TwitterのIDも、アメブロのIDと同じく「@fushigi 」です。時折つぶやいております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011年12月19日 03時22分09秒

ゲイではない男性の男らしくない行為は御法度のアメリカ

テーマ:アメリカンライフ
3月に始まったサンフランシスコでの駐在員生活も9ヶ月が過ぎました。

アメリカには学生時代の交換留学で1年近く滞在していたこともあるし、社会人になってからも出張でしょっちゅう来ていたので、日常生活の中でそれほど驚くこともないのですが、「ゲイではない男性の男らしくない行為は御法度」というルールの再発見はその数少ない例外であります。

たとえば日本では、若い男性が友人の服装をさして「あ、そのシャツ、かわいいね」と言っても普通に褒め言葉ですが、アメリカで同様のことがあった場合には「なんだよ、その女かゲイみたいな格好は」という揶揄が込められた表現になります。

テレビCMのアイデアとして「ゲイではない男性の男らしくない行為は御法度」というルールを利用しているのが、ミラーライトです。

「男性による男らしくない行為」をオーバーに描写し、「ミラーライト以外のライトビールを選ぶことは等しく男らしくない行為」というオチに持って行きます。




最初にこのシリーズのCMを見た時にはよく意味がわかりませんでした。

他にも「ブーツの中にジーンズの裾をいれてはく」「体にぴったりの水着をはく」といったヨーロッパの男性では時折見かける行為も、普通のアメリカ人男性はしません。

僕が今回もっとも驚かされたのが、「男らしくないと思われかねないことをしない」というのが、アメリカ人男性にとっても自然に身に付いた動作ということではなく、かなり無理をしてでも努力して守っている社会的規範なのだ、という事実の発見です。

たとえば、僕は日常生活で日本から持ってきたトートバッグを使っていますが、普通のアメリカ人男性は使いません。

ブリーフケースか、バッグパックのような、「男らしいカバン」を使うか、カバンはいっさい使わず荷物はそのまま手に持ったりポケットに入れたりします。

「トートバッグは便利だと思うけど、自分が使うのは居心地が悪い」と職場の同僚のアメリカ人男性たちは皆、口を揃えて言います。

このヤフーショッピングで発見した画像を見せた所、「このバッグを持ち歩いたら、確実に友だちにバカにされる」とのことでした。

$コミュニケーションという不思議。

「男は男らしくあらねばならない」という規範の強さを、テキサスやコロラドではなく、全米一リベラルな街とされるサンフランシスコで十分に実感出来るということも、アメリカにおけるこのルールの効力の強さを示しています。

たとえば、ゲームのキャラクターデザインでも、日本人の感覚で「カッコいい男性」を描写してしまうと普通のアメリカ人男性には「なんとも居心地が悪い」ということになってしまうことは容易に想像がつきます。

ゲーム以外でも日本人がアメリカマーケット向けにコンテンツを開発するにあたっては、「アメリカの男性は、かなり頑張って男らしくあろうとしている」ということをきちんと理解する必要があります。

カリフォルニアにおいても柴又と変わることなく、男はつらいよ、なのであります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年04月16日 10時57分45秒

アメリカ到着から1ヶ月。

テーマ:アメリカ駐在
今日は4月15日。

サンフランシスコに到着してから、ちょうど1ヶ月がたちました。

周りのサポートもあり、生活は順調に立ち上がり、快適に暮らしています。

日本とアメリカは、似ている所がたくさんある一方で、ちょっとしたことが違っていて、日常生活の中でそうした発見をしていくのがなかなか興味深いです。

たとえば、スターバックスで、ラテなどを注文すると、名前を聞かれます。そしてドリンクが出来上がった時に、ドリンクと名前で呼ばれます。

銀行のATMで預金する時は、現金を直接読み取ることができる機械はまだ一般的ではなく、現金を封筒に入れて機械に通して、その預金が反映されるのは銀行員が後で数えて確認してからになります。

