• 20 Feb
    • 【週刊ナンダイ!?】 金正男の暗殺!?

      サスペンス映画を観ているような出来事が起こった。   北朝鮮の金正日の長男、正男氏がマレーシアで殺害された。18日付の同国の英字新聞ニュー・ストレーツ・タイムズが1面で、正男氏が襲撃された直後の様子とする写真を掲載したので紹介する。   当初、影武者説も出回ったが、どうやら本人らしい。その後、暗殺の実行犯達も捕まると云う、プロらしくない所業云々に納得がいかない。最近は、やたらあちらこちらに防犯カメラが設置されているので、手がかりを残さずに犯行に及ぶことは困難だ。犯行に及んだ関係者は、すでに逮捕され、その犯行現場の様子がテレビで放映されている、そんな時代である。   国内では、1949年7月6日未明に、当時国鉄総裁の下山定則が汽車に轢断された遺体が発見され、未解決のまま時効を迎えた下山事件が記憶にある。映画にもなっているが、明らかに事実を隠蔽しようとする、大がかりな組織の存在が見え隠れする。     週刊ナンダイ!?編集長      

      2
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 【週刊ナンダイ!?】男性保育士による女児の着替え補助

      【週刊ナンダイ!?】は、アメーバブログを利用しているのですが、読者のアクセスは奇妙な挙動をする。一応、守谷市のローカルな政治ジャーナル誌なのだが、全国からアクセスがあるのだろうかw? 選挙毎の実況レポートだけでも構わないのだが、少々飽きっぽい私は、それでは退屈至極w。それじゃぁ~と、タウン情報誌みたいな記事をアップすると、誰も見向きもしない(←本当、ソウなのよ。。。..)      本日は、政令市最小年市長で、5才の娘もいる、熊谷俊人氏の発言が巷を賑わせているので紹介したい。  ■男性保育士の女児担当外しは性差別? 熊谷俊人・千葉市長の発言で議論 http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/23/childcare_n_14325636.html   ■「男性保育士に女児の着替えをさせないで」は誰が言っている? https://www.buzzfeed.com/akikokobayashi/dansei-hoikushi?utm_term=.ri3Vl5kxd#.qf14gNpAq ■男性保育士の「着替え手伝い論争」についての東尾理子見解 https://www.buzzfeed.com/akikokobayashi/dansei-hoikushi?utm_term=.ri3Vl5kxd#.qf14gNpAq   まぁ、それぞれ真っ当な御意見ではあるが、次のような実刑判決が結構、世の中には存在することも周知である。。。   ■両親公認のもと13歳教え子と交際、妊娠した24歳女教師に懲役10年の実刑判決(米) http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20170120/Techinsight_20170120_340287.html     週刊ナンダイ!?編集長        

      2
      テーマ:
  • 12 Feb
    • 【週刊ナンダイ!?】 伊代はまだ16だぁから。。。

      SNSがきっかけで、犯罪となる例がある。 タレントの松本伊代、早見優が読売テレビ番組のロケの合間に、JR山陰線の線路内に侵入して写真撮影を行い、自身のブログにアップしたことで、鉄道営業法違反の疑いで書類送検された。『伊代はまだ16だぁから~』と許してあげたい気もするが、芸能人の風紀違反を快く思わない御仁も多い。確かに、反省の記者会見で泣いて見せるものの、翌日のライブは行われた(直前キャンセルできなかったのだろう)。   ※拠出:ヤフーニュース   同様の例として、お笑い芸人ノンスタイルの井上裕介が深夜、乗用車をタクシーに当て逃げしたことが発覚し、活動を自粛したことや、清水アキラの三男が闇カジノに出入りしたと仕事辞退を検討中であることが報じられている。   昨年、守谷市内/県南を賑わした事件が、あの女性市議が県道でスピード違反で逮捕!?である。地方議員は特別職公務員なので、法令遵守は当然である。スピード違反の現行犯であるにも拘わらず、白バイ警官に該当法規の説明を求めたとか弁護士と相談した云々が、自己の行為を正当化するように報道され、市議会は議員辞職勧告を決議。これを受け、補選受付ギリギリに辞職し、再立候補w。まぁ、公選法上は問題なく、盛り上がりに欠ける市長選&補選を賑わしてくれたが、当選には至らなかった。     週刊ナンダイ!?編集長        

