さとりのほほえみ庵 シンプルな幸せ | 伊東充隆医師「非二元・和サンガ・青空禅フォーラム」広島主催

「シンプルな幸せ」は、誰にでもいつでも、開かれています。
それを実感するには、複雑になった自分を見きり、ゆだねることです。「今までと全く違った視点から」そのプロセスを歩んで行くことを、「さとりのほほえみ庵」はサポートします。

NEW !
テーマ:




今日は初めてのチャレンジ。。。無事終わって、ほっとしています😄 なんだったのかは、今しばし内緒(笑)

坂本範子さん(@norizi279)がシェアした投稿 -






昨日は初めてのチャレンジ。。。

無事終わって、ほっとしています。

なんだったのかは、今しばし内緒😁
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
●「4か月ベーシックコースも参加します。」|伊東医師の青空禅フォーラム

ブログにおこしくださり、ありがとうございます。坂本範子です。



何年も続けてきた「2時間」の青空禅フォーラムは、一旦ひと区切りの当会。


約半数が県外からお越しのかた、また、新規の方でした。

ありがとうございます。

ご参加のかたからご感想を頂きました。

ご了承の下、掲載させていただきます。



■ K さま (広島市在住 男性) 


今月の話もとても役に立った。

先生の話は、説得力だけでなく、場が落ち着く感じが心地いい。

4か月ベーシックコースも参加します。




ありがとうございます。

そして、4カ月ベーシックコースのご参加、ありがとうございます



伊東先生のお話は、左脳的理解と、右脳的感性、また、

それらを凌駕する、どちらでもないところ・何もなさ、

この3ポイントを、場の波に乗りながら、伝えて下さることも多く、

とってもとっても、バランスがよくて、わかりやすいんですよね^^



ただ最近、その波の質が、ちょっと変化してきたようにかんじるんです。

以前の講座の波は緩やかな波乗りでしたが

最近は、本質にふかく切り込んで行く講座内容へと変化してきたことの影響なのか、

波がぐうっとダイナミックになっています。

その分、講座内での波乗りもダイナミックになり、ゆさぶりも激しい感じがします(笑)



今回の質疑応答も、

最初は、左脳的に知的好奇心を満たす回答をしながら、

その後、どちらでもないところからの回答をされていたり。



また、別の質疑応答では、

最初は、波立っていた感情にゆとりをもたらす回答をしながら、

その後、どちらでもないところからの回答をされていたり。



このへんのバランスも、本当にお見事だなあと、毎回感じます。



そして、この質疑応答の全体像を、

伊東先生自身も目撃しながらお話されています。

要は、青空から出てきていることを、

その場にいる全員で目撃しているということなのですね^^

おもしろいでしょ^^



そんなとっても楽しい伊東先生の講座。

青空・非二元をぐっと段階的に深めたい、実感したい人のための講座、

「青空と雲のアート☆4カ月ベーシックコース」が、スタートします。

広島発、初開催の当講座。

次回開催は未定ですから、

いまのところ、待ったなしの講座となっております(笑)




是非、いま、歩み出してみて下さい。

あなたのご参加を、おまちしてま~す





最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●「めっちゃルンルンなんだけど!嬉しすぎるわ~~感謝♡」|深まる非二元☆青空と雲のシェア会


ブログにお越しくださり、ありがとうございます。坂本範子です。





4月24日に開催させていただいた、「深まる非二元☆青空と雲のお話会」。


ご感想をいただきましたので、ご了承の下、掲載させていただきます。



■ Tさま (広島市在住 女性)

 








ありがとうございます☆

ルンルンが伝わってきて、うれしな~



いろんな想いはただ湧いてきているにすぎないことが

腑に落ちた感じですねえ~イイカンジ~

そして、思考は疲れを生み、疲れは思考をさらに生み、

つかれのループに入っていくので、疲れないようにするっていうのは

とっても大事ですよね~イイカンジ~



「そのあとよ・・・何もないでしょが良かったわ~」

って、読むだけだとなんのことだかわからないと思うのですが(笑)

その真意はなにか・・・・是非確かめに来てくださいね☆






最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
難題はだれでも受け入れたくないし、対応したくもないですね。

でも、その中に、

それまでの多くの苦しみを作り上げてきた根っこがあったとしたら?

