YouTube プレイリスト

[New Single](2015.4.26)

[Single](2014.10.26)

[Single](2014.7.19)

[1st. Album](2013.5.5)

[シングル曲DL] hibiku | monstar.fm

◯山村 響(hibiku)情報◯

◎アニメ◎

TVアニメ「キズナイーバー」 園崎法子役
毎週土曜 23:30より放送中!

詳しくは→アニメ公式HP←

TVアニメ「あんハピ♪」  萩生響役
毎週木曜 22:30より放送中!

詳しくは→アニメ公式HP←


◎CD◎

1st ALBUMhibiku the Universe
ニューシングル未来は僕らのこの手の中に』『Plastic Shose』、『風を感じて
Amazonで発売中!

ご購入ページは→コチラ♪
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-16 22:07:56

ひびプラ2016初夏。

テーマ:ブログ
気がつけば5月が終わり、6月に入って
二週間以上も経ってしまいましたね。
今年はブログをちゃんと更新すると意気込んでおきながら
なかなかパソコンに向かうことができず…情けない限りです…!

ですが、少しずつでも日々起こったこと感じたこと
記していきたいと思ったことを綴っていければと思っていますので
お暇なときにでもゆるりと付き合っていって頂けたら幸せです。



image



さて、先月開催されたワンマンライブのことを書きましょう。
『hibiku PLANETARIUM Early Smmer Live 2016~My Own Runway~』と題された今回のライブ。
応援して下さった皆さんのお力を頂いて、大成功の内に幕を閉じることができました。


何はなくともセットリスト。


1 風を感じて
2 世界をもっと近くに
3 未来は僕らのこの手の中に
4 真赤なリンゴ
5 melody
6 花舞う夜に君は何想ふ
7 Showtime! Dress Up!(天ノ川きらら/キュアトゥインクル)
8 Timing(ブラックビスケッツ)
9 モノクロColor
10 Milk&Honey
11 Plastic Shoes
12 マーメイド(仮)
13 新曲
14 ヒマワリのうた
15 あしたのうた
16 幸せのカタチ

En.1-1 hibiku the Universe
En.1-2 Link your smile

En.2 アリガト。





初夏の風薫る・感じる爽やかな、それでいて熱い時間を
過ごして帰って頂けたらなと思いつつ作ったライブでしたが、
お楽しみ頂けましたでしょうか?

そのようなコンセプトもあり、今回の衣装は
爽やかで軽やかな印象になるようコーディネートしました。


image



真っ白のワンピース。
大好きなのですが今回は透け感と裾のふんわり感が初夏っぽいかなと思い
こちらのものに。
花冠はどうしても付けたいと思っていて「これ!」と思えるものを
時間をかけて探しました。
お揃いでリストレットも作って頂き、ソロのライブではなかなか靴を
履かないので裸足の足首を彩ってみることにしました。



image


そういえばこの日が、ショートカット初お披露目となりましたね。
遊びにきて下さった皆さんにいち早くお見せしたくて、
当日まで写真も上げずに隠してました(笑)
サプライズになったかな?
正直、似合わない!ロング姿を期待してたのに!と言われたらどうしようと不安に思っていましたが、温かいお言葉をかけて頂き嬉しかったです。




image


オリジナル曲に加えて、カバーコーナーでは
「Go!プリンセスプリキュア」から、きららのキャラソン
『Showtime! Dress Up!』をhibikuバージョンでカバーさせて頂きました。
この曲にはいつも元気をもらっています。
きららが夢に向かって走り続けている姿に寄り添うように、
自分の声で、歌で、心から歌わせて頂きました。

もう一曲は当時大流行していたユニット「ブラックビスケッツ」の『Timing』を。
幼い頃はポケビ派だった私ですが(笑)
ブラビのこの曲は名曲すぎるということで歌わせて頂きました。
サビの部分を皆さんと一緒に踊りましたね~!付き合って下さり
本当にありがとうございました!(笑)まどわっす~




image



後半では、この日初披露の新曲も歌わせて頂きました!
セトリの欄にも「新曲」と書いてあるのは
歌詞が出来たのが前日の深夜で、まだタイトルが未定だからです…!

