★イベント予約、講演&ライブ依頼のお問い合わせは
project@hayabusa.good.sc まで!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハヤブサは東日本大震災被災地の復興を応援しています!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-07-29 10:03:28

2014/07/29

テーマ:ブログ



※この回顧録は2012年4月20日から連載されています。
=================================



二人の攻防を見て身体が熱くなる。

「早く三沢さんと試合がしたい!」

そんな想いが込み上げてじっとしていられなくなっていた。



その時はすぐに訪れた。

リングに戻った人生が地獄突きの連打で三沢さんをコーナーに詰めてくる。

タッチを受けたオレは、挨拶がわりにトップロープ 飛び乗り、三沢さんの背中にエルボーを落とした。



正直なところ、三沢さんと初めての対戦ということもあっていきなりガンガンいきたいところだった。

だが、同じように"三沢光晴というレスラーをじっくり体感したい"という想いもある。

オレは敢えてレスリングでじっくりいく事を選択した。



前のめりになっている気持ちを抑え、三沢さんの腕をとる。

対する三沢さんもオレの攻めに動きを合わせて、オレの出方を伺っている。

まるでオレの力量を図っているようだった。

お互いを探りながらゆっくりと動く。

気が付くと、流れの中でオレはロープを背負っていた。



=================================

◇イベント、ライブ、出演情報◇
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●7月6日(日)高田馬場[ヘッドロックカフェ]
●7月20日(日)梅屋敷[ハヤブサとUOYA]
●7月22日(火)水道橋[ミュージックジャム]
●7月27日(日)渋谷[七面鳥×鳥清=トリヅクシ]
●7月28日(月)蒲田[ハヤブサと呑む改]
●8月24日(日)八代[日奈久ゆめ祭]
●8月25日(月)熊本[村田善則生誕80周年記念祭]
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

予約、講演&ライブ依頼のお問い合わせはproject@hayabusa.good.scまで!
ハヤブサさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-07-28 10:03:01

焼き鳥ライブ2DAYS

テーマ:ブログ
渋谷・七面鳥ご来場ありがとうございました!

KYOの夜会、葉の会、久住昌之さんとヤキトリバンド、ザ・ビールズ(バンドバージョン)・・・お客さん以上に呑んで楽しませてもらったような気がします(^^)

久住さんとは、呑みながらお酒の歌しばりのライブやりたいなぁ(  ̄▽ ̄)



オレは大島香ちゃんのドラムを加えて、いつもと一味違った感じでやらせてもらいまいた(*^^*)

フミさんの弦が切れたりと、多少のハプニングもライブならでは♪

いや、ホント楽しかったし♪



そして今日は焼き鳥ライブ2DAYS2日目、蒲田・串猿!

おかげさまで改めて全席完売、感謝です(^^)

次回は2週間後の8月11日!

project@hayabusa.good.scにて 絶賛予約受付中です(*^^*)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◇LIVE & UTAGE◇
*「ハヤブサと呑む改」*※ソロライブ
●日時:8月11日(月)
19:00 open/19:30 start ~終電まで
●会場:串猿 KUSHI-ZARU 
(大田区蒲田5-3-8)
TEL :03-6416-0038
●料金:前売り 3,000円 / 当日 3,500円
※ライブ終了後は打ち上げがあります。
※サポートギター:中澤矢束、村田雅和
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※この回顧録は2012年4月20日から連載されています。
=================================



組み合った秋山選手は、しっかりしたグランドテクニックで人生をコントロールする。

このスマートさが秋山選手の怖さ。

決して感情だけに流されることがない。

デビューして5年程度のキャリアでこうだったのだから恐ろしい話だ(笑)

そして引き込むように自軍のコーナーへ下がり、落ち着いて三沢さんにタッチした。



ロープを跨ぎリングに入る三沢さん。

その表情はいつもと変わらず飄々としている。

当然だが今日の朝まで一緒に呑んでいた三沢さんとは別人 のようだ(笑)

さすがに人生もやりにくいのだろう、珍しく間合いを嫌い距離を取った。



仕切り直してがっちり組み合う二人。

人生は腰を落とし、三沢さんをロープに詰めた。

地獄突き。

三沢さんの動きが止まる。

人生はもう一度地獄突きで追い討ち。

しかし三沢さんは地獄突きを交わし人生を抱え挙げると、そのまま場外へと投げ捨てた。



=================================

◇イベント、ライブ、出演情報◇
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●7月6日(日)高田馬場[ヘッドロックカフェ]
●7月20日(日)梅屋敷[ハヤブサとUOYA]
●7月22日(火)水道橋[ミュージックジャム]
●7月27日(日)渋谷[七面鳥×鳥清=トリヅクシ]
●7月28日(月)蒲田[ハヤブサと呑む改]
●8月24日(日)八代[日奈久ゆめ祭]
●8月25日(月)熊本[村田善則生誕80周年記念祭]
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

予約、講演&ライブ依頼のお問い合わせはproject@hayabusa.good.scまで!
ハヤブサさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-07-27 10:02:29

2014/07/27

テーマ:ブログ



※この回顧録は2012年4月20日から連載されています。
=================================



しかし 秋山選手も今の地獄突きで眼の色が変わる。

組み合った瞬間、えげつないニーリフトを人生の腹に何発も打ち込んでいった。

人生の身体が宙に浮く。

続けてエルボーからロープに振り、ジャンピングニーパット。

秋山選手のジャンピングニーパットは膝が鋭角に飛んでくる、あまり受けたくない代物だ。

人生も同じ考えだったのだろう(笑)

ジャンピングニーパットを交わし、反対のロープに走る。

それをカウンターのラリアットで迎えうつ秋山選手。

人生はそのラリアット掻い潜り、返す刀のジャンピングショルダータックルで秋山選手を吹き飛ばした。



睨み合う二人。

こういったシチュエーションはリング上にいてもゾクゾクするものだ。

なんだったら技のやり取りよりもシビレる時がある。

ある意味こういった"間"こそがプロレスの醍醐味だと思う 。



ゆっくり立ち上がる 秋山選手。

だが、その佇まいは驚くほど冷静さを取り戻していた。


=================================

◇イベント、ライブ、出演情報◇
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●7月6日(日)高田馬場[ヘッドロックカフェ]
●7月20日(日)梅屋敷[ハヤブサとUOYA]
●7月22日(火)水道橋[ミュージックジャム]
●7月27日(日)渋谷[七面鳥×鳥清=トリヅクシ]
●7月28日(月)蒲田[ハヤブサと呑む改]
●8月24日(日)八代[日奈久ゆめ祭]
●8月25日(月)熊本[村田善則生誕80周年記念祭]
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

予約、講演&ライブ依頼のお問い合わせはproject@hayabusa.good.scまで!
ハヤブサさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み