• 29 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 熊谷俊人氏(39)が3選 - 千葉市

      昨日、人口97万人の千葉市で市長選が行われ、熊谷俊人(としひと)氏(39)が3選を果たした♪ 政令指定都市では、全国最年少記録保持者であるとのこと。早大卒、奈良県天理市生まれ、兵庫県神戸市育ち。   熊谷俊人公式WEBサイト   このお方、初市長になられた翌新年、仕事始め式で市幹部約300人を前に『私事ではありますが、昨年末結婚しました。私生活でもけじめをつけることができました』と笑顔でできちゃった婚を語り、その後、訓示を垂れた、なかなかの人物らしく、8年間での実績は以下の通り(拠出:Wikipedia)。 市債残高が8年間で600億円以上削減、将来負担比率は306.4%から208.7%となり政令市ワースト1位を脱却 保育所の入所児童数を約5000人増加させ、2004年~2005年度には、首都圏政令市で初めての2年連続待機児童ゼロを達成 年平均2件程度だった企業誘致を大幅に増加させ、1万人以上の雇用と年12億円以上の税収を創出 可燃ごみ有料化などにより焼却ゴミ3分の1を達成し、大都市リサイクル率も6年連続でトップに   千葉県知事は、元俳優の森田健作氏(67)がやはり3選を果たす。土地柄なのだろうか、割とイケメンに票が入るようだw。       7月の都議選が終わると、いよいよ茨城県知事選である。こちらは、玄人選挙人好みの東大卒元官僚お二人の争い。    VS  橋本昌(71)          大井川和彦(53)   橋本昌県知事で思い出すのが、守谷選出の若い県議が、無所属で当選し、その後、地元からの根回しでか自民党に入党したにも拘わらず、ナニを気負ったのか初議会で、橋本県知事に向かって”売名行為”云々とやらかしてしまい、その後、みんなの党に転籍してはみたものの、そこから流転の人生を送る羽目になったトホホを市民は忘れられない。   自民党は元経済産業省職員、大井川和彦氏を擁立するが、地元各団体からの要請を受けましたのでと謙遜どころかやる気満々の橋本昌氏は、現役知事では石川県の谷本正憲知事(71)=6期=と並ぶ全国最多選で、7選となれば単独で最多となる。グァンバッて頂きたいものであるw。     週刊ナンダイ!?編集長                

      NEW!

      1
      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 北朝鮮がミサイル発射!?

      本日、5時40分頃、北朝鮮のミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)に着弾したことが政府から発表があった。   お隣の国ではあれ、全く別世界なので、あぁ、またアドバルーン揚げてるな位の関心でしかなくなってしまった。自衛隊が迎撃ミサイルで撃墜したというなら、おぉ~防衛できているジャンと安心、安心♪なのだが、音速の何倍もの速さの飛翔体を打ち墜とすのはそれ程簡単ではないと云う。日本領空に向かってきたと云っても北朝鮮の”財産物”なので、無碍(むげ)に破壊してしまうのも相手に対して礼を欠く所作ととらわれても、これまた心外である。   不安を煽ってみても北朝鮮の思うつぼなので、話題を変えよう。     NHK連続テレビ小説(朝ドラ)で北茨城を題材にした『ひよっこ』がオンエアされている。   ※拠出:NHK   作家は東京出身の岡田恵和なのだが、魅力度ランキング47位に苦慮する茨城関係者から多額の金銭を頂いたのか、登場人物のキャスティングが全くの捏造だと抗議したくなるのは、弊誌だけであろうかw。   ヒロインの父母が沢村一樹・木村佳乃、爺様が古谷一行なんて、これでもかと云うほどの茨城人コンプレックスをデフォルメしたキャスティングである。絶対ありえないどころの話しではない。俳優が放つ茨城弁にいたっては、『どちらのお国ですか?』と思わず聞きたくなってしまう。   出川哲朗、光浦靖子、泉谷しげる辺りが無難なキャスティングのはず。。。     週刊ナンダイ!?編集長    

      1
      テーマ:
  • 28 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 小池百合子都知事がピコ太郎とダンス♪ - 追加記事

      さすがに小川県議の”ヌード”で読者が納得する訳がありませんでしたw。   ただ、お詫びがてら、言い訳させて頂きますと、結構、最近の小川さんのFacebookは拝見していて、興味が尽きない話題を提供してくださっていて、守谷市内ではSNSはこうやって使うもんだよとITリテラシーの先駆者と云える活動内容なのです。   それでは、市政がらみの話題としては、7月の都議選の行方が気になりますが、都民ファーストの会の党首であります小池都知事がピコ太郎とこんな省エネ啓発プロモーションビデオを作ったのをご存知でしょうか。   LED省エネムーブメントPR動画(啓発版・60秒・日本語 Ver.)   まぁ当然、都議選を目論でのメディア露出なのですが、公費を使ってのことなので、有権者を逆撫でするんじゃないかと心配するのは野暮でしょうかw。   原子力規制委員会は22日、関西電力の大飯原子力発電所3、4号機(福井県)が再稼働の前提となる安全審査に事実上合格したとする審査書案をまとめ、来年4月にも合格を正式決定するとのことである。日本のエネルギー政策は着々とレールの上を走りだし、未だ何ら解決しない将来の核燃料廃棄物の処理問題や北朝鮮の弾道ミサイルの格好の標的であることに対して、共謀罪法案だけではチト心許ないと思うのは私だけなのだろうか。。。   猪瀬前々都知事が呼び込んだ東京オリンピックの工事費は、すでに当初の3倍に膨れ上がっているそうで、豊洲/築地問題も有害物質が認識されただけで、どう決着するのか不透明なまま。そんな巨大利権の問題を抱える都政に単身乗り込んでいって勇気のある女性だとは思いますが、選挙モード突入の現時点で、ピコ太郎とのダンスしか思いつかないのであるとすると、都議選での議席獲得は難しいかも知れませんな!?     週刊ナンダイ!?編集長      