      1
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 【週刊ナンダイ!?】エアフォース・ワンからw

      あらまぁ、トランプ新大統領の可愛らしいこの笑顔♪ 安倍総理も嬉しそうじゃありませんかw。 シートのヘッドレストのエンブレムがら、エアフォースワンの機内であることが判ります。   これから南フロリダに向かい、夕食と翌朝ゴルフをされるそうです。   首脳会談でゴルフとは何事かと仰るお堅い御仁もいらっしゃいます。プレー後、スコアが公開されるのであれば、宜しいのではないでしょうかw。   トランプさんはこの首脳会談前に、中国の習近平とも電話会談を行い、”1つの中国”に理解を示したとの報道がなされています。ロシアのプーチン大統領とも親しい関係だとか。資本主義のリーダー、社会・共産主義者も市場原理主義を導入して、経済改革を目指す時代です。   皆で仲良くなって、相手とわかり合い、誤解やわだかまりが早く解決することを切望する次第です。    週刊ナンダイ!?編集長    

      テーマ:
  • 09 Feb
    • 【週刊ナンダイ!?】草加市の母子死傷事故

      何とも居たたまれない事故が起こってしまった。。。   埼玉県草加市で、バイト従業員がトラックを運転中、スマホのカーナビに気を取られ、赤信号を無視して交差点に進入したため、左からの別のトラックと衝突し、その弾みで歩道に乗り上げ、保育園から帰宅途中の母子を死傷させてしまった。   http://news.yahoo.co.jp/pickup/6229650 ※拠出:ヤフーニュース   スピード超過との報道はないので、信号無視のみの重過失で、二重過失ではないようだ。スマホのカーナビに気を取られての事故であれば、危険運転致死傷罪は適用できないだろう。   因みに、車の他、自動二輪や原付バイクでスピード超過で致死させると危険運転致死傷罪が適用されることがあり、軽車両の自転車が歩道で致死させても同罪は適用されないとのこと(←自転車には速度規制がないからなのだろう)。人を死なせると、成人だと懲役刑は免れず、未成年だと親の責任が大変だ。   スマホで思い出すのが、あの女性市議が県道でスピード違反で逮捕!?が思い出される。ネット上の何人かが、この事件の最中、彼女がスマホで書き込みしていたことを指摘しているが、運転中に書き込みに夢中になり、若い白バイ警官の職務質問にも応じず、スマホしまくり、挙げ句の果てに逮捕となったことは記憶に新しい。   今回の事故を教訓に、ながらスマホは止めましょう。     週刊ナンダイ!?編集長        

