研究テーマ一覧

テーマ:

現在行っている研究テーマ



①近世北方史料の史料的研究
近世北方史の研究は近年急速に発展している分野である。北方史は、一次史料の決定的な欠乏から長らく日本史学の分野では“異端視”されてきたという経緯がある。今日でもこの問題は解決されているわけではない。そうであるならばこそ、残されている二次史料を活用して研究を行わなければならない。しかし昨今の北方史研究は例えば歴史社会学、ポストコロニアルなどの“隣接諸科学”の理論は「援用」することはあり得ても、史料自体には目を向けてこなかったと筆者は感じており、現在でも基本的にその認識は変わっていない。

筆者は筑波大学に提出した学位論文では、中世から近世初頭にかけての北方史の基本文献と称されている『新羅之記録』(しんらのきろく)に着目し、写本の系統、成立過程、内容の史料批判、『新羅之記録』以降に編纂された歴史書への影響といった、非常に基礎的な作業を行った。この一連の研究は書誌学的手法を援用しながら、『新羅之記録』を日本史学研究の“史料”としてどのように活用できるのか一点に絞って検討を行ったものである。なお図書館情報学と書誌学との関係について大正・昭和初期の国文学者・図書館学者和田萬吉によれば、「図書館学は図書館を経営するに必須の事項を研究する学問なりとすると、その中には少くとも二個の大科目が含まれて居ることが明である。その一は図書館即ち図書の置場に関する研究で、今一は図書其物に関する研究である。(中略)第二の図書其物に関する研究はこれを書史学(BibliographyScience of books)と称して、図書の起源、変遷、発達、其形式上の種類、並に図書を成立する紙、筆、製本等の講究から、総て図書記録類を記載する方法の研究に及ぶ」(和田萬吉『図書館学大綱』日本図書館協会,1984p.25)とあり、「書史学」(今日Bibliographyは“書誌学”と通常翻訳される)は図書館学を構成する要素の一つと位置づけられている。現在ではもう一つ要素である情報学が加わり、図書館情報学と呼ばれている。

『新羅之記録』は近世初頭に成立した編纂物であるが、比較的一次史料が豊富だといわれている幕末にも書誌学的に検討が必要な重要史料がいくつかある。筆者が次に関心を持っているのは、松浦武四郎が著した『近世蝦夷人物誌』3巻(以下『人物誌』)である。『人物誌』はアイヌ民族を生き生きと描いていることで希少な史料であり頻繁に研究に使用されているが、現在引用されることが多い『日本庶民生活史料集成』第4巻所収の翻刻は、武四郎の孫の松浦孫太の手になる翻刻を参考にしたものであり、原本、もしくはそれに近い写本から翻刻されたものではない。また近年指摘されていることではあるが、『人物誌』には様々なアイヌのエピソードが収録されているが、どこまで武四郎が直接見聞したものなのか、他者からの伝聞なのか不明となっている。さらに“原本”と称する写本も2種存在し、はたしてどちらが原本なのかそれともどちらとも写本なのか明らかにされていない。このように北方史料の書誌学的研究は基礎研究として、非常に重要な位置を占めていると思われる。






②近代日本の「選書論」の基礎的研究
選書は今日の図書館界でもとりわけ重要な問題である。現在の公共図書館は、ライトノベルやマンガ、あるいはタレント本といったサブカルチャー系の図書に関しては門戸を広げているが、近世以前の和本や古文書といった資料に対してはあまり関心を向けてはいない。この点に関して従来の研究では、日本では戦前、図書館員が利用者に“よますべき本”を勝手に設定して押しつけるようにしていたが(価値論)、1970年以降は利用者が欲する本を中心に選書を行う「要求論」が主体になったからである、と説明されていた。しかし、筆者が明治から昭和初期(~1945)までに刊行された図書館学の専門書を調査した結果、戦前といえども必ずしも価値論一辺倒ではなく、要求論と如何に折衷させるかが模索されていたことを明らかにした。

日本の図書館情報学では学説史研究はほとんど活発ではない。今後も選書論を中心にして、過去にどのような意見があったのか、議論が為されていたのか明らかにしたい。


③その他




お問い合せは、 shintoru@mail.goo.ne.jp までお願いします。



AD

社会活動一覧

テーマ:

[外部委員]

1.山形県図書館協議会委員(2013年5月~現在)

2.山形県立図書館活性化検討委員会委員(2015年4月~2016年3月)

