皆さま、どうも、こんにちは(*^_^*)・・・・さてさて、ここで唐突ですが、株式投資をするのに必要となる経費ははたしてどの程度なのでしょうか?まだまだ本格的に投資をはじめていないゆえ、なかなかイメージがつきません。それ以外にも、経済に関する知識や企業情報の見方など、投資に必要な専門的なアレコレを収集し、自分なりに要約できるところまではきちんと手が出せていないので、そのあたりを今後熊谷亮さん主催の「デイリーコメント」をチェックしていきながら少しずつ学んでいきたいですねぇ。
それではいきなりですが、以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済29」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです!

コンテンツを提供する情報やサービスの地図として活用していけば、企業と消費者とを「信頼」でつなぐコミュニケーションツールとなり得るのではないでしょうか。
しかし、せっかく作成したコンテンツでも、その存在を周囲にアピールできなければ、消費者は興味を持ってくれさえしませんし、コミュニケーション以前の問題になってしまいます。コンテンツを企業の新商品と捉えたならば、世間に宣伝するのは必然でしょう。
ちなみにコンテンツのプロモーションはトリプルメディアの特徴を活かした方法が存在するのですが、これを「コンテンツプロモーション」、または「コンテンツアンプリフィケーション」といいます。
AD
皆さま、どうも、こんにちは。今日もいかがお過ごしでしょうか?このブログでは、一般企業を退職後、家族とともに充実した人生を送るべく、「熊谷亮さん」という専門家が主催する機関を利用しながら株式投資の勉強に励みつつ自分なりの準備をすすめる管理人の様子をメインに定期的に記事の更新をしております。この機関では「デイリーコメント」という毎日の株価の移り変わりや経済の雰囲気が更新されるいわばデータベースのような場があるのですが、そこを活用しつつ投資に関する知識をこれからも身につけていきたいですね・・・・。
さてさて、それでは以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済28」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

個人的に考えてみたのですが、「コンテンツ」とは、情報の設計図ではないでしょうか?作品を作成するのに必要となる材料―――素材・デザイン案・動画etc―――を用意するには、まず「どのようなモノを、何のためにつくるのか」を明確にする必要があります。指針がなければ、迷ったり間違った選択をしてしまったりと、余分に時間をつかってしまう可能性を容易に想像できます。
その「指針」を提示してくれるのがクライアントなのでしょう。クライアントの意見を主軸に置けば、その後のプロセスの組み立てはさほど複雑ではなさそうですし、誤れば再度基本に戻れば良い。もしクライアントがいなければ、消費者のニーズのリサーチや友人の意見のヒアリングなど、方法はいくらでもあります。
AD
皆さま、どうも、こんにちは。本日もいかがお過ごしでしょうか?このブログでは、今後本格的に株式投資が行えるよう、コツコツと準備に勤しんでいる管理人の様子や思考をメインに定期的に記事の更新をしております。現在は「熊谷亮さん」という専門家が主催する機関から発信される情報を参考にしているうのですが、「素人」という立場から個人的に感じ、考えたことを読者の方々と共有すべく記事の更新を継続させていきたいですね・・・・。
さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済27」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

伝えたい情報をシンプルに、かつ分かりやすく作成するためには、より「コンテンツ」の存在が重要になっていくのでしょう。たとえば、PC用にデザインしたウェブは、先日お話しましたが、小さな画面のスマホにも対応できるよう、改めて作り直す必要があります。PCに掲載した内容を踏襲しつつスマホに適した魅力的な情報につくりかえるためにはどのようなポイントを押さえるべきかといえば、いちど作成したコンテンツを見直すことではないでしょうか?
コンテンツは、利用者につたえたいメッセージや情報が詰まった、いわば設計図のようなもの。スマホのようにスペースに限りのある場では、コンテンツの内容をあまり装飾せず、あえてそのまま出してしまうくらいの方が、いいものができあがるような気がします。
AD
皆さま、どうも、こんにちは。本日もいかがお過ごしでしょうか?このブログでは、長年勤めたある企業を無事なんとか定年退職した管理人が、今後の人生を家族とともに有意義に過ごすべく、「熊谷亮さん」という専門家が発信してくださる情報を頼りに学んだ方法を貯蓄に活用し、そこから個人的に考察した内容を定期的に記録しております・・・・。私としては、自分の目で企業情報や株式を比較できるまでの成長を目指したいですね。
さて、それではいきなりですが、以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済 26」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