      1
      テーマ:
  • 04 Feb
    • 【週刊ナンダイ!?】特集 - ギックリ腰の治し方

      いゃ~、痛いのなんのってw。   22日(日)に町内会の新年会があり、散会後、会場の折り畳み机と椅子を片付けていたのですが、それが腰の負担になったのでしょう。家に帰り、老犬を抱きかかえようとしたところ、電気が腰に走り、ギクッと来ました。   欧米では、魔女の一撃と謂われるギックリ腰。症状が軽ければ、数日で回復します。舐めてかかった私が悪かったのでしょう。1週間後、再発させてしまいました。取り敢えず、普段の生活が取り戻せるレベルまで戻そうと、参考にしたのが下記の記事でした。   ぎっくり腰の治し方 http://xn--x8jcy0c0cxj6529a9ylcn9b.jp/%E8%BB%BD%E3%81%84/   ギックリ腰は、腰の周りの筋肉が疲弊し、バランスが崩れたことで、肉体が悲鳴を上げる現象なのではないでしょうか。筋肉の”コリ”と謂うよりは、炎症ですので、「冷やす」と「暖める」の順序を間違えると、却って症状を悪化させてしまいます。   私も、「筋肉が収縮してコリとなっている」のだから、風呂に入って筋肉を伸ばしてやろうとしたのですが、確かに身体が暖まって気持ちが良いのですが、これが炎症には良くなかったようで、一晩中、身体が火照ったままで、腰痛が消えませんでした。   そこで、次に冷湿布をしてやると、患部が冷やされ、神経が麻痺=痛みが薄れて、腰が元の位置に治まるようになり、普段通りに生活活動が出来るようになりました。   多分、この様に腰回りの炎症が一段落したところで、入浴して筋肉を伸ばしてやると、筋肉がヌゥーッと伸びて、「あぁ気持ちが良い♪」となるのでしょうw。   今回、冷温湿布に使ったのが、協和製薬の「タイアンテロンFBクールゲル」(900円程)。 他の著名な薬品よりも廉価でしたので、成分・分量がほぼ同じなので、迷わず使ってみましたが、良く効きますw。     週刊ナンダイ!?編集長        

      1
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 【週刊ナンダイ!?】今年はどんな年に!?

      正月3日、ジョイ本前でバイクと軽自動車との接触事故があった。複数の怪我人が出たようで、一人は白髪の男性であるのが確認された。   同日夜、私も帰宅した際に、普段は犬小屋にいる筈の老犬が、車の下に潜り込んだのに気が付かず、大惨事になるところだった(しかし、彼女の後足を4~5センチほどベロリンと剥く重傷)。   新年初場所で、牛久市出身の稀勢の里が念願の初優勝を果たし、横綱となったことは相撲ファンでなくとも嬉しいニュースで、この様な明るいニュースが続々と聞けると嬉しいのですが。   22日に大柏新田地区の新年会があり、葉梨国会議員(秘書)、小川県議、松丸新市長、地元の伯耆田ならびに長谷川市議と新年のご挨拶を交わしました。   トランプ新大統領が早くも彼の選挙公約である米国第一主義の政策展開を始め、世界が戦々恐々と事の次第を見守っている。米国に追従すれば吉と出るのか、それとも日本だけが四面楚歌となり、アジアで孤立するのか。今夏、都議選が行われ、小池百合子新都政にとって厳しい船出となるのか、興味はあるが、東京オリンピックまで険しい道のりが続くことが容易に予想される。。。。   週刊ナンダイ!?編集長      

      1
      テーマ:
  • 25 Dec
    • 告知【 新刊 GAZE 年末特集号 】 ポスト松丸修久は、この人!?

      いやぁ~、年も押し迫ってまいりました。 読者の皆さんもお忙しいのか、アクセスがダウンしております。立ち見でも構わないので、手にとってお読み頂きたいのですがw。 アクセス解析では、面白い現象が起きています。スマホではなく、携帯でお読み頂いている読者が、この金・土曜日に急増しております。先住民系の読者でしょうか、有り難いことですw。 この場をお借りして告知させて下さい。 【 新刊 GAZE 年末特集号 】 ポスト松丸修久は、この人!?http://furuya3.blog.fc2.com/blog-entry-80.html 退屈なクリスマスを送っている方々は、是非、暇つぶしにお読み下さいw。  週刊ナンダイ!?編集長   