スーパーの買い物の支払いで、銀行のデビットカードで支払う時に「キャッシュバック」といって、実際の勘定に、たとえば50ドル上乗せして引き落として、その50ドルを現金でレジのキャッシャーから受け取ることができます。これをうまく使うと銀行にお金をおろしに行く必要がなくなります。

テレビで放送されている医薬品のコマーシャルは、たとえば30秒CMなら、最初の5秒がその薬の効能で、それに続いて、約20秒くらい、「この薬を糖尿病の人が飲むと悪化するリスクがあります。高血圧の人が飲むと発作を起こして死ぬ可能性があります」といったかなり怖い注意事項がナレーションで読まれて、最後の5秒でまた薬の効能に戻る、といった構成のものばかりです。

そうした医薬品のCMに続いて、弁護士が出てきて「過去に○○○という薬を飲んで、このような副作用になった方、ぜひ連絡ください。製薬メーカーからお金をとれる可能性があります」というCMが流れていたりします。

映画『パルプ・フィクション』の中で、ジョン・トラボルタがサミュエル・ジャクソンに、「パリではマクドナルドでビールが買えるんだぜ」といったように、ヨーロッパのアメリカとちょっと違う所をいくつも話すシーンがありますが、あんな感じです。

異文化にいることで、自分の中のセンサーが以前よりも敏感に機能しているように思います。

この感覚を仕事での成果に早く結びつけたいものです。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年04月06日 11時35分15秒

アメリカの大型書店Borders サンフランシスコ店の閉店セール

テーマ:街でみかけたもの
サンフランシスコの中心街ユニオンスクエアに位置する大型書店Bordersが今週の土曜日で閉店になります。

今年の2月に経営破綻(Chapter 11)を申請していたので、早晩こうなることは知っていたのですが、昨日、仕事の資料を買いに出かけて、閉店セールを体験することになったのです。

$コミュニケーションという不思議。

「NEW PRICE CUTS!」のポスターはあるものの、その後ろの陳列棚には本が一冊もない・・・。

$コミュニケーションという不思議。

店の入り口には、閉店まで残り6日の表示が。

$コミュニケーションという不思議。

「EVERYTHING MUST GO!」とあるものの、店内に入るとそのスカスカぶりに驚愕させられました。






$コミュニケーションという不思議。

ソビエト崩壊直後のロシアのスーパーかという、状態でした。

ジャンルによっては、まだ在庫のある書棚もあり、5冊ほど資料になりそうな書籍を買ったのですが、6割引、7割引といったスーパープライスで、たしかに格安でした。

以前、出張でサンフランシスコに来たときに、このお店で長時間かけて本を吟味して購入したことがあるので、かつての本の充実ぶりと店内のにぎわいを知っているだけに、とても残念に思いました。

本屋の中を歩いている中でアイデアのヒントを得ることも多かったので、今後はどうしたものか、ちょっと困ってしまいます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年03月19日 23時28分52秒

サンフランシスコで日本から数日前に来たことを告げると、皆、心からの励ましをくれます。

テーマ:アメリカ駐在
予定通り、火曜日の夜に日本を出発し、サンフランシスコに赴任しました。

仕事は、まだ本格的にはスタートしていませんが、生活の方は、携帯電話を購入し、アパートを決めて契約し、ソーシャルセキュリティ番号取得のための手続きも完了しました。

アメリカでは、ソーシャルセキュリティ番号がどこで何をするにしても必要で、これがない僕は、どこへ行くにもパスポートを携帯して、提示しています。

「JAPAN PASSPORT」と印字された赤いパスポートを取り出すと、皆、一様に沈痛な面持ちになり「Oh, I'm so sorry what happen to your country. It was just terrible. Are your family all safe?」 といったように心配と励ましの言葉をくれます。

