さとりのほほえみ庵 シンプルな幸せ | 伊東充隆医師「非二元・和サンガ・青空禅フォーラム」広島主催

「シンプルな幸せ」は、誰にでもいつでも、開かれています。
それを実感するには、複雑になった自分を見きり、ゆだねることです。「今までと全く違った視点から」そのプロセスを歩んで行くことを、「さとりのほほえみ庵」はサポートします。

NEW !
テーマ:
●無欲と智慧にはどんな関係があるのでしょうか?

ブログにおこしくださり、ありがとうございます。坂本範子です。



26  無欲と智慧にはどんな関係があるのでしょうか?



無欲が智慧である。

二つは別のものではない。

それは同じである。

無欲とは、心がいかなる対象物に向かう事も差し控えることである。

智恵とは、なんの対象も現れないことを意味している。

言い換えれば、

真我以外のなにものも求めないことが無執着あるいは無欲であり、

真我をけっしてはなれないことが智慧である。



『あるがままに ラマナ・マハルシの教え』

デーヴィッド・ゴッドマン

福間 巖 訳

ナチュラルスピリット 出版



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子

■メールマガジン講座■

■さとりのほほえみ庵|坂本範子■

■招致:非二元|伊東充隆医師「青空と雲のアート」■

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
●「今日も素晴らしいお話でした。  また参加します。」

ブログにおこしくださり、ありがとうございます。坂本範子です。


8月20日に、青空禅フォーラム「不生不死~だれが死ぬのか?」を開催させていただきました。

全国4か所で開催されてきた「不生不死~だれが死ぬのか?」。

5月末に発売された「スターピープル」で取り上げられていたテーマでもありました。



伊東先生の講座はいつも、ご参加の方の雰囲気によってライブで内容が変わるので

全国4か所での講座を全部並べたら

すべて、全然違うんだろうな~と思いながら聞いた講義になりました。



ご参加のかたからご感想を頂いたので、ご了承の下

掲載させていただきます。



■ Kさま (広島市在住 男性)


伊東先生のお話は、本質的です。

ポイントがおさえられ、端的であるが故に、実践的です。

今日も素晴らしいお話でした。

また参加します。



ありがとうございます。



今回は「不生不死~だれが死ぬのか?」がテーマでしたが

それを実践する事柄、ということもありながら

どうやって実践に本当に移していくのか?そのためには?という

お話になっていきました。



知識は得た。でも実践が難しいのはなぜか?

それは・・・という部分に丁寧に触れていき

実践を本当に実行するためのコツを皆さんが得られたように

お見受けしました。



次回青空禅フォーラムは9月17日に、開催です。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子

■メールマガジン講座■

■さとりのほほえみ庵|坂本範子■

■招致:非二元|伊東充隆医師「青空と雲のアート」■

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●洞察力とは何でしょうか?

ブログにおこしくださり、ありがとうございます。坂本範子です。



25  洞察力(ジナーニャ-ドリシュティ)とは何でしょうか?



静寂にあることが洞察力と呼ばれている。

静寂に在るということは、真我の中に心を帰り着かせることである。

過去、現在、未来の出来事を知るテレパシーや千里眼は洞察力ではない。






『あるがままに ラマナ・マハルシの教え』

デーヴィッド・ゴッドマン

福間 巖 訳

ナチュラルスピリット 出版



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子

■メールマガジン講座■

■さとりのほほえみ庵|坂本範子■

■招致:非二元|伊東充隆医師「青空と雲のアート」■

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
●「やっているうちに 分かるかもしれないので  やってみて、続けてみようと思います。」

ブログにおこしくださり、ありがとうございます。坂本範子です。


8月20日に、青空禅フォーラム「不生不死~だれが死ぬのか?」を開催させていただきました。

全国4か所で開催されてきた「不生不死~だれが死ぬのか?」。

5月末に発売された「スターピープル」で取り上げられていたテーマでもありました。



伊東先生の講座はいつも、ご参加の方の雰囲気によってライブで内容が変わるので

全国4か所での講座を全部並べたら

すべて、全然違うんだろうな~と思いながら聞いた講義になりました。



ご参加のかたからご感想を頂いたので、ご了承の下

掲載させていただきます。



■ Yさま (広島市在住 女性)



やっと時間がとれたので参加しました。

エネルギーの無駄遣いについては実践してみましたが

思考の前というのは、イメージできませんが

やっているうちに 分かるかもしれないので

やってみて、続けてみようと思います。




ありがとうございます。


「思考の前」というのは、スターピープル「不生不死」においても

出てきたことばです。

お持ちの方は是非よんでみて、それが何なのか?を

見つけてみてください。




次回青空禅フォーラムは9月17日に、開催です。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子

■メールマガジン講座■

■さとりのほほえみ庵|坂本範子■

■招致:非二元|伊東充隆医師「青空と雲のアート」■

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●幸福とは何でしょうか?

ブログにおこしくださり、ありがとうございます。坂本範子です。


24  幸福とは何でしょうか?



幸福とは真我の本性そのものである。

幸福と真我は別のものではない。

世界のいかなるものごとのなかにも幸福はない。

われわれは無知ゆえに、ものごとから幸福を得るものだと思っている。

心が外へでていくと、不幸を体験する。

心の願いがみたされたとき、実は、心は自己本来の場所に戻っており、

真我である幸福を楽しむのである。

同じように、眠りの状態、サマーディ、失神状態、あるいは、

得たいと於¥願っていたものが得られたり、

嫌っていたものが消え去ったりしたときには、

心は内面に向かい、純粋な真我-幸福を楽しむのである。

このように心は休むことなく動き回り、

真我からさ迷い出ては、また戻ってくるということを繰り返している。

木陰は気持ちいいが、外では太陽が焼けつくようだ。

灼熱の太陽の中を歩いてきた人が木陰にたどり着けば涼しいと感じる。

木陰からわざわざ出て猛暑の中を行き、

それからまた木陰にもどってくるのは愚かなことである。

賢い人はずっと木陰にとどまっているだろう。

同じように、真理を知る人の心は、ブラフマンを離れることはできない。

その反対に、無知な人の心は、悲惨を味わいながら世界をさ迷い歩き、

つかの間の幸福を味わうためにブラフマンに戻ってくる。

実際には、世界と呼ばれているものはただの想念にすぎない。

世界が消え去ったとき、

つまり想念が存在しないとき、

心は幸福を体験する。

世界が現れると、不幸を味わうのである。





『あるがままに ラマナ・マハルシの教え』

デーヴィッド・ゴッドマン

福間 巖 訳

ナチュラルスピリット 出版



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子

■メールマガジン講座■

■さとりのほほえみ庵|坂本範子■

■招致:非二元|伊東充隆医師「青空と雲のアート」■

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)