      テーマ:
  • 27 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 小川一成県議の”ヌード”流出!?

      一応、【週刊ナンダイ!?】は毎週金曜日に発売の計画なのですが、なにせ1人出版社なもので、なかなかそうも参りません。で、それでいて、社主の売上げ至上主義に変わりはなく、形振り(なりふり)を構ってはいられませんw。   そこで再度お出まし願うのが、守谷市政の重鎮(じゅうちん)、小川一成県議の”ヌード”でぇ~すw。   ※拠出:御本人のFacebookより   御自身の投稿記事によると、市内のヤンママ(Young Mamaの意)※にハラスメントしたため、反撃されてこのような事態になったとのこと。色白な氏の艶姿(あですがた)に、思わず興奮を覚えるのは私だけでしょうか。。。  ↑※ヤンママ=親フクロウ     最近、気付くのですが、我々オーバー還暦(over 60)世代は、SNSにやっと追いつけた自己満足からか、やたら投稿が多くなったなぁ~と、小川さんの場合は、『交流の幅が市内トップ』なのではと、記事漁りのネタが欲しくなると、氏のFacebookを訪れるこの頃w。   こちらはオーバー60のヌードではありませんが、前回、参院選に出馬された、石原順子さんをご紹介します。つくば市在住、都内で輸入ワイン会社を経営、たしか牛久で自家製ワイン酒造を営まれている方です。正直、まともな男性なら、こちらのFacebookにググッとくる筈ですw。   ※御本人のFacebookより     今週号から、難読漢字に振り仮名を付す試みを始めました。通勤往き帰りのお勉強のお役に立てれば幸いですw。     週刊ナンダイ!?編集長

      1
      テーマ:
  • 21 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 姉妹ブログ 新刊 GAZE 5月号のご案内♪

      守谷市政について、通勤往き帰りの暇つぶしにでもなればと、コミカルなタッチで市政情報を提供するのが【週刊ナンダイ!?】 の役割であるのに対し、【新刊 GAZE 】はその名の由来通り、ありとあらゆる観点から市政を見つめ直し、例えソレがガセネタであろうと、守谷の風となって市民の心に響くよう、ややシリアスに語るネット媒体を目論んでいる。両方とも無料なので是非、ブックマークしてお読み頂きたいw。       週刊ナンダイ!?編集長    

      4
      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 特集 - この人は今。。。w

      伯耆田富夫市議の気になる容体と、大柏のプリンスこと長谷川信市さんの紹介記事を書いたのですが、ローカル過ぎたのかアクセス数が落っこってしまいました。。。   土日は、PV(ページビュー)を上げるまたとないチャンスですので、ココは起死回生に、この方の御登場と願いましょうw。   そう、泣く児も勢いづかせるご存知、守谷市議会議長の梅木伸治さんでぇ~~~~~す。   ↓守谷市政の実力者の皆さん ※拠出: Facebookより(他人事ではなく、皆さんオジサンになってしまいましたw)   言わずと知れた、守谷市議会では例のインターネットだけで選挙し、他を寄せ付けない圧倒的得票数で2期連続トップ落選⇒レジェンドとなった輩と、目下トップ当選記録を更新中の梅木伸治氏は、守谷市の選挙では欠かせない風物詩であります。   ナゼ、弊誌がこの所、梅木伸治さんにスポットを当てるかと申しますと、ミニ・コンパクトシティー守谷の選挙戦は、盛り上がりに欠け、それでいて何処かシコリの残る後味の悪さが残念で仕方がない。にわか市政ジャーナリストで啓蒙活動家の私は、是非ともお金の掛からない・志のある市民なら誰でも参画できる市政をと願う次第です。   なかなか新住民には、組織だって議員を送り出す土壌を醸成するのが難しいのかと思慮する中、よくよく考えてみると、梅木伸治さんは新住民系の議員さんなんですね。小学生の頃に、川崎市から守谷へ編入されたことを御本人のHPで知りました。   まぁ、今回の市長選では、新住民系の候補者が敗れてしまいましたが、アニキと慕う松丸新市長のポストは、梅木さんで治まるのが、市民感情的には一番穏やかで納得のいく市政だろうと思っております(先住民系の伯耆田さんや長谷川さんがナンって言うか解りませんがw)。    因みに、梅木伸治さんは、最近、お父様がお亡くなりになり、市の委託業務を引き受ける梅木商会を引き継いだオーナー社長でもあります。以前、この会社さんのHPには、社員が町内でボランティア清掃を行っている記述があったのですが、それは多分現在でも継続されていることでしょう。大きな会社は守谷市にはありませんが、この様な表裏のない企業活動をされている会社さんの一つとして紹介させて頂きました。     週刊ナンダイ!?編集長    

