さとりの微笑み ゼロセラピー シンプルな幸せ | 伊東充隆医師「非二元・和サンガ・青空禅フォーラム」広島主催

「シンプルな幸せ」は、誰にでもいつでも、開かれています。
それを実感するには、複雑になった自分を見きり、ゆだねることです。「今までと全く違った視点から」そのプロセスを歩んで行くことを、「ゼロセラピー」はサポートします。




■メールマガジン講座■


■さとりの微笑み ゼロセラピー:坂本範子■


■招致:伊東充隆医師「非二元のくつろぎ」■


NEW !
テーマ:
●【全文一覧】スターピープルvol.55|伊東充隆医師インタビュー

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。坂本範子です。



昨年2015年5月、「スターピープルvol55|これからの潮流ノンデュアリティ」にて

伊東充隆医師の記事が掲載されました。

以前、当ブログで、3分割にして全文をご紹介させていただきましたが

より分かりやすく観て頂くために、一覧を作成しました。



「私感覚」軸から、「気づき」軸への転換が非二元への扉■



多くの人は「私」を主軸にしたまま悟りや永遠性を求めるが、

それが迷いの始まりだとするのは、医師の伊東充隆さん。

非二元をどう認識すればいいのか、また、

非二元は引き寄せの法則にみられるような理論とは

何が違うのか等を伺った。



(3-1) 気づいているのは「私」ではない



記者: 覚醒や悟りをどうとらえていますか?


伊東: 覚醒とは、夢から覚めることだ といいますよね。

夜、夢を見ていると、夢の中にも登場人物の「私」がいて、

他者もいて、その場の環境があります。

夢の中ではそれをリアルだと思っている。

その夢が朝になって覚めるとき、どうやって覚めるかというと、

丸ごと覚めますよね。



記者: 夢の一部だけが覚めるわけではない。

伊東: そう。夢のなかで、自分だけが夢から覚めるとか、

誰かだけが突然、「お、悟ったぞ」と覚醒することはない。

夢の登場人物が悟ったとしたら、それはまだ夢の中です。

夢から覚めるときは、完全に丸ごと覚めるんですから、誰かが悟っていて、

ほかの誰かは迷っているというのはまだ夢の中だということです。

悟りもなければ迷いもないのが、非二元の本質だと思います。



記者: これが夢だと分かっている意識は何なのでしょうか。

伊東: この手の教えの中で、よく気づき(アウェアネス)の大切さを言いますよね。

多くの方々が錯覚しているなと感じるのは、

「私」が気づいていると思っている人が多いんです。

「私、すごいことに気づいちゃった!」というふうに。



意識は、「私がこのコーヒーカップに気づいている」

「私がこの思考に気づいている」というように

「私」を軸に働いていると錯覚しているのです。



だから、多くの人が無意識の内に主体の軸を「私」に置いたまま

真我を探したり、覚醒したいと思ってしまうので、

迷って葛藤し続ける運命になってしまうわけです。


記者: では、どうしたらいいのでしょうか。

伊東: 非二元とは、どこにも主体と客体はないということ。

それは普遍的なものであり、変化せず、

始まりもなく終わりもない、時空さえもないものです。



では、いまこの瞬間に普遍であるもの、

変わりのないものを見つけるとしたら、

何が本当に普遍なのでしょうか?

