ふんわりすとへようこそ!

~*~ I'm happy because I'm happy ~* ~




ふんわりすとへ、ようこそ!

ふんわりすとは、
身体の表面だけではなく、あなたの中の ‘光’の部分にも 触れていく
ちょっと不思議なボディワークを お楽しみいただける
完全予約制 ・ 一日おひとりさま限定 サロンです。

ふんわりすとで 過ごす 空間・時間は、あなただけのもの。
どうぞ ゆったりと おくつろぎくださいね。


ふんわりすとへようこそ!

メニュー ご予約・お問い合わせ



NEW !
テーマ:

あれやこれやと 楽しいことずくめで

興奮しっぱなしの、

エソテリック・ヒーリング講座。


ただ、その中でも ひとつだけ、

ちょっと ショックなことが

ありました。


きのう ご紹介した、

「エソテリック・ヒーリングとは」 の続きを、

講座テキストより、引用します。



エソテリック・ヒーリングとは :

(前略)

「肉体の不調・病気」を契機に行われる 行為ではあるが、

その改善が第1目的ではない。

魂が 身体から引き上げることを 希望しているときには、

それに協力する。

(後略)



この一文に触れたとき、私は 一瞬、

息が詰まるほどの衝撃を

感じました。


魂が 身体から引き上げることを

希望しているときには、

それに協力する、ですって・・・?



私が この講座を受講することを 決めた

一番の動機は、父の病気です。


治らない病気であるとされているものの、

もし 父が 自分自身と 本気で

向き合うならば、

まだまだ 可能性は 残されている、

と、私は 思っていました。


そして、それを 強力に サポートできるのが

エソテリック・ヒーリングではないのか?

と、直感的に 感じていたのです。


ヒーリングの技法そのもの

というよりも。


これを 学ぶことで

私自身に なんらかの変化が 起こり、

その在り方の変化が

父にも 良い影響を及ぼすことになれば・・・

と、漠然と 考えていました。



とはいえ、もしかしたら、

間に合わないかもしれない。


それでも、少しずつでも

なにかが できるかもしれない。


なにも できなくても、

私自身が 執着を 削ぎ落としていけば、

お互いに 楽に 過ごせるかもしれない。


揺れ動きながらも、

そこに 希望を 見てきました。



けれども。


エソテリック・ヒーリングは、

肉体の治療が 第一目的では

なかったのです。


その目的は、

相手(クライアント)の魂の 意図に

協力すること、

そして、 死の持つ意味を明らかにする

教育であること。


結果に対しては、執着しません。


魂が 治りたがっているのなら、

劇的な改善が 起こるけれども。


魂が 肉体を 離れたがっているならば、

それに 協力する = 死を早める

ということになるのだそうです。



救いだったのは、

神尾先生が こんなふうに

おっしゃっていたことでした。


(死を早めることになったとしても)

それで 楽になるんですよ

・・・と。



このあたりについては、たぶん、

8月に行われる 第4回の講義で

詳しく 学ぶことになるのだろうと、

思います。


この回を受講すると

死生観が まったく 変わる!

というような 感想を 読んだことが

あります。



エソテリック・ヒーリングの結果が、

必ずしも 病気の改善につながるものではない、

ということを 知って、

一瞬、ショックではあったものの・・・


過剰な期待が 膨らむ前に

大前提を 知っておくことができて、

よかったですね。



ありがとうございます。



ひかり エソテリック・ヒーリング について 詳しくは、

神尾学先生のブログ を、ご覧ください。


本 講座に関しては、コチラ

(ホリスティックヘルスケア研究所)






AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

エソテリック・ヒーリングとは :

「すべては エネルギー」という前提の元に

行われる ヒーリング。

特に、瞑想を通して 魂とつながり、

そのエネルギーを 活用する。

存在自体で癒す、ビーイングのヒーリング。


(エソテリック・ヒーリング 講座テキストより引用)




第1回の講座で

テキストの この部分を 読んだとき、

私が 意味もわからないまま

エソテリック・ヒーリングに 飛び込んだ 理由が、

わかりました。


それまでも、神尾先生のお話に

激しく頷ける部分が 多く、

なんとなく 「似ているな・・」 とは

感じていたんですけど。


サイキック・マッサージ、

スター・サファイヤに代表される

サガプリヤ・ワークと、

エソテリック・ヒーリングとは、

根本的なところでは 同じなのだ

と 思います。


(注: これは、学び始めたばかりの 私の、

個人的な見解です。)



私の中で ずっと くすぶり続けていた、

サイキック・マッサージに関する

ある疑問。


まだ 推測段階なので

詳しく 書くことは 差し控えますが、

それに対する 答も、

今回の講座の中で、見つかりました。


(具体的には、

今後 1年かけて 学んでいくことになる

のだと 思います。)



いろいろなことが

どんどん つながっていく、

心地よさ。


これまで 身体を張って

学んできたものが

論理的に 裏付けされることで、

より 確かなものに

なっていくのでしょうね。


これからが とても 楽しみです。



ありがとうございます。



ひかり エソテリック・ヒーリング について 詳しくは、

神尾学先生のブログ を、ご覧ください。


本 講座に関しては、コチラ

(ホリスティックヘルスケア研究所)






AD
いいね!(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ふんわりすとのレインドロップでは、

背中へ すべての精油を 垂らし終えたところで、

背骨の部分を、ホットタオルで 温めます。


私、このホットタオルの役割は

ただ 「温めること」 だと

思っていたのですが・・・


先日 講演会で 伺った

Dr.ケン・クリーガーのお話によると、

タオルが 「濡れている」ことも、

重要な ポイントなのだそうです。



水は、油を はじきますよね。


精油が残っている 背骨を

水分(濡れたタオル)で 覆うことで、

精油が 水から 逃げようとして、

身体の奥へ、奥へと

さらに 入っていきやすくなるんですって。


ただ 温めているだけでは

なかったのです!