      テーマ:
  • 20 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 大柏のプリンス ー 長谷川信市

      なんか、地元系のヨイショ♪記事を書き始めたら、妙な快感を覚えてしまったw。   時ある毎に、私が梅木伸治さんを紹介するもんで、ご近所の市議さん/支援団体からチョット待って!よと、お叱りの声が届く(様な気がするw)。ポスト松丸の要件は、議長経験者と云うのなら、『先ずは、オラほを先に紹介してくんねぇぇと』とは、ご近所の伯耆田富夫市議(元議長)さんです。     残念なことに、伯耆田さん、この3月21日に議会壇上で質疑中に倒れてしまい、職員がAED(自動体外式除細動器)で応急措置後、病院へ緊急搬送されたことが、デジタル毎日のニュースに報じられている。早く回復され、議会に戻って頂きたいものである。   そこで、伯耆田さんに代わり、私の地元大柏のプリンスと称される長谷川信市さんを紹介致します。私の家は、つくばTX建設で移設する前は、伯耆田家とは5軒離れで、市政ホームページを提供するなど議員活動を支援しておりました。長谷川家とは斜向かいで、地元では”もみじ屋さん”と屋号でよばれる存在。我が家の新居や物置、ブロック塀、フェンスなどを施工して頂いたのは知っていますが、その息子さんの伸市さんとは、選挙でお会いするまで面識がなく、『アレっ、地元は伯耆田さん応援しないの!? じゃぁ、オラほも出よう♪』と地元の選挙のお邪魔をしないよう、インターネットだけのステルス型選挙を敢行したのでした。『枯れ木も山の賑わい※1』とはこのことではないでしょうかw。   ※1 (枯れた木でも山に趣を添える意から) つまらないものでも無いよりはましであることのたとえ。〔俳諧・毛吹草(1638)〕   大柏のプリンス - 長谷川信市さん 拠出:Facebookより   市役所のある大柏は、昔ながらの地縁でお互いを支え合う古き良き守谷の1つではないでしょうか。市外の業者が大型店舗をオープンさせるなど、もともと守谷にあった商店や土木/建設業者は大打撃を被りました。彼等には、なんの補償もなく、さらに追い討ちをかけるように、少子高齢化で市内の仕事は減りつつあるのが現状です。そんな地元/商工会の期待を一身に受けるのが、長谷川信市さんです。     長谷川さんは、ナゼか右手のゲンコツを上げるポーズがお好きなようで、もうチョット、ゲンコツの掌をこちらに向けると、招き猫的で可愛いく愛嬌があるのですけどねすね。。。   週刊ナンダイ!?編集長          

      テーマ:
  • 19 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 特集 - あの人は今。。。

      小川一成県議のSNS投稿を弊誌でも取り上げただけで、市内が沸いたものですので、今回は、時の人、松丸修久新市長の”ヨイショ♪”記事をしたためたいと思います。   昨年11月に行われた守谷市長選は、大方の予想通り他を寄せ付けない4,000票差をつけての圧勝でした。対抗馬と目された市長選2回目の若手候補者が訴える『地元業者とのしがらみの無い市政』が市民には評価されなかった結果ではないでしょうか。   ※拠出:松丸修久オフィシャルHP 隣にいるのは、次期市長と目されつつ、かもしれない梅木伸治議長(←彼は、新住民系の期待の☆)。   ミニ・コンパクトシティー守谷の地勢通り、1人で選挙できる、選挙フリークには有り難い土地柄なのですが、守谷市議会は無所属系議員が多いとは云え、彼等のバックボーンは自民党ですので、ただただ党員会費を払いたくない、至って健全で経済観念に優れた政治・思想集団であることを認めなければ成りませんw(←ちょっとやそっとの選挙事務所位では、全く歯が立ちません)。   松丸修久さんとの思い出は、つくばTX建設にまで遡ります。当時、市内施設でこんなこと 自立支援がトイレ掃除 - いきいきプラザ元気館 があり、ご近所の伯耆田富夫市議に苦情を伝えたところ、事の次第がよく飲み込めない彼は松丸さん(当時市議)に丸投げして、松丸さんが速やかに担当部署責任者をけん責して、職員の対応を改めさせたのでした。   松丸工業(株)についてお話しさせて頂くと、廃業・店終いする市内の土建関連業者が多い中で、市内のインフラ設備等々の建設・保守に勤しむ、有り難い会社です。私は何度か従業員さんとお話しする機会がありましたが、皆さんキチンとした対応の方達です。   松丸市長は、市議初当選後、守谷市役所に一般企業並み会計を取り組まさせることに始まり、議長も務められ、他の盟友市議と供に守谷市の財政健全化に深く貢献されたことは特筆に値します。   ここまでヨイショしておいて、例の写真週刊誌ネタをコボすところが、【週刊ナンダイ!?】なのですが、橋本副市長が『守谷においては、官製談合は起こり得ない!』との説明通り、入札は一種のガラス張り、設計仕様/概算予算を提示する方式なので、これは上位行政の通達に従ったものであり、問題ないと認めざるを得ません。また、公共入札なので、落札価格が100%~200%だろうと、市外の他業者が落札しないのであれば、文句を云う筋合いではありません。大学院で行政学を学んだ方がいるのであれば、守谷市内の公共施設の施工単価が高過ぎるとか、道路補修品質が悪いとかを指摘して頂けると、市政に関心のある市民は、『あぁ、そうなのか!?』と、選挙に熱が入るのかもしれませんが、前述の松丸工業が施工/補修した建物・道路に限っては、まぁすべてシッカリしたものであり、読者の皆さんもお近くの道路やお子さんが通う小中校舎を眺めてみると、お分かり頂けます。     週刊ナンダイ!?編集長          