そして、それを突破することでしか、出口がないとしたら?

そして、逃げないことによって、その苦しみは幻だったのだと知り、

その背後に会ったリアリティが明らかになるのだとしたら?



難題は、ギフトでしかなくなるんです^^



ブログにお越しくださり、ありがとうございます。

坂本範子です。





シリーズ記事、アジャシャンティの『自由への道』。


その① 「これらを無視したり、読み流したり、軽くとらえたりしないでください」

その② 「自分の最高の志や最も重要なことはわかっていると決めつけないでください。」

その③ 「完全に正直になって、あなたがリアリティを実感するのを邪魔するあらゆる幻想を見つけ出して手放す意欲」

その④ 「悟った人にあやかって悟りそのものに向かう事はできません」


その⑤ 「絶えず自分から隠れようとしているならば、自己の幻想から決して目覚めることはできません」


今日は、いよいよ、その⑥へと。

ご紹介してきた五つの基盤の最後の一つ。

シリーズ最後の記事なります。

楽しんで読んで下さいね^^



■ 自分の人生の面倒をしっかりみる



自分の人生の面倒をしっかりみるとは、自分自身あるいは自分の人生のどのような側面でも、それらを避けるためにスピリチュアリティを利用しないという事です。


スピリチュアリティにかかわっている人たちが、自分自身や自分の人生における辛い面、厄介に思う面、うまくいかないところ、あるいは恐ろしい側面から目を背けるために、スピリチュアリティを無意識の内に利用することがよくあるのを今まで見てきました。


大抵は、リアリティに目覚めたらすべての課題は消えてなくなるだろうという望みを持っているのです。


目覚め始めると、自分が問題だと考えていたものの多くが簡単に消えていくことは事実ではあるものの、目覚めの体験によって自動的に人生の困難な側面のすべてが解消されるという思い込みは間違っています。




スピリチュアリティを自分自身や日常生活の困難な側面を避けるために利用するのは、スピリチュアルな悟りへと目覚めていくのを大きく妨げ、間違いなくその悟りが深まり安定するのを阻みます。