3.株式会社歴史と文化の研究所客員研究員(2016年2月13日~現在)

4.山形県立図書館情報システム再構築業務に係る事業者選定審査委員会審査委員(2016年3月9日~5月31日)

5.山形県立図書館活性化アドバイザー(2016年5月19日~現在)

6.公益財団法人米沢上杉文化振興財団ナセBA (市立米沢図書館・よねざわ市民ギャラリー)運営協議会副会長・委員(2016年8月25日~現在)


〔講演〕
1.図書館サービスと著作権(平成20年度社会教育専門研修 図書館講座〈山形県〉、於山形県生涯学習センター(遊学館)、2008年7月4日)

2.学校図書館資料としてのマンガ・ケータイ小説をめぐる諸説(平成20年度山形県高等学校教育研究会図書館部会置賜支部 置賜地区図書館担当職員研修会、於山形県立米沢東高等学校、2008年11月18日)


3.公共図書館とベストセラー-公共図書館にベストセラーは置くべきか-(平成22年度米沢まちなかカレッジ、於山形大学工学部街中サテライト(ものづくり・ひとづくりキャンパス)、2010年11月29日)


4.パスファインダー入門(平成23年度第3回山形県立図書館職員研修会、於山形県生涯学習センター(遊学館)、2011年8月22日)


5.日本文化トリビア講義「間違いやすい江戸時代の常識」(唱歌・昭和歌謡で綴る初秋の音楽会、於Blue Cafe(新潟県新潟市)、2012年9月1日


6.世界図書館史の構造:図書館の存在意義と「選書論」を中心に(山形県立米沢女子短期大学平成26年度公開講座、於山形県立米沢女子短期大学、2014年6月13、20、27日)


7.歴史学と書誌学(熊本県立大学文学部「歴史学講義」特別講義、於熊本県立大学、2014年10月31日)


8.高校図書館と選書(平成26年度山形県高等学校教育研究会図書館部会置賜支部 置賜地区図書館担当職員研修会、於山形県立米沢女子短期大学、2014年11月5日)


9.情報検索の基礎(平成27年度山形県立米沢東高等学校i-seeプロジェクト「課題探究」出前講義、於山形県立米沢東高等学校、2015年10月7・8日


10.情報検索の基礎(平成28年度山形県立米沢東高等学校i-seeプロジェクト「情報検索スキル講座」於山形県立米沢東高等学校、2016年6月13日


〔テレビ出演〕
1.武蔵野学院大学・武蔵野短期大学カレッジステーション「狭山史の“舞台”を行く」(2006年11月~2007年8月)
※狭山ケーブルテレビ出演
第1回「庚申塔と富士講の石碑」2006年11月
第2回「大正天皇陸軍特別大演習記念碑」2006年12月
第3回「成円寺の大銀杏」2007年2月
第4回「八幡神社と境内の諸神社」2007年2月
特別編「武蔵野の歴史~高橋一男記念文庫~」2007年3月
第5回「城山砦」2007年6月
第6回「川越鉄道(現・西武新宿線)線路切断事件」2007年7月
第7回「ムサシノの守り神~稲荷神社、武蔵野神社」2007年8月

2.武蔵野学院大学・武蔵野短期大学カレッジステーション「司書職員による大学附属図書館ご案内」(2007年11月~12月)
※狭山ケーブルテレビ出演


3.提言の広場第2255回「若者へ、読書のすすめ」(山形テレビ、2015年5月16日7:30~8:00放送)

※コメンテーターとしてスタジオ出演



[新聞報道]

1.古典籍のいろいろ(山形県立米沢女子短期大学オープンキャンパス2009国語国文学科体験授業、於山形県立米沢女子短期大学附属図書館、2009年6月28日)
※体験授業の様子は「山形新聞」2009年6月29日付けで採りあげられた。
※体験授業の様子は「米沢新聞」2009年6月29日付けで採りあげられた。


2..平成26年度学園都市推進協議会(山形県置賜地方)支援協力金授与事業「江戸時代の雑文家・高井蘭山」展企画・運営(於山形県立米沢女子短期大学50周年記念資料室、2015年1月27日~30日開催)