      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 自治会/町内会って入会しないといけないの?

      大柏新田自治会区長を拝命して1ヶ月が過ぎ、早くも”面倒くさい感”に苛(さいな)まれる今日この頃。。。 なにか、現状から脱出する良い方法はないかと詭弁を弄する自分を褒めてあげたいw。     全国に30万ほどある自治会/町内会なのですが(H25年度)、かつては加入率が70%もあったものが、現在では20%台までに落ち込んでいるのだそうです。『おぉ、コレよコレ♪』と、求めていた情報がネットで見つかる。いつもの様に自己弁護の三段論法を組み立て、至福の時空が過ぎていくw。   先ずは、いつもの法的うんちくのご紹介。自治会/町内会は、『地縁による団体』とよばれる法律上権利能力を認められない社団です。要するに、任意団体=任意の人の集まりであり、決して強制されて集まった集団ではないと云うことです。よく使われるフレーズ『参加不参加は各人の任意です』のアレですね。   << ココでデフォルメ作業が入りますw >>   任意団体の最たるモノの1つに、”特攻隊”がありますw。『えぇっ、アレって命令じゃないの!?』と思われるかもしれませんが、実は”命令”とは軍隊が行う作戦遂行上、出されるもので、会社の業務命令と同じです。先ず、純粋な青年が集められ、愛国心や故郷の父母・姉弟妹を護る云々の思想洗脳され、特攻志願兵に仕立てていくのです。   このブログに上げたイラストをご覧になって、ホノボノとした自治会/町内会活動を悦ばしいとお思いになるか、あるいは、『そうか、特攻隊なのか。。。』と思われるかは各人の”任意”ですのでご理解のほどお願いいたしますw。   ネットでどなたかが仰っていました『自治会というのはズバリ、役場が自分たちの仕事を住民に丸投げするための組織』だそうで、大本営があり、末端の前線部隊の若者が特攻へと駆り出されたのです。。。 私は、断固、戦争反対!です?   あっ、そう云えば私は区長として、そして会員が自治会/町内会活動を行うにあたり、自治会活動保険に加入致しました。市役所が呼びかける環境美化では、市民総合賠償保障保険が用意されています。太平洋戦争では、日本も戦争保険に加入しておけば良かったのですが、現在、それを反省してか、安倍政権では憲法改正、共謀罪法案を議決して、国民に安全を担保するというのですが、本当かなぁ。。。     週刊ナンダイ!?編集長        

      テーマ:
  • 18 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 ナンなんでしょう、市内のこのザワメキはw

      拙ブログではございますが、読者の皆さんに読んで楽しんで頂いてナンボでございます。とどのつまりが、市政関連ならびにやゃ下ネタがお好きなようですねw。   昨日の『小川一成県議の朝勃ち!?』で、弊誌へのアクセスが急増しましたw。小川先生有り難うございます。(^_^)v     もう、市内の至る所、この話題で持ちきりです。実のところ、『アイツは”肝っ魂”がでかいから。。。』が、それがどう伝わったのか、『キ○玉がでかい』に誤って伝わり、ご婦人方に広まった訳でして、それはもう肖(あやか)りたいやらお目出たいやらで、ご自宅前に参拝に来られ、柏手する人までもが出てきたという噂です(←あくまでも噂の噺w)。   やはり、守谷市政はこうでなくてはいけませんw。今さら、官製談合がどうのこうのと青臭いことを云ったところで、例の小泉構造改革の推進派、渡辺喜美は自民党を離脱し、みんなの党を立ち上げたが、善からぬ金集めをして政治資金規正法に引っ掛かり、党解散。現在は、おおさか維新の会(現・日本維新の会)に入党し、参議院議員としては初当選と云う、守谷市でも思い当たるような、目まぐるしい政治活動である。     週刊ナンダイ!?編集長    

      1
      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 4月から市職員、議員の給与・報酬が上がりました♪