「私」と言いたいところですが、違います。



「私」は常に何かしらの対象と同時発生して変化し続けています。

普遍なのは、実は「気づき」そのものの方です。

そして、それがただ「在る」のです。



「私」という軸から、角度をぐるっと変えて、普遍である気づき軸に変わると

なんの対象の持っていない気づきの状態だけがあります。

その気づきが、非二元のレベルから二元の夢に落ちてきた時、

主体と客体に分かれて見えます。


その時、主体の側につけられた名前、および感覚が「私」です。

主体は「私」、客体があらゆるものですね。

主体と客体に分かれるとき、同時に分かれます。



つまり、プラスとマイナスといいう言葉を使うなら、

プラスが先に現れてマイナスがあとに続くとか、

マイナスが現れてプラスが続くというのではなく、

分かれた瞬間、それは同時存在だという明らかな事実が見えます。



主体と思い込んでいる「私」と、

客体と思い込んでいるあらゆる対象物は、同時に存在させられているんです。

毎瞬、生まれては消えているわけですよ。



そういう意味で、「私」とは主体と錯覚した側に与えられたネーミングであり、

ある種の「私感覚」ともいえるものです。



では、どうしたらいいかというと、

まずは「私」を基盤にして非二元を探求することをやめることです。

実は、これがとても「私」にとっては難しく、おおきなパラドックスなんですね。



「私」が私の本質に興味を持って探究が始まりますが、

それなりに思考との距離ができて気づきのスペースが広がって来れば、

もともとない「私」が存在すると錯覚して悟りを求めても、

「私が悟ることはできない!」ということが明白になって、

笑えてくるかもしれませんね。

(3-2) 一瞬に永遠をみる「無心のひと呼吸」


記者: 伊東さんはいつも、そういった気づきの立場にいるのでしょうか。

伊東: 軸を「私」に置くと、時間が発生し、分離が発生し、個人になります。

そうではなく、どんな時でも気づいているのは事実であり、

対象ではなく、その気づいていることに気づく。

対象はいつでも変わるけれど、

気づいていることは変わったことはないということを観て行きます。



気づき軸で日常を送っていると、静かなんですよ。

その中では、「私」という主体がありません。

私感覚は与えられますけど、

それは主体と客体との同時発生の中で実態がないので、

全てがただ起きているだけだと分かります。



最近、僕がみんなに伝えているのは「無心のひと呼吸」を練習しましょうということです。



何かをしているとき、はなしているときでも、つかの間、

ほんのひと呼吸でもいいから、なるべく無心の呼吸をするわけです。



はいている息とすっている息を意識して、

さらに呼吸の間に意識を合わせると、

思考がなくなり、無心になります。



人は無意識に思考をして、無意識に行為して、というリズムを繰り返しています。

非二元には時間はなく、一瞬が永遠だということがわかってくると、

ひと呼吸で事足りるようになります。



(3-3) 非二元によって願いが叶うわけではない


伊東: 僕が伝えたいことがもう一つあります。


非二元や真我探究が流行ってきているのですが、

悟りを目標達成の手段にしている人が多い気がして、危惧しているんです。



つまり、悟ることによって、より幸せになれるとか、健康になれるとか、

パーフェクトな豊かさや人間関係を引き寄せられると考えてしまう。

特に日本でその傾向が強いと思いますが、それは違います。



非二元に到達することを手段にして、二元の中での幸せ、豊かさ、健康を

得ようとするのは本末転倒だということです。



幸せを引き寄せたり、自己実現をしたい人がそれを求めても構いませんし、

そういった模索をする時期というのはあります。

そこから非二元に移行するとき、混乱が起きやすいんですね。



たとえば二元の中で、自分が青い光だとして、

青い光が不満足で、赤い光になりたいとしましょう。

青い光の上に色を塗り重ねても赤い光にはなれませんから、

一度、透明にならざるを得ない。

本当の意味でこの無色透明性(非二元性)に触れると、

赤になりたいという願望自体が消え去ります。

青にも赤にも、もうなりたいとは思わないでしょう。

これが非二元のパラドックスです。



■アマゾンでの「スターピープルvol.55」ご注文は、こちらから。






さて、2016年5月31日発売の「スターピープル59」でも

大和田菜穂さん×伊東充隆医師の対談が掲載されました。

テーマは「みんなに知ってほしいノンデュアリティからみた不生不死」。


ノンデュアリティにご興味のある方なら

必見!のテーマです。

スタピ55と合わせて、是非

お手元にお持ちになり、ゆっくりとお読みになってみて下さい。





スターピープル59 は、6/11開催の青空禅フォーラムでも、ご用意しています。

是非、お求めくださいね。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。

坂本範子


■メールマガジン講座■

■さとりの微笑み ゼロセラピー:坂本範子■

■招致:伊東充隆医師「非二元のくつろぎ」■
◆ 「一期一会の会」~オープンカウンセリング
◆ 「非二元のくつろぎ」青空禅フォーラム
◆  【7/1~7/3開催】非二元|伊東充隆医師のリトリート@広島
   「タイムレス~時間のない世界へ」
 【8/21開始】「和サンガ広島4期」
  非二元へのシフトのための1年コース


【メディア情報】
 【雑誌掲載】5月31日発売スターピープルvol.59
 伊東充隆医師×大和田菜穂さん
「みんなに知ってほしいノンデュアリティからみた不生不死」

◆ 【雑誌掲載】スターピープルVol.55
◆ 【ラジオ出演】2016年1月「東和空のスマイル会議」
◆ 【ラジオ出演】2016年2月「東和空のスマイル会議」
【YouTube】
◆ 【動画集】非二元講座@広島|動画集

