富士山人気記事

魔の2歳・イヤイヤ期にベストな叱り方・・・私の中で

http://ameblo.jp/furinkeiso/entry-12173355893.html

自己肯定感を育てるのに大切なたった1つのポイント

http://ameblo.jp/furinkeiso/entry-12200102026.html

子育てがうまくいってない時

http://ameblo.jp/furinkeiso/entry-12178435900.html

子どもが親から言われたい言葉は〇〇〇!

http://ameblo.jp/furinkeiso/entry-12215467944.html

  • 27 Mar
    • 愛された記憶は肌に残ります

      お子さんが2歳のお誕生日を迎えた愛ある素敵なママからのお便り。先日写真館で撮ってもらった2歳記念のアルバムが完成しました(*´艸`)💓私は2歳の頃の記憶というのがなくて息子も忘れてしまうのかなぁ。。涙が出るほど笑い転げた日を夜眠れなくて一緒にジュウオウダンスを何度も何度も踊った夜を一緒に泣いた時を書ききれない程の時を忘れてしまうのかなぁ。。(キーキー怒ってる母さんの顔はスポーンと忘れてほしいけれども(´-`)笑)けど。2歳の記憶には残らなくても心や肌にうっっっすらとでも温もりや「ボクは愛されていた」という想いが残りますように。。アルバムを見ながらそんなことを思いました(*´꒳`*)🍀可愛いですね💕記憶には残らなくてと肌に脳に心に染み込んでますよ〜♡愛された記憶は一生もの。記憶に残らない時間こそ宝の時✨ママに愛された心の奥の記憶は、思春期以降、一生涯、お子さんの心を支える宝物です。人生上のどんな困難なハードル越えをも支えます。夜中のジュウオウダンスなんて素敵な💕ママは忘れられないですね。夜泣きで途方にくれる時、困り果てた結果のジュウオウダンスだったのでしょう。涙、出ちゃいました。子育ての日々はこんなふうに辛いことしんどいことめんどくさいこと苦しいことも山ほどある。逃げ出せなくて誰かになんてとても託せなくてどうしていいか分からなくても何とかしなくちゃいけない局面を幾度となく乗り越えて今がある。ママってすごい。向きあった日々の積み重ねが素晴らしい。子どもの姿で返ってくるからお楽しみに。

      NEW!

      33
      テーマ:
  • 26 Mar
    • お母さんへの想い

      私はお母さんのことが大好きなのに大嫌いだと勘違いしていた時期がありました。大学生の時、久しぶりに帰省した実家で両親がモメるのを見てウンザリした時とか初めての里帰り出産で大げんかして2ヶ月の予定をやめて 「明日、帰る!」と婚家に戻った時。母は、土地柄に輪をかけて口下手な性格。人(特に身内)を褒めたり、共感したりすることが極度にできなかったのです。そんな母をみていて私はずっとずっと褒めて欲しい認められたいかわいいって言って欲しい大好きって言って欲しい宝物はふみえって言って欲しいのにのに言ってくれない人=母だとずっと思って不満を抱えていました。抱っこやスキンシップも記憶がない。これも後から分かったことですが当時の母子手帳にはスキンシップは自立を妨げるというような記述があるのです。真面目な母親ほど子どもとのスキンシップをあまりとらなかった時代だったのです。スキンシップがどれほど子どもの心を安定させ親子の絆を深めることか。をおもうと、この当時の母子手帳の記述がいかに罪なものであるか。考えさせられます。のちのち、母がどれほどに深い愛情をかけて育ててくれたか気づきました。見てるところが違っただけでした。母はその深い愛情を言葉ではなく行動でしめす人でした。いつもいつも、手作りのご飯や、おやつや、洋服で育った私。母は専業主婦だったのでいつも見ててもらって寂しい思いをしたこともなかった。いつも元気で笑いの絶えなかった母からパワーをたくさんもらったのでしょう。当たり前のことだったけど自分が母になり母がしてくれたこと一つひとつが当たり前ではないことが身に沁みます。私は自分の子どもたち4人みんなに母のように接してあげることはとてもできていません。子どもだった私が欲しかった愛情と母が自分なりに一生懸命かけた愛情の色合いがちょっと違ってた。ただそれだけ。それだけのことなんだけどなかなか難しいのね。親子って不思議ね。言葉が足りない不器用な母を愛おしくありがたく思う今に感謝。そして母がしてこなかった抱いて抱いて抱きしめ尽くす子育て愛情ある言葉を注ぐ子育てに心をかけている今の私も愛おしい。自然にそうなるしそうしよう!と心がけて日々を送っていますがそれでもきっと私だってこの子たちから足りなさや不甲斐なさを何かのときに思い知らされる日が来るかもしません。子どもの求める愛情と親の注ぐ愛情の形や色合い。ズレたり、すれ違ったり、完璧はないかもしれない。だからこそギュッと抱きしめるだけで天使の笑顔を返してくれる赤ちゃん期はやっぱり抱いて抱いて抱きしめ尽くすこと。その時子どもの求める愛情と親の注ぐ愛情の形や色合いがパーフェクトに一致している。その瞬間を積み上げていきたいと思う。そんなことを想った雨の朝。1日100回大好きと言って抱きしめて宝物だよととびきりの笑顔で元気をあげるママだって疲れる時はできなくていいから気づいたらやってあげてね

      50
      1
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 子どもはみんな

      偶然、撮れていたらしい動画、発掘!(音声をお聴きください)子どもはみんなこれに尽きるのね。        だい    だい    だい    だい    ママ    だ〜いすき                  当たり前の日常は奇跡

      30
      テーマ:
  • 24 Mar
    • 「わたしなんて母親失格?」と思ったあなたへ

      失格じゃないですそんな時もあり無性に可愛い時もあり色んな時があってそれでも親子です。血は濃いし(知も濃いよ。養子さんも)日常の積み重ねが長い時間かけて親子の絆をたくさんの襞(ひだ)と共に築いていくのですから大丈夫です。今はじっとその感情もあり!と開き直って認めて受け入れて許してくださいね。自分を許して大丈夫です。今のその辛い気持ちはじーっと、感じきって。感じきったそのあとに、また元気が出て来たらニコッと子どもに心からの笑顔をまた向けられる時間も戻ってきますよ。子どもをかわいいと思えない時があってもいいんです。大丈夫だよ。急がなくていいから。焦らなくていいから。大丈夫です。ふーっと息吐いてリラックス・・・少〜しずつ、少しずつね。大丈夫。

