□■□ 今年こそ体質改善!デトックスキャンペーン □■□


■「だるいな」と感じたら
11月は寒さが厳しくなって寒暖差が激しくなるため、体調を崩す人が増えます。空気が乾燥しやすいため、肺や気管支も弱りやすいとされます。また、寒さでお腹が冷えると、排泄のための腸の「ぜん動運動」が鈍くなって、便秘に悩む人も目立つようになります。この時期に、「だるいな」「疲れているかな」と感じたら、それは体のバランスが悪くなっているサイン。冬になる前に、しっかりとケアしておくことが大切です。


■体質改善がカギ
東洋医学では、だるさや疲れは、内臓が弱ることによって引き起こされることが多いと考えられています。内臓の機能が弱くなることで、生命活動を支えるエネルギーが減退し、体力、気力が衰えてしまっているのです。このように病気でもないのに、何だか気分や体調がすぐれないことを「未病」といい、病気の手前とされます。そんなときは、整体やマッサージで一時的にだるさを解消しても、すぐ元に戻ってしまいがち。体の歪みや血液の流れをしっかりと整えて、弱っている内臓を強化するなどの「体質改善」がキーとなります。


■エネルギー循環をスムーズに
体質改善を図るには、やはり適度な運動が効果的。運動で血行をよくすれば、全身に温かい血液が流れるようになり、内臓機能が活性化。自律神経のバランスも回復し、メンタル面でも安定します。イルチブレインヨガは、全身の筋肉や骨格のバランスを整えることで、血液の流れをスムーズにするエクササイズです。血液とともに、気エネルギーの循環を滑らかにすることで、冷えにくい体へと導きます。腸の働きが活発になり、毒素を体外に排出するデトックス機能が整えられることが期待できます。
11月の「今年こそ体質改善!デトックスキャンペーン」で気血循環を整え、今年こそ寒さに負けない強い体質をつくりましょう!


期間:11月1日~30日
大好評の
「即割」「友割」は11月末まで延長決定!





AD

こころ・からだ・脳。3つが目覚めたとき、本当の健康と美しさをとりもどします。

イルチブレインヨガは、東洋の伝統的なトレーニングと最新脳科学を統合した初めての脳ヒーリングヨガです。イルチブレインヨガのプログラムは、健康を、体・心・精神というトータルな観点でとらえ、脳の働きを活性化することによって、本来の体の健康や心の健やかさを取り戻していくというものです。一人ひとりの体と心に合わせたトレーニング指導で体も心も変わります。

AD

一般のヨガとの違い

テーマ:

一般のヨガとの違い

イルチブレインヨガのエクササイズは、丹田を鍛えること、エネルギーの感覚を育ててゆくことにポイントを置いています。体のチカラと直結する丹田を鍛えることで、体だけでなく、心も、そして考え方も強く明るくなってゆきます。また、エネルギーの感覚を養うことで、集中力や洞察力が増し自分自身を客観的に見つめるチカラがついてきます。

AD
ダンワールドのエクササイズの中には「ヒーリングチャクラ」というトレーニングがあります。
チャクラを癒すことで、私達の体内のエネルギーバランスを整え完全な健康を促します。


チャクラの健康は、身体の健康と密接につながっています。
チャクラを理解することにより、私達の体の健康だけではなく、平和とは何か、幸せとは何か、という疑問の答えを理解することにも繋がるのです。


ダンワールドの基本となる脳教育では、体の健康のみを指して本当の健康とは言えません。
私達の体は、肉体以外にエネルギー体(フィジカルボディ)・情報体(スピリチュアルボディ)の3つから構成されており、この体・心・魂の健康が実現した時、はじめて幸せで平穏な人生を営むことが出来ると考えています。


そして、この肉体・心・魂の作用のバランスを整えるのが、チャクラなのです。


私達の体には7つのチャクラがあり、それらの活性化が肉体・心・魂の健康へと繋がります。
逆に、これらのどこかに異常があると肉体・心・魂へ影響を及ぼしてしまい、怪我や病気の原因となってしまいます。


チャクラのコントロールをマスター出来れば、自分自身の健康は思いのままです。
このコントロールを学ぶのが、ダンワールドのエクササイズにある「ヒーリングチャクラ」なのです。


チャクラを活性化することで、体内エネルギーがポジティブに変化します。その結果、自分自身が変わることへと繋がります。


自分が周りに良い影響を与えられる様になれば世の中を変えることも可能です。
このようにチャクラには、世界の不均衡やアンバランスを正せる可能性もあるのです。


イルチブレインヨガ東大阪スタジオ
TEL:06-6730-3580

「考える」「感じる」「行動する」といった私たちの行為は、すべて脳の情報によって引き起こされています。



イルチブレインヨガでは、脳の情報処理のパターンを変えることで、新しい習慣を創造していきます。



人間の脳の機能を考えるうえで忘れてはならないのは、脳の情報処理にはパターンがあるということです。例えば、「怒る」という感情をとってみると、ある一定の状況に置かれたときに、怒りのスイッチが入ります。これは、脳の情報処理のメカニズムが定着し、怒るという習慣として染みついたものです。