いいね!(7)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
● 【速報】 スターピープルvol.59 いよいよお目見えです

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。坂本範子です。





まってました~



伊東充隆医師×大和田菜穂さん

「みんなに知ってほしい

ノンデュアリティからみた不生不死」

-生老病死・輪廻を越えるということの真実-





やってきました!一足先にざっくり読ませていただきました。

お二人のインタビュー以外にも

「不生不死」にまつわる様々な切り口の記事があって

とても読み応えがありました。



不生不死。

ノンデュアリティにご興味のある方なら

必見!の記事だと想います。



是非お手元に一冊お持ちになって、

じっくり読んでみて下さいね~☆




スターピープル59 は、6/11開催の青空禅フォーラムでも、ご用意しています。

是非、お求めくださいね。



最後までお読みくださり、ありがとうございました。

坂本範子


■メールマガジン講座■

■さとりの微笑み ゼロセラピー:坂本範子■

■招致:伊東充隆医師「非二元のくつろぎ」■
◆ 「一期一会の会」~オープンカウンセリング
◆ 「非二元のくつろぎ」青空禅フォーラム
◆  【7/1~7/3開催】非二元|伊東充隆医師のリトリート@広島
   「タイムレス~時間のない世界へ」
 【8/21開始】「和サンガ広島4期」
  非二元へのシフトのための1年コース


【メディア情報】
 【雑誌掲載】5月31日発売スターピープルvol.59
 伊東充隆医師×大和田菜穂さん
「みんなに知ってほしいノンデュアリティからみた不生不死」

◆ 【雑誌掲載】スターピープルVol.55
◆ 【ラジオ出演】2016年1月「東和空のスマイル会議」
◆ 【ラジオ出演】2016年2月「東和空のスマイル会議」
【YouTube】
◆ 【動画集】非二元講座@広島|動画集

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【7/1~7/3開催】非二元|伊東充隆医師リトリート@広島「タイムレス~時間のない世界へ」


ブログにおこしくださり、ありがとうございます。坂本範子です。

お待たせしました! ご案内が整いました☆

■絶好のリトリート環境☆こちらの予告記事も、ご覧ください☆



毎年数回開催させていただいています、伊東充隆医師のリトリート。

昨年の宮島に引き続き

今年は、広島の空の玄関 広島空港から徒歩10分の

フォレストヒルズガーデンにて開催させていただくことになりました。



伊東医師のリトリートには、こんな方がご参加くださっています。

☑ 非二元・悟り・真我に興味のある方

☑ 生きづらい・生きるのが苦しい方

☑ 囚われから自由になりたい方

☑ 非日常の中で、自己の内面に深く触れたい方

☑ 「気づき」「主体」「客体」「吾唯足知」「無心」「量子学」などを理解するだけでなく、

  コツをつかみたい方

☑ 「場」のチカラのサポートを受け、深めていきたいかた

などなど・・・


去年からの非二元ブームで、そのメッセージに触れることによって

とてもシンプルになった方もいれば

余計迷ってしまったという方も、たくさんお見受けしました。



あっという間にそれが分かるケースも、もちろんありますし

究極の真実も、もちろん真実ですが

なかなかそのシンプルな真実にくつろぐことが難しい

と感じられている方も多いのではないかと思います。



それは、自我感覚が囚われや違和感や判断を常に生んでいるからです。

自我はとても狡猾です。

あたかも真実がわかったように、世界を作りだすこともできてしまいます。

でも、深いところで囚われを残したまま、その世界に住んでみたところで

それは本当に求めて居るものではありませんね。



伊東充隆医師のリトリートに参加すると、こんな感じが期待できます。

☑ 生きる事が楽になり、幸せ感が増す

☑ すでに今ここにある心地よさと、濃密な安心感に満たされる

☑ 思考のおしゃべりが減り、とても静かになり楽になる

☑ 「~すべき」「~ねばならない」などの深刻さから解放されて、とても楽に自由になる

☑ みんなと共に長時間過ごすことで、一気に開いて楽になる可能性がどんどん高まる

☑ 時間の感覚が外れて、深い幸せ感に包まれる

などなど・・・

表現はいろいろと違いますが、一様に

内面の重荷や囚われがとけさって、深いレベルから楽になる

という事を経て・・・

非二元への扉が、ぐっと開いていきます。


伊東医師はもともと、バリバリの左脳タイプだったそうです。

その長年の探求のプロセスの中で様々な紆余曲折を経ていることや、

外科医・心療内科医・セラピストを経て、全人的に人間を観てきた豊富な経験から

人それぞれに違う千差万別な「とらわれポイント」や「クセ」を観て

その人それぞれのコツをつかんでいくことをサポートして頂けるというのが

参加者としてはとてもうれしいポイントです。



今までのリトリートにご参加くださった方のご感想を、

ご本人のご了承の下、掲載させていただきます。

■ Nさま (広島市在住 女性)