      4月より大柏新田自治会1班班長ならびに区長を拝命し、引き継ぎ内容の点検、市役所からの資料に目を通すなど、一般社会人としての務めを果たしているつもりの今日この頃w。チョット忙しく、家の駄犬達と遊んであげられないのが悩みのタネ。。。   自治会会員からお金を預かる以上、その使途を確認しておこうと調査をし始めたのですが、出て来るわ・出て来るわ訳の分からない出費の数々w。私が管轄する自治会内には集会場など、かなり昔から存在する共同資産があり、興味と暇つぶしに市役所や法務局に行って固定資産台帳を調べると、な、ナンとあるべき家屋登記がない!物件をいくつか発見してしまったのです。念には念をと、県庁ならびに税務関係事務所にも問い合わせ致しましたw。   読者の皆さんは、『お前、よっぽど暇なんだなぁ~』とお思いでしょうが、皆さんがお支払い頂いた税金で、公共施設を建てているのですが、その保全登記をしない公務員の怠慢なのですよ。←チェック機構がないので、普段はバレないのですw。   ホラ♪、日本共産党守谷支部の出番ですよと、例の2人で140才(以上w)のオバァさん市議にここら辺を調査してよと頼んだら、『ご自分で情報開示請求してください!』ですと。   普段は良い人達なんですが、何処か虫の居所が悪かったのか、嫌なバ○ァ~ですなw。因みに、私生まれて初めて、政党にカンパしたのに、歴とした議員案件にも拘わらず、お偉くなってしまわれたのでしょうなぁ~w。一応、その証書をここに添付しておきますw。   読者の皆さん、ご存知でしょうか? この4月から守谷市役所の職員給与ならびに議員報酬が上がるのですよ。あの写真週刊誌にスッパ抜かれ、黒すぎる市政で一躍有名になられた松丸新市長が、3月の市議会で市長選に応援してくれた議員と、今後の松丸市政を支える職員に『今後も官製談合を宜しく♪』と、給与・報酬アップで応えるべく、市長議案第4号・5号を提出し、阿吽のごとく原案通り議決されたのでした。←公報には、このことを市民に知らせるとマズいと思うのか記載は一切ありませんw(読んでる? 守谷市の公報???)。     週刊ナンダイ!?編集長    

      1
      テーマ:
  • 17 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 小川一成県議の朝勃ち!?

      私の若い頃は、うつ伏せ寝すると、朝、空中浮遊のように全身が宙に浮いていたことを覚えていますが(←大嘘w)、さすがに還暦を過ぎると、”朝勃ち”することはなくなり、人生の悲哀を感じる今日この頃である。   が、しかしである。な、ナンと私より先輩の小川一成県議が守谷駅で”朝立ち”されていると云うのがSNSで広がり、話題となっているので紹介したい。   ※拠出: ご自身のFacebook から   小川県議が手にしているのは、近く駅前にオープンするガールズバーMooliyaの呼び込みチラシではなく、県政報告だそうですw。   小川さんは、市内有数の陽報家でして、『陰徳あれば必ず陽報あり 』と、コレは淮南子・人間訓に『陰徳有る者は、必ず陽報有り。 陰行有る者は、必ず昭名有り(人知れず徳を積む者には必ず誰の目にも明らかなよい報いがあり、隠れて善行をしている者には必ずはっきりとした名誉があるものだ)』と、かつて守谷市議選のレジェンドとなった、インターネットだけで選挙し、他を寄せ付けない圧倒的得票数で2期連続トップ落選を果たした輩と同じ思想に近いモノがあるのかもしれない。。。   一応、”陽報”家と”養蜂”家を引っ掛けてみたかったwので、其方の方は余り知られていないので紹介する。     ※拠出: ご自身のFacebook から   私も市内に田畑を所有しており、空いている畑でミツバチを飼おうと思っております。     週刊ナンダイ!?編集長    

      1
      テーマ:
  • 16 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 行って参りました♪ ガールズバーMooliya

      喜び勇んで行って参りました♪ 守谷市初のガールズバーMooliya。そもそもガールズバーってナニ!?なんですが、Wikipediaによりますと、バーテンダーがすべて女性のショットバーであり、カウンター席に客が着席し女性バーテンダーが接客する。風営法で規制されるキャバクラと異なり飲食店に分類されるため、営業時間などの制約が少ないとあります。     もう少し、イメージが沸くようなフォトを載せてみましょうか。店内はこんな雰囲気なんじゃないでしょうか。 拠出:matome.naver.jp   『店内はこんな雰囲気なんじゃないでしょうか。』って、ちゃんと行ってきたんだろ? ←ド~云うことかと申し上げますと。。。 ちょっとフライング気味に、お昼過ぎに駅前へチラシ配りがいるだろうと行ってみたのですが、そこは歌舞伎町や池袋とは違い、呼び込みはいませんでした。で衝動が抑えられない私はw、お店に突撃取材を試みた訳なのです。結構、周囲で聞き込みをしたのですが、守谷駅前にこの手のナイトクラブがオープンすることを知らないようです。   場所は、R294沿いのCoCo'sの向かい、中央4丁目マンション不動産THEBRIDGEが目に入るはずで、そのお隣りです。雑居ビルの2階・3階なのですが、ビル外観にハートマークにピンクのロゴ文字でMooliyaとあります。まだ、エレベータに養生板が貼られたまま。2階に上がり、エンタランスから覗いてみると、支配人とママさんらしき方がいらっしゃいましたw。まだ、開店準備中とのことで、オープンは月末辺りだとか。お店の雰囲気は冒頭の募集広告通りで、ママさんは銀座系かなぁ~と”凛”を感じるお世辞抜きにお綺麗な方です。支配人に入店時にドレスコード等の服装チェックはあるかと訊ねると、『お気軽な服装でいらしてください』とのことでした。まぁ、”守谷らしい”感じの良い社交ラウンジとなることでしょう。     週刊ナンダイ!?編集長      

      テーマ:
  • 13 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 ナンだコレは - 小池知事が豪華クルーザーに20億円!?