“Plastic Shoes” から始まり “マーメイド(仮)” に続く、
『お姫様ソングシリーズ』の第三弾として作った今回の曲。
モチーフの姫君は「眠り姫」です。
まだまだ荒削りで、完成に向けてタイトルも含め
少しずつ変化していくものと思われますが、披露できて嬉しかったです。

そして会場ではお知らせをしましたが、これらのお姫様ソングを集めた
ミニアルバムを制作することが決定しました♪
「ミニ」は付いても「アルバム」なので、もうちょっと曲数も増えます。
私の大好きな童話の中でも、選りすぐりのお姫様たちをモチーフに
一曲一曲大切に作っていきたいと思ってます。
完成は11月ごろを!予定しております!!(!?)
続報を楽しみにお待ち頂けたら嬉しいです。



image

TVアニメ「あんハピ♪」でお世話になっております
DIVE Ⅱ ENTERTAINMENTさんより立派なお花を頂きました♪
ありがとうございます!あんハピ♪の楽曲も、歌える機会がいっぱい
増えるといいなぁ~


image

こんなに可愛らしいお花も。
いつもイベントやライブの度に様々な趣向が凝らされたお花を頂きます。
足を運んで下さるだけでも嬉しいのに、この日のためにと思って準備を
して下さっているのだろうか…なんて考えると本当に嬉しいです。







当日は熊本地震災害義援金の募金もしていました。
集まったお金は日本赤十字社に寄付致しました。
一日も早く熊本の皆さんに安心できる日々が訪れますように。
皆さま、ご協力ありがとうございました。





image


今回のライブでは、サブタイトルの「My Own Runway」にちなんで
ステージより前方に無理矢理小さな花道を作ってみました(ライブハウスなのに!)
会場に入られてビックリされた方も多いと思います。
私にとっても初の試みで、本番直前までリハーサルで音の調整を
して頂きました。


でも、どうしてもこのカタチでやり遂げてみたくて。



ランウェイを作ることで、最前で観て頂けるお客様が増える。
皆さんとの距離もグッと近くなる。


それだけ、隠しきれないありのままの自分を
見せなくてはいけなくなるということだったりします。





本当は隠したいことだらけで、情けない自分。
でも、都合良く隠した綺麗さだけで終わってしまっては、
私のライブではないなって思って。



まだまだ未熟すぎる自分だけど、それでも好きで歩いてきた道だから、
心から応援して見守って下さる皆さんの前だから、
今出来る精一杯の私を少しでも近くでお届けしたいと思いました。
届けることができたでしょうか。




image


私はいつも自信がなくて、いつも不安です。
ネガティブなことにばかりが目について、仕事が怖くなったり、
歌うことがわからなくなったり、そんな毎日も多いです。


そして、本番を迎える度にほんとに失礼極まりない奴だなって
いつも思い知らされます。


名前を呼んで下さる方がこんなにもいてくれるのにって。




言葉で、笑顔で、行動で、こんなにも温かなものを渡して下さる皆さんがいる。
日々の浅瀬を流れていくものに惑わされるんじゃなくて
これだけを見据えて、受け取っていけばいいのにと。


皆さんのお声やお顔を見ていると本当に幸せが溢れてきます。
すぐ立ち止まりそうになったり、
方向を間違えてしまいそうになって落ち込む私だけど、
こうして皆さんにお会いできると、明日からいくらでも
歩いていける心持ちになります。


また私の方が、元気を頂いちゃっていますね。


image


足を運んで下さる皆さま、応援して下さっている皆さま、
本当にありがとうございます。

毎日嬉しい楽しいこと、それだけじゃない色んなこと
本当にいっぱいあるけれど、
誰がなんと言おうと。
恥ずかしがらず、惑わずに、信じる道をこれからも歩いていきます。


今回初めて来て下さった方やまだ未参加の方にとっては、
ライブひとつの記事でえらく重てぇ…なんて思われるかもしれませんが(笑)
でも、私にとって表現することってそんなものです。

もし良かったら、これから一緒に歩いて頂けたら幸せです。
今までご一緒して下さった皆さまは、これからもよろしくです。



image


幸せモンですね、私ってのは!
また今年の内に、お会いできるように頑張ります。
今回もホント、来てくれて
どうもアリガト。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
山村響さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-04-08 22:30:00