2泊3日のリトリートは、とても豊かな場だったと感じています。

参加の皆さんからいろんなものをいただいたと感じています。

とくにバディ(ペア)の○○さんからは、自分に通じる気づきをたくさんいただきました。

「見えるものはわたし」を二日目で教えて頂きましたが、

自分の中にある「みえるものは私、それしかない」という感覚を

信頼してみることにしてすごしていたら、

そんな風に感じることがどんどん増え

すごくおかしくなって笑いがこみあげてしまいました。

信頼することはとてもパワフルなことだと、改めて感じました。

最後に先生に言っていただいた

「一人神聖さの中で瞑想するよりも世間の中で瞑想する」こと。

本で読んだときはぴんと来なかったけれど、今日はとてもピンときました。

バランスを大切にして、これもまた覚悟をもって見つめてみたいと思います。

ありがとうございました。


■ Aさま (広島市在住 女性)

2泊3日のリトリートのゆとりの時間をありがとうございました。

家に帰って5分も経たないうちに、

姉から「母がコロンだから、すぐに病院へ」という知らせで始まりました。

味わうゆとりもなく大腿骨骨折、それに持病の脳梗塞・肺がん・認知症と

いろいろあるため検査三昧。

そんな中で昨夜主人と話していると、主人のぶっきらぼうな話口調に

「ムッ」となる自分がいました。

沈黙の時が過ぎ、「私は今、ムッとなった。それをみている。わたしは。」

と自分に問いかけると「ムッ」とした感情がなくなり、

なんと平穏なのだろう、このゆとり感。

今までだったら言い返していたよなあ、と思いつつ、

このリトリートが素晴らしかったことを味わっています。


■ Sさま (広島市在住 女性)

おはようございます。

今朝は雪がちらついています。

でも、洗濯物を干す時、日の出が拝めました。

自然に手を合わせ、「今日一日、皆さん、私、の幸せを願います」と、

心の中でつぶやいて、深呼吸を何回かしていると、

とてもすがすがしい気持ちになりました。

リトリートを終え、決算に追われ、あっという間の日々でしたが、すべて終わった今、

この集中はすごかったな~って、今になって思います。

全てが映像の中で起こっていることなのだと、チカラを抜き、

目の前の仕事に集中できたと想います。

リトリートの中のことですが、今まで何度も先生から聞いていたことを、今回、

すごく腑に落ちた気がしました。

これほど「実践です」といわれていたことを、

頭の中で理解しようとしていた自分がいたように思います。

やっぱり日々「実践あるのみ」と、ここにたどり着きました。

先生、皆さん、ありがとう!


■ Kさま (広島市在住 女性)


リトリートから1週間。 

なんだかウキウキしてて、まるで明日遠足に行く小学生のような。


変なの!どうなったのかなって想っていました。


さっきのんちゃんのメールを見て分かりました。

今回のリトリートで感じた青空パワー(和サンガの場)の

エネルギーのおかげだったのですね。

感謝です。



今湧いてきていることはすべて夢。

その感覚がまた一歩深くなった、リトリートでした。




全国各地で講演やリトリートを開催されてきた、伊東充隆医師。

広島にご縁をいただき、はや8年を迎えようとしていますが

とても特徴的なのは

「場のチカラ」を提唱されていることです。

誰か一人のカリスマ的存在によっての恩寵ではなく

場による目覚め、です。



「場のチカラ」ってなんだろう?と思われた方も多いかと思います。

非二元は、簡単に言うと

「個人」はなく、全体しかない ということに開いていく

ということですが

最初から、そこにかかわる全員が「場」を意識しながら在ることによって

場が成熟し、目覚めへのエネルギーをためて行くので

個人差を場のエネルギーが凌駕していきます。

また、場を意識することで、最初から「個」の感覚が自ずと薄まります。



ですから、ひとりで非二元へのプロセスに向かうよりも

「場」としての方がアドバンテージが高い、ということが言えます。



とくに広島の場は8年近く育ててきたので

その感覚を、ダイレクトにビシビシ感じて頂けるのではないかな~と感じています。



それでは、募集要項です。

【7/1~7/3】 伊東充隆医師の非二元リトリート@広島

「タイムレス~時間のない世界へ」


以下、伊東医師のメッセージです。



『 2025年問題というのを知っていますか?