      始まりました”小池百合子下ろし”♪   小池知事が豪華クルーザーに20億円!? ※拠出:ヤフーニュース とが発注したのと同型のクルーザー   『もったいない!』を五輪コンセプトに掲げる小池新都知事が、20億円もの税金をかけてVIP接待用の大型外洋クルーザーを建造していることはほとんど知られていない、と云うか報道がなければ知ることはない。。。   なんで豪華クルーザーなのか?東京港湾局が所有する視察船「新東京丸」が老朽していて、代替するとのことなのらしいが、前都知事アホの舛添要一が行おうとしていた種々のVIP施設、例えば浜離宮庭園に40億円掛けての迎賓施設など、税金の無駄遣いに容赦なくメスを入れてきていただけに理解に苦しむ。   あぁ、厚化粧のオバサンもここまでか。。。 改革派、社会派を自負する政治家で、大都市組長として舵取りできた者はいない(大阪府知事太田房江、橋下徹等々)。 名古屋市長の河村たかしは中都市なので勘定に入れないw。     週刊ナンダイ!?編集長    

      1
      テーマ:
  • 11 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 GW明け、新人美人さんを紹介♪

      守谷市唯一の市政ジャーナル誌【週刊ナンダイ!?】は、市政にまつわる情報をお伝えする試みで始めましたが、読者アクセス数を増やそうと試行錯誤の末、『市政ジャーナル+タウン情報誌』に赴き変え、新たな読者層を取り込んで参りますので、これからもますますのご支援を賜りたくお願い致します   ナニか【週刊ナンダイ!?】編集長として心変わり、あるいはある方面からの圧力があった訳ではありませんで、前市長の会田真一さんも新市長の松丸修久さんも、当方のつくばTX建設/移築ではお世話になり、市内でお目に掛かる機会があれば、会釈はする間ですので、ヨイショ記事も大して書かない割りには、ないこと/ほとんどないことばかりを書き続けるのもいかがなモノかと、ジャーナリスト/コラムニストとしての良心の呵責に苦しみ始めたところなのです(←嘘)w。   で、今週のトピックスと致しましては、15日にオープンしますガールズバーMooliyaではないでしょうか。私事ではありますが、30代前後の金回りに少し余裕が出始めた頃、先輩に連れられナイトクラブでバーボンを飲みながらジャズを聴き耽るなんてことを数年続けておりました。勿論、自分のお金で。ゴルフにスキーにスキューバーとバブルな時代でした。      ※拠出:ダイワエスカイヤクラブ   当日、取材に行って参りますので、そのレポートをお楽しみにお待ちくださいw。すでに、お店の方とは連絡を取らせて頂き、取り敢えず料金は4,000円~とチョット守谷にしてはお高めなお店のようです。昼間、店舗を確認してみるとそれ程高級感溢れる外観の感じではないのですが。。。   しかし、4,000円以上も払えないよとお思いの貴男だけにとっておきの情報がありますw。それは、新シーズンの幕開け、市内のショップにも新人さんが入られた訳なのです。守谷は住みよさランキングNo.1ですので、それに憧れて勤務地に選ばれる若い女性がいるのでしょう。お店の許可を取っていませんので、公表は差し控えますがw、以下の店舗にスラッとした美人店員さんが働いているのを目撃してしまいました。  某回転○シ店  某1○0円ショップ  某携○ショップ    くれぐれも彼女等のお仕事の邪魔をしないよう、市内ショッピングをお楽しみください。     週刊ナンダイ!?編集長          

      1
      テーマ:
  • 08 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 39才!エマニュエル・マクロン氏が新大統領に

      7日フランスで決選投票が行われ、39才!エマニュエル・マクロン氏が新大統領になった。     昨年行われた市長選の事が心に残る守谷市民にとっては複雑な思いであるw。   つくば市長の五十嵐立青、英国のEU離脱の是非を問う国民投票、トランプ新大統領とサプライズな投票結果が続く。膠着した政治に対してNo!を突き付けたのだろう。守谷市は、若き改革派の候補者にNo!を突き付けてしまったw。ベッドタウン守谷=かなりノンビリとした街風に超過激な市政を受け容れる土壌が醸成されていなかったのだ。少子高齢化、担い手のいない農家が多い先住民期待の星であっただけに残念である。。。   2ヶ月後には、都議選が行われ、多分、大方の予想通り、小池新都知事の都民ファーストの会が躍進し、長く続いた自民党都政に終止符が打たれることだろう。すると、ボケ老人に変貌した石原慎太郎に厚化粧のオバさんと言われた小池知事は”時を得たり”とありとあらゆる公共事業に待ったを掛け、都政は混乱し、結局、小池は東京オリンピックをホストとして開催することなく去るのかもしれない。   アベノミクスは成長戦略(骨太方針)を掲げ、第4次産業革命で長らく不況を脱出しようというのである。←ありがたいことであるw。少子高齢化、インフラの老朽化、ライフスタイルの変化等々待ったなしの国家イベントである。   正直な話、近代史を振り返ると、欧米列強は国策が行き詰まると、戦争を起こして他国の領土/資源を略奪していたのですねw。”グローバル化”などとペテンを語って時間稼ぎを目論むものの、新興国も満を持して製品を売り込んでくるので、先進国のレガシー産業は大打撃を被るのは自明。   世界各地で紛争が起き、国連がその役割を発揮できない現状を見ると、グローバル化による世界規模での製品・農産物を流通させようとする機構を機能させることは容易でないはずだ。既に、トランプ新大統領は、”アメリカ・ファースト”の自国主義=保護貿易に舵を切り、取り敢えず経団連や日本トップ企業家はアメリカさんに右へ倣えの古式ゆかしき伝統を守ったw。     週刊ナンダイ!?編集長                