また、それに続けて、日本人がこの危機的な状況の中で「なぜ、自分たちがこんな目に!」といった不満を述べるよりも、出来ることをひとつひとつ実行していく姿に、「感動した」「アメリカ人が学べることは?」といったように、賞賛してくれます。

もちろん、原子力発電所のことでは、引き続き問題が起きていることも認識していますが、それでも発せられるのは世界の他のどの地域で発生した過去の危機的状況よりも日本人が冷静に対応し、勇気ある人々が現場で懸命の作業をしていることに対する、尊敬の言葉ばかりです。

そして、多くのアメリカ人が、日本人はこの危機を乗り越え復活することを確信しています。

タクシーの運転手、アパートのマネージャー、携帯電話のセールス担当、といった僕が街で出会った人々だけでなく、政治家の発言やマスコミの報道においてもそれは変わりません。

これまで僕がアメリカを訪れた機会は軽く50回を超えると思いますが、日本人であることを、これほど誇りに感じたことはありません。

日本の皆さん、アメリカの人々は、心を痛め、励ましの言葉を発し、日本人に敬意をはらい、その未来を確信しています。

反日感情など、微塵もありません。ありえません。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年02月25日 15時37分54秒

「この会社に来て何年?」

テーマ:アメリカ駐在
アメリカで働きながら暮らすのに必要なビザ取得の面接にアメリカ大使館へ出かけてきました。

いくつかの質問の後、無事許可されて、約1週間後にビザが発給されることになりました。

正直、過去に体験した空港のイミグレーションでのやりとりとさほど差の無い時間(30秒程度)でした。

ただ自分が椅子に座って待っている間、目の前のカウンターでやりとりしている人の中には、かなりの時間、しつこく質問されていた人もいたので、ケースバイケースなのだと思います。

密室ではなく、空港のイミグレーションのようなスペースでやるので、他の人のやりとりも、けっこう聞こえます。

「3月4日にニューヨークにいる妻が出産予定なので、できるだけ早くビザを発給してくれないか」と懇願する商社マンの姿も。

その横のブースで、「あなたがこの仕事に見合う経験を持っていることは納得したが、この仕事が駐在員でなければならないことに関しては、納得していない」と冷たく言い放つ係官。

僕への質問は、「何をする会社?」「アメリカでの役割は?」「この会社に来て何年?」の3つでした。

「10年目」と答えて、実際そうなので嘘でもなんでもないのですが、「いつのまにか10年目になったなぁ」と一瞬感慨にふけってしまいました。

社歴の浅い人へのビザ発給はかなり厳しいのだそうです。

5年間有効のE-1ビザが発給される予定です。

これで、渡米がいよいよ目の前に迫ってきた感じです。


コミュニケーションという不思議。

今朝のアメリカ大使館前の行列。

けっこう早めに出かけたのですが、既にかなりの人が並んでました。

入り口で携帯電話、パソコン、USBメモリーなどの電子機器を預けなければなりません。

あと、ハサミやナイフ、飲食物の持ち込みも禁止です。

僕は以前にも一度、ゲストとして呼ばれたことがあった ので、携帯電話以外はあらかじめオフィスに置いて出かけました。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年02月09日 09時15分14秒

サンフランシスコ赴任に向けて準備中です。

テーマ:アメリカ駐在
ワークビザの取得タイミングによって多少前後する可能性がありますが、3月の中旬を目処に米国サンフランシスコのサイバーエージェントアメリカ に駐在員として赴任することになりました。

サイバーエージェントアメリカが展開している英語圏向けのサービスの開発・運営・マーケティング・採用・その他モロモロ、どこかの政治家の言葉ではありませんが、事業拡大のために一兵卒として出来る限りの貢献をする覚悟でいます。

出張でアメリカに行くことはこれまでのサイバーエージェントでの勤務以外にも、かつて在籍した博報堂のCMプランナー時代、Yahoo! Japanのプロデューサー時代を含めて数多くありましたが、居住を完全に移して、というのは早稲田大学の交換留学生として派遣された時以来になります。

