こんにちは、定年退職後に穏やかかつ充実した人生を家族と過ごすべく、「熊谷亮さん」という専門家が定期的に発信する情報を参考にしつつ、昨今の経済の動向などについて個人的な考察を記事にまとめております。
さて、本日は前回の宣言通り、「熊谷亮さんを参考に、目的別投資法を考える」をテーマにすすめていきますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

たとえば、「会社からもらうお給料だけでは不安だから、不動産投資で安定した利益を得たい」や、「将来世界一周バックパックにチャレンジするために資金が欲しい」など、資産運用に関わる方々の目的はじつに様々ですが、ひとつ共通しているといえば、「安定した収入を得たい」ところでしょうか。

まず、投資をはじめるのに重要なのは「目的を明確にする」ことだそうです。
目的が定まらず闇雲に手を出してしまうと、大きな失敗を招かざるをえない・・・と、いうことは、これも「リスクヘッジ」と呼んでいいのでは。
本人の目的によって、投資法も変わります。リスクを回避しながら少ない利益をコツコツ稼ぎつづけるのか、多少のリスクは承知で冒険にでるのか・・・これらを見極めるには、「自分が何のために投資をはじめるのか」について、じっくり向き合ってみると良いかもしれません。

と、いうことで、次回は「目的別の投資法」をもっと具体的に掘り下げていきます。今日も最後までおつき合いありがとうございました。

AD

こんにちは。自分は普段から株式投資の専門家「 熊谷亮さん」という方が提供してくださる情報を参考にしながら、昨今の経済の特徴や、そこから個人的に考察した内容などをコツコツとブログにまとめております。
・・・さて、今回も以下より前回の「熊谷亮さんを参考に、著名な投資家の格言を紹介3」のつづきを更新しますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

まずは前回ご紹介した「投資家の格言」を再度掲載しましょう。
「トレーダーの相場に挑む態度はプロのビリヤードプレーヤーと同じで、目先の1ショットではなく、はるか全体を見渡してプレーするのだ。」

資産運用をする場合、まずは「目的」を明確にすることが、その後のプロセスを安全にしてくれるといいます。とても基本的ですが、ただ闇雲に「資金を増やしたい!」というだけで突っ走ってしまうと、大きなリスクに気づかないだけではなく、もしかするとせっかくのチャンスも見逃してしまう可能性もありますしね・・・。
また、目的を明確にするのは、「その目的に見合った投資法」がそれぞれ存在するから、というのも理由のひとつ。とりあえず好みの企業に投資をしてみるのは、全く初めての場合はそれもアリかもしれませんが、自分からリスクを呼び込むことになりかねません。

例えば、「老後の貯蓄」や「自宅購入資金」など、様々な目的に適した運用法は沢山ありますし、きちんと合ったものを選べば、リスクを減少させることも可能になるでしょう。
と、いうことで、次回は「目的別投資法」について考えていきたいと思います。

AD

こんにちは、今日もいかがお過ごしでしょうか?
さて、先日の「熊谷亮さんを参考に、著名な投資家の格言を紹介」にてご紹介した方法は、投資の専門用語でいうところの「リスクヘッジ」に相当するのではないかと考えられます。
「リスクヘッジ」というと、「短期的に勝負にでるのではなく、長期的にリスクを分散しながら様子をうかがう」を最適とするものですが、「何をすべきでなく、何をするべきか」を判断するには、そのための材料を集めるだけの「時間」が、確かに必要かもしれません。

それでは次にリバモア氏による別の格言をご紹介します。
「トレーダーの相場に挑む態度はプロのビリヤードプレーヤーと同じで、目先の1ショットではなく、はるか全体を見渡してプレーするのだ。」

資産運用において「全体を見渡す」ことは、昨今なら当たり前のことですが、株価といえばチャートをチェックする以外に方法がないとされていた当時は、まだまだ投資家自身が客観的な目線を持つという方法自体に価値が置かれていなかったのではないでしょうか?
個人的に、以上の方法は「イメージング」と呼ぶべきではと。またイメージングもリスクヘッジのために不可欠ですね。

行き当たりばったりで果敢にチャレンジすることができるのは、心がまだまだ若いというのもありますが(笑)、事前にゴールインの状況を設定していない分、いつのまにか自分がどこにいるのか、判断できないことがあるでしょう。

(つづきは次回の”熊谷亮さんを参考に、著名な投資家の格言を紹介”にてお届けします。)

AD

こんにちは。一般企業を定年退職した後、老後を少しでも心安らかに過ごすべく、専門家である「熊谷亮さん」のサポートを受けながら株式投資について学んでおります。
さて、本日も「熊谷亮さんを参考に、著名な投資家の格言を紹介」のつづきを記事にしますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

