名古屋大賞典

テーマ:
桜花賞はスターインパルスの快勝でしたねウインクキラキラ


2着にグラスサファイア、3着にシェアハッピーニコニコ


うーん、これは当てなきゃいけなかったですねぇチュー


スターインパルスはやはりスタートのコーナーの時点であっさりアドバンテージ取れましたよね口笛

ここは3番人気なら素直に単勝買うのが正解だったなぁニコ


シェアハッピーは桃花賞勝ち馬。

この馬が東京プリンセス賞では有力になってくるでしょうねウシシ






さてさて、今日は地方交流重賞名古屋大賞典。

今回はオッズとの勝負な気がしているんで買い目迷いそうですわチュー

カツゲキキトキトはどれくらいの人気になるんですかねぇもぐもぐ



少頭数なので印絞りたいですなぁキョロキョロ






◎ケイティブレイブ
○モルトベーネ

伏兵競馬
トロヴァオ






~コース適性~
(ふしダラーオリジナル)


『名古屋1900』。

コーナー6回まわるコースで右回り平坦戦の奇数距離1900ですねニコニコ


・小回りのコーナー適性
・奇数距離適性
・平坦適性

辺りに注目ですかね口笛




まー堅いイメージが強い重賞なんですけども、

やはり地方で結果を出してきた馬が賞金として出やすいからなんですよねキョロキョロ

コーナー6回まわるコースの実績がリンクするので、

白山大賞典・浦和記念・佐賀記念・川崎記念をシンプルに評価できます。



中でも、奇数距離適性が生きてくるので《川崎2100・金沢2100・名古屋2500》

には注目ですねニコ




この奇数距離適性

ダートでは1400・1800が王道路線の為に、

根幹距離が特殊になり、さらにこの奇数距離になると狭まるので、

《1700・1900・2100・2300・2500》

好走歴は生きてきやすい。


昔の中京2300・旭川2300なんかはリンク強かったんですけどねキョロキョロ


ハイレベルになりやすい、JRAダートでは、

《札幌1700・小倉1700》

実績、

そして平坦適性で京都のリンクが強いので、《京都1900》も注目でしょうウインク




直線の割合が少ない、コーナーの割合が多いコースですから、

コーナーリング性能がある方がいいんで、

船橋や園田なんかにも注目です。







~考察~

今年は賞金体型が変わったからか、なかなかJRA勢のチョイスが難しいんですよねじゅる・・

どの馬も奇数距離適性はありそうなので。




ここは◎ケイティブレイブの巻き返しに期待ですかねもぐもぐ

川崎記念で本命にして負けてしまいましたが、

兵庫CSでの園田1870での圧勝、

白山大賞典・浦和記念の連勝からして、


やはり小回りのコーナー6回向きな馬であるのは間違いないです競馬溜め息



奇数距離適性も見せているし、

直線適性が緩いのに、平坦適性でJDDやレパードSも凌いでいるってのがまたすごい。

ちょっとそのJDDやレパードSまで激走して、


使い詰めでパフォーマンスが落ちてきていたんですが、

それでもフェブラリーSでは6着に来ていたんで、やはり能力はかなり高いと思えますうーん


今回はオッズ割れるでしょうし、ゆーいちなのは気掛りですが…まぁ大丈夫だろうと見ました。






相手には○モルトベーネ

ドリームキラリが札幌1700・金沢1500

オールブラッシュが福島1700・川崎2100


の奇数距離をこなしているんですが、


モルトベーネが、門司Sの小倉1700

そしてアルデバランSの京都1900と、

JRAでの1600万条件・オープンで勝っているのはかなり価値があるとみてます。


東海SとアルデバランSはなかなかメンバーが揃っていたので、

これは川崎記念よりも厳しいレースだったと判断しました。


デムーロなんでね、地方で人気で出遅れの懸念はありますが…前走乗っているのでそこは大丈夫かなと。





あとは正直どの馬が走ってきてもおかしくないんですよね、

ある程度前でやりあって、適性が薄くて脱落してくる馬もいると見て、

トロヴァオを狙ってみたい。




カツゲキキトキトが人気を集めそうですけども、トロヴァオもなかなか能力はありまして、

全日本2歳優駿4着で、

レパードSで3着になるレガーロとは0.1差に走れていて上がり最速。

そしてダービーグランプリでは水沢でエンパイアペガサス・バルダッサーレ相手に圧勝していますから、

この馬は小回りのコーナー適性がかなり高い可能性がある競馬


それでいて、大井や門別の直線適性が生きるコースでタービランス相手に好走していて、

奇数距離1700で京浜杯を勝つ馬と門別1700で戦えていたのですから、

そもそもの能力がかなり高い可能性があり、奇数距離適性も持っています。


前走は浦和1500で負けてますが、対古馬混合戦、不利な大外枠からの初の58キロと、

初ものづくしでかなり敗因はあるんで度外視していい。

むしろ競馬になってないので、ダメージ少ないと判断できますねウインク




枠もいいので、高配当狙うなら加えたい1頭ニコニコ






うーん…オッズがどうなるか見たいですねチュー






 



競馬ブログランキングへ
AD

桜花賞(浦和)

テーマ:
南関東牝馬3冠路線、

中央のクラシックよりも一足早く、東での桜花賞(浦和)の開花ですね照れ桜



ピンクトッグウッドが東京プリンセス賞に向かうのかは分かりませんが、

ここは圧勝しないとピンクトッグウッドに大井では歯が立たない可能性あるんでねチュー

好勝負からの圧勝を見せる馬の出現に期待ですねキラキラ






◎アンジュジョリー
○スターインパルス
▲ゴーフューチャー
☆グラスサファイア
△アップトゥユー
△イクノチャン






~コース適性~
(ふしダラーオリジナル)