自分のキャリアにとって新たな一歩になることは間違いなく、楽しみにしています。

ブログは、更新頻度は変わるかもしれませんが、今後も続けていこうと思ってますのでよろしくお願いします。


コミュニケーションという不思議。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年02月04日 11時07分34秒

「CityVille」で体感した、実名ソーシャルゲームの居心地のよさ。

テーマ:Facebook革命
ソーシャルゲームが大流行する「薄気味悪さ」 (日本経済新聞)


昨年12月にロンチされたばかりで、早くも月間アクティブユーザー数が1億を越えるという世界最大級のソーシャルゲーム「CityVille 」。

気になっていたものの自分自身ではプレーせずにいたのですが、ここ数日かなり集中的に時間を使ってやってみました。


コミュニケーションという不思議。


正直「よくわからないなー」というままに始めて、今でも「完全に理解した!」とは思っていないのですが、それでも実によく出来たゲームだということはわかってきました。

最初は「研究目的で」といいながら操作していたのが、たった数日の間で、朝起きてから夜寝るまで、会社での打ち合わせの合間も含めて、しょっちゅうチェックしたくてしょうがない、という「中毒状況」になりつつあります。

始めてみて驚いたのが、けっこう自分のFacebook上の知り合いが既にこのゲームをやりこんでいる、ということです。(一方で、いかにもやりそうな人がやっていなかったりしますが・・・)

「あの人のレベルに追いつくまで、あと5段階か」と気になったり、彼らが自分の街の開発を手伝いにきてくれたり、僕も彼らの街を「Visit」していろいろ手助けしたり、あらためて「ソーシャルゲーム」というのはこういうことかと、体感することができます。

そんなの、CityVilleに限らず、グリーでも、モバゲーでも、同じじゃん、という指摘を受けそうですが、僕にとっては必ずしもそうでもありません。

過去に、オセロゲームや将棋なども含めて、ネット上の交流ゲームはいろいろ経験しているのですが、正直、見ず知らずの人とゲームとはいえコミュニケーションをとるのにちょっと怖気づく感じがあります。

ところが実名のリアルで知っている人しか基本的に承認していないフェイスブックの場合、ゲームで交流(ソーシャライズ)するのも知人ばかりです。

これが、すごく気安い。

日経の記事で指摘されていた、絶妙のさじ加減でゲームを続けさせる仕掛けに「薄気味悪さ」を僕自身まったく感じないわけではありませんが、それでも従来のソーシャルゲームで僕が感じていた「居心地の悪さ」がCityVilleにはないのは、とても大きいです。

もっとも、知り合いから「スダはここ数日仕事しないで、CityVilleばっかりやってるな」と思われるのはどうなんだろう? という不安を感じないでもないです。あせる

ということで、「ちゃんと自分の中で分析して、今後の業務に生かすための観察レポートもやってますよ」とアピールする目的もあって、このブログを書いてます。(笑)

とはいえ、まだまだ研究不足ですので、もう少し時間をかけて、CityVilleを研究したいと思います!グッド!


コミュニケーションという不思議。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月03日 10時27分24秒

iPad向け日刊新聞「The Daily」の年間購読料は、39.99ドル(約3270円)。

テーマ:ニュースにふれて
iPad向け日刊新聞創刊=週80円、音声や映像も―米ニューズ社 (Yahoo! ニュース)

円高とはいえ、年間購読料が3270円というのは、日本経済新聞の電子版の1ヶ月の購読料4000円よりもさらに安い。

iPad用にすべてゼロから設計したという新聞が、この価格で、果たしてどれだけ広がるのか、注目です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月02日 12時46分33秒

サウスダコタ州で「21歳以上の成人に銃を購入することを義務付ける」法案が議会提出される。

テーマ:ニュースにふれて
最初、「なんとクレイジーな!」と思って、読んでみて「なるほど、そういうことか」とちょっと納得しかけて、やっぱり「クレイジーだ」と思ったニュース。

サウスダコタの「Argus Leader Media」が報じています。

Bill would require all S.D. citizens to buy a gun  (Argus Leader Media)

--------------------------
Five South Dakota lawmakers have introduced legislation that would require any adult 21 or older to buy a firearm “sufficient to provide for their ordinary self-defense.”