      3
      テーマ:
  • 22 Dec
    • 【週刊ナンダイ!?】 守谷の池上彰が解説 - ”好色”選挙法

      読者の方々から、政治団体と後援会との違い、行政訴訟する意義について問い合わせがありましたので、自称【守谷の池上彰】こと福祉サンタが解説致しましょうw。 『英雄色を好む』とは、英雄は精力が溢れているため、女色を好む傾向が強いということw。そのような権力者を志す者は、我が強く、その為には手段を選ばない。一応、日本の議会制民主主義では、その歯止めとして、公職選挙が設けられているのですが、意外と知られていないのが、こんな子供瞞しの法律を設けているのは世界中で日本だけだそうです。 政治団体と後援会の違いは、届け出用紙が違うだけであり、中味は一緒w。憲法第21条で定められている、集会・結社の自由が保障されているので、誰でもが政治団体を作ることができ、政治の活動をしていると役所に届け出れば、それを支援する人から資金を頂いても、贈与税の対象とはならない(←政治資金規正法)、有り難いシステムです。 一方、後援会は、公職の候補者を応援する団体で、こちらは選挙期間中にその資金力に物を言わせて、好き勝手させないよう届出をさせて、選挙管理委員会が管理すると云う、本当かなぁ~と疑いたくなる制度です。 訴訟する意義は、お役所は総務省など上部行政組織から降りてくる勉強会に出席して、法の下の平等を住民に担保することを努める訳で、判例主義に基づくモノと云って良いでしょう。なので、新しい手口には判断がつきません。そこで、司法のお出ましとなるのです。この行政訴訟にお金が掛かるようでは、国民主権が有名無実となりますので、事実の確認程度であれば費用は1万円前後なのです。 政治団体も後援会の届出も無料なんですから、行政訴訟もタダにして欲しいですよねw。  週刊ナンダイ!?編集長      

      2
      テーマ:
  • 21 Dec
    • 【週刊ナンダイ!?】 行政訴訟とはw

      実は、お話はココからなのですw。 お役所は、法律・条例に従って仕事をする所ですので、読者の方々が如何に理不尽に思われようとも、それを曲げてお伝えすることは出来ないのです。お役所仕事の宿命です。 守谷の選挙もココ迄きたか。。。 地盤、看板、カバンが3無しスタイルで勝てる、”甘い”選挙ではないと云うことですね。 大学院に通い、その恩師に来て頂いて、アカデミックな講演をするよりも、無名美女とのツーショット・ポスターの方が時間も費用も掛からず有益だと、選挙参謀が策を巡らしたと云うのであればアッパレとしか言いようがありません。 しかーーーーーーーーーーーーーーーーーし!? 立法・行政を取り締まるのが、司法なのです。そのお裁きに異を唱え、四十七士がテロ行為に及んでも400年以上今も語り継がれる日本。 相手陣営も後ろめたかったのか、選挙投票日翌日には、例のポスターを撤去してしまいました。コレが『アレは選挙目的』であった証しですw。 役所は、警察に通報、裁判所に行政訴訟を起こしなさいとまでは言いません。それは、飽くまでも、選挙権についての個人の意志によるモノだからなのです。 還暦を迎え、じきに年金暮らしで余生を謳歌できる私が、その年金を支えてくれる若人達にして差し上げられることは、大学で学んだ法律を正しいと思うことのために役立てることしかありません。 すでに、本件を茨城県警に通報し、数千円で行える行政訴訟を行わずして、極楽浄土を迎えられる訳がありません(←私は無宗教ですが)w。   週刊ナンダイ!?編集長   

      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 守谷市政はパロディーだぁぁぁぁw

      ナンなんでしょう、この県や守谷市の持って回ったような物言w。 【茨城選管委】まず,「新しい守谷を作る会」という団体が,政治団体として正しく届出をしているかについてですが,「新しい守谷を創る会」という団体であれば,届出を受け付けております。なお,届出書類からは,この団体が特定の候補者の後援団体であるとは確認できませんでした。 【守谷選管委】なお,当該ポスターは政治団体が行う政治活動に当たると解されますので,公職選挙法143条に抵触するものではないと考えます。 -----------------------------------------------------------------------  そーなんです。後援団体と政治団体とは違う届出であり、政治団体であれば、公選法第143条19項3号の『地方公共団体の議会の議員又は長の任期満了による選挙にあつては、その任期満了の日の六月前の日から当該選挙の期日までの間』に、 同16項2号の『ポスターで、当該ポスターを掲示するためのベニヤ板、プラスチック板その他これらに類するものを用いて掲示されるもの』は禁止行為に該当しないのですw。 分かり易く例を示すと、私が政治団体として届出を出して受理されれば、選挙前であろうと、以下のような政治活動ポスターを好きなだけ掲示できるのですw。 ※多分、わざわざ講演会と謳わなくとも、肖像権を主張されない方であれば、各部分の面積比が均等である限り、個人ポスターとは見做されないと云うことなのです。  週刊ナンダイ!?編集長   

