~りあんのブログ~    ~上質なくらしをつくる~

美しいもの、美味しいもの、しあわせあれこれ

~自分のキャリアは自分で作る~ 軌跡~

自分史   軌跡を輝石へ~

ティーコンシェルジュサロンりあん 
日本キャリアンズルート
ルームスタイリストりあん

NEW !
テーマ:

横浜は雨模様~

少し肌寒いですが、いろいろ考えるにはもってこいの静かな朝です・・・

さて、このブログをお読みくださる方にもぜひ読んでどのように感じられるかを聞いてみたい案件がありました・・・

 

女性の職場での扱い方、特に辞めたいと思っている職員に対する離職対策方法について、考えさせられることがありましたのでシェアさせてください・・・

日本の大手企業、ある営業所の事例であります。

ある営業所とはいえ、その企業ではあたりまえの慣習となっていることであると考えられているものです。

 

その営業部は30代男性のやり手営業部長1名の他は、事務員、営業職員とも女性で年齢は20代から80代まで30名ほどで構成されています。

営業部長はその企業の社員、営業職員は社員のようには扱われていますが、実は個人事業主となる雇用形態をとっています。

 

離職率は高く、ほとんどが3年未満で成績が取れなくなり辞めていく職場であります。

そのため、営業部長に取り入って特別扱いをしてもらう等の感情的な方法でうまくやっていく女性職員も存在し平等ではない評価もありうる職場でもあります。

しかしながら、営業部長側も企業から離職者を出さないよう指示されていることもありうまく使おうと考えてあれやこれやご褒美を与えながら営業してもらうよう努力している現状があります。

中でも、’やめたい’と申し出てくる女性職員の心理状態はというと、

営業成績が取れない⇒部長がやってくれない⇒かまってほしい⇒やめたいと言ったら成績をつけてくれるかも・・・⇒部長に取り入る

簡単に言うと、このような状態であるとご理解ください。

部長側ではどうかというと、

企業から離職者を出さないよう指示されている⇒営業所の評価に関わる⇒なんとか辞めさせないようご褒美を与える→成績が取れそうな案件を与える⇒それでも取れずに泣いて辞めたいと言ってくる女性職員には感情的に操る→特別扱いされたと勘違いする女性職員が部長のためにも頑張ると張り切ってくれる⇒離職をとどまるだけでなく営業成績も上がる!!

⇒一人だけでなく、数人とLINEなどで個人的に愛のメッセージ等を送りあい、食事を共にしたり中には深い関係となっていく場合も発生する。旦那様がいようが彼氏がいようが、子どもがいようが、そして部長に奥様や彼女がいようが関係なく。

 

----------------------------------------------------

世の中の地位のある男性諸君にこの件を簡単にお話ししてみると、皆口をそろえて’うらやましい、ハーレム状態ですな’とおっしゃいます。

 

女性部隊を抱えている元管理職の方に伺っても、

女性はすぐ泣きついてくるから、そのたびによしよししたりはもちろんするし、食事に誘って機嫌取りをすることもあったと聞きました。

 

男性は仕事の為なら離職対策として

女性職員の感情を操るような離職対策を簡単に行うことができるのでしょうか。

個人的に夜中もLINEや電話で連絡し、休日にはどこかへ旅行したり出かけたり、まして複数の女性職員と同時期にやり取りを行うのは問題ないとお考えでしょうか。

今回の部長様はあくまでも離職対策と言い切っていらっしゃいました。

 

そして、女性の皆様。

このような離職対策をされる側として、どのように感じられますか?

その場しのぎのアバンチュールのようなかまってちゃんになってよしよししてもらう職場環境にずっといられますか。

まして、自分だけ特別扱いしてもらっているのは錯覚でしかなく、離職対策の一環として愛のメッセージを受け取るような環境であります。

 

この企業では、以前にも部長との子供を出産していたり、認知問題になったり、女性関係で問題になったりという事件が実際発生しているとの情報もあります。

 

個人営業職はかなり厳しいと理解できますし、企業相手であっても万人が営業成績をコンスタントにとれるわけではなく、精神的にアップダウンはあると容易に察することはできます。

 

しかしながら、女性として仕事をしていく上での甘えであったり、女性性を利用した仕事をしているといつまでたっても女性の地位確立は難しいのではないかと感じずにはおれません。

 

男性にもぜひ考えていただきたいと思いましたし、女性蔑視ではないかと感じずにはいられない案件でしたのでここに記させていただきました。

 

この場合、女性職員にはマーケティングの方法を教えることにより、また、実践することにより営業成績を伸ばすことができると考えます。

もちろん、飴と鞭をうまく使い分けていただくこともよいですが、ならば、飴は休日であったり、自分の為に何かを勉強する機会を与えるようなものであってほしいと願います。

皆様

 

どう感じられましたか。

 

女性活躍推進が取り上げられている現代、間違った方法を実践している企業があるならば改めてもらいたいと心より願わずにはいられません。

 

女性の皆様、

真っ当に仕事をするということは、どういうことなのか今一度考えてみませんか。

キャリアコンサルティングは一度自分の人生を立ち止まって考えてみることにも役立ちます。

 

この件について、またはご自分のことについてでもかまいませんのでコメントをいただけましたら幸いです。

 

6月9日は横浜関内にて朝ごはんを食べながら横浜について、語り合う、朝活横浜を開催します。

まずは親しい方だけの横浜大好きっこ!だけの朝活ですが、

横浜を盛り上げる会に成長していく次第ですので、ご興味のある方は合わせてご連絡くださいませ。

 

長文失礼いたしました。

 

*皆様のお考えを聞いてみたいだけであり、特に何か(問題提起)をするということでもありません。

 

朝活ではこのような、女性の仕事観についてもお話しできる機会を設けたいとは考えております!

通常の朝活とは異なり、横浜の歴史を簡単に勉強したり、企業様や老舗店主様のお話を聞いたり、皆様の交流を図ったり、真のバリアフリー空間を気づけたらという想いから始めます。

朝ごはん提供できます、お話しできますよ、ボランティア担当しますよ、場所を提供します!そんな方がいらしたらご協力をぜひお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。