このとき、皆さんは何歳になっていますか?


団塊の世代が75歳以上になることによって起こってくる諸問題です。

日本は歴史上かつてない超・超高齢化社会に突入します。

調べてみればわかりますが、

救いのないネガティブな予想のオンパレードです。



おそらく、今までの因果に縛られた思考方法や枠組みの中で、

どんなに頭をひねっても、明るい未来はやって来ません。

人々の不安や怖れ、絶望のエネルギーが、この現れを加速するでしょう。



しかし、私は全くもって楽観的です。

時間が本当に実在するならば、とても楽観的にはなれないでしょう。



最大の朗報は、時間は存在しない、空間さえも!

思考に実体なし!と、ただ見て行くことによって

タイムレス(時間のない)世界があらわになっていくでしょう。 』



■講師: 伊東充隆 医師



東邦大学医学部卒業。

東京女子医科大学総合腎臓病センター外科、浜松医科大学第二内科(心身医学)研究生を経て、代替療法研究のため、渡印。

帰国後、新世代医療研究所を開設し、統合医療を展開。

2005年より、i Medic & Art を開設し、意識の変容をテーマに多方面で教育・講演活動をしている。



【募集要項】



■日時

2016年 7月1日(金) 14:00~  7月3日(日) 16:00まで



■場所

フォレストヒルズガーデン

広島県三原市本郷町上北方 1361

0848-60-8211

広島空港より徒歩10分程度



■参加費

【2泊3日】 7/1(金)14:00~7/3(日)16:00 

6食付き 86000円

【1泊2日】 7/1(金)14:00~7/2(土)19:00

3食付き 56000円

【1泊2日】 7/2(土)10:00~7/3(日)16:00

4食付き 58000円


■お申し込み

こちらのメールフォームからのお申し込みがお勧めです。



 お問合せ・ご予約フォーム
◆ 連絡先 090-2803-3969
全国で講演されている伊東先生ですが、

一般募集のあるリトリートは、

全国的にも年に数えるほどしかない、貴重な機会です。

アットホームな人数での開催になりますので

広島での、このチャンスをお見逃しなく☆



また、リトリートでは、わたしもシスタントとして

みなさんの実践のサポートに入ります。

いつもブログを見てくださっている皆さんと

ご一緒できるのを楽しみにしています☆



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子


■メールマガジン講座■

■さとりの微笑み ゼロセラピー:坂本範子■

■招致:伊東充隆医師「非二元のくつろぎ」■
◆ 「一期一会の会」~オープンカウンセリング
◆ 「非二元のくつろぎ」青空禅フォーラム
◆  【7/1~7/3開催】非二元|伊東充隆医師のリトリート@広島
   「タイムレス~時間のない世界へ」
 【8/21開始】「和サンガ広島4期」
  非二元へのシフトのための1年コース


【メディア情報】
 【雑誌掲載】5月31日発売スターピープルvol.59
 伊東充隆医師×大和田菜穂さん
「みんなに知ってほしいノンデュアリティからみた不生不死」

◆ 【雑誌掲載】スターピープルVol.55
◆ 【ラジオ出演】2016年1月「東和空のスマイル会議」
◆ 【ラジオ出演】2016年2月「東和空のスマイル会議」
【YouTube】
◆ 【動画集】非二元講座@広島|動画集

いいね!(47)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 【動画集】 伊東充隆医師 の 非二元講座 @広島

ブログにお越し下さり、ありがとうございます。坂本範子です。




伊東充隆医師の広島講座の主催をさせていただくことになったのは、2014年の夏ごろ・・・。

そのころから、講座の記録を毎回 撮影してきました。

当時はパソコン教室に通い、動画や音声も編集できるようになりました。



単に「できる」ところから、「伝える」事に想いを馳せて、作るようになりました。

いまや、ちょっとした趣味(笑)。



そんなこんなで、伊東先生の広島での非二元講座での記録の中から

エッセンスを抜粋して、ちょっとずつ動画を作成しています。

今回はその「動画集」を作成してみました。

(PCでご覧になられている方は、サイドバーにも同様の物を貼りつけています)