5人のサウスダコタの州議員が、「一般的な正当防衛のために」21歳以上の成人に銃の購入を義務付ける法案を提出しました。


The bill, which would take effect Jan. 1, 2012, would give people six months to acquire a firearm after turning 21. The provision does not apply to people who are barred from owning a firearm.

この法案が成立すれば、2012年の1月1日以降、サウスダコタの住民は21歳になった後、6ヶ月以内に銃を購入する義務が発生します。ただし、犯罪歴などにより銃の所持を禁じられている人は除外されます。


Nor does the measure specify what type of firearm. Instead, residents would pick one “suitable to their temperament, physical capacity, and preference.”

どのような銃器を購入するかは明文化されていません。それぞれの住民が「自分の気性や、肉体的能力、好み」に応じて選ぶことができる、とされています。


The measure is known as an act “to provide for an individual mandate to adult citizens to provide for the self defense of themselves and others.”

「自分自身と周りの人々を守るために必要な装備を義務付ける」法案、ということになります。


Rep. Hal Wick, R-Sioux Falls, is sponsoring the bill and knows it will be killed. But he said he is introducing it to prove a point that the federal health care reform mandate passed last year is unconstitutional.

提案者の一人、ハル・ウィック議員によれば、この法案が議会を通過しないだろうことは十分承知しているそうです。それでも彼がこの法案を提出しているのは、昨年連邦議会が通過させた国民皆保険制度が、この銃の購入を義務付ける法案と同様に「憲法違反」であることを広く訴えるためだ、としています。


“Do I or the other cosponsors believe that the State of South Dakota can require citizens to buy firearms? Of course not. But at the same time, we do not believe the federal government can order every citizen to buy health insurance,” he said.

「法案を提出した議員が、サウスダコタの住民全員が銃の購入を義務付けられるべきだと本気で信じている? もちろん、そんなことはない。しかし、同時に、連邦議会が、国民に健康保険の購入を義務付けるのも、同じようにおかしなことだと考えている」と、同議員は語っています。

--------------------------

つまり標的になっているのは、オバマ大統領が推進する国民皆保険制度なわけです。

皆保険制度が今のところ成立している日本から見ると信じられない話ですが、それぞれの国よって制度はさまざまです。


スマイルBEST シッコ スタンダード・エディション [DVD]/マイケル・ムーア
¥1,980
Amazon.co.jp





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月01日 12時42分15秒

Google、Twitter、SayNow のエンジニアがエジプトの人々のためにツールを開発。

テーマ:ニュースにふれて
Google、Twitter、SayNow の3社のエンジニア達がこの週末に連携して、ネットが遮断されたエジプトの人々のためにツールを開発&リリースしました。

Google, Twitter build Speak to Tweet for Egyptians  (cnet)

これは、インターネットが遮断されたエジプトの人々が、電話回線からTweetできるツールです。

以下の3つの国際電話番号にエジプトから発信してボイスメッセージを残すことで、自動的に「#egypt 」のハッシュタグが付加されてTweetされる仕組みなのだそうです。

+16504194196
+390662207294
+97316199855


コミュニケーションという不思議。


グーグルのオフィシャルブログ:「Some weekend work that will (hopefully) enable more Egyptians to be heard 」(我々の週末仕事で、エジプトの人々の声が世界に届くことを願う)

この連携と開発とリリースのスピード感が、いかにもインターネットであり、いかにもシリコンバレーであり、実に「いいね!」だと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み