      2
      テーマ:
  • 07 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 守谷市政のテーマ - GW最終号

      読者の皆さんには、GW中にもかかわらず、拙誌【週刊ナンダイ!?】をお読み続けて頂き大感謝申し上げます。m(_ _)m     にわか市政ジャーナリストの肩書きではありますが、そのコラムニストと云うよりは、そこら辺にあるニュースを切り貼りする、市政スクラップブッキングのようなクラフトマンと云った方が正しいかもしれません。   今、世の中は、憲法改正と世界政治経済の不安定要素のことばかり。今朝、週刊報道番組を観ていて、コメンテーターの一人が、憲法改正より、長年続けてきた成長戦略の妄想を捨て、現実問題なった少子高齢化に則した議論を行うべきだと意見した。全くの同感である。   このままでは、労働人口が減る>所得が増えない>税収が落ち込む>巨額の赤字国債を抱える日本が沈没するシナリオ通りの展開である。   今度の都議選で、大方の予想通り、小池新都知事の『都民ファーストの会』が躍進したとして、何か変わるのであろうか?是非とも、都政/国政を変えて頂きたいものだが、この都民ファーストの会が、初めて公約なるものを発表した。その内容は以下の通りである。   都民ファーストの会が初公約発表、議員公用車の廃止 http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1817490.html   都議会の悪しき習慣を一掃し、議員自らが身を切る改革を貫徹するのだそうだが、これ程度の公約しか掲げられないのでは、先ほどの日本沈没のシナリオは変わらないと危惧するのは私だけだろうかw。   見出しに『守谷市政のテーマ』と題したのだが、県下有数の健全財政、市長が掲げる市民ファーストの施政方針。これ以上のナニを市民は期待するのであろうか?ベッドタウン守谷の新住民は、ノンポリであり、ただひたすら寝るだけw。談合と聞けば、『団子、旨いのけぇ?』とボケる先住民の関心事は、守谷駅前にオープンするキャバクラMooliya。開店テープカットの栄誉にあやかれるであろうか、当日、先住民の長蛇の列を取材してみたいw。   つまらないGW最終号の結論となってしまった。兎に角、元気で長生きすることを心掛けよう。。。     週刊ナンダイ!?編集長      

      1
      テーマ:
  • 06 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 都議選後が危ない。。。

      皆さん、GWだと云うのに、こんな低質な市政ジャーナル誌をお読み頂き、感謝いたします。   読者の方から、アンタは先住民系あるいは新住民系のどちらの味方なのかいな、と聞かれることがあるのですが、根がアマノジャクなせいか、判官(ほうがん)びいきする質なのではないでしょうかw。   戦後高度成長期>オイルショック>バブル景気の時代を謳歌できた世代としては、日本の福祉制度に護られ、無事に会社勤めを終え、ホッと一息ついているところかもしれません。ただ、私達の年金は当然、若い方達に支えて貰っている訳(←賦課方式)で、少子化&高齢者増加では世代間の不公平感はつのるばかりでしょう。     政治家も役人も、この辺のことは重々解っているのですが、なかなか解決策に手を付けることが出来ず、先送りを繰り返すばかりなのは頂けません。自民党の一人勝ちに乗じて増税に踏み切れるのか、それとも景気回復策による増収・インフレで金利上昇が目論めるのか?   世界中いたる処で内紛・戦争の火種がくすぶり続け、英国のEU離脱やその他の国々の政治・経済不安も看過できない要因であり、朝鮮半島の南北統一、中国経済の隆盛などグローバル化の時代、日本の進むべき道を見極めるのは至難の技である。   私のような安易な人達は、早く若い人達にバトンを譲ってなどと言ってしまいがちだが、それは単なる責任逃れなのかもしれない。民進党前代表の前原誠司、大阪元府知事の橋下徹などは、改革を旗印に威勢の良い時もあったが、如何にせん守りが弱いw。   あの蓮舫女史も、都議選後に代表クビとの噂が永田町を飛び回り始めた。かといって、あの化粧の濃いオバサンも、豊洲・築地市場、オリンピック会場整備等々の問題山積で、反対勢力が一気呵成の時を伺っていることは周知w。   都議選まであと2ヶ月。。。     週刊ナンダイ!?編集長                