『浦和1600』。

すぐカーブをむかえるコーナースタートの変則コースでコーナー5回、根幹距離1600の左回りですねニコニコ


・コーナー適性
・根幹距離適性
・左回り適性
・内枠

がポイントでしょうかうーん



ニューイヤーCと桜花賞の3歳戦以外ではあまり上級クラスでは施行しないのでね、

なかなか難しいんですけども、

まずはシンプルですが浦和実績でしょうねニコニコ

ユングフラウ賞含めて《浦和1400・1500・1600》の好走歴は素直に評価したい。



そして同じ南関東の左回り川崎・船橋、

一見、根幹距離の川崎1600・船橋1600が良さそうなのですが、

スタートしてすぐにコーナーをむかえるので、スタートからの直線が長い1600より、

《川崎1500、船橋1500》の方が数は少ないのですけどもリンクは強いです。




あとは、ハイレベルになる大井・門別では、

根幹距離適性が重要で、

大井は内回りの《大井1600》、東京2歳優駿牝馬・桃花賞


そして《門別1200・大井1200・船橋1200》の根幹距離のスプリント戦がいいです。



他地区では直線が短くてコーナーの割合が多い名古屋

スパイラルカーブの園田辺りですかね口笛


個人的には高知1600・笠松1600・金沢1700も形状としてコーナー5回になるので、近いとは思ってます。






~考察~


内枠と外枠の有利不利があるので、

断然人気馬のカイカヨソウが負けたりして、波乱色が強いレースのイメージもあるんですが、

結果前走4着以内に走れている馬』が順当に来ている、

大敗からの巻き返しは少ない、順調度合いの生きるレース口笛


過去10年でも巻き返しはパチョリ位で、

パチョリも府中1400の芝での16着なので度外視できた。




本当は▲ゴーフューチャーを本命にしたかったのですが、

ユングフラウ賞を使っているタイプで馬券に絡んだ馬は、大抵ユングフラウ賞を1~4着にはこなせていたんですよねチュー


ゴーフューチャーは船橋のスパイラルカーブ好走馬で、船橋1500を逃げて圧勝しているコーナー適性馬。

さらに鎌倉記念の川崎1500で2着していて、

桜花賞はかなり川崎1500戦績が面白く、


アグネスターフ 5番人気
ブルーザミント 7番人気
トーセンウィッチ 8番人気
イチリュウ 2番人気
ブルーチョイス 2番人気

が絡んでいて、

イチリュウとブルーチョイスは2番人気でしたが、

どちらも1番人気よりも上の着順に好走していますニコニコ



今回、△イクノチャンとゴーフューチャーはユングフラウ賞大敗からのローテなんですけども、

川崎1500をこなしていて、

適性と重賞実績から波乱演出期待してみたいウインク





本命はやはりユングフラウ賞好走から、

◎アンジュジョリー

…ま、5着なんですけどねあせるあせる



☆グラスサファイア、○スターインパルスとタイム差無しなので、同等の扱いをします。