今回は「コンテンツファースト」が現在必要とされるようになった背景について考えていきたいと思います。ウェブサイトを作成する際、伝えるべき情報をデザインよりもまず先に固めるべきという概念の誕生に大きく関わっているのは「スマホ」の存在です。たとえば、凝ったデザインのサイトがあったとして、パソコンではそのまま確認することができますが、逆にスマホでは画面が小さいため、ゴチャゴチャして肝心のコンテンツが見えにくくなってしまうそうです。そのため、パソコンとスマホではウェブサイトに掲載する情報を変えなければならない・・・・特にスマホはシンプルに「伝えたい内容」を中心に添え、全体を構成することが求められます。

現代はパソコンよりもスマホの方が日常的に使用する頻度が高い時代です。だからこそ、スマホでも見やすいウェブサイトで情報提供するほうが、消費者の購買意欲の刺激につながるのでしょう。
皆さま、どうも、こんにちは。このブログの管理人をしています私は普段から「熊谷亮さん」という方が主催するホームページから定期的に発信される情報を参考に株式投資について学んでいるのですが、ここではきちんと現場で学んだ実績のあるプロが投資に関するアドバイスをしてくださるので、素人にとってはとてもありがたいです。
・・・・さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済25」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。

「消費者が生活するなかで困っていること」に応えるのも「コンテンツファースト」に含まれるのならば、「サービスの提供者自らが”伝えたいメッセージ”を発信する」という方法も「コンテンツファースト」に当てはまるのではないでしょうか?どちらにしても、コンテンツを先に組み立てる場合は、自分が考えていることを予め整理整頓する必要があります。場合によってはクライアントとのコミュニケーションを第一にしなければなりませんし、デザインのイメージングと同時進行で進めなければならない・・・・つまり、どのような「プロセス」を踏んでいくかがかなり重要になるように思います。

また、ひとことに「コンテンツ」と言っても、完成するまでにやらなければならないことは多くあり、その点はデザインと同じ。きっとデザインはコンテンツが存在しなくても作成することは容易にできるでしょうけれど、基盤をしっかりさせることで、過去の作品とは異なる魅力を持つものができあがるのではないかと・・・・。
唐突ですが、「株式投資」というものは、どんな年齢になっても何時でも始められるのが大きなメリットだと考えます。それは、一般企業を定年退職し、現在「熊谷亮さん」という専門家が主催するホームページを活用して投資について学んでいる私だからこそいえることではないでしょうか。私は長年支えてくれた家族への恩返しという目的で投資をはじめましたが、その他にも、昨今の経済や情報の特徴を把握できるというプラスのメリットが潜んでおり、非常に興味深いですね。
・・・・さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済24」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

型となるデザインよりもまず先に「伝えたい内容」を固めていく「コンテンツファースト」という考え方が主流となりつつある現在、利用者にサービスとして提供するまでのプロセスを今回は考えてみたいと思います。
例えば、オリジナリティ溢れるサービス展開で注目を集めている「Amazon」ですが、そのなかで特に話題を呼んでいるのが「お坊さん出張サービス」です。懇意にしていた檀家が遠方のため来てもらえない、身近に同じ宗派の檀家がないなど、「法要を依頼したいけど出来ない」ということで困っている方々というのは結構多いようで、そういった悩み事を解決してくれるこのサービスはかなり人気があるようです。
お布施の値段など少々問題はあるようですが、基盤に「生活者の悩みに応える」というコンテンツがここには存在するのでしょう。
皆さま、どうも、こんにちは。本日もいかがおすごしでしょうか?このブログでは、「熊谷亮さん」という専門家が主催するホームページの「デイリーコメント」を活用しつつ、日々コツコツと株式投資の練習を行う管理人の様子をメインにお届けしております。
・・・・さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済23」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

先日まで「生活者が求める”充実した情報”」について考えていきましたが、このように「伝えたい内容」にフォーカスしたデザインのあり方がここ最近は主流となりつつあるようです。
以前のウェブデザインは「決められたデザインに決められたコピーを当てはめる」という方法でした。しかし、情報の種類が多様化したことにより、様々な環境に柔軟に対応できるデザインが求められるようになっていったのです。あらゆる物事に適応するデザインを「レスポンシブデザイン」といいます。

