線維筋痛症と顎関節症の治し方

最初はキルトと日常ネタで始めたブログですが
顎関節症と線維筋痛症のブログに変わりました。
徐々に進行していく恐怖。将来への不安。
激痛に苦しむ毎日。今は完治です。
筋委縮を解消して正しい骨格を獲得しましょう。
私がしたストレッチや資料があります。

こんにちは。きるたと申します。


疾患を抱えてあまり外出出来なかった私の日常。


そんな私の趣味とつぶやき、ぼやきのブログでした。




ある日、ある時思い立ち長年苦しんできた


線維筋痛症、慢性疲労症候群、顎関節症を


徹底的に追及し原因を解明。


リハビリにて根治しました。


同疾患で苦しんで未来が見えない方のために


全快した線維筋痛症について書いています。


無断での内容の転載等はお断りいたしまする。


2012 copyright reserved です。




ぺたにコメント大歓迎です。


軽い気持ちで、気楽にぺタやコメントを残して下さると嬉しいです。





今はカイロのご紹介はしていません。


カイロの資料はブログ内にありますので


ご自分で学んで納得できるカイロを受診してください。


記事の内容は各自の責任においてご判断下さい。


大事な身体です。慎重に情報をご判断下さい。


自己判断による記事の活用にて不利益が生じても筆者は責を負いません


テーマ:

お久しぶりです。

私の唱える線維筋痛症病態生理はこちら
↑クリック

線維筋痛症と顎関節症については
記事の一覧のその1より記事をお読み下さい。
わたしのしたリハビリや参考資料があります。
線維筋痛症の記事 その一
↑クリック

同じ症状でお悩みの方,私は全快です。
ここにヒントがあるかも知れません。
カイロに行く時はカイロについて勉強して
慎重にカイロプラクターを探そう。
過去記事に書いてあります。

↓カイロを検討中の人は必読。

カイロ基礎知識と情報
↑クリック

カイロは法が整備されてなくて誰でも開業出来るので
必ずRMIT大卒かそれ以上に医学を基礎から学んだ
カイロプラクターを探して下さい。
問題ある施術を受けた場合は、重篤な後遺症が
残る場合があります。
私はカイロの施術は5回ほどしか受けていません。
リハビリは必須です。




今日始めてこのブログに来た方は必ずこちらから
リンク先に行きブログを読んで下さい。
私の経過や行ったリハビリがあります。
(古い記事の中にリンク先が変わってしまったものがあります。
申し訳ないけど、そこンとこはレリゴーな感じでスルーして下さい)

線維筋痛症が良くなった訳

慢性疲労症候群と胸郭出口症候群が治った訳

その2


全貌を把握せずにリハビリを初めても結果は出ません。
慎重に情報収集を行ってください。このブログだけで
全てを語るのは不可能なので、このブログのみの情報で
全てを理解したと思わずに他からも情報を集めて下さい。

 

 

 

ほんと、ご無沙汰しておりました。

 

その間、いいね。下さった方やコメント下さった方。

ありがとうございます。

 

そして、申し訳ありませんでした。

 

 

 

私は人生において、とっても大切な物って

あんまりは多くは無いと思っていてね。

 

でもね。

 

家族と悔いなくお別れをする。って

とっても大事な事の内の一つ。って思うんだ。

 

人が一人そこに居る時、

必ず親と呼ばれる人が2人いる訳で

竹や桃から生まれられなかった

アタシや夫には親と呼ぶ人たちがいる訳で

 

その人達との、お別れの時は

おんぎゃーと私が生まれた時と

 

清楚に見えるワンピースを着て

おすまし顔で、ご挨拶した日から

カウントダウンが始まったのだけれど。。。

 

で、その日が日を重ねる度に

徐々に近くに来ているって

知ってはいたのだけれど。。。。

 

 

で、その日が来たら

すんごく大変とも知っていたんだ。

 

 

でもね。

ここまで。とはさ、思っていなかったんだね。

 

 

この前のブログ記事をアップした時。

記事の続きは、いくつも下書きで書いてあったし

もう、わかんないこと無いし

書く事は書いたし

少しづつ公開してね。

パソコン漬けもさ

もう、お仕舞い。

って思っていたんだけれど。

 

でさ、ちょっとはさ

人並みにさ、行楽ってやつもさ

私の人生に復活させてさ

南の島にも行っちゃったりなんかしてさ。

記事もね、少しずつアップしてね

もうね、パソコン?なにそれ。

スマホだけあればいいじゃん!

なんて言える人になるつもりであったのだ。

 

ま、要はちょっと遊びたかったんだね。

ずっと、頑張ってきたんだ。

いくつもの時を超えて

たどり着いた今があるんだな。

だからもう、いいんじゃね。って

思ったりしちゃったりしていたんだね。

勝手にね。

 

 

しかーーーし

その日は突然やってキタ訳で

もうね、あれよあれよという間に

調べ物の嵐。

辛いね。

 

 

老人看護のナースになろう。って思ったのは

私が小学生の時。

その気持ちは、永遠に変わらない。

だから、大学病院にお勤めしたし

急性病棟だったわけで

お年寄りに急変は付き物で

急変対応ができなくちゃ

老人看護は務まらない。

そう思って志願したのだけれど。

 

 

だから、多少の知識もある。

 

だけどね。

全然、今は時代と制度が違うんだ。

もうね。知らないことだらけなのだ。

 

医療側にお願いできる事。

ケアマネさんにお願いできる事。

私たちがするべき事。

その線引きすらも、私の中であやふやで。

 

 

人生一生勉強だよ。ってよく、聞いたけど

勉強だけ。ってどうよ。

変だよね?