ひびプラ2016初夏!チケット詳細のお知らせ☆

テーマ:お知らせ・告知
こんばんは!
昨日の雨風で咲いていた桜もだいぶ散ってしまいましたね。。
少し寂しいけれど、道路や川面に桜の花弁がびっしりと落ちているのを見るのも
風情があって好きだったりします。
桜ってあっという間に咲き誇ってあっという間に散ってしまう潔さが
かっこいいなって毎年思います。


さて、ツイッターの方では一足先にお伝えしましたが
5月15日(日)に開催される私のワンマンライブの詳細が決定しました!
こちら↓








hibiku PLANTARIUM Early Summer Live 2016
       My Own Runway


日時 2016年5月15(日)
   開場17:00 開演18:00


場所 吉祥寺CLUB SEATA

チケット 前売4,500円 当日5,000円(要1ドリンク 別途500円)
     ※入場整理番号付き

チケット販売 2016年4月10日(日)午前10時よりイープラスにて発売

販売URL http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002187580P0030001
     ※ページは4/9(土)0:00以降に表示されます。




大変申し訳ございません!
ツイッターのお知らせでは、
開場時間と開演時間が誤って1時間早く記載されておりました。
正しくは上記の時間になりますので、ご確認よろしくお願いします!





2016年一発目のワンマンライブ。
今回はサブタイトルに『My Own Runway』という言葉を掲げました。

生きていく中、仕事をしていく中で、たくさんの出会いや別れがあります。
その様々な出会いと別れの中で、自分がちっぽけに感じてしまったり、
あの人のようになりたいと思ってもなれない自分に気づいてしまったり。

ついついそんなことばかりを考えてしまう私だけど、
きっと私にしか歩けない素敵な道がある。
私の生き様とも言えるその道を、包み隠すことなく。
遊びに来て下さった皆さんに見て、聴いて、感じてもらえたら。
そういった願いを込めてこのようなタイトルにしてみました。


ステージというものは、隠そうとしても
『自分』がだだ漏れてしまうある意味恐ろしい空間です。
でもどうしたってそうなってしまうのなら、
だだ漏らしても恥ずかしくない『自分』になればいいのだなぁ。
そう思います。とても難しいことだけれど。


約一ヶ月後に迫ったその日を、胸を張って迎えられるように
今からまた準備に勤しんでいく所存です。


と、なにやら難しい言葉を並べ立てはしましたが
タイトルにもあります通り、初夏のさわやかな風を感じられるような
心地のいいライブにできるよう色々と計画立てておりますので
初めての方もぜひお気軽に遊びに来てみてください☆


今回も演奏面では素晴らしいサポートの皆さんをお迎えして、
迫力のバンドサウンドでお届けします!
生バンド、楽しいよ~。体全体で感じてね!



♪hibiku Support Band “ THE PLANETS ”♪

Key. 佐藤和豊
Bass. Back
Dam. 今井義頼
Gt. 山野陽祐





また、前回のワンマンライブまでやらせて頂いておりました
終演後のお見送りと握手についてですが、
ありがたいことに少しずつ規模が大きくなってきまして、
今回よりお見送り&握手を無しにさせて頂くこととなりました。

もし楽しみにして下さっていた方がいらっしゃいましたらごめんなさい。
今後は、ミニライブイベント等でそのような機会を設けていけるように
していきたいと思っておりますので、
そちらの方も楽しみにして頂けると嬉しいです。

その分、ひびプラの方では音楽での魅力を
さらにさらにお届けできるよう頑張りますので、
ご理解頂ければ幸いです。



みんなで楽しい初夏の一夜を過ごしましょう♪


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
山村響さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-05 20:31:30

無題。

テーマ:ブログ

image





終わりました。
抜け殻のようになってしまうんじゃないかなぁと思っていたのですが、
意外にも一日経てばすっきりとした心持ちで仕事に行くことができています。
私は今、とても前向きな気持ちになることができています。


Trident THE LAST LIVE Thank you for your“BLUE”
お越しくださった皆さま、ずっと応援し続けてくださっていた皆さま、
本当にありがとうございました。
楽しんで頂けましたでしょうか。
私たちのありがとうの気持ち、届けられましたでしょうか。