※展示の様子は、『米沢新聞』2015年1月28日付で採り上げられた。


.【渡部裕明の奇人礼賛】武田信広(上)戦国時代に北海道を制覇した「謎の武将」(産経新聞WEST、産経新聞大阪本社、2016.4.13掲載


4.「【渡部裕明の奇人礼賛】武田信広(下)「アイヌの蜂起」がもたらした覇権」 (産経新聞WEST、産経新聞大阪本社、2016.4.26掲載※拙著『北海道戦国史と松前氏』(洋泉社・歴史新書、2016.2)に記載がある武田信広=蠣崎蔵人説について産経新聞社から電話取材を受け、それが記事になった。


[展示企画]

1.平成21年度学園都市推進協議会(山形県置賜地方)支援協力金授与事業「近世のほん・もんじょの世界」展企画・運営(於山形県立米沢女子短期大学50周年記念資料室、2009年12月8日~12月11日開催)


2.平成22年度学園都市推進協議会(山形県置賜地方)支援協力金授与事業「源氏物語屛風と近世の本」展企画・運営(於山形県立米沢女子短期大学50周年記念資料室、2011年1月13日~1月18日開催)


3.平成23年度学園都市推進協議会(山形県置賜地方)支援協力金授与事業「『源氏物語』とその世界~伝えられる物語~」展企画・運営(於山形県立米沢女子短期大学50周年記念資料室、2012年1月16日~1月20日開催)


4.平成27年度学園都市推進協議会(山形県置賜地方)支援協力金授与事業「江戸・明治の国文学・国史学研究書の世界」展企画・運営(於山形県立米沢女子短期大学50周年記念資料室、2016年2月3日~2月6日開催)


[模擬授業]

1.図書館資料とマンガ(山形県立米沢女子短期大学オープンキャンパス2008国語国文学科体験授業、於山形県立米沢女子短期大学、2008年6月29日)

2.和本のいろいろ(山形県立米沢女子短期大学オープンキャンパス2010国語国文学科体験授業、於山形県立米沢女子短期大学附属図書館、2010年7月4日)

3.和装本のいろいろ(山形県立米沢女子短期大学オープンキャンパス2011国語国文学科体験授業、於山形県立米沢女子短期大学、2011年7月9日)
※体験授業の様子は米沢ケーブルテレビで取り上げられた。


4.和本のいろいろ(山形県立米沢女子短期大学オープンキャンパス2012国語国文学科体験授業、於山形県立米沢女子短期大学、2012年7月15日)


5..和本のいろいろ(山形県立米沢女子短期大学オープンキャンパス2013国語国文学科体験山形県立米沢女子短期大学、2013年7月27日)


6.江戸時代の本をさわってみよう!(山形県立米沢女子短期大学オープンキャンパス2014国語国文学科体験授業、於山形県立米沢女子短期大学、2014年8月2日)


[高大連携事業]

1.山形県立小国高等学校学校設定科目「地域文化学(総合的な学習の時間)」講師(2015年5月~11月)


[助言]

1.山形県立図書館デジタルアーカイブ事業の郷土資料電子化に関する助言(2015年7月23日)