      テーマ:
  • 03 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 ケチの奨めw

      今回は、前号『募金=暴力団のみかじめ料w』の続きです。   『福沢諭吉の学問のすすめ』をパロって云う訳ではありませんが、募金をする場合、小さなお金だから、他人の役に立つならばと安易にするのは控えた方が宜しいですよと申しあげたい。   募金を募る方も、ソコが狙い目だと分かってやっているのです。税金だと、行政組織や公務員の人件費でピンはねされるw。募金にはソレがないのかと云うと、組織トップの理事長・役員が”お手当”と名を変えて、上前をはねるから、所詮、同じ事なんです。   役人OBの天下りや有名人を役員に招き入れることで、仕事がし易くなり、募金が集めやすくなるのは有り難いことなのですが、困っている人達にお金を回して上げたいと云うのが募金の趣旨なのに、その上前をはねることは暴力団のみかじめ料と同じ構図ではないかと申し上げたいのです。   貴族文化の発達した欧州には、ノブレス・オブリージュ(仏Noblesse Oblige 英Noble Obligation)の精神があり、"高貴なる義務"が知れ渡っています。日本にも、平安貴族や武家政治があり、優雅で美風の暮らしである一方、大衆に災難が降りかかる際には、自らが先頭に立って、難局を乗り越えると云う義務を果たす精神なのです。第1次・2次大戦、英国では多くの貴族男子が自ら戦場に赴きました。現在でも、英国皇太子や王子が陸軍に入隊するのは、その精神の表れなのでしょう(周囲の護衛達にしてみれば、面倒臭いのですがw)。   ←こんなイラストでイメージ沸くでしょうかw   日本には、コレらとは別に”助け合い精神”と云う素晴らしい文化が根付いています。コレはあの権現様、徳川家康が苦労の末築き上げた徳川幕府と265年続いた江戸時代の賜物なのか、あるいは迷惑な隣国=中国から伝わる儒教の所為かもしれませんw。困った人が居たら助けてあげよう。情けは人のためならずなのですね。   しかし、世の中には、ココに目を付けて集めたお金を懐に入れてしまったり、ピンハネしてしまう善からぬ輩が多くいるのです。私の父親は、2度も召集令状で戦地(北支とニューギニア)に駆り出された所為か天皇陛下が嫌いですw。彼が国体護持とかなんとかほざいて自らの保身を危ぶむばかりに、原爆を2発も喰らってしまったとコボします。その後、陛下も詫びたかったのか、父を宮中に招き、褒章をくださいましたw。   役人はカネが集まると、彼等は自分達流にカネの使い道を考えるようです。要するに、唯我独尊=思想家なのですよw。読者の皆さんは、既にお忘れになったことと思いますが、与野党逆転の起点となったあの消えた年金=年金記録問題のズサンさを思い出してみて下さい。当時、行政改革の騎士ともて囃され、都知事に上り詰めた舛添要一が、公費私的流用でその席を追われるまでの早かったこと。周囲の者も見ていられなかったのでしょうね。     週刊ナンダイ!?編集長        

      テーマ:
  • 02 May
    • 【週刊ナンダイ!?】 募金=暴力団のみかじめ料w

      前号『あなたの自治会/町内会は大丈夫ですか!?』が、意外と好評につき、ナニが大丈夫でないのか、もう少し掘り下げてみましょうか。 私の自治会では、会費が10,000円でありまして、その使われ方の内訳は次の通りとなっています。  日本赤十字社費 500円  社会福祉協議会費 500円  赤い羽根共同募金 500円  歳末助け合い募金 200円  ふれあい祭り助成金 1,000円  改善センター運営費 3,600円  消防後援会費 3,600円 支出合計:9,900円 お分かり頂けますでしょうか? 会費は、まったく自分達の自治会活動に使われるのではなく、募金のような形で出ていってしまうのですねw。 募金=互いに助け合う、結構じゃありませんか。しかし、そこに落とし穴があるのですね。 美智子皇后を名誉総裁する日本赤十字社は、天下り役人の溜まり場なのです。無料報酬のボランティア活動なんてコレっぽっちもないことが、しょっちゅう週刊誌を賑わしますw。 『巨額義援金を寝かして恥じなかった「日本赤十字」 “市民の手に渡ったのは遅きに失した5月27日” 「週刊新潮」6/16号』 http://www.asyura2.com/11/senkyo114/msg/844.html   守谷市でも、社会福祉協議会の会長は、前市長の会田真一さんが、体育協会誌には、議長経験者の又耒 成人さんがハーフマラソン大会会長として紹介されていますが、無報酬で役員をお引き受けされていることはないでしょうねw。   ここら辺の処を、共産党系の市議さんにあぶりだして頂きたいものなのですが、あの方達ですら、赤旗新聞を取れとかカンパを募る割りには、全然、議員調査する気もありません。そう云うものです、世の中は。。。     週刊ナンダイ!?編集長  

      テーマ:

プロフィール

福祉サンタ=古谷一成

性別:
男性
お住まいの地域:
茨城県
自己紹介:
福祉サンタ=古谷一成です。守谷市民のみなさんに高度福祉をお届けします。詳しくは、『古谷一成の守谷市政...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

月別

一覧を見る

お気に入りブログ

旧ランキング

政治・経済
272 位
ローカル・タウン情報
763 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。