ウーマンエキサイトの記事が更新されました♪



■まおさんのお悩み

付き合って3年目の一つ下の彼氏とのことです。
付き合った当初から彼が結婚に前向きでお互いの両親にも会い、
すぐ結婚だと思っていました。

しかし結婚前に同棲を始めたこと、
彼が昇進したことなどが重なり
結婚は今すぐじゃなくてもと言うようになりました。



不安でしたが両親にも会ってくれたしと同棲を続けました。
それから1年半経ち、九州へ彼が転勤になりました。
私は結婚してついていきたかったのですが、彼は落ち着くまでは結婚できないと。
泣く泣く遠距離恋愛をしています。



私も年齢的にも距離的にも長くは待てないと言っています。
彼はまだ社会人となって4年で守りに入りたくないと言います。
彼は私を結婚相手とは見ていなくて単に逃げているだけだと感じていますが、
普段は仲が良くできれば彼と結婚したい思いがあります。
彼がその気になるまで待つのは辛いです。
追い詰めたくないけど期限を決めて決断できないなら
別れを選んだ方がいいのか悩んでいます。



■心屋塾上級認定講師のこうさかあきこさんより

32歳。付き合って3年目。それは悩みますよねぇ。
私も同世代なので気持ちはとても分かります。

気持ちは分かりますが

「AとBどっちにしようか悩んでます」

という方は

だいたいほぼ100%、どちらにするかは自分で決めています。



こういった質問をする方が本当に聞きたいことは
「Aにしたいのですが、この選択で間違っていないですか?」ということだと思います。

私はそれで幸せになれますか? 
後悔しませんか? 

ということを、聞いているのだと思うんです。



たとえば、3年付き合って結婚まで考えた彼と別れて、次の人を探す。
…面倒ですよね。
イチから恋愛して、関係性を深めて、結婚。
本当にそんな人と出会えるのか、という不安も出てくるかと思います。



それではもう一方の選択肢、今の彼を信じて待ち続ける。
…いつになるか分からない。
年齢のこともあるし、袋小路になるような気がして不安ですよね。

こう言った状況は、人が岐路に立たされたとき、
共通に感じる不安のパターンだと思うのです。



職場を変わろうかと思う。
今のままの場所で地道に続けていった方がいいのか。
それとも勇気を出して変わった方がいいのか。

留学するか、しないか。
結婚するか、しないか。
やるか、やらないか。




心屋の考え方を知ってる方に最近よく聞かれることがあります。
「心屋では損する方を選べといいますが、この場合どちらが損する方ですか?」
そんな二者択一の質問。



結局
「どちらを選んだら、正解ですか?」
「どちらを選んだら、幸せになりますか?」

ということを聞いているんですよね。

失敗したくないし、うまくいく未来がほしい。
気持ちは分かりますが、失敗してもいいから
自分が「したい」と思う方を選ぶのが一番だと思います。



こう考えてはどうでしょう?
新しい恋をするも、今の彼を信じて待ち続けるも
どちらを選んでも自分は幸せになれる。



「どっちを選んでも、私は、幸せになれる」
そんな前提なら、まおさんはどちらを選びますか?



別れるか。続けるか。

まおさんはどちらにしたいですか?




どちらにしたら「いい」か。
どちらにする「べき」か。
どちらにしたら「間違えない」か。

そういった基準で選ぶのではなく、自分の気持ちとしてはどちらに「したい」のか。どちらを選んでも、後悔するかもしれない要素があるんですよね。



その後悔するかもしれない要素を受け入れてみてください。
それが心屋が言っている「損してもいい」ということの意味です。



「後悔してもいいから、別れよう」

「後悔してもいいから、信じて待とう」


大丈夫です。
どちらを選んでも、まおさんは幸せになれます。

まおさん自身で決断して、扉を開いてみてください。


ベルギー





ウーマンエキサイトの記事はこちら
■待つべき、別れるべき? 岐路に立たされたら「損してもいい」方が正解?!







facebook Facebookをしておりますが、
 私は、FBをリアルでおつきあいのあるお友達との交流の場と考えています。
 お友達申請いただいてもお断りすることもありますのであらかじめご了承ください。












ベルギー





心屋塾初級セミナー

9月23日(火祝)
11:00~18:00

講師:こうさかあきこ
場所:ウインクあいち

受講料:22,000円(再受講18,000円)


詳細はこちら

お申し込みはこちら




 心屋塾オープンカウンセリング

9月17日(水)に名古屋で登板。

募集開始しております♪
こちらからお申し込みくださいませ。



コメント(4)