狭心症

 

狭心症発作が起こるきっかけは、急いで歩いた階段を上がるとき、排便精神的興奮飲酒会議入浴喫煙など。起床直後朝の寒いときなどに起こりやすい傾向があります。
発作がないときには特別な症状はなく、心電図なども正常なことが多いものです。

 

症状は前胸部、とくに胸の中央からのどにかけて、あるいは左乳房の下方を中心に、左肩左腕左胸鳩尾背中など向かって痛み放散されるような、あるいは息が詰まるような鈍痛として感じられます。
それが数十秒ないし十数分続いてから、自然に症状が消えていきます。

 

狭心症の発作では、チクチクしたり脈打つものはまれで、どちらかといえば持続的な痛みです。

 

初めて発作が起こったら、まず最もラクな姿勢安静にしましょう。発作がおさまっても、数時間安静にして経過をみます。
たいていは数分以内で痛みはおさまりますが、そのまま放置しておくと心筋梗塞へと発展していきやすいので、必ず循環器の専門医精密検査を受ける必要があります。

 

 

 

 

 

 

自由が丘,奥沢の漢方薬 (世田谷区,目黒区,大田区)

冠心逐瘀丹,虔脩感應丸,能活精,霊黄参,フサヤグリンのお求めは、世田谷区奥沢,目黒区自由が丘,大田区田園調布の漢方薬,ふさや生薬漢方堂へ。漢方カウンセリングができる専門店、漢方療法推進会の会員店です。

www.fusaya-ryu.com/

AD