〔その他〕
1.図書館資料論講義note(1)(『図書館綜合研究』第1号、『図書館綜合研究』編集委員会、2006年10月)19-25頁

2.図書館資料論講義note(2)(『図書館綜合研究』第2号、『図書館綜合研究』編集委員会、2006年12月)13-24頁

3.図書館資料論講義note(3)(『図書館綜合研究』第3号、『図書館綜合研究』編集委員会、2007年1月)15-24頁

4.私のノートから 「蝦夷地」を体験する北海道への旅(『鴨東通信』№74、思文閣出版、2009年6月)5頁

5.せきれい(『山形県立米沢女子短期大学教育振興会会報』第122号、山形県立米沢女子短期大学教育振興会、2009年7月)1頁

6.雪と生きる(『むらおさ』第11号、むらおさ同人会、2010年1月)6-10頁


7.雪国の夏(『むらおさ』第12号、むらおさ同人会、2010年7月)8-9頁


8.図書館情報学と書誌学と日本史学(『むらおさ』第13号、むらおさ同人会、2011年1月)7-12頁


9.大学が行う「教育」と「社会貢献」の意義(『むらおさ』第14号、むらおさ同人会、2011年7月)12-14頁


10.せきれい(『山形県立米沢女子短期大学教育振興会会報』第132号、山形県立米沢女子短期大学教育振興会、2012年1月)1頁


11.谷沢永一の図書館批判(『むらおさ』第16号、むらおさ同人会、2012年7月)10-14頁


12.「武士道」の転移(『むらおさ』第17号、むらおさ同人会、2013年1月)10-12頁


13.「書誌学的思考」のひろがり(『むらおさ』第18号、むらおさ同人会、2013年7月)11-14頁


14.明治期の学生風紀問題と図書館選書(『むらおさ』第19号、むらおさ同人会、2014年1月)11-14頁


15.「シャクシャインの戦い」について(『むらおさ』第21号、むらおさ同人会、2015年1月)13-18頁


16.生涯学習施設としての図書館のちから(『山形県生涯学習センターだより 生涯学習やまがた』Vol.4、公益財団法人 山形県生涯学習文化財団、2015年7月)2-3頁


17.教育学者吉田熊次の図書館観(『むらおさ』第23号、むらおさ同人会、2016年1月)16-23頁









AD

所属学会

テーマ:
【所属学会】
1997年~日本歴史学会
2001年~2006年 関東近世史研究会常任委員
2004年~2015年3月 社会文化史学会
2004年~北海道・東北史研究会
2004年~情報メディア学会
2004年~2012年 日本古文書学会
2005年~総合歴史研究会
2005年~2016年3月 総合歴史研究会会長
2006年~洋学史研究会
2006年10月~図書館綜合研究会会長
2008年4月~山形県立米沢女子短期大学国語国文学会常任委員
2008年4月~2009年3月 山形県立米沢女子短期大学国語国文学会『米沢国語国文』編集担当
2008年4月~日本図書館協会
2008年4月~日欧比較文化研究会
2009年~日本図書館情報学会
2011年5月 山形県立米沢女子短期大学国語国文学会会計監査
2012年7月~情報メディア学会理事
2012年7月~情報メディア学会『情報メディア研究』編集委員長
2012年9月~日本図書館文化史研究会
2013年12月~みちのく図書館情報学研究会
2014年4月~新潟県人文研究会委員
2014年4月~6月情報メディア学会第5回情報メディア学会論文賞選考委員
2015年11月~日本図書館研究会
2016年4月 山形県立米沢女子短期大学国語国文学会会計監査
2016年4月~総合歴史研究会常任理事
2016年5月~6月25日 情報メディア学会第6回情報メディア学会論文賞選考委員
2016年6月~十六世紀史研究学会

【研究プロジェクト等参加】
2004年~2007年 法政大学国際日本学研究所「日本学の総合的研究」研究プロジェクト(「私立大学学術研究高度化推進事業(学術フロンティア部門)」採択)テーマプロジェクト⑤「日本の中の異文化(アイヌ文化の成立と変容)」プロジェクトメンバー

2009年~2010年 山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所共同研究(新藤透研究代表)「山形県内の高校図書館におけるマンガ・ケータイ小説の所蔵に関する基礎的研究」
 
2010年~2011年 山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所共同研究(小林文雄研究代表)「置賜地域における豪農佐藤家文書の史料学的研究 -目録作成を中心として-」共同研究者
 
2011年~2012年 山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所共同研究(小林文雄研究代表)「置賜地方における豪農佐藤家文書の史料学的研究Ⅱ-目録分析および生活文化関係史料の翻刻を中心として」共同研究者
 
2012年~2013年 山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所共同研究(新藤透研究代表)「近代日本の図書選択論の基礎的研究」
 
2012年~2014年 山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所共同研究(小林文雄研究代表)「置賜地域における書籍の出版・流通・販売、および需要に関する研究」共同研究者
 
2012年度 平成24年度山形県立米沢女子短期大学戦略的研究推進費「近代日本の図書選択論の基礎的研究」
 
2014年度~2016年度 山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所共同研究(小林文雄研究代表)「市立米沢図書館所蔵『幼幼精義』の基礎的研究」共同研究者
 
2014年度 平成26年度山形県立米沢女子短期大学戦略的研究推進費(孫誌衒研究代表)「公共図書館における大活字本の普及と現状-山形県を事例に」共同研究者
 
2015年度 平成27年度山形県公立大学法人理事長裁量費「女子短期大学生のマンガ誌・アニメ誌・ファッション誌に関する読書変遷の研究」(新藤透研究代表)
 
2015年~2016年 山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所共同研究(新藤透研究代表)「公共図書館・学校図書館・地域社会の連係事業 : 山形県を中心に」
 

 

 

 

 

 

AD