      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 選管委からの回答 その2の2 [守谷市役所]

      この持って回ったような物言いに対して、読者の方々から『もう購読を止める!』の他、守谷市選挙管理委員会からも、『早く、市の回答を公開せよ』との指導がありましたので、不承不承ではありますが、致し方ありませんw。 -------------------------------- 原文のまま ---------------------------- 古谷 一成 様 平成28年12月18日に受理いたしました件について,下記のとおり回答いたします。 問題点1について 「新しい守谷を創る会」という団体は、茨城県選挙管理委員会に設立届出がなされ、受理されています。 問題点2について 当該ポスターについて,守谷市選挙管理委員会では撤去しておりませんので,団体側で撤去されたのではないかと思います。 なお,当該ポスターは政治団体が行う政治活動に当たると解されますので,公職選挙法143条に抵触するものではないと考えます。********************************守谷市選挙管理委員会 書記長 須賀三雄TEL: 0297-45-1111(内線352)FAX: 0297-45-6525Mail : senkyo@city.moriya.ibaraki.jp******************************** -------------------------------- 原文のまま ---------------------------- 『ナンだ、県の回答と同じじゃねぇかぁ!?』ですか。 まぁ、沖縄県知事の米軍基地移転工事差し止めを国が提訴し、勝訴なんてことは地方行政ハラスメントですよw。 しかし、今回の市内数百カ所に設置された、あの”問題のポスター”には、姑息どころか、プロの演出家が目論んだかの様な、ある種のパロディーを感じたのは私だけだろうかw。 おぉっと、ここでまた、紙面が尽きてしまったw。 間違いなく、続く。  週刊ナンダイ!?編集長      

      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 選管委からの回答 その2 [守谷市役所]

      読者の皆さんも、相当お好きなようですね、この手の噺にw。 当然、日本一住み易い街、我が守谷市の選挙管理委員会からも、相当、新市長からの圧力があった事と思われますが、職を賭して回答を頂いておりますw。 しかし、その前に、読者の皆さんには、今回の謎解きを100倍楽しんで貰うために、公職選挙法(昭和二十五年四月十五日法律第百号)についてお復習いをして頂きたいと思います。 今回、あの美女とのツーショット講演会ポスター掲示は、公選法第143条に抵触する”疑義”が持たれていますw。 第百四十三条  選挙運動のために使用する文書図画は、次の各号のいずれかに該当するもの(衆議院比例代表選出議員の選挙にあつては、第一号、第二号、第四号、第四号の二及び第五号に該当するものであつて衆議院名簿届出政党等が使用するもの)のほかは、掲示することができない。 ※【解説】この条文は、選挙期間中に使用する文書図画(ポスターなど)についての規定です。 実は、この条文には、多くの項目があり、その中の第16項は、姑息な公職の候補者等が、政治活動だとかこつけて、選挙に有利になるような実質「選挙運動」となる行為について規定しているのです。 えぇ、読んでいるだけで頭が痛くなる~ぅですって!? この後に、と、と、トンデモないカラクリが隠されているんですけど。。。 おぉっと、ここで紙面が尽きてしまった。 続けw。  週刊ナンダイ!?編集長   

      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 選管委からの回答 その1 [茨城県庁]