っていうか。

勉強じゃ、腹膨れないし。。。。

でもね。分からないと困るの誰なの。。。って

私達なのだ。

 

 

 

 

なおかつ、自分の病気や今後の事や

その結果は、全部自分に返ってくることだから

自分で判断できるし、自分の判断ミスでどうなっても

自分が困るだけなんだけど

 

今度はそうじゃないんだな。

責任が重いのだ。

 

夫にとって大事な人との別れは

やっぱり悔いないように

妻としては、向き合ってもらいたい。

 

そして、将来の私の介護に役立てて貰いたい。

↑ココ大事。

 

人は年を取ると共に

病を重ねて、完治する病気もあるけど

持病になって、その人と共にある病気もあって

長生きすればするほど、その数が増えてくる。

 

 

超高齢者の域になると

そのいくつもの病気が絡んで

色んな事が身体に起きて

本人や家族を振り回す。

 

 

それに、翻弄されて右往左往するのが

介護だったりするのだ。

 

 

でもね。

だから嫌とか大変ということではなくて

誰しもが年を取るし

介護側の経験があると言う事は

自分が年を取って、される側になった時には

本当に役に立つんだ。

 

 

なのでね。

私たちにとっても必要な経験だったりする。

 

 

ただね。

ホントにこれが長丁場なんだな。

 

 

下書きしていた記事も消えてしまっていたよ。とほほ。

 

何度、喪服を引っ張り出したか。。。。

其のたびに、チャックが上がらず

青くなる私。

過酷なダイエットを繰り返し

リバウンドを重ねて、デブ化スパイラルの渦に

飲み込まれて、今、どん底。

 

 

でもね。

やっと、嵐が過ぎたのだ。っていうか。

台風の目の中って感じ。

見上げた頭上の澄んだ青空を見つめながら

すぐに、また嵐が来るのを知っているんだ。

 

 

誕生日のケーキを前に

生まれて初めてケーキを買ってもらったと

はしゃぐ童女のような笑顔を

まだまだ、みんなで守りたいんだな。

次の嵐が来ても。

 

 

 

わたしがブログを書けたのは

旦那さんっていうブレインンがいて

いつも、助言や意見をしてくれたり

していたからなんだけど。

 

今後についての予測や

準備の相談で時間がとられて

その時間は、まだまだ取れないのだ。

 

かつ、細切れの時間でパソコンに向かうので

長いご相談に乗る事は、もう出来なくなってしまったんだ。

 

 

なので、相談したい人は、

まずは記事を全部読んでね。

あなたが知りたいことは

記事の中にあると思うんだ。

 

 

 

最近、特に多いのが

記事を読まずにカイロや歯科を

紹介して欲しいって方達。

 

カイロや歯科だけでは問題は解決しない。

って事を書いたのが、このブログの主旨なのですぞ。

 

大事なのは委縮した筋肉の問題を

解消すること。

 

 

 

私がどんな症状に苦しんでいて

どんな風に良くなったか?

したことは何か?

どんな感じに良くなっていったか?

 

そこら辺を読みとってもらえると

判って貰えると思うんだ。

 

専門医にかかるべき人は

きちんと専門医に診てもらわなきゃ

だめだよ。

 

病気には適切な時期に医療の

介入が必要なんだ。

 

コメント欄もお役に立つと思うんだ。

ぜひ、読んでみてね。

 

この病気は、

本当に周りに理解されなくて

様々な症状に苛まれて

その大半は薬では解決しない。

地獄に生きると言われるほどに苦しいけれど

問題が解決すれば症状が消失する。

 

 

症状が消失すれば

あなたの抱える、共感されない。

理解されない。っていう、悩みや苦しみも無くなると思うんだ。

症状がなくなれば、共感も理解もいらないよね。

 

あなたが目指す、ゴールはそこにあるって思うんだ。

 

そこを目指すにはやっぱり知識が必要で

その時間を費やした人だけが、自分で治せる。

 

病気と付き合う、っていうけど

相手がどんな人か分からないと仲良くお付き合いできないよね。

病気も一緒だと思うんだ。

 

 

頑張る。と耐える。は全く違う事だと思うんだ。

 

 

症状の強い時は耐える事だけで精一杯で、

ただ、ただ耐えればいいんだよ。

そんな時は頑張らなくていいんだ。

耐えた自分を褒めてあげてね。

 

この病気で命を絶つ人もいる中で

耐えて、耐えて、耐えて

持ちこたえているあなたは

とても美しい尊い存在なんだ。って事

絶対に忘れないでね。

 

 

症状の収まった時や軽減した時に

頑張ればいいんだ。

 

頑張って、情報を集めたり。

伸ばす筋肉を鍛えてね。

 

休みなく。

 

 

更新が途絶えたままで

申し訳ないけど

消えた記事を書くのに

調べなおしてまとめるのに

時間がかかるので

もうしばらく、このままで、ご容赦くださいませ。

 

私からあなたへ、ファイトソングを。。。。

ステージ3の卵巣がんを克服した16歳の女の子の動画。

 

 

ランキング

未だ参加中です。

順位が上がると

きっとね、私頑張れます。

 

 

宜しくお願い致します。

 

にほんブログ村 病気ブログ 線維筋痛症へ
にほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 顎関節症・顎変形症へ
にほんブログ村
 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)