アンジュジョリーはダート不遇の差しタイプなんですけども、

ニューイヤーCもユングフラウ賞も重い印にしたのは、

浦和1500での外枠からの圧勝がかなりのコーナー適性を見せていたからですねウインク


この馬、門別1200も2回圧勝していて、

前走は「距離が短くなる方が向く」と思っていたんですが…

おそらく東京2歳優駿牝馬で3着に来たように、

ニューイヤーCこそ負けましたけども、根幹距離適性が高いキョロキョロ


前走で笹川騎手も脚の使いどころを把握したように感じましたし、

△アップトゥユーが外なので被せて速くなるなら歓迎、

ここは期待してみたいウインクキラキラ






そして内枠先行の恩恵がありそうなスターインパルス

ニューイヤーCの上位陣はやはりハイレベルだったと言えますし、

ユングフラウ賞で負けているのですけども、

すぐにコーナーを曲がる1600の方がアドバンテージ取りやすいですからね口笛






グラスサファイアもゴーフューチャー・イクノチャン同様に川崎1500好走馬。

東京2歳優駿牝馬4着、ユングフラウ賞3着と、戦績ならいかにも絡みそうな馬柱してます。


ただ、川崎1400で圧勝したあとに川崎1500でイクノチャンに大負けしているように、

好走した後に反動が出やすいタイプ。

ユングフラウ賞の3着がどちらに転ぶかは微妙なので、☆にしてます。

若水特別の4着も力は出していたので、どちらかと言うとやはりそろそろ反動が怖いかなぁチュー






イクノチャンは川崎1500勝ちに一応離されましたがローレル賞の2着からですね。

前走で上がり最速で、今回続けて内枠で赤岡騎手ならもう一回買うのもありかとウインク






アップトゥユーも特に文句無しなんですけどね口笛


スターインパルスがおそらく枠の恩恵でスッと出て、

それを外枠から追いかけるカタチになるんでチュー



コーナー適性もあるはあるんですが、

この馬は直線をのびのび走る方が合っているんで、

スタートからすぐに曲がるコースよりも、

川崎1600のようにスタートから直線適性を使うコース向きと見てます競馬溜め息溜め息

ユングフラウ賞の浦和1400も直線スタートですしねえ゛!






まだオッズが大きく変わりそうですよねぇ~びっくり



最近はレースによっていろんな買い方してるんで、

今日は6枠から枠単流しが面白いかななんて思ってますウインク






今日は名古屋で新重賞あるんですね口笛

中京ペガスターカップ。



名古屋は弥富に移転が決まったそうなんでね、

1つでも多く、今の名古屋競馬場に思い出のレース作りたいですね。











AD

マーチS・高松宮記念回顧

テーマ:
中山ダート

インカンテーション
0.0.0.2

ディアデルレイ
0.0.0.1

アルタイル
0.0.0.1


…ぎゃふん!