      46
      テーマ:
  • 23 Mar
    • 大好きです!今これを読んでくださってるあなた!のこと

      お話会で出会ったママたち、ブログを読んでくださるみなさんとの子育ての苦悩と幸せの共有は何よりの私の宝物です♡Photo by Motoki日常は奇跡。今ある日常は当たり前じゃない。幾重にも積み重なった貴重で素晴らしい奇跡のその結果が今。目の前の子どものすべてを愛そうと思う。その前に自分自身のすべてをも愛そう。愛し 愛され、しあわせに生きる泣いて笑って、 しあわせに生きるそれが生まれて来た理由なのだから。

      42
      テーマ:
  • 22 Mar
    • 子どもが「保育園行きたくない・・・」と言い出した時読むブログ

      子どもが「保育園に行きたくない」と言い出したらそれはママへのパパへのラブレターと思ってください。そこには大好きだから一緒に居たい。と書いてあります。本当にお仕事をお休みして一緒に居てあげてとは言いません。いえ、できるならそうしてもいい。でも普通は、簡単にお仕事をお休みすることできないでしょう。だったらお迎えに行った時、笑顔で「ただいま!  お仕事行ってきたよ。  待っててくれてありがとう!」とギュっと抱きしめてあげてください。おうちに帰ったら大好きだから一緒に居たいその気持ちに答える時間をとってあげてください。ない時間の中を工夫してでもやってあげてください。そのラブレターのお返事はきっとこんな感じパパもママも大好きだから一緒に居たい。同じだよ。これが伝わるには目の前のこの子にどう接したらいい?それを工夫して実際に行動してあげてください。Aちゃんにとってそれはお散歩かもしれない。Bちゃんにとってそれはパパの肩車かもしれない。Cくんにとってそれは大好物のママのハンバーグかもしれない。Dくんにとってそれはママと2人だけの時間かもしれない。Eくんにとってそれはくっついて寝ることかもしれない。Fくんにとってそれは厳しい躾をゆるめてもらうことかもしれない。Gちゃんにとってそれは一緒にゲームすることかもしれない。Hくんにとってそれはパパとママが仲良く笑ってる場面を見ることかもしれない。Iちゃんにとってそれはよくがんばったね。と褒めてもらうことかもしれない。Jちゃんにとってそれは長所を認めてもらうことかもしれない。Kくんにとってそれは台所で一緒にお料理することかもしれない。たとえ、1歳であってもね。Lちゃんにとってそれはママが家事をサボって気楽に笑っていることかもしれない。Mちゃんにとってそれはなんですか?あなたの目の前にいる保育園に行き渋っているその子にとってそれは何ですか?これかな?あれかな?こうかな?って楽しめばいいです。ラブレターのお返事は親子の絆を作るヒントを考えるビッグチャンスです。だから保育園に行きたくない!と言いだしたら困らなくていい。我が子オンリーの我が子オリジナルのお返事を工夫して関わるチャンスなのですから。我が子にフィットした答えを見つけたとき、それを行動に移して実行したとき、子どもは自然に保育園にまた元気よく行けるようになるんです。心を満たす。大事なことです。日頃から1日100回大好きと言う毎日のように長所を生活の中で散りばめて話すギューっと笑顔で抱きしめるあなたはパパとママにとって大切な宝物だよと伝えるこのような日々を送っていると行き渋りや愚図りなどで現るラブレターが来ることはそんなにありません。ラブレターが来ないってことは親からの日々のラブレターが心に届いてるってことだから喜んでください。子どもからのラブレターは来たら親力アップのチャンス来ないなら親力力に太鼓判と、どちらも素敵なことなんです。子育てはうれしくて楽しくて苦しくて最高です*\(^o^)/*

      57
      テーマ:
  • 21 Mar
    • 保育士さんに愛を

      ママと赤ちゃんたちがホッとする場所何でも話せる場所そんな素敵なサロンが横浜にあります。Umiのいえ→⭐️女将のまきこさんのFB記事をシェアします!これから保育園に子どもを預けてお仕事復帰されるママ、パパたちぜひ読んでください【保育園を守る】保育士と朝 握手する。保育士とハグをする。保育士の背中をなでなでする。先生もお疲れさまね〜先生ありがとうね〜と感謝を伝える。自分の代わりにお母さん役をしてくださる方々だもの感謝感謝。こどもに優しく触れて愛してほしいと思うなら、まずは、親が態度で示そう。愛は循環させないと。どうしたら、我が子が安心して眠ったり笑顔でのびのび遊べるか、「もう一つのお家」になる保育園を、ただ利用するのではなく、共に作っていくことに心向けてみよう。それには、保育士がまず幸せかどうかを感じてみよう。なんとありがたいメッセージでしょう。保育士の私はうれしくありがたく思います。そして親としての私は子どもに与えてもらっている愛を保育士さんにちゃんと循環させてることができなかった10年前の自分を悔やんでもいます。10年前、同業者でありながら、苦情、要望をドカンと伝えたことがあります。きっかけとなる出来事はあったし、その時の自分はそれが正しいと思っていました。でも後から感謝が足りなかった自分のあり方の方も問題だったことに気がつき、愕然としました。感謝より苦情や要望を伝えることで1番マイナスの影響を被るこは子どもです。気づいた時には本当に後悔しました。申し訳ないことをしたんだと心からの後悔でした。でも気づいた時からが 挽回のチャンス!そう思って、頭を下げるような思いで保育園にお世話になってきました。今は本当に我が子をみてくださっている園の先生たちには感謝しかありません。素晴らしい先生に恵まれています。もっともっと直接、先生たちに感謝を表さないとまだまだ足りないなぁとこのFB記事を見て感じたのでした。【保育士さんに愛を】