(もちろん、温めるのも 重要な要素ですが。)



そんなことを、

レインドロップを 終えたばかりの お客さまに

お話していましたら、

こんなことを 教えてくださいました。


ホットタオルが 背中から 剥がされるとき、

自分の中の 毒素やら なにやら 悪いものが、全部!

タオルにくっついて 出ていったように、

感じたんですよ?


まるで、焼き魚の骨を 剥がすときみたいに、

ベリベリッって!!



あら、まぁ!


「魚の骨を剥がす」 という 素敵な表現が

まさに ぴったりで、

ふたりで 大笑いしました。


それ以来、私も、

ホットタオルを 取り除くときには、

要らないものを ベリベリッ と 剥がすような

イメージを 持つようになりました。


逆に、魚の背骨を 剥がすたび、

レインドロップを 連想するように・・・(笑)



私自身、お風呂上りには よく、

気分で 選んだ 精油を 指先に 垂らして

自分の背骨に、塗りのばしています。


(アロマシーズが 多いかな)




だけれども、

多くの種類の精油は 面倒だし、

うつ伏せになって ホットタオルを・・・

なんてところまでは

やっていられません。


やっぱり、たまには

誰かに やってもらいたいなぁ(笑)



ヤングリヴィング ふんわりすとのレインドロップ

(現在は、すべてのメニューは FLAVOR SESSION として

統合されておりますが、リクエスト、受け付けますよ。)



ありがとうございます。






AD
いいね!(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひとつの分野を 徹底して 極めると、

他の分野でも、本質は 同じである。


先日の講義の中で、

神尾先生 が このようなことを

おっしゃっていました。


あれも、これも・・ と

いろいろなことを 勉強するのも

いいですが、

行きつくところは 同じなのだから、

どれかに 絞って 極めるのも、

ひとつの方法ですよ、と。



行きつくところは 同じ、

というのは、

私も 感じていたことでした。


この10年で、

コーチングから 始まって

スリーインワンやら 心理分析やら・・・


自分が なにをしたいのかが

わからないまま、

片っ端から 首を 突っ込んできた、私。


ボディワークに 範囲が定まってからも。

(範囲が定まる、というよりは、

引き続き 興味のあるものを 追っかけていたら

ココに おさまっていた、という感じですが。)


リフレクソロジー、サイキックマッサージ、

レインドロップ+アロマトリートメント etc.


最後は また 同じようなところに 戻って、

スター・サファイヤ・エナジー・ワーク。



どれも、みな、

その手法を 学びに 行っているはず

でした。


それなのに、

必ず どこかの時点で、

自分と 向き合わざるを得なくなる。


さまざまな手法を 通して、

結局のところは

‘生き方’を 学んでいたんですね。



あっちこっち いろいろな山を

登ってきたつもりでいて、

気づいてみたら、実は 同じ山だった。


登山口や 道筋が 違うから

気づかなかったけれど、

道の途中からは

見覚えのある風景が あらわれる・・・


そんなことを、繰り返していました。



いろんなひとが

いろんなことを 言っているけれど、

言いたいことの本質は、実は みな

同じなんじゃないのかな。


そんなふうに、感じていました。



そして 、

エソテリック・ヒーリングを

学び始めて。


私は どうやら、

‘文法’に出会ったらしい・・・

ということに、気づきました。



これまでは、たぶん。


赤ちゃんが 大人の会話を聴いて

言語を 覚えるような方法で、

習得してきたのでしょう。


とにかく 手当たり次第に 詰め込んで、

その中から

自分なりの法則が まとまりつつあるのを、

感じていたところでした。



だからこそ、

‘文法’に 出会ったいま。


ああ、やっぱり、

これは こういうことだったんだ!


なんとなく 感じていたことだけれども、

ココに 根拠が あるじゃないか!?


神尾先生のお話を 伺うたびに、

仮説だったものが 次から次へと

証明されていくのを 感じ、

興奮するのでしょう(笑)



これから1年間、

たっぷり 楽しめそうです。



ありがとうございます。




いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

背中に 疲れを 感じたとき、

立った状態から 前屈してみます。



力を 抜いて、ぶらり ぶらり。

指先~手の甲が 地面に付く。


自分の重みで、

自分が マッサージされている。


背中が 「キモチいい~」と

ひと息ついたら、

ぶらぶらっと 骨盤を 揺らし、

ゆっくり 上体を 起こしていく。


背骨を 1つずつ、

起き上がらせる。


ゆっくり、ゆっくり。



違和感を感じる部分が あれば、

少し 戻って、

もう一度、その骨を 通ってみる。


留まれるならば、

そこで 少し 静止してみる。



どこで どうやったら 良いのか?

は、骨が、教えてくれるのです。



骨との対話を 終えて。


頭の先っぽまで 完全に

起き上がったときには・・・


‘新しい私’ に、なっている。



ありがとうございます。





いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。