      昨日のアクセスがドーンと上がった。やはり、読者は守谷市政について関心が高いようだ。現代は、双方向の時代であり、あの「新しい守谷を創る会」なる政治団体の立て看板について、私の選挙違反ではないのか問い合わせに対して、回答が届いたので紹介する。 -------------------------------- 原文のまま ----------------------------古谷様お問い合わせありがとうございます。県選挙管理委員会の島根と申します。先日,お電話いただいた際に回答したことと重複するところもあるかと思いますが,問い合わせ内容に回答いたします。 まず,「新しい守谷を作る会」という団体が,政治団体として正しく届出をしているかについてですが,「新しい守谷を創る会」という団体であれば,届出を受け付けております。なお,届出書類からは,この団体が特定の候補者の後援団体であるとは確認できませんでした。また,守谷市に存在する政治団体については,別添のとおりです。 (※補足)政治団体の看板類を掲示することについてですが,公職選挙法で一部制限されています。公職の候補者等の政治活動に使用される候補者名や後援団体名を表示する立札及び看板については,1つの事務所において2つまで掲示することができ,その総数についても,市長選挙の場合,候補者分,後援団体分それぞれ6つまでと制限があります。また,掲示の際は証票を必要とします。 なお,後援団体ではない政治団体については,このような制限はありません。また,公職の候補者等の政治活動に使用される候補者名や後援団体名を表示するポスターについては,ベニヤ板,プラスチック板などで裏打ちされていないものであれば,掲示することができますが,市長の任期満了6か月前の日からは掲示することができません。なお,看板類とは違い,こちらは証票を必要としません。 後援団体ではない団体の政治活動に使用されるポスター(裏打ち可)については,候補者名が表示されている場合は,その表示面積の割合によっては,個人のポスターとみなされて違法となることもあります。 ほかにも,政治団体の文書図画の掲示については,制限があり,すべてをメールでは答えられないので,気になることがございましたら,お電話をいただければと思います。□◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆□ 茨城県選挙管理委員会  〒310-8555  茨城県水戸市笠原町978番6  (茨城県総務部市町村課内)  TEL:029-301-2462  FAX:029-301-2489  Email:senkyo@pref.ibaraki.lg.jp □◆□□◆□□◆□□◆□□◆□□◆□ -------------------------------- 原文のまま ----------------------------  週刊ナンダイ!?編集長    

      1
      テーマ:
  • 20 Dec
    • 【週刊ナンダイ!?】 スクープ ー 選挙違反ポスター!? その3

      今回は、いつもより大目に記事を引っ張っておりますw。 ここで、『2連ポスター』が聞き慣れない読者のために、講義(後に抗議するためw)をしたいと思います。 そもそも、2連・3連ポスターとはナンぞやですが、くどくど説明するよりは、実例をご覧に入れましょう(本当、最近のツールは便利だ~ぁ)。  この様に、写っている方々が、その面積比で均等であれば、個人ポスターとは見做されないと言う勝手な理屈なのですね。最近、ある女性大臣が、資金集めに白紙領収書を多々使用していると野党に追及され、民法には”正しい金額を記載しろとは明記されていない”ので合法であると国会で曰わり、自民党幹事長が自粛するよう苦言を呈したのと同様であるw。 選挙は勝たなければ、意味がない。サンタのようにインターネットで選挙してみたところで、カネは掛からぬが、当選しなければ意味がないのである。政治家や候補者の寄付行為は禁止されているが、個人から受け取ることは年間150万円まではできるらしい。選挙収支報告書も申告制度であり、その実態を精査しろとまでは公選法に記載がない、所謂、ザル法である。 議会制民主主義である以上、先ずは、当選して、多数を占めなければ、意味がないのである。守谷市議会もこの点において、すでに国政レベルに達し、地元系の普段から怠らない努力・結束力には頭が下がります。前々々回の市長選で、小川一成県議(守谷商工会長)が惜敗したときも、民主党所属市議員が突如参戦し、あれも今思えば”刺客”だったのだろう。まぁ、観ている者達には面白いが、落選した陣営にとっては、なんともやり切れない思いのする選挙制度である。 茨城DNAを持つ私ではあるが、あの田中正造(栃木 - 足尾銅山鉱毒事件)のように、貧乏人には公害問題や基地問題しか選挙を活用する手立てがないのであるとすると非常にやり切れない思いである。   週刊ナンダイ!?編集長           