      39
      テーマ:
  • 20 Mar
    • ママごめんね・・・

      もうすぐ小2の二男がママごめんね・・・と言う一体何事?!と身構えましたがママよりも大好きな子がいるんだ。ゆ◯ちゃん!と報告してくれましたそうなのね。さみしくないよ、ママはうん。さみしくない。笑笑常日頃、発言が神ってる二男口癖の鼻歌はなにが あってもだいじょうぶぅっこの二男、 どうやってそだったかを語るにおっぱいは外せない話。おっぱいを語らずして二男を語れず。というほどの超おっぱい星人でしてずっとずっとおっぱいを飲んで育ちました。今も触っています、爆!寝ながら!母の服の中に手を入れている。いい加減やめてくれーと思う日もある。どのくらいの期間飲んでいたかというと生まれた2時間後からずっと3歳まで。そしてさらに、弟が生まれた時には出戻り授乳までありました。最終的に4歳で自分から離れていきました。生まれた時からずっと出戻りになった時も母乳を全肯定・全受容してきました。4人の中でも最強にスキンシップ満ち満ち満たされて育った子です。順調に自己重要感を育んでいるようです。ママより大好きな子を見つけました小2目前の春の出来事〜スキンシップがほぼほぼ完璧なレベルで満たされて育つとこうなります。(現在7歳3ヶ月)さみしくないよ、笑今日も大切な子どもに。家族に。1日100回大好きと伝えましょ私は子ども4人そして夫なので500回ですかんばれ!私今日もがんばるぞー

      46
      テーマ:
  • 19 Mar
    • ”子供が失敗したとき”

      失敗こそチャンスですよね。素晴らしい私も そうしようと思いました私もみなさんから教わっていますよこの記事にある対応、本当に素晴らしい╰(*´︶`*)╯♡で状況によっては・・・イライラしないこれが1番難しいのではないかと思います。↑実体験そんな時こそマインドフルネスを活用しましょ。あ、今、私。子どもの失敗にイライラしてるな。とただ、気づくそれがマインドフルネスです。それだけで次の気づきや行動へ移れます。イライラしてることを責めないでね実は自分を責めてしまうことが1番子どもにとって良くないんだよ。これで、良い❣️とニコニコしていれば子どもは安心、幸せなんです。たとえ、さっき、怒られたり、怒鳴られたりしたとしても、ママがニコニコしていればあ!怒られたんだ!次行こー!次から気をつけよー!と自然に思えるんですよ、子どもも。心の中で自分を許そう。

      42
      テーマ:
  • 18 Mar
    • 今、子育ての辛さの真っ只中にいる方へ

      夜泣きジダンダ両手に荷物でも抱っこせがまれる夜中起こされてトイレ行く寝ずの看病思春期無言    ←今ここ。我が家。寝顔柔らかいほっぺママ〜って走ってくる笑顔ベッドにもぐりこんでくる初めての一歩hugのぬくもり涙のときも宝のときも全部最後のときがくる終わりがあると知って少し荷が下りますか?気持ちが楽になりますか?そうなら嬉しい。けどそれでもなお、ずっとすっと今の辛さが続くような気持ちが拭えないとしたら子どものことよりご自身のことを見てあげて聞いてあげて撫でてあげてそれでいいよ。大丈夫。と言ってあげて自分で自分を抱きしめるのです。どんな自分も子どもをかわいいと思えないことも全部をそれでいいと受け入れ、認め、許し、愛してあげてください。できますよ。大丈夫です。今度お会いした時には私も大切にGugします。合言葉は・・・そうだなぁいいえ、無くてもわかるでしょう。瞳をみて大切にGugさせてもらいます。それでいいよ。大丈夫。子どもたちは大丈夫です。ママを選んできていますから。まずは、自分を愛そう。今日も素敵な1日を当たり前の日常は奇跡なのだからメッセージやコメント、全部読ませていただいています。お返事なかなか追いつかなくてごめんなさい。ありがとうございます。毎日メッセージくださるあなたへ書きました。いつもありがとう。そしてUmiのいえ・で検索して本当に会いに来てくださいね。

      49
      1
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 3歳以下のお子さんを育てているパパ、ママへ