自分を変えたいと思ったら、この脳の情報処理パターンに変化をもたらすことが重要になります。それさえできれば、性格や考え方も確実に変えることができます。



習慣とは、いつも同じ脳回路によって同じ行動が繰り返されることです。この回路を断ち切れば習慣を変えられるのですが、それは結構ハードルが高いです。もっと簡単な方法があります。それは、使い慣れた脳回路とは異なる新しい脳回路を作ることです。新しい回路をつなぎ、それを頻繁に使うことで、古い習慣が自然と捨てられ、新しい習慣が身に付くのです。



イルチブレインヨガでは、脳に働きかけることで、新しい習慣をつくりあげていきます。それは、たいへん創造的なプロセスです。すべての脳は生まれつき素晴らしい機能を備えており、新しい習慣を作り続けることができれば、脳はその潜在能力をいかんなく発揮でいるようになるはずです。



イルチブレインヨガ東大阪スタジオ

TEL:06-6730-3580

イルチブレインヨガは、体の歪みを整え、心身の健康や安らぎへとつなげるホリスティック・エクササイズです。イルチブレインヨガで、腰や股関節の不調から解放され、ダイエットにも成功したという女性の体験談を紹介します。


■■ イルチブレインヨガの体験談 ■��
「3ヵ月で腰痛と股関節痛が改善」
女性


腰痛と股関節の痛みに悩まされ、あぐらを組むことができないほどでした。でも、病院へ行っても「異常なし」と診断されるだけ。お医者さんからは「疲労とストレスでしょう」と言われ、途方に暮れていました。


そんなとき、イルチブレインヨガに出会いました。半信半疑で通い始めたのですが、優しいインストラクターさんや会員さんたちに支えられ、楽しくレッスンができました。すると、始めてから3か月後には、腰と股関節の痛みがすっかり良くなり、あぐらでも座れるようになりました!


ダイエットにも効果がありました。始めてから1年を過ぎたころには、体重が5.5㎏ダウンしたのです。さらに、メンタル面でも、イライラしたり、落ち込むことも少なくなりました。ストレスも減ったような気がします。


これからも心身の健康のために、イルチブレインヨガを続けたいと思います。


☆ ☆ ☆


<股関節をほぐして、リラックス>
私たちの足と胴体をつなぐ「股関節」(こかんせつ)。股関節は、人間の体で最も大きな関節です。


この股関節が硬かったり、働きが悪かったりすると、ほかの関節などの機能も低下し、体全体が歪みやすくなります。とはいえ、年齢とともに、股関節の動きが悪くなるのは、なかなか避けられません。股関節や周辺の筋肉が硬くなり稼働域が悪くなることが原因です。


イルチブレインヨガでは、股関節の可動域を広くするエクササイズを行っています。股関節と周辺の筋肉を柔らかくすることで、下半身の血流が良くなり、冷えにくくなります。また、足の先の末端神経まで血液が行き渡り、しっかりと刺激されることで、そことつながる脳が活性化。気持ちがイキイキとしていきます。



イルチブレインヨガ東大阪スタジオ
TEL:06-6730-3580

毎日同じ行動を繰り返していると、脳は衰えがちになります。思考のシャープさや若さを保つには、日ごろから脳に変化を与える工夫が大事。イルチブレインヨガで脳に刺激を与えましょう。


毎日の通勤、通学では、いつも同じ道を通っていますか?同じルートばかり使っていると、脳が飽きてしまいます。たまに違う道を通ると、脳にとって良い刺激になります。一本隣の道を通ることだけでも、違う景色が見えてきて、脳が活性化。いつもと違う発想が湧き出してきやすくなります。あるいは、余裕を持って出退勤の時間帯を変えてみたり、いつもの路線とは違うバスに乗ってみたりするのもよいでしょう。


脳細胞の数は大人になると減り続けると考えられています。しかし、新たなことに挑戦し、今までやったことのないことに挑戦し続ければ、脳が錆びつくのを防ぐことができます。私たちの脳は、新たな状況に直面したとき、思考、感情、注意、記憶、認識などのあらゆる機能が活発になるからです。慣れ親しんでいるいつもの環境に満足してしまうと、脳に新鮮な刺激を与えられないだけでなく、脳が退化の一途をたどるようになります。

イルチブレインヨガで、簡単な体操によって脳に様々な刺激を与えることができるエクササイズです。たとえ日常生活に大きな変化がなくても、イルチブレインヨガのトレーニングをすることで、脳は新しい体験ができます。よりクリエイティブな脳になるはずです。

