんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み