いづれも3分前後の短い動画です。

よかったら是非、ご覧になってみて下さいね。




最後までお読みくださり、ありがとうございました。

坂本範子


■メールマガジン講座■

■さとりの微笑み ゼロセラピー:坂本範子■

■招致:伊東充隆医師「非二元のくつろぎ」■
◆ 「一期一会の会」~オープンカウンセリング
◆ 「非二元のくつろぎ」青空禅フォーラム
◆  【7/1~7/3開催】非二元|伊東充隆医師のリトリート@広島
   「タイムレス~時間のない世界へ」
 【8/21開始】「和サンガ広島4期」
  非二元へのシフトのための1年コース


【メディア情報】
 【雑誌掲載】5月31日発売スターピープルvol.59
 伊東充隆医師×大和田菜穂さん
「みんなに知ってほしいノンデュアリティからみた不生不死」

◆ 【雑誌掲載】スターピープルVol.55
◆ 【ラジオ出演】2016年1月「東和空のスマイル会議」
◆ 【ラジオ出演】2016年2月「東和空のスマイル会議」
【YouTube】
◆ 【動画集】非二元講座@広島|動画集

いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ヒロシマと ノンデュアリティと 和サンガ広島4期

ブログにお越しくださり、ありがとうございます。坂本範子です。

今日は、先日のメールマガジン記事に加筆して、こちらに掲載せていただきたいと想います。



インドの哲学書には、こう書かれています。

「人間の苦しみのなかで、最大の苦しみは、自分が何なのかを知らないということだ」。

般若心経では「色即是空、空即是色」「五蘊皆空」が説かれます。

人間存在の本質については「実存主義」としても語られてきました。



人間が人間である限り、意識するしないに関わらず根底に横たわる

「私とは何なのか?」という、不変の問い。



「和サンガ」の講座は、それに正面から丁寧に、仲間と共に向き合っていきます。

この講座は、8年前に広島からスタートし、

現在では、東京・大阪でも開講されている人気の継続講座です。



ノンデュアリティ(非二元・悟り)を知ることで得られる個人的なメリットはない

と、よく言われますが

和サンガで学ぶと、自我の囚われにも丁寧に向き合うことで、

個人的に楽に生きることをも、圧倒的にサポートしてくれると感じます。

それは、いままで講座に参加下さった方、メンバーが一様にして感じていることです。



ただ、それは、青空意識(真我)を見つめる上での副産物です。

主眼としてあるのは

「なにもない」青空意識(真我)に

溶け去っていくことです。



それらのことが同時に成り立っていくのは、

外科医・心療内科医・セラピスト・神道・密教行者などの経験もある、

講師の伊東充隆医師の

紆余曲折だったと語られる経験から生まれた工夫=「コツ」の数々と、

全員で「(意識)場」を育てるという、共通の想いが在るから。

「個からの目覚め」と「場の目覚め」の共存です。



和サンガは、たったひとりでその道を歩むよりは、

いろんな意味で、ずっと楽に丁寧に歩める仕組みになっています。



今現在も、将来的にも、不安な要素が沢山みられる現れの世界の中

人は何かしら、救いを求めているように思います。

和サンガはそんな方に、いろんな面で、一筋の道を照らして行きます。



本日は、アメリカのオバマ大統領が広島に来られ

原爆ドームや原爆記念館を訪れる日。

歴史的一日です。

普段の、平和への祈りに相まって、

本当の「平和」とは何だとうという事に

みんなが想いを馳せているかもしれません。




そんな平和都市広島の場のポテンシャルも相まって

4期1年コースも、深い静寂と平安の場になるでしょう。



次回の募集は来年になります。







最後までお読みくださり、ありがとうございました。

坂本範子


■メールマガジン講座■

■さとりの微笑み ゼロセラピー:坂本範子■

■招致:伊東充隆医師「非二元のくつろぎ」■
◆ 「一期一会の会」~オープンカウンセリング
◆ 「非二元のくつろぎ」青空禅フォーラム
◆  【7/1~7/3開催】非二元|伊東充隆医師のリトリート@広島
   「タイムレス~時間のない世界へ」
 【8/21開始】「和サンガ広島4期」
  非二元へのシフトのための1年コース


【メディア情報】
 【雑誌掲載】5月31日発売スターピープルvol.59
 伊東充隆医師×大和田菜穂さん
「みんなに知ってほしいノンデュアリティからみた不生不死」

◆ 【雑誌掲載】スターピープルVol.55
◆ 【ラジオ出演】2016年1月「東和空のスマイル会議」
◆ 【ラジオ出演】2016年2月「東和空のスマイル会議」
【YouTube】
◆ 【動画集】非二元講座@広島|動画集

いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)