  • イルチブレインヨガの脳トレーニング・エクササイズは、集中力や学習能力、直観力、創意力といった能力が高くなるとされますが、それがトレーニングの最終的な到達点ではありません。

  • 私たちの脳は本来の姿を取り戻すと、慣習や固定観念を断ち切ることができます。すると、その脳の持ち主である「私」は、自らの体や心の「主」になることができます。主となった私は、脳の本当の声を聞くことができるようになります。


    脳の本当の声とは、一言で言えば、社会や他の人のために貢献したいという願いです。人間の脳は、個人的な利益の追求の次元を超えて、世の中のために働きたいという本能を持っており、脳トレーニングによってその原点に立ち返ることができるのです。


    こうした目的に到達にするため、イルチブレインヨガでは「脳呼吸の5段階」というステップを踏みます。5段階のプロセスでは、脳を構成する「大脳皮質」「大脳辺縁系」「脳幹」をそれぞれコントロールしていきます。


    まず、大脳皮質を調整することで、「考え」を支配します。さらに、「大脳辺縁系」を活用して、感情をコントロールできるようになります。最後のステップが脳幹の活用です。脳幹は生命活動をつかさどる場所で、呼吸や拍動などを担当しており、これをコントロールすることで、自然治癒力を高めることができます。さらに、創造力を飛躍的に伸ばすことができます。


    これを体験すれば、悟りとは神秘に満ちた夢物語や特別な超能力ではないということがわかるようになります。


    イルチブレインヨガ東大阪スタジオ TEL:06-6730-3580

    人間関係でお悩みの方は多いと思いますが、イルチブレインヨガでは、かんたんな体操や呼吸、瞑想によってまずは<自分>をチェンジ!それによって周囲との関係をよりポジティブなものへと導いていきます。

    ■■ イルチブレインヨガの体験談 ■��
    「人に優しくできるようになった」
    50代 女性

    人間関係がよくなって、不思議な感じ。気がつけば自分が変わっていたようで、周りからのアプローチに変化がありました。

    ココロに余裕ができて、周りの物事に振り回されない自分がいるし、人に優しくできるようになったことがうれしいです。

    ☆ ☆ ☆

    <人間関係の改善に、イルチブレインヨガ>
    この4月からスタートした慣れない環境で、心と体が疲れていませんか?

    職場環境が変わると、さまざまなストレスを感じやすくなります。中でも、職場のストレスの原因になりやすいのが、人間関係。これだけいろんな人がいる世の中ですから、合う人合わない人がいるのは当然で、ある意味、人間関係のストレスは避けられないものかも知れません。

    とはいっても、会社で働いている以上、毎日顔をあわせなきゃいけないのだから、人間関係をできるだけスムーズにしたいですよね。イルチブレインヨガのトレーニングには、自分の思考や考え方をしなやかにして、柔軟性を高めることで、摩擦を生まずに人間関係を良好にするためのヒントが隠されています。

    イルチブレインヨガの脳トレーニングで、調和のとれた広いココロをゲットし、ぎすぎすした環境でも笑顔を絶やさない私へ――。ぜひ一度、お試し下さい!

    イルチブレインヨガ東大阪スタジオ

    TEL:06-6730-3580

    イルチブレインヨガ体験者の声 ヨガの体験レポート。


    イルチブレインヨガ体験者の方から届いたヨガの効果と口コミ。


    ■■ イルチブレインヨガの体験談 ■�� 「人に優しくできるようになった」 50代 女性 人間関係がよくなって、不思議な感じ。気がつけば自分が変わっていたようで、周りからのアプローチに変化がありました。 ココロに余裕ができて、周りの物事に振り回されない自分がいるし、人に優しくできるようになったことがうれしいです。

    ☆ ☆ ☆

    <人間関係の改善に、イルチブレインヨガ>

    この4月からスタートした慣れない環境で、心と体が疲れていませんか? 職場環境が変わると、さまざまなストレスを感じやすくなります。中でも、職場のストレスの原因になりやすいのが、人間関係。これだけいろんな人がいる世の中ですから、合う人合わない人がいるのは当然で、ある意味、人間関係のストレスは避けられないものかも知れません。 とはいっても、会社で働いている以上、毎日顔をあわせなきゃいけないのだから、人間関係をできるだけスムーズにしたいですよね。イルチブレインヨガのトレーニングには、自分の思考や考え方をしなやかにして、柔軟性を高めることで、摩擦を生まずに人間関係を良好にするためのヒントが隠されています。 イルチブレインヨガの脳トレーニングで、調和のとれた広いココロをゲットし、ぎすぎすした環境でも笑顔を絶やさない私へ――。ぜひ一度、お試し下さい!