最後に見たステージからの景色が、心に焼き付いています。
その時にやっと「終わるんだ」って感じたことも。



当日は、長いようであっという間の一日でした。
あんまり眠れなかったこと、3人で朝ごはんを食べたこと、
たっぷり時間をかけて行ったリハーサル、イヤモニから聞こえる自分の声、
二人の声、
顔が強張ったまま歌っていたこと、
最終リハーサルにきて急に歌詞がふっとんで歌えなくなってしまったソロ曲、
一番遠い客席から見える風景、ブルスティ兄さん達の歌、
ひとつひとつを何かに追われるようにやっつけている内に本番がきました。



本番直前まで、ひとりで慌ててごった返して、全然周りが見えてなかったのかもしれません。
衣装をつけて最後のメイク直しをしている時に、まいちゃんがメイクの田中さんとこう話してました。


「完璧にやるのは無理。だけど私は楽しくやる」


その言葉が耳に入ってきた時、私はここにきて頭に入るはずもないのに
必死に歌詞カードとにらめっこしていました。
視界を閉ざしていた霧がスゥッと晴れるような感覚を覚えました。


私は「完璧にやること」をあまりに望みすぎていました。
そのことに必死になりすぎて、自分が楽しむ気持ちを忘れていた。
だからリハーサルの時に笑えなかったんだ、歌詞が飛んじゃったんだと思いました。


その言葉を聞いてから、
朝からずっと何かに追われているような感覚がなくなって
わくわくしてきたんです。
そんなことを本能的にわかってサラリと言ってのけるまいちゃんは
すごいし、本当にかっこいいと思いました。



本番はもちろん緊張もしたけれど、余計な肩の力が抜けて
ほんとに楽しんでいる間にセットリストが進んでいきました。



3人それぞれのソロコーナー、いかがでしたか?
みんなが思い思いに演出を考えて、形にして頂いた時間でした。

リハーサルではどの曲も楽しく歌えなかったのが、本番では全く違いました。
リフターから顔を出した瞬間に見えたペンライトの海と皆さんの歓声の波音。
ステージに上がるたびに全く違う色とりどりの景色が見えて、私の心はいつも揺さぶられていました。


ソロ3曲目に歌ったWords。
MCでは「今の彼女の気持ちになって聴いてほしい」なんて偉そうなことを言っておきながら、
ほんとは練習をしてる時は中々その気持ちになって歌うことができていなかったんです。
だけど本番は不思議な感覚でした。
体がふわっと浮いたような、嬉しいけど悲しくて、切ないけど幸せで…
色んな感情がぐちゃぐちゃになりながらもすごく気持ちが良かった。
うまく歌えたのかはわからなかったけど、ああいった歌を歌うことができて、私はただ幸せでした。


ソロコーナー最後に歌わせて頂いたYellow Carpet。
Tridentは3人でひとつになって頑張ることが一番の目標なのはもちろんだけど、
私はこの曲にかけていた部分が大いにありました。

Tridentという単なるキャラクターユニットで、作詞という
やりたかったことをやらせて頂けた大切な曲。
Tridentとして活動させて頂いてきたからこそ、ハルナとしてではなく、
山村響として、
彼女に、スタッフやクルーの皆さまに、
そしてTridentの二人に、ありのままの気持ちを伝えたかったんです。

この曲をこの曲として歌えなかったら、
私にとっての今日のライブはそこで終わってしまうとさえ思っていました。


皆さんの温かな瞳に見守られながら、私は歌い切ることができました。
曲が進んでいくにつれ、体に羽根が生えているような感覚になりました。
最後の最後まで、嘘をつかずに絶対に歌い切るんだと強く思いながら歌っていました。

歌い終えたあとに聞こえてきた拍手の音が忘れられません。
私の気持ちは届けられたでしょうか。
受け取って頂けたなら、本当にありがとうございました。



そこからは更に心が軽くなって、楽しくて楽しくて幸せでした。
何気ない時に目が合う瞬間、まいちゃんとぬーちゃんが笑っているのが嬉しくて
私ももっと笑いました。


ブルスティ兄さんたちのエガオマニアを舞台裏で聴きながら踊り狂って、
楽屋に戻って最後の衣装に着替えました。

スタイリストの翼さんが絶対のこだわりを貫いてデザインして下さった真っ白なドレス。
最後の最後まで、翼さんは眠たい目をこすりながら愛おしそうに針を通して装飾をつけていました。