      2
      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 スクープ ー 選挙違反ポスター!? その2

      当社も売上げ至上主義なもので、記事を引っ張りすぎてしまい申し訳ありませんw。 で、この政治活動ポスターのどこが選挙違反!?だと疑義を感じるのかと申しますと以下のポイントなのです。  皆さんも、まだ記憶に新しいこのポスター、選挙投票日翌日には公選ポスター掲示板の撤去と同時にその姿を忽然と消したのです。 守谷選挙管理委員会か取手警察署が違法と判断し、撤去したのであれば、選挙の公平性を保つためには、選挙期間に入る前に撤去すべきで、これでは一陣営に有利となり、住民から選挙の公平性が阻害されたと行政訴訟が起こされます。 調べてみると、近隣我孫子市では、この様な公選法違反のポスターが横行するようで、選管委が厳しく取り締まり撤去していることが、朝日新聞Digitalで紹介されている。 違法ポスター苦情殺到 警告すでに80件超http://www.asahi.com/senkyo2007/localnews/chiba/TKY200707050143.html あるいは、選挙に大勝した松丸氏陣営が、もう演説会の必要がないと撤去してしまったのですと、それは市長選の為だけの売名行為となり、公選法違反となります。2連・3連ポスターだから許されるではなく、目的・実態がナンだったのかが問われるのです。 たまたま私は、最近、この立て看板が市内で投げ捨てられているのを発見し、その”身柄”を確保し、この件について守谷選挙管理委員会ならびに茨城県警察刑事2課に調査・摘発をお願いし、回答を待っているところであります。 お、おっと、またも紙面が尽きてしまった。。。 次号に続けw。 週刊ナンダイ!?編集長

      1
      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 大スクープ ー 選挙違反ポスター!?

      この所、また弊誌の売上げが落ち込んでしまっている。多分、年末の忙しい時期、この様な拙ブログを読む暇などないのだろう。。。 流石に市政ジャーナル誌とは謳ってみたものの、季節外れとなった今、にわかにタウンジャーナル誌に趣を変えようかとも試行してみたが、すでにこの手のブログは市内に存在し、読者は興味がないようだ。 そこで打ち上げてみました社運を賭しての一大スクープ特集。題しまして『あの立て看板​はナンだったのか!?』ですw。​※市長選前の10月に市内数百カ所に設置された問題の立て看板。 9月に会田真一市長が今季限りでの勇退を表明し、それを受けて盟友である松丸修久元議長が10月に出馬を表明・辞職した。県の選管委にこの『新しい守谷を創る会』なる政治団体について問い合わせると、10月3日に届出が受理されていた。要するに、この政治団体の政治活動ポスターなのである。来年1月22日(日)守谷駅西口で演説会を行うという告知である。 お隣にいる美人の女性は、ネットで調べた限り市内いる看護学校卒業生ではないかと思われる。当初、私はこの女性が、松丸氏議員辞職で空いた議席への補選候補者なのかと、至れり尽くせりの地元系の配慮に感心したほどである。 さて、よくこのポスターをご覧頂きたい。松丸氏、美人、政治団体の各部分の面積比が3等分されているのがお分かりでしょうか?『2連ポスター』と言われている公選法をスリ抜ける手口なのです。悪い表現かもしれませんが、でも合法なのです。あの強欲な石破茂元大臣が自分の部分を大きくしてしまい、公選法違反となったことで着目された選挙手法の1つです。 で、選挙違反!?ではないのかと、私が守谷選管委および県警にクレームを付け、調査・摘発願いをしたポイントが以下である。 お、おっと、紙面が尽きてしまった。。。 次号に続けw。 週刊ナンダイ!?編集長          

      テーマ:
  • 15 Dec
    • 【週刊ナンダイ!?】 日露トップ会談 -4島返還ならず!?