レスポンシブデザインを行うためには、まずは基本となる「伝えるべき情報」を固めなければなりません。動画や素材をリサーチする前に、「何を生活者に伝えたいか」を具体的にしていくのですが、この「伝えたいこと」こそコンテンツそのもの。
情報の中身を先に決めてからそこに合わせてデザインをする考え方を「コンテンツファースト」といいます。

(今日も最後までおつき合いいただきありがとうございました!)
皆さま、どうも、こんにちは!今日もいかがお過ごしでしょうか?このブログでは、「熊谷亮さん」という専門家が主催する機関を利用しつつ、株式投資の仕組みについて学び、そこから個人的に考え、感じたことを読者の方々と共有したいと考え、定期的に記事の更新をしております。
・・・・さてさて、それではいきなりですが、以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済22」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです 。

画像が含まれていることが情報の充実度を決めるならば、そこにはメリットだけではなくデメリットも存在するような気がします。想像してみてください。画像1枚から一体どの程度の情報が得られるでしょうか。画像から相手の真意を汲み取ろうとする行為は、他者の本音を見透かそうとする行為と同じです。つまり、永遠に答えが分かることはありません。極端な言い方かもしれませんが、写真をメインに配した情報を提供するというのは、同時に相手に精神的負担を無自覚にかけることになるのでは・・・・。

生活者に商品に興味を持ってもらい、結果的に購入へとつなげるためには、相手に負担をかけないためにバランスを保った「充実した情報」を作成する必要があるのかもしれません。このバランスとは、文字情報と画像との組み合わせにより実現できるのでしょう。どちらかのみに偏るのではなく、良質な情報には両方必要です。
私は長年勤めた企業を定年退職した後、「熊谷亮さん」という専門家が提供してくださる情報を参考にしながら株式投資をはじめてみましたが、それ以前は「投資=ギャンブル」という思い込みがつよくあり、なかなかそれを払拭することができませんでした。投資は金銭の運用という目的だけではなく、昨今の経済の特徴や、情報の流れを把握することにもつながります。ようするに、投資にチャレンジするだけで、そこから様々な「世の中の仕組み」に触れる機会が得られるのです。この気付きをなるべく多くの方に伝えるべくこれからも定期的な記事の更新をつづけていきたいですね・・・・。
さて、それでは以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済 21 」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。

皆さまは、「充実した情報」と聞いて、どんなものをイメージしますか?
あなたが求める「情報のあり方」とは、一体どのようなものでしょうか?

昨今は、文字よりも画像を用いた情報提供が主流となりつつある・・・・と、いうより、そちらの方が生活者から強く求められているようですね。私が前線で仕事をしていた時代は、文字や数字が情報のすべてを形成していましたが、現代は画像がメインで文字はオマケ、あるいは、写真1枚から伝えたいメッセージを読み取る方法が一般的となりました。
しかし、いくら文字のみの情報に慣れ親しんだ私であっても、画像が1枚入っているかいないかで、つい充実度を判断してしまいます。
皆さま、どうも、こんにちは、本日もいかがお過ごしでしょうか?
・・・・さて、唐突ですが、他人から「株式投資の魅力は?」と聞かれたとき、私の答えは「現代の情報や経済の特徴に自分の手で触れることができること」という答えを用意するでしょう。特に、専門家である熊谷亮さんが運営するホームページからは、昨今の情報とタイムリーな経済の動向の関連性が素人にも理解できるような情報を定期的に発信してもらえるので、今後もここから学んだことを読者の方々にお届けするべく、記事の更新をつづけていきたいですね・・・・。

それではいきなりですが、以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済20」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

今回は、先日記事にした「情報の充実度」について考えていきたいと思います。例えば、あなたがネット通販を利用しているとして、目当ての商品を発見したなら、次はどういった行動にでるでしょうか?
きっと予想するに、「他の商品との比較をはじめる」ではないかと。商品に目星をつけたとしても、もしかすると、それよりも価格が安く、使い勝手が良い物があるかもしれない。そうなると、似たような商品写真が並ぶページを、気づくと数時間かけて探しまわる羽目に陥ってしまうかもしれない。
そんな窮地を脱する鍵となるのが「情報」です。同じような商品写真が並ぶなか、自分なりの基準を決めるには、「情報の充実度」を見ることが最も手っ取り早い。