ふるさと納税でちょっぴりお得な生活。

「ふるさと納税」を知らなきゃ損!
少しの手間で各地の特産品をGETできる「ふるさと納税」の活用法を紹介します。


テーマ:

ふるさと納税は、実質2,000円というタダ同然の負担で特産品が手に入るお得な仕組みですが、本当にそんなうまい話があってよいのでしょうか?

うまい話には、おおかた裏があるもの。こういうときには、「誰が得をして、誰が損をしているのか」という、ところを分析してみると、本当に納得できるかどうかがわかります。

世の中、誰かが儲かっているということは、誰かが損をしているわけです。そこで、自分が損する人にはならないことを確認することが大事ですよね。


それでは、誰が得して損するかを寄付額50,000円でざっくりイメージしてみたのが下の図です。

     区分 負担する費用 得られる収益 差引
ふるさと納税する人 寄付金 支出
50,000
税金の軽減額
48,000
もらえる特産品
20,000
18,000
寄付を受ける市町村 特産品購入代
20,000
寄付金収入
50,000
30,000
特産品の生産者 特産品の原価
8,000
特産品の売上
20,000
12,000
本来の納税先 税収減
48000
なし -48,000


納税する人は特産品をもらえて税金も還ってハッピー、寄付を受ける市町村は現金をもらえてハッピー、特産品を供給する生産者も売れてハッピーという形で3人はハッピーです。


一方で、損をしているのは、税収入が減ってなにも得るところがないという本来の納税先です。

というわけで、わたしたちが損をする立場とはなりえないことが分かるでしょうか。


ふるさと納税の仕組みは、行政サービスの対価である税金が、サービスを提供しない第三の市町村に移転してしまうという課題をもっています。でも、それはお上の課題であり、わたしたちは素直にメリットを享受すればよいですよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード