1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月01日(金)

実の日に

テーマ:季節の保存食【夏】
昨日は牧丘のミッチー&のぞーるの営む低農薬有機栽培の葡萄農園「豆の樹の家」 のお庭で果実の収穫をさせてもらいました。

宇宙の流れに沿ったバイオダイナミック農法でいうと昨日は「実の日」だとか。


梅、杏、ラズベリー
大きくて艶やかで、溢れんばかりのエネルギーを発している果実たちに
「ありがたいね、豊かだね」と声をかけながらの幸せな収穫。



梅の大きさにびっくり、うっとり。
送られた友人もびっくりするだろうなぁ



今回は友人に送る梅の収穫が一番の目的。
1㎏と言われたけれど、そんな量じゃもったいない!箱が収まらない!
と言うことで勝手に2、5㎏送りました。

あ、ちなみに写真はキズモノ。
私も頂いたもののキレイめなのは厳選・大粒梅干しに、キズモノは黒糖梅酒へとなりました。


採らないと痛んじゃうから…というので採らせてもらいましたよー。
黄色い方が甘いです。
自分の庭があったら、必ずラズベリーを植えよう!と決めた。



杏・あんず


つまみ食いしながらの収穫の幸せ




のぞーるとの繋がりに
故・デジャーデンゆかりさんの存在は外せない。
(ゆかりさんについてはまた改めて)

ゆかりさんの話で盛り上がりながらのラズベリー摘みの時は時空を越えてた。
「今の私のままで、今のあなたのままで、ありのままで充分。それに気づくだけでいい。」

葡萄作業のお手伝いは出来なかったけど、豊かな時間をありがとう。
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年06月29日(水)

選挙に行く

テーマ:つれづれ・・・

政治に対して意識や疑問がある人はどんどん調べているし,行動している。


今大切なのは、いかに政治と選挙に興味の無い人が一人でも多く選挙に行って投票率を上げるか、じゃないかと思います。


昨日、妹に電話で「選挙行く?」って尋ねたら、
「今回はなんか大事だって聞いたから行こうと思う、でもどの政党とか人に入れたらいいのか分からない。
近くのママ友とかと選挙の話にはならない。
政策の細かい枝葉から入っていくとすぐにわからなくなる。」


ってことで三宅洋平氏を紹介してみました。


「三宅洋平オフィシャルサイト・選挙フェス」

http://miyake-yohei.com/2016/06/21/senkyofes2016/


妹は東京じゃないから彼には入れられないけれど、投票に行こうっていう後押しにはなるんじゃないかな。

そもそも、自分の生活、家族の生活、大切な人の生活を守りたいから政治に興味を持つ流れは当然だと思います。


まず今の現実を知れば、今の危機的な流れを抑える力の一人になれるのに、無関心であるために見過ごすのは本当にもったいない。


選挙フェス動画で秋葉原、新橋、高円寺での選挙フェスを聞いてみました。
それぞれの土地にあった話題でとても惹かれます。

まとめて見られる、
三宅洋平氏の街頭演説動画

http://matome.naver.jp/odai/2146705056183984301


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月23日(木)

梅しごと

テーマ:季節の保存食【夏】
この季節がやって来ました。




(窓の向こうには紫陽花、その手前窓際には朝顔の網棚、そして青梅。
日本の初夏でございます。)


先日、ご近所さんにお誘いを受けて梅を採りに行ってきました。

梯子にのって木に成っている梅の実を落として下でシートを広げて受けとる。


ポトポトと落ちる青梅、梅の雨。。

まさしく梅雨(つゆ)の季節の梅しごと





さて、おへそをキレイに取って、一休み。

まだ青くてキレイな梅は、梅干しから。

でも昨年作りすぎた梅干しがまだたくさんあるから、今年は控えめにしようかな。

残りは追熟して梅シロップか。




もう少し経ったら梅酒や梅シロップ用の大粒で熟した梅がやってくる。

段取り良く仕込めるように、準備しとかなくちゃ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月21日(火)

草取りに備えて・・・

テーマ:お米つくり・2016
田植えを終えて一段落♪
そして次へ続く作業は「草取り」
無農薬栽培でのお米つくりに草取り作業は必須です。


<草取り・こんなところがおもしろいです>
暑い中、汗かいてそんな作業・・・・と思うかもしれないけれど、
靴下1枚履いて入る泥田んぼでの草取り。
私はこの作業が結構好きです。

あ、ちなみに竹ホウキや器具を使った除草機もあるけれど、
ここでは基本「手」を使っての草取りです!

私が感じた草取りの良い点をざっと挙げると

・黙々、一人作業で集中力up

・泥水に入ることで足裏の適度なマッサージ

・中腰が続くので自然と自分の体幹や下半身が鍛えられていく

・体が自然と調整されて行く感覚

・「雑草」と言われるお米つくりには必要ない草を取り終えた時の爽快感
(それぞれちゃんと役割があってそこに生えてきているのだから、人間の都合で雑草というのもね)

・草取りに集中して無心状態になっているので、意外と閃めきが起きたりする。

・水の音、足裏の刺激や草を探す手の感覚、微かに香る土の匂い、雑草を見つける集中力、鳥のさえずり、心地いい風、頭を上げれば眺める山々、富士山・・など五感が刺激されまくり


などなど。
でも感じ方、気づく点は人それぞれ。
みんな、どんなことを感じるのかな・・



<主に生える雑草>
草取りに備えての予備知識として・・・私たちのよっかいちば田んぼで主に生える雑草は

オモダカ
参考1:雑草図鑑「オモダカ」

参考2:昨年一緒にこの田んぼでお米作りをした山田家のブログ
「農天気な暮らしはじめました!『面高の釣』」


コナギ
参考:雑草図鑑「コナギ」

ウキクサ
参考:雑草図鑑「ウキクサ」

があります。
稲とよく似て草取りが大変!とよく言われるヒエは、昨年は生えていませんでした。



さて、草取りに関しての基礎知識をつけたところで、
田んぼでの草取り~美味しいごはん~古民家サロンでのセラピー

で過ごす1日の流れを妄想中です。
詳しくはまた後ほど・・・・






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月19日(日)

安心できる場所

テーマ:お米つくり・2016
みんなの田植えが終わって戻ってみると…



午後に大人が遠くで田植えをしているのを、
時には電車が通り過ぎるのを眺めながら、
甥っ子はこのように泥田んぼに1時間以上浸かっていたんですって。

後で聞いたらヌルヌルして温かくてとても気持ちよかったんだそう。
このあと体についた泥を水で流すのは大泣きで拒否していました(笑)
その後は温泉でゆったり温まり直しましたよ。


元々田んぼに到着して早々靴を脱ぎ始めて足を田んぼに突っ込んでいた甥っ子。

泥まみれになっているお兄ちゃんやお姉ちゃんを見て、
また、甥っ子の入りたい、浸かり続けたいという気持ちを尊重して見守ってくれていた周りの大人たちのお陰で、
甥っ子は安心してこの場に居られたのだと思います。


信頼して、安心して居られる場所。
大切です。


こういうカラダでの原体験は心の奥底にずーっと
残ってるんだろうなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>