      3歳以下のお子さんのいる愛ある素敵なパパ、ママたちへ親が子どもの心の3大栄養素をあたえることはとても大切なことです。スキンシップ笑顔プラスの言葉かけこれが心の3大栄養素。例えばこんなこといつもの1日100回大好きって言おう長所を100個見つけて日常的に伝えよう  大好きなママの笑顔が見ていられる抱っこして欲しい時にしてもらえる大好きたからものと言ってもらえる↑これが普段の親子関係の中で満たされていれば子どもは心が安定して強く育つから何があっても大丈夫。ハードル越えがスムーズに行きます。こういうことが不足する場合には子どもは言葉で「これとこれとあれが不足です!」と言えない分・・・泣いたりぐずったり行動の異変身体の異変で表してきます。 2歳3ヶ月で弟が生まれたTちゃん。直後から指しゃぶりが始まりました。「謎の指しゃぶりが始まってやめさせたいのですが」と親御さんからのご相談がありました。指しゃぶりは「サイン」です。こっちを見て!私を見て!という心の叫びが現れたサイン。弟の誕生は嬉しさと今まで自分に集中してきた親の関心が赤ちゃんにいってしまうことへの寂しさと、どちらもあって指しゃぶりはその寂しさを自分で吸啜することで自分を癒しているんです。「サイン」というのは様々なものがあります。どもり、チック、指しゃぶり、夜泣き、夜驚症、夜尿症、場面緘黙、腹痛、円形脱毛、から弟に乱暴したり友達に乱暴するような形で 出ることもありますから指しゃぶりならラッキーなくらい。    Tちゃんのご両親はここで「サイン」に気づきTちゃんの心の安定のためにがんばりました。それまでは、抱っこと言われたら重いからもうお姉ちゃんだからと断っていたそうです。しつこく言われて仕方なく抱っこしてもすぐに降ろしたり。それをやめて、Tちゃんの気持ちをよく聞いてあげることにしたのです。抱っこと言われたら気持ちよく抱っこしてあげているとTちゃん、自分から降りることも出てきたようです。子どもは満たされれば求めて来なくなるのです。これは、ぜひとも覚えていてください。ありのまま、受け入れてもらうことで自尊心が育ちます。自分を好きになれるのです。それには親の関わりが何と言っても重要です。パパだってママだって疲れているでしょう。抱っこすら大変な時があるでしょう。すごく分かる。それでもやっぱり小さければ小さいうちがチャンスなのでやっぱり子どもの心を満たすことありのまま受け止めてあげることは本当に大切。一緒にがんばりませんか?できる時にできる範囲で子育ては気づいた時からやり直しは効くものですから大丈夫ではあるのですが小さいうちに子どもの行為に悩まされていることは本当にラッキーなこと。子どものありのままを受け入れ欲求を満たす必要があるサインが飛んでくるのが思春期だとそれは、親にとってヘビーなのですものすごく。 3歳ならTちゃんの例で分かるように抱っこくらいで済むようなことが思春期ではそうはいかなくなることは容易に想像がつくでしょう。その時期、その時期に、満たされなかった欲求は、見過ごされ、スルーされると学童期を潜伏期として思春期にドカンと出てきます。そこも通過してしまうと大人になってから、苦しいモヤモヤ感、自己否定感に  気づくこともあります。ここまで来るともう親の範疇ではなくなりますが本人が苦しいですよね。子どもの苦しむ姿は   親にとっても辛い。小さい時に何とかしてあげられたことなのです。だから乳幼児期は本当に大切なのです。「乳幼児期の子育ては一過性のものだから」という言葉に出会ったことがあります。心の育ちについて言えば一過性のものだから。と見過ごしたりスルーしてはいけない大事な時期なのです。1人の人の心の土台固めをする重要な重要な時期です。抱っこ❣️と言ってきたらチャンス到来その時が旬。旬を満たそう。すぐに抱っこして。両手の中に抱きしめて抱えあげる体重である時期までの子育てが最重要なのです。抱っこ抱っこ抱っこ抱っこ・・・で抱きつくして育てましょ肌の温もりは何よりのプレゼントです。普段から心の3大栄養素をあたえることをやっていれば弟が生まれても保育園に預けても公園でおもちゃをとられても何があっても大丈夫です。両手が荷物でふさがっていて大変な時でも全部かかえて抱っこした………その大変さをしっかり味わって抱きつくした子育ての実感は何があっても大丈夫!と自分にも子どもにも言える自信になります。子育ての日々は過ぎてしまえばあっという間。でも渦中はつらい。辛過ぎて泣いてもいいです。弱音を吐いてもいいんです。ここに書いてあるような理想的な対応がいつもできなくてもいいんです。できなくてもいい。できる時にできる範囲でいいですよみんな大丈夫数億の奇跡を超えてみんな生まれてきたから。日常は奇跡だから。みんな大丈夫それでいいんだ!

      82
      4
      2
      テーマ:
  • 16 Mar
    • パパのしつけが細かくて… とのご相談がきました。

      愛ある素敵なパパ、ママへパパのしつけが過多になり過ぎていたとしても大丈夫ですよ。ママはそれを気にしないでニコニコしていてください。(できなかったらご相談ください)パパの接し方や躾の方針をママが認めてなかったり不満に思うことのほうがお子さんにとってはマイナスになります。パパにはパパの考えや、愛情があってしていることなので心配しないで、ママは、叱咤や指示、命令が多くなり過ぎないように自分自身がそうあれば良いだけです。   ママからは安心感を、パパからは社会に出て必要なことをそれぞれ身につけさせてもらえれば子どもは良い方向に育ちますからね♡パパを信じて、息子さんを信じて、ママは肚をくくって、ニコニコしていることです。息子さんに、愛情ある言葉をかけて、共感の愛で包んであげると良いですよ。パパを変えようとしないで自分がこう。と思ったことをまずはやって子どもの心を満たせるよう心がけてみてね。産んだのは私たちだけど周りのみんなに支えられてこそだからね日々を泣いて笑って悔やんだり悲しんだり怒ったりしながらすこーしずつ、すこーしずつ、子育ての醍醐味を知っていくのです。うまくいかないことも含めて楽しくなっていくから大丈夫です。いつも「1日100回大好きと言ってます!」というメッセージをくれるママから、「子どもからも大好きを連発してもらえるようになって まいにち幸せです。」とメッセージをくださいました。自分が発しているものが返ってくるだけそれだけなんです。パパを変えよう、変えようとしても意味ありません。パパを変えようとせずにニコニコ笑顔を向けていましょう。何か行動を変えるとしたら、それはパパではなく、自分自身。そうしてるうちに最終的にパパもイメージした方向へと自分から変わってくれるかもパパのしつけや子どもに対する接し方にケチをつけないで私たちが、そうなように、パパも 良かれと思って一生懸命なだけなのです。

      44
      2
      テーマ:
  • 15 Mar
    • 保育園の先生に苦情、要望を伝える前に読むブログ

      読者の方からのメッセージです。※要約済み保育園で保育士同士が子どもの目の前で言い争いをしているのを目撃。他のクラスの保育士に言ってしまったのですがふみえさんのブログ記事「保育園の先生の言葉に傷ついた時に読むブログ」読んで言うべきではなかったか?と思ってしまいました。それに対する私のお返事です。子どもの前で言い争いをするのは、保育士として、最低限のマナーを欠いています。保護者が、目撃してしまった場合、気になる場面ですね。心配になったことでしょう。黙認するか?何らかの形で伝えるべきか?悩むところですね。今回のことは、すでに他の保育士に伝えたということですので、ご自身の判断に自信を持ってくださいね。他の先生から言われてハッとして気づいてくれれば良いですよね。やはり、子どもたちのためにも。きっとプラスの方向にいくと信じましょう。保育士間のモラルが高まるきっかけになるでしょう。何らかの要望やクレームを伝えたい。そんな時のためにも、日頃からの関係が大切になってきます。「あのお母さんに言われたら仕方ない!」と反省してもらえるような印象を普段から持ってもらっておけば大丈夫。毎日、子どもを預けていることの感謝を伝え、先生との信頼関係があれば、大切な時に本当に必要な要望は通じやすくなりますよね。明日もお子さんを預けられますよね?明日から笑顔で挨拶して、感謝の気持ちを伝えるように更になさってはいかがでしょうか?下の子の担任の先生との信頼関係も、まだまだ積み上げていかれると思います。私のこの記事の内容  ココ→は、どんなことがあったとしても、保育園は子どもたちが愛情をいっぱい受けて育つ場所でなければならないんです。そのために親としてできることは何でしょうか?それを自分自身にもみなさんにも問いかけたくて書いたものです。私自身、保育士でもあり、我が子をあずかってもらっている保護者でもあり、両方の立場におります。保育園と保護者の関係はとても大切です。子どもに影響しますから。同業者でありながら園にクレームをつけた苦い経験があって、自分の反省から、とても訴えたい内容だったのです。楽しい保育園ライフを送ってくださいね。お返事はここまで。愛ある素敵なパパ、ママたちへ色々なことがあると思います。保育園は、長い方だと6年間通うところです。保育士もプロですが未熟なところもあり、保護者だって未熟です。←私がそうでした。お互いが成長過程にいるんだと思い、子どものために協力し合い、高め合い、愛を循環し合って信頼関係を作っていけたらいいなと強く思うのです。過去に我が身の未熟さのために、それができなかった経験があるので。ただ、やはり、それでも子どものために何でも我慢しろではなくきちんと伝えるべきクレームや要望もあるでしょう。そんな時のために、できることはあります。この記事の方が目撃した場面のように子どもたちの前で保育士同士が言い争いをするなんてことはやっぱり良くないことですから。まぁ、本当に信頼関係を深めるために、子どもの前で言い争いをしてしまったら、仲直りも子どもの前でしてください!とその保育士さんたちには言いたいですが。話がそれましたね、きちんとした要望やクレームや改善点を伝えたい時、日頃からの関係が大切ですよね。いつも感謝を伝えておく。これ、本当に大切です。保護者から先生に感謝を表す⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎子どもが先生から愛情をたくさんもらうこれが愛と感謝のループ。我が子の周りにこのループをたくさん作ろう。それが働く親にできる1番大切なことです。保育園は、子どもが愛をいっぱい受けて育つ場所でないといけないのです。まずは、保護者から愛と感謝をだそう。10年前、2番目の時に、真逆をやってしまった私だから実感こめてそう言っています。その後、3番目4番目もずっと保育園にお世話なっています。先生たち、本当にありがとうございます自戒をこめて。

      53
      2
      テーマ:
  • 14 Mar
    • 子どもの前で夫婦ケンカしてしまったら時に読むブログ

      我が家では夫婦ケンカしてしまったらできる限り仲直りも子どもたちの前でするようにしています。両親の雰囲気をみて人との関わり方を肌から吸収してると思います。家庭の雰囲気って本当に大事ですね~。⤴︎自分に言い聞かせてもいます!ケンカしてもいい気持ちを出し合ってもいい仲直りしてもっと仲良しになればいいのです。そうしたら、自分の気持ちをはっきり言うこともぶつかり合うことも肯定できるでしょう。ケンカしても乗り越えてもっと仲良くなれるんだと知っていたら人生は楽しいですよね。私の両親は何でもかんでも明からさまに言い合う夫婦で晩酌の肴のコトから家の改修に至るまで事の大小に関わらず、よくケンカしていました。ケンカしたきりなんとなく日常に戻ってしまうので両親の仲が悪い(と思い込んで)と思ってきました。何でケンカばかりするの?仲良くしてーーーと思ったり、思春期以降は、そんなに仲良くないのなら離婚すればいいのに。とさえ思って・・・こんな夫婦にはなるまい!と仲良し両親の元で育った旦那さんと結婚しました。義父母の仲の良い雰囲気には今でもいつも癒されます。で自分の両親の話に戻しますね。2人はケンカばかりしていたのですが仲が悪かったわけではありませんでした。私がそのことを知ったのは父の死期になってからでした。大腸癌で闘病していた父は施術室に入る時母と手を握り合っていました。2人は見つめ合って言葉は無くても心が通い合っていました。初めてみる睦じい両親の姿。手術前という局面でありながら私の中にあたたかいものが流れ込みこれまでのすべての心の澱がスーッと溶けて幸せな気持ちに満たされていきました。そして術後、余命宣告を1年半ほど更新。念願だったうちの末っ子と姪っ子2人の赤ちゃんとの対面も果たし、人生の最後の時は家がいい。と入院を望みませんでした。母は全て受け入れ家で看病しました。大変だったと思います。父は亡くなる数日前、大好きだった「シラス入り卵焼き」を母にリクエスト。それが最後の食事になったそうです。父は慣れ親しんだ家で大好きな母に最期を看取られながら逝きました。幸せだったんだと思います。2人とも。最後はこうなるから大丈夫。本当はあの2人、けっこう仲良しやきね。と小さかった頃の私に言ってあげたい。両親のラストシーンは感動ものです。でももうすこし早く本当は仲良しだよ、大丈夫だよって知っておきたかったよ日常で感じて育ちたかったよ照れ屋な両親だったからおおいなる勘違いしちゃったままでした。だいぶ損しちゃいました。本当は仲良しだけど、ケンカばかりしている分かりづらい夫婦関係は子どもを混乱させこんなふうな子ども(私)が悲しんでいるのでやっぱり夫婦仲良くできるなら夫婦ケンカしてしまったら仲直りも子どもの前でしてあげてください。夫婦ケンカって、しないようにしてもしてしまうことも私もあるしそれでいい!子どもの前でケンカしないようにしてもどうせ子どもにはバレますし、ケンカしてもいいけど…ね╰(*´︶`*)╯♡夫婦ケンカしてしまったら仲直りも子どもの前でしてあげてください。強く望みますお願いしますよラストシーンを思い描いて子育てしたいです。10年後、20年後、目の前の我が子の目がキラキラ輝いていられるように今できることを。今しかできないことを。親だからできることを。大切に伝えていきましょ日々のなにげない生活の中で。私もがんばります。

      39
      テーマ:
  • 13 Mar
    • 習い事やめる?か続ける? ゲームはOK?それとも禁止?などで悩んだ時に読むブログ

      習い事のことやゲームのことで以下のような質問をいただくことがあります。今が辞めさせるタイミングなのかどうか?子どもはやめたい!と言い始めたが何事も根気よくできる子になってほしいので続けさせたい!ゲームばかりしてルールを守れなくなったらどうしたら良いでしょう?など。その前にちょーっと待った旦那様と仲良くしていますか?Yes!と答えた方はこのあと、読み飛ばしてここから下を読んでください。Noと答えた方は子どもの習い事やゲームの悩みは一旦、横に置いといて 夫婦仲良くしてくださいね。旦那様とコミュニケーションをよくとるなど・・・できることから始めましょう。なぜなら習い事が続かないのもゲームに過剰にのめりこむのも心の安定が不足しているからかもしれないからです。お勉強よりしつけより習い事よりゲーム禁止よりなによりもまずは心の安定です。子どもにとって、何をやるにしても心の土台が安定していることが大切です。 心が栄養満点で安心していたら、好きなことを好きだと言えるし習い事もがんばれます。まず、夫婦仲良しであれば子どもの心は安定します。安心感を与えてあげられるのはやっぱり家庭です。お母さんお父さん2人の姿が大事なんです。幼稚園の先生も保育園の先生も学校の先生も精一杯 がんばってくれるけど友達からもパワーはもらえるけどそれでもなお1番大事なのは家庭です。もし今、ちょっと夫婦仲良しではなくても大丈夫。色々やれること、工夫できることはたくさん あります「家庭が大切」のテーマ欄にこれからも、散りばめていくのでよかったら、また読みに来てください子どもも夫婦仲も安定させて泣いて笑ってハッピーにいきましょ夫婦仲良くできる仕組みをいっぱい作って、1日100回大好きと言って、子どもたちに伝わりやすい 方法で愛情表現を繰り返す毎日があれば、習い事なんてやってもなんなくてもどっちでもいいこと。無理強いはダメだけど。ゲームはがりしてても優しい子には育ちます。本当です。宿題忘れたって片付けがなかなかできなくたって心が安定していれば何でもがんばれるし、自信のある子に育ちます。人から好かれて助けられて望みが叶っていく人生が送れます。大丈夫ですよ、その習い事、いつ辞めてもいい。本人がやりたくなければやめても全然大丈夫です。嫌がっていることを続けさせても「継続力」を育てることはできませんよ。子どもはみんなたのしい!ワクワクする!ことなら親が辞めさせようとしても夢中でやります。夫婦仲良い家庭で育って安定している子は、今の習い事をやめてもまた次に好きな事、やりたい事、ワクワクする事を見つけてくる力をも持っていますからあまり心配しすぎないで大丈夫。ゲームにしても同じ。安定している子どもは、ゲーム以外の こと、もの、人など 何でも他の楽しいことにも目を向けられます。ゲームにまつわるルールを守る力もちゃんとありますから、信じてあげましょう。(ルールを話し合って作ったり守るための工夫も、具体的に必要なのはもちろんですが)楽しいことできるよ、ルールも守ろうね。と。ちゃんと伝えたらあとはもう、信じてあげて今日も1日100回大好きと言って子どもの心にたくさん栄養をあげましょ一緒にね私も4人分で400回がんばります

      51
      テーマ:
  • 12 Mar
    • 保育園の先生の言葉に傷ついた時に読むブログ

      保育園の主任の先生からいろいろな指南や指摘を受けて、その言葉に傷ついて困っているという相談がありました。例えば、こんなこと言われたことはありますか?子どもがかわいそうだから、土曜日の登園を控えるよう言われた。お昼寝の時に使うお布団を洗ってくるように言われた。離乳食の進め方について、家の様子と違うことを非難された。(家のほうが進んでいる)熱は無いのに咳や鼻水だけで休むよう言われた。納得いかないなーとモヤモヤしてるママ、パパたちもし居たら・・・読んでくださいね。初めまして。保育士です。4児の母です。嫌な思いされましたね〜。離乳食は、お子さんの様子に合わせてやってあげてください。保育園のほうがわかってないこともあるんですよ。ほんとにごめんなさいね。布団は洗わないと思います。干しますよね。普通ですその感覚。お仕事で土曜日預けるのは、もちろんOKです。平日も全部登園ですか?週6登園?その場合、子どもの体調や心の安定の面でキツイ部分はあるかしれません。親ではなくて、子どもサイドのことです。特に0歳児にとっては、1番疲れがたまってる土曜日に、担任以外の保育士と過ごすことは(土曜日はローテーション勤務ですから)かなり負担です。1歳児にも2歳児にも言えることです。月曜〜金曜の登園では泣かない子どもが土曜の朝にはお母さんとの分離で泣くことがあります。いつもと違う状況が子どもは不安です。毎日通って来ている場所なのに。安心できる場所、人とであれば大丈夫なのだと思います。土曜出勤で預けたら、平日は1日休むとかだと全然、印象は違うかもしれませんね。仕事に支障ない範囲で、可能な限りはそうされると子どもにとっては快適です。集団生活は楽しいけれど、子どもには負担な一面もあるんです。年齢が小さければ、小さいほど、集団よりも家庭で過ごす時間を少しでも確保したほうが、実際、情緒は安定しているのは確かです。先は長いです。心の問題は思春期にドンドン出てきてしまうので、あの時、一緒に過ごす時間を優先しておけばよかった・・・と後悔がないと良いですね。お金払ってるから、預けて当然!って(そんな態度とってないと思いますが)昨今、あからさまにそういう親御さんもチラホラいらっしゃいます。お仕事の状況や個別のご事情がおありで逼迫している場合ややむを得ない事情がある方は仕方がないし、保育士は、週6登園してくる子どもたちも楽しく過ごせるよう最善を尽くしていると思います。高い保育料を払っているのだから、毎日預けて当然!という保護者の方の中に、子どもの心が安定を欠いていることに全く気づかないことも多く、保育士が心配になるご家庭も実際あるのは事実です。子どもを預けることは物を買うこととは違います。お金払っているんだからめいっぱいサービス受けて当然。と思っていたら子どもから思わぬサイン(問題行動など)が飛んでくることもあります。〇〇さんのお子さんがそうなると言ってるわけではありません。そういう子ども側の見方に配慮していることを差し引いても、その主任さん?は、ちょっと、かなり、言い過ぎだと感じます。多分、愛が、足りないんです❣️気にしないようにして笑顔で「いつも預かってもらっておかげさまで仕事できます。ありがとうございます」って言えるなら言ってみてくださいね。保育士に愛が回ると、その愛で結局は、自分の子どもが愛されます。他の先生に相談したり、園長に相談する前にちょっとトライしてみていただけませんか?今はまだトライしてみる価値のある段階ではないでしょうか?〇〇さんよりもお子さんの方が先生と一緒にいる時間は長い訳ですから園側も、〇〇さんの方からも、お互いに今よりも心地よい関係を作っておくことはお子さんへのプレゼントになりますよ。偉そうに言ってごめんなさい。おせっかいですが敬意をこめて。どんなことがあったとしても、お子さんが笑顔で園に行ってると良いですね。毎日の送迎と子育てとお仕事、本当にお疲れ様です♡

      73
      1
      テーマ:
  • 11 Mar
    • おかげさまで♡自分をぶっちゃけた╰(*´︶`*)╯♡

      岡田さんってほんとすごいのよー明快だし私にとっては狭い「枠」を広げてもらえて力をもらえる学びが多いブログです。ありがたくてありがたくて。この記事【モノゴトの見方】AだろうがBだろうが幸せな人は幸せで、不幸な人は不幸ということのおかげさまで自分のことをぶっちゃけられました╰(*´︶`*)╯♡100万円以上の価値があるコンサルと受け取りました。イェーイ╰(*´︶`*)╯♡また一歩自分がわかったのでまた一歩スキンシップ大切って使命感と幸福感をもってドシドシ伝えていきますよ。誰よりも子どもたちから行けーーって言われているからね

      25
      テーマ:
    • ぶっちゃけカッコ悪いし、黒い感情がおっぱいあるのよ、アハハ

      少しだけ私自身のことを・・・書きます。長いから読まないで。笑恥ずかしいから 読まないで。笑4児のママです。保育士をしてます。育休たっぷり取らせていただいて休んだり復職したりを繰り返して何とか19年退職せずに続けてこられました。子どもが大好きです。それはもう本当に好き。歳の離れた いとこ がいたことや、母が家でベビーシッターをしていて赤ちゃんのかわいさをずっーと見てたからその影響も大きかった。何歳くらいで気づいんだろ?気づいた時にはそれはそれはもうたまらなく子どもが好きで好きで・・・いっぱい抱っこしたくて保育士になってお母さんになりました。赤ちゃんを抱っこしてると幸せなんです。何より幸せ。子どもが好きだから、子どもたちのきもちを代弁したくて子どもたちの願いを届けたくてブログを書き始めました。 ↑ほんとのことだけど表向きの動機です。コレ。ぶっちゃけますとぶっちゃけますと自分は正義の味方でいたくてカッコよくいたくてキレイに見せたくて1人でも多くの人に認められたくてすごいねって言われたくてやっぱりすごいねーってあの人にもこの人にも思われたくて。書いているんです。本当は正義の味方ではなく毒舌です。人のことを断罪してしまう 心癖があって人間関係を上手くできないことがあります。カッコよくいたいけどカッコ悪いことがバレるのが怖いので隠しています。本当は周りの人はもうみんな知っているのに。キレイに見せていますが黒い感情がおっぱいいっぱいあります。ブログがヒットして子育て本を出版していく人に嫉妬しています。私のほうが断然わかってるのに誰か早く認めろー!って。子どものきもち、育ち、わかってるよー私のほうが!知識も経験も子どもたちを抱っこした回数も多いのにー!ってこ、怖ーい。怖いよね、こんな人。でも、それが私。できてないことも多いのに日々、偉そうに言ってます。自信満々で鼻につくって言われるし批判コメントもくるけどジャンジャン削除して嬉しいコメントだけ承認しています。自分は本当はこうです。って認めるのって恥ずかしいね。痛いし大好きって1日100回言おうって自分にもママたちにも言ってるのは子どもだった私がお母さんからそう言われたかったからです。大好きって言われたくてよくがんばったねすごいねーって認めてほしくてお母さんの宝物だよって抱きしめてほしかったーーーーお母さんへの心の叫びだったんです。自己肯定感低かったんです。そしてそれを親の育て方のせいにしてました。色々あった結果⭐️←1個前の記事に飛びます。親のせいじゃないぞ!と気づいて自己肯定感・・・今はいい感じ上がってきました。低かったのも、そもそもお母さんのせいじゃありません。夫はあんないいお母さんなのになんてこと言う!あんなに色々してもらってるのにと、出会った時からずっと言ってくれてました。そう、本当はお母さんのせいじゃなく自分が満自分で満たされてなかったんです。これは、旦那さんから言われてた時は私の気持ちも分からんくせに!ってフン!って拗ね続けてました。でも後々、気づいた・・・あなたのおっしゃるとおりでしたぁって事あるごとになるんだけど。最近は自分で自分を好きだし色々満たしてあげてるのでもう大丈夫自分への愛情が溢れ出た分、我が子にも保育園で出会う子どもたちにも愛情ドンドコ出てくるしそれがもう本当に面白いし、楽しいです。子育て、最高って叫びたい今、4人の子どもたちに囲まれて本当に幸せで出産4回のうち色々あった分、日常は奇跡だと思う。片付けとかできなくて旦那さんに叱られたりは変わってないけど子どもの用事もすぐ忘れ、各方面にご迷惑おかけしていますどありがとうございます自分以外の人は皆、師匠だな。母には感謝しかないな。って本当に心底、感じています。すごく変わったんです。私。高校時代の友達も「ふみえ、丸くなったね」って言ってくれてます。使命感と幸福感をもって1日100回大好き╰(*´︶`*)╯♡って子どもたちに言いたいんです。ママたちにも伝えたい。保育士さんたちにももっと愛ある日々を送ってもらいたい。と思ってます。そのために私にできることをドンドンやっていきます。どうやって変わっていったか→知りたい人はこちらを⭐️クリックしないで。できれば読まないで。笑ここまで長かったよーーー色々あることがいいんだね。プラスもマイナスもどっちもね。昔は、マイナスな出来事はできるだけ無いほうがいいと思っていたけど今はカモーンマイナスって感じだよ。私の黒い感情にもやっとこさあるね。ってそれでもいいよって言えましたぁスッキリしたよー。ありがとう人生で起こることは全部たからもの

      22
      テーマ:
    • 本当はこんな人です。

      保育士で4児のママのふみえです。色々ありました。嬉しいことや感動があり、黒い感情もいっぱいありました。保育現場での葛藤。←新卒22歳頃。自己肯定感を一気に上げてくれた園長先生との出会い。保育士同士のいざこざ。やりたい保育ができないストレス。お母さんが変わると子どもが変わる実例を何組も見たこと←保育現場での衝撃の手応え。出産のよろこび。初出産の恐怖。←25歳。夜泣きで寝不足で嫌になったこと。抱っこを代わってくれた旦那さんを惚れ直したこと。以来、ずっとずっと大好き、旦那さん。帝王切開の人は母乳は無理です!と言うお医者さんと闘ったこと。母乳にこだわって血を流したことは多数。乳首切れる激痛。乳腺炎で切開の激痛。もう全部忘れた痛みと完全母乳の達成感。胸で眠る我が子の寝顔にこの上ない幸せを感じること。1回目緊急帝王切開。←人生ドン底。次の出産は自然分娩。←闘志メラメラ時代。次の次の出産も自然分娩。次の次の次の出産も自然分娩。子宮破裂の確率を乗り越えて死なずに無事にみんな産めたこと。子どもがかわいくて肌身離さず、ずっーとくっついていたこと。子どもを大切に育てたくて無農薬野菜や食べ物全般にこだわってたこと。ジャンクフード禁止、玄米食にして、家族にイヤがられたこと。自然食をやりすぎて、やめて、ちょうど良い加減を見つけたこと。※何事もすぐ闘志メラメラになり、やり過ぎる性格子育ての正解が欲しくて探し回ったこと。自分の母親を責めたこと。←また闘う気・・・どうして 大好きって言ってくれなかった?と。あんたのせいでこうなった!と責めた。なのには?何のこと?あんなにしてやったのに!と逆ギレされたこと。その母が私の長所3つ書いてメールくれたこと。虫がダメな夫を3年越しで説得してキャンプに行ったこと。行ってみたら家族でドハマりしたこと。職場復帰に胸弾ませて我が子の表情もみないでバタバタと保育園に預けて仕事に夢中になったこと。同業者なのに子どもの園にクレームをつけたこと。↑一生隠しておく つもりだった真実。保育園時代の長男が多動?と不安になったこと。イライラママから脱出したくて早朝ウォーキングを始めたこと。理解ある産科のお医者さんとの出会い。3番目が産まれて家族の幸せが1000000倍増大したこと。スコーレ家庭教育振興協会と出会ったこと。瞑想の習慣はここからスタート。子どもの心の3大栄養素を学ぶ子どもたちへの共感の愛が規範の愛より先だ←これテストに出すよと学ぶ。規範の愛も大切で、共感の愛と規範の愛のバランスを取ろう!と周りに言うようになる。共感しあえる子育て仲間と出会ったこと。小1になった長男に「抱っこ」って言われてハッとして我が身を振り返ったこと。子どもの問題行動は親のあり方へのサインなんだ!と知ったこと。やっぱりそうだったんだ!と自分の「子ども感」「子育て感」に自信を得たこと。Umiのいえ他、横浜市内の子育てサロン3ヶ所でお話会のボランティア開始。←6年前。色々学んだ結果、体感した結果、結局、ぜんぶの素は自分で旦那さんの言ってることはぜんぶ神発言✨と気づいたこと。1日100回大好きを、家族みんなにさらに実行するようになる。子どもたちの長所100個スラスラ言う。日常生活の随所で散りばめて言う。時々、感情のままに子どもを怒鳴って我にかえり、あとで謝る。←今でもある。子どもそれぞれにみんな違うことを尊重する。早かった4番目の三男の卒乳とオムツ外れの実体験から自己肯定感を育てるための育児論が完成する←自分の中でね。保育界の坂本龍馬になる!と勝手に決意。←去年かな?子どもがちゃんと答えを持ってるから子育ての正解探しをしなくて大丈夫!と解る。子どもを信じるだけ!と解る。←今ここ。41歳の誕生日。今日が人生で最高の日だと心底感じた。←4日前。旦那さんから、プレゼントもらったの、1年分の家族の写真とお手紙を。これ。お手紙は非公開です╰(*´︶`*)╯♡本の「あとがき」に載せると決めてるの╰(*´︶`*)╯♡文章力がなくて箇条書きなのに╰(*´︶`*)╯♡お話会で出会ったママたち、ブログを読んでくださるみなさんとの子育ての苦悩と幸せの共有は何よりの私の宝物です 黒い感情もたっぷりの私ですがこんなでもOKでしたらこれからもよろしくお願いします

      14
      テーマ:
  • 10 Mar
    • 夫婦仲良くの極意 その3

      夫婦喧嘩できることだって幸せなのかもしれませんよね。実は。喧嘩するからダメなわけでもしないからダメなわけでもなくて、夫婦の間には良いことも一見悪いことも両方あって「夫婦の絆」というのは、親となった2人で日常という尊くて、かつ、やっかいな時間の中で一緒に紡いでいくものですよね。時間もかかるし、手間もかかる。工夫も必要。お互いが未熟な人間同士、そりゃ、腹立つことも理解に苦しむこともあって当然。結婚当初のウキウキ感とかただただ、相手の良いところだけ見ている時期が過ぎてからが長いし、ちょうど子育ての時期と重なってきたりしますから、大変なんだけど、「他ならぬこの人」と決めた相手だから、大いなる自然の?神様の?見事なまでの采配によって「2人でその子の親となること」が叶っているのだと思うのです。望んでも授からないご夫婦もいる。授かったあとに叶わなかった命もある。そのことを忘れてはいけないのだと思います。今目の前に元気な子どもがいて自分たち夫婦が「親でいさせてもらえてる」というこの奇跡をいつも心のどこかに留めておきたいと思っています。夫婦喧嘩できることも幸せ喧嘩したあとの仲直り力を子どもはみています。肌で感じています。どんなに小さくても。夫婦仲良くーーそして夫婦喧嘩、バンザーイ(//∇//)

      41
      テーマ:

プロフィール

AD

ランキング

総合ランキング
10101 位
総合月間
15850 位
子育て
337 位
働くママ
132 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。