      若い人達には、今さら北方僻地の4島が返ったところでナンになるのかの思いでしょうね。一昔の軍事戦略的には、あの距離に敵国の軍事施設を作られてしまうと、対峙するための兵力を常駐させねばならず不利なことは確かですが、21世紀の現代では、大規模な渡河作戦は起こり難いと謂われています。旧ソ連は、先の大戦で3,000万人近くの戦死者を出してしまい、戦勝国の一員であることもあり、そう簡単には領土返還を行うとは考え難い。 ※Yahoo!ニュースより 太平洋戦争で連合国に無条件降伏した日本であり、その後の経済復興を日米安保の下に行ってきた手前、中露に急接近しづらい事は確かだが、少子高齢化問題が迫っている現在、そろそろ新たな国家戦略を策定する必要があることだけは確かだ。  週刊ナンダイ!?編集長  

      3
      テーマ:
    • 【週刊ナンダイ!?】 他誌のご紹介♪ 『守谷の出来事』

      ネタ探しをしていたところ、私のHPの役立つ情報でご紹介したブロガーさんのお一人、守谷の出来事さんに辿り着いてしまいました。そのついでと言ってはナンですが、市長選&補選についての私的防備録をしたためていらっしゃいましたのでご紹介いたします。 守谷市長選挙・守谷市議会議員補欠選挙2016年11月私的備忘録http://moriya.tsukuba.ch/e300408.html 守谷市の選挙について、市民心情を吐露したような内容ですが、まぁ、私を含めて、この手の内容を読み漁るのが好きな方々に共通した思いでしょうね。 私は、HPが苦手な人にブログを奨めることはあっても、まさか自分でブログを書き綴るとは夢にも思いませんでしたw。しかし、いざ始めてみると、HPエディタとは比較にならないほど楽チンで、ある女性市議会議員が毎日、書き込み更新しているのが楽しくてしょうがない気持ちが分かるような気がしますw。  週刊ナンダイ!?編集長  

      1
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 【週刊ナンダイ!?】北守谷アピタ跡にカスミが入店♪

      11月25日オープンですから約2週間が経った訳ですが、北守谷の皆さん良かったですね。以前、常陽銀行の隣にあった100円ショップも、カスミや他の店舗と一緒に1Fに入りました。さらに、来年1月にはディスカウントストアMr.Maxが2Fに開店するそうです。 以前、マックが入っていたフードコートは、リニューアルされ、谷和原SAのような雰囲気作りとなっていて、隣接のトイレも綺麗になっています。甘党の私は、早速、一口茶屋で鯛焼きプレミアム\162、隣のLemson'sでチョコレートクレープ\378を食しました。まぁ、にわか市政評論家よりも、年季の入った甘味処評論家としては星☆つと言ったところですw。 カスミの店舗近くで行われているリサイクルステーションは、どこの会社さんか知りませんが、有り難い環境巡回型サービスです。私も早速、利用者カードを作りました。 それにしても、最近のスマホ等に搭載のカメラ性能には驚きます。  週刊ナンダイ!?編集長      

      3
      テーマ:

プロフィール

福祉サンタ=古谷一成

性別:
男性
お住まいの地域:
茨城県
自己紹介:
福祉サンタ=古谷一成です。守谷市民のみなさんに高度福祉をお届けします。詳しくは、『古谷一成の守谷市政...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

月別

一覧を見る

お気に入りブログ

ランキング

総合ランキング
207565 位
総合月間
270096 位
政治・経済
546 位
ローカル・タウン情報
1305 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。