「真の自由への道」は、否定や批判、呪術思考をすることなく、完全に自分自身や自分の人生と向き合う方法です。


それが幻想のベールに穴をあけて真理へと目覚める手段です。




自分の人生の側面をしっかりみるということは、人生のあらゆる側面、内面的、外面的、心地よいことも不快なこともすべて快く受け入れることです。


必ずしもすべてと一気に向き合う必要はありません。


ただ、いかなる瞬間にもそこに現れてくるものに向き合えばよいのです。


瞬間瞬間に注意を払い、誠実でいて、その瞬間にふさわしい献身をするのです。


そうしなければ、あなたが創造する以上の代償を伴うことになります。




あなたの人生、そのすべてが、すなわちあなたが目覚めに向かう道です。


難題を拒絶したり、対応しなかったりするのは、リアリティに対して眠ったままでいることです。


人生はあなたに何を見せてくれようとしているのか、注意を向けてください。


人生の険しさ、非情さ、そして愛情あふれる恩寵を受け入れてください。





『自由への道 スピリチュアルな悟りへの実践ガイド』
アジャシャンティ著/坪田明美訳/ナチュラルスピリット社



本当は、緊張している部分や、やせ我慢している部分に

なんとなく気づいているのに

究極の教えを隠れ蓑にして

そこから逃げるということはよくあります。



それは、難題に入っていくと

とても痛くて辛いことを潜在的に知っており

それから逃げたいからです。



また、そのわなをもし見破ってしまったら

エゴの私に消滅の危機が訪れるからです。

エゴは必至で、アメを与えて、優越感に浸らせようとします。

または、ムチを与えて、

拒絶や嫌悪や怒りによって、そこに触れさせないようにします。

とても大きなワナが潜んでいるところです。



でも心配しないでください。



いままでお伝えしてきた4つの基盤の灯が

しっかりとハートに灯っていたら

最後の五つ目の項目は、無限への大きなチカラになります。



いままでの9年の学びの中で、師から、

「青空(真我)を、隠れ蓑にしないように」

ということばを、何度も何度も聞かされてきました。

隠れ蓑にしてしまっている、ということに

まだ全然気づきもしていないようなときにも、

あっさりと見抜かれた雰囲気の、何気ないコメント返しを頂き、

内側から静かに猛然と湧いてくる

にがーーーくて、

はずかしーーーーーい想いを

たーーーーくさんしてきました(笑)



幾度も幾度も、そんな想いを重ねてきたからこそ

隠れ蓑にしようとしているエゴのわずかな動きも

敏感に察知し、自然に実践に活かすようになりました。



いまでは、難題が目の前にやってくると

「ウェルカーーーム!」ってワクワクする変態と化しています。

ありがたい話です(笑)



ということで、

一人では本当に突破しづらい

難題に向かう事、その先のリアリティに向かう事を

師と仲間とともに取り組んでいく

「青空と雲のアート☆4か月ベーシック」コースでは

あなた自身がその道の歩みを進めて行かれるように進められていきますよ^^




全部で6回にわたるシリーズ、いかがでしたか。

どの項目もとても興味深く、大切なものでしたね。


これらすべての項目を、軽やかに真剣に、

リアリティとして感じれる場が

「青空と雲のアート☆4か月ベーシックコース」だと思っています。


このようなことを、こんなに、

一から教えてくれるクラスは、めったにないですよ~


一緒にまなび、実践し、リアリティにふれていきませんか。



あなたのご参加を、おまちしてま~す




最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●【レポ】「どうでもいい♡」|深まる非二元☆青空と雲のシェア会

ブログにお越しくださり、ありがとうございます。坂本範子です。


4月24日に、「深まる非二元☆青空と雲のシェア会」を開催しました。


限定のあまおう苺のデザートが月末で終了という事で、

思い残すことのないようにオーダー(笑)

おいしかった~♡




今回は久しぶりに、おひとりのご参加で、マンツーマンな会になりました。

この会のいいところの一つは、

人数がおひとりでも来てくだされば開催するところ。

主催者が一番たのしんでるのかも(笑)

お越しくださって、ありがとうございます。

時間はたっぷり! みっちり、お話を楽しみました。


今回は、日頃の何気ないしぐさによって引き起こされた内面の反応について

妙にアンテナが動いて、そこからワークに入っていきました。

今回は女性同士の会だったので、「女」にまつわる様々な信念とともに

固有の信念も見て行くワークへと発展していきました。



最初は、どうやっても、その信念に触れることが出来ず

信念の周辺領域をいったりきたりしていたのですが

どこかのタイミングで、ちゃんと真ん中にヒット。

小さいころから強固にある信念へとたどり着き、うるうるっと・・・。

その痛みのド真ん中から、何もなさへと

ぐんぐんと展開していきました。




先ほどまで、いろいろ考え、囚われていたこと。

展開していった先の「何もなさ」からみかえしてみると、

面白いことが起こっていることに気づくんです^^



今回ご参加の方にも

「その何もないところから見たら、さっきの〇〇はどう見える?」と伺いました。



すると、満面の笑みで・・・

「どうでもいい♡」


といわれていましたよ~(爆)

いや、本当に

「どうでもいいんよ~」って想っているエネルギーで発言されていたので(笑)

こちらもスコーンと気持ちよかったです~



みっちり話して、笑い飛ばして

楽しい時間でした~

だからシェア会はやめられない止まらない~




そんな楽しいシェア会。

次回は、5月1日(月)10:30~13:00で開催です。


ゴールデンウイーク前のひと時。

シェア会で、すっきり晴れ晴れしませんか~



最後までお読みくださり、ありがとうございました。
坂本範子


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)