さて…、

マーチSはインカンテーションの復活の重賞制覇でしたねウインクキラキラ

ここで戻ってくるとはねガーン、参りましたですハイあせる


2着にはディアデルレイ、3着にはアルタイルかぁ~~、

これは手厳しいショボーン




インカンテーションはまぁ東海S3着もあり、中京1800の好走歴はあり、高低差適性もあったと口笛

マイネルクロップから考えると、

京都1900が100㍍長い分で坂のある中山1800との繋がりが見えるんでね、

京都1900は中京1800や阪神2000ともリンクしているコースですし、

平安S勝ちはもっと評価して良かったかもしれませんうーん

にしても勝つとはねびっくり、近走不振でしたがここは格が違ったかな。




2着にはディアデルレイ。

んーなるほど。

この馬は前走の総武Sが休み明けで0.1差5着なので、

馬券外ですが、高低差適性は示していたと言えますよね口笛

元々芝時代でも中山はこなしてましたしもぐもぐ


ただ、府中1600に反応していたんで、右回りより左回りがいいイメージもあったんでねぇ…

ちょっと2番人気ならと切ってしまいましたわショボーン




3着にはアルタイル。

まだインカンテーションとディアデルレイは拾えたかもしれませんが…、

このアルタイルはさらにキツいチュー

ま、中京自体は1400で走れていたので、高低差適性は分かるんですけども、

特に1800実績も無いし、

この馬は芝スタートの1ターン戦に良績重なっていたのでねぇ…


使っていなかっただけで適性はあったと見るかチュー


結構丁重なメンバーの時に、

「前走1着の人気薄には警戒するようにしているんですが、ここは買えませんでしたねショボーン


まだ、この3頭の中の1頭は評価できても、

3頭とも食い込む予想は僕には無理だったなぁチューチューチュー


大きく反省…

スゴい凹んでますぐすん






高松宮記念はセイウンコウセイの完勝ウインクキラキラ

セイウンの冠名がGⅠ制覇となるとなんか嬉しいです!!


2着にはレッツゴードンキ、3着にはレッドファルクスのGⅠ馬2頭。


ティーハーフ4着あせるあせる


実は函館SSと函館2歳S好走の馬でワイドBOX買ってみてたので、

ドンキとティーハーフのワイド惜しかったにやり






セイウンコウセイは完全に切っていたので言い訳すらできないですわチュー


スタートから前目に付けて、3頭を前に置いての追走、

コーナーでやや下げて、

後はじっくり待って外から抜け出すと弾けるような瞬発力で、

内から抜けてきてたレッツゴードンキとレッドファルクスを置き去りにするとキョロキョロ



この馬、京都ばかり使われてきてましたけども、

あの抜け出し方を見るとかなり《高低差適性》高くて、

京都は好走していたのですが、

「適性は向いていないのに、能力だけでこなしていた」可能性が高いびっくり!!


適性はむしろこっちの中京にあったとうーん

2、3着が実績馬だったことからもそれが強調できる。

もちろん渋った馬場だったのもプラスでしたし。



適性未知数馬だったんですねぇ…

一応中山ダート1200走ってますが、未勝利ですから判断しにくい。

これは反省ですねチュー




レッツゴードンキは予想した通り。

レッドファルクスはCBC賞勝ちとスプリンターズS勝ち、

ダート適性も生きる舞台ですから、まぁ順当に巻き返してきますな照れ




ティーハーフは函館2歳Sと函館SS好走馬で、

印は回さなかったのですが、

逃げならトウショウピスト、

差しならティーハーフ、

と考えていたので端っこで押さえてましたウインク


今回は雨だったのもありますけども、

やはり函館1200は中京1200とほんのりリンクしているように思いますねウインク


今回はレッツゴードンキとティーハーフしか来てませんが、

またCBC賞とかで人気薄がいたら買ってみたいですウインク






さて、

今週は南関東牝馬3冠路線の桜花賞、

そして名古屋大賞典がありますねウインクキラキラ


今日のダートがからっきし予想でダメだったので、なんとか修正していきたいですショボーン











AD