ヘアメイクのまいみさんが髪を綺麗に編み込んでくれて、星がきらめくティアラを乗せて下さいました。

翼さんが「あ~いよいよ嫁に出す気分だわ!」と寂しそうな嬉しそうな顔で笑っていました。


ステージ扉の中に降りているリフターの上に乗って、上がる瞬間に3人で手を握りました。
一瞬だけだったけど、何よりも心強いものでした。



TridentウェーブTHE LAST、最後の最後までかっこよく締められなかったですね。
でも私がくちゃくちゃになっても、ばっさり切ってくれるようになったまいちゃんがいて、
見守ることを覚えたぬーちゃんがいて、それを笑って受け入れてくださる皆さんがいて。
そんな空間があそこに広がっていたことが幸せでした。


最後の曲、BLUE。
振り付けのタッチ先生がしきりに「二人のことを感じながら踊ってください」と言っていました。
本番を迎えるまで踊るのと歌うのでいっぱいいっぱいだったけど、やっとその意味がわかりました。
二人が隣にいてくれると思ったら、安心できて高い音も自然と出ていました。


アンコールも終わって、最後の挨拶はずっと言いたかったことを言えました。
相変わらずうまくまとまらなくて、同じことを言ったり言葉が途切れたりしてしまったけど、
なるべくその場しのぎの綺麗な言葉で塗り固めてしまわないようにと思いながら言葉を吐き出しました。

まいちゃんとぬーちゃんの言葉はさすがとしか言いようがなくて。
やっぱり二人は私にとってスーパーウーマン。大好きで憧れです。


花道を歩いてステージに戻っている時、皆さんのお顔がよく見えて、
必死に、真っ直ぐに私たちを見てくれていて、
溢れんばかりのありがとうの言葉が耳に飛び込んできて…
Tridentを愛してくださっている人たちがこんなにたくさんいてくれるんだって
改めて感じて。すごくすごく感じて。
気づいたらえずくのを抑えきれないくらい泣いてしまっていました。

プロデューサーの西辺さんに「終わるまでは泣かないで」と言われていたのに。
私は最後までくちゃくちゃだったなぁ。



ずっとずっと、私はもらってばかりだって思うんです。
Tridentにしてもらって、色んなことを経験させてもらって、
ハルナが素晴らしい世界へ連れてきてくれて、スタッフの皆さんが最高のサポートをして下さって、
クルーの皆さんがたくさん応援してくれて、盛り上げてくれて、
Tridentの二人が輝いてるからこそ、迷惑をかけちゃいけないし、負けたくないって思わせてもらって、
でもなんでうまくできないんだろうって悩んで、悲しくなって、もう駄目だって思ってばかりで、
だけど3人集まるとやっぱり楽しくて、Tridentで良かったって思えて…
最後にはこんな素敵な晴れ舞台を用意して頂けて。




私は、ちゃんと返せていたかなっていつも思います。
いつも不安です。




こんなことを言っていたらきっと怒られてしまいますね。
そう、皆さんからたくさんもらってばかりだったけど、
たくさんもらったからこそ、今の私が、Tridentとしての私がいました。
そしてTridentとして見てきた景色はどれも最高に綺麗で、
こんな素晴らしい景色たちを見ることができたという事実は、
これからの私を形成してくれる大きな礎になってくれたと感じています。

自信持ちなさいって打ち上げで言われたから、胸を張ります。
そうだよね、こんなにすごいことみんなで出来ちゃったんだ、
私もその中の一人なんだって、でーんとしてやります。


だから皆さんも、一緒にでーんとしてください。
Tridentとしてみんなで走り抜けた3年間は、まぎれも無い真実で、
忘れがたいひとときで、まさに青春の3年間になったはず。
こんなに素敵な時間を一緒に過ごせる仲間なんて、そうそう出会えることじゃないから。
Tridentだった日々は、人生の宝だって、私は胸を張って言います。



そう思って、また前を向いて歩いていきます。
Tridentを愛してくださった皆さんにとっても、そう思ってもらえる日々だったらいいなと思います。



まとまりの無い文章で、長々とごめんなさい。
ここまで読んでくれてありがとう。
この出会いは運命だったとしか言いようの無い3人でした。


私たちをTridentにしてくれて、Tridentで居続けさせてくれて、
本当に本当にありがとうございました。
大好きです。
これからも、ずっと一緒に歩いていこうね。



image



Tridentの山村響でした。







image



山村響さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み