まずは先日ご紹介したジェシー・リバモア氏による言葉を再度掲載します。
「金を失わないためには何をすべきでないかが分かった時、相場で勝つのに何をすべきかということが、ようやくわかり始めるのだ。」

以上の言葉を目にした際、最初に私の頭に浮かんだのは「消去法」でした。そこでふと、自分が若い頃、よく行っていたことを思い出したのです。
私は仕事が行き詰まって上手くいかなくなると、手近にある裏紙に「失敗する要因」を書き出していたのですが、ここではとにかくどんどん思いつく限りの言葉をメモしていきます。そしてひと通り書き終えると、いったん呼吸を整えて小休止し、次にできるだけ客観的な目線で書かれた言葉をざっと見て、「これは違うな」と思うものに赤いペンで×をつけていきます。
そうやって最終的にひとつ残った言葉を「今の仕事の状況を最も悪くしている要因」と見なし、そこから対処法を考えていく、というのが、当時行っていた私なりの「消去法」です。

以上の方法と、リバモア氏による格言とに、個人的な共通点を発見したので、今回ご紹介した次第です。

こんにちは、定年退職後の人生を有意義なものとして謳歌すべく、資産運用のコツを学んでおります。とにもかくにも、「破産」なんて事態はなんとしても免れたいので(よほど無茶な行為をしない限り可能性は低いと思いますが)、慎重にコマを進める方法を「熊谷亮さん」のデイリーコメントを参考に取り入れていきたい次第です。

・・・・さて、先日も熊谷亮さんが定期的に更新してくださる株式の情報をチェックしていたのですが、そこでふと、「この方のように”経済のプロ”を名乗る人物は、一体どのような経緯で資産運用法を身につけていったのだろう?」という疑問が頭に浮かんだのでした。
世間的にプロの方たちは、私たち「情報を受け取る側」とは異なり、「情報を発信する側」だと考えられます。とすると、それぞれ経済にまつわる情報を取得するための独自のルートを確保しているはず。
彼らがどのような信念に基づいて行動を起こし、資産を運用していったのか・・・・投資家の頭のなかをちょっと覗いてみたいと思います。

まず見るのは「名言」です。

はじめに取り上げるのは、「ジェシー・リバモア」。リバモア氏は20世紀に世界経済の中心、ウォール街で活躍した投資家。別名「世界恐慌の引き金をひいた男」「ウォール街のグレートベア」。最後にはピストル自殺で自身の人生に幕を降ろした人物です。
そんなリバモア氏が残した名言がこちら↓

・「金を失わないためには何をすべきでないかが分かった時、相場で勝つのに何をすべきかということが、ようやくわかり始めるのだ。」

唐突ですが、何か行動を起こす場合、そこには多少なりと金額がかかります。これはどんな目的であっても変わらないでしょう。たとえ、資産運用のための投資だったとしても・・・。
しかし、大きなリスクを抱えた分利益を得られなかったとしたら元も子もありません。できるなら、少額をかけてその倍の利益を手に入れたい。今後も 熊谷亮さんが提供してくださる情報を参考にしながら、「リスクヘッジ」について学んでいけたらと考える次第です。
さて、それでは以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済 53」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。

Pinterestの大きな特徴のひとつに「女性ユーザーの多さ」があります。彼女らの中で多く投稿される内容は「料理」と「DIY」だそうで、Twitterのように自身の日常を公開するだけではなく、「日常の充実度」を分かりやすく表現したいという気持による行動ではないかと個人的に推測しました。
それ以外にも、学習の現場やアパレルブランドが洋服を販売したりといったビジネスに利用されるなど、様々な方面に価値が見出されているようですね。

・・・・以上の内容から考えるに、Pinterestを企業のプロモーションに取り入れるならば、新商品を紹介する説明会を「ウェブ」と「アナログ」に分けてはどうでしょう?たとえば、公式ホームページに掲載した時刻に新商品に関する情報がネット上にUPされ、またUPされたページを活用してじっさいに集めたユーザーに直接新商品の魅力をレクチャーするのです。

唐突ですが、何か行動を起こす場合、そこには多少なりと金額がかかります。これはどんな目的であっても変わらないでしょう。たとえ、資産運用のための投資だったとしても・・・。
しかし、大きなリスクを抱えた分利益を得られなかったとしたら元も子もありません。できるなら、少額をかけてその倍の利益を手に入れたい。今後も 熊谷亮さんが提供してくださる情報を参考にしながら、「リスクヘッジ」について学んでいけたらと考える次第です。
さて、それでは以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済 52」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。

Pinterestの大きな特徴のひとつに「女性ユーザーの多さ」があります。彼女らの中で多く投稿される内容は「料理」と「DIY」だそうで、Twitterのように自身の日常を公開するだけではなく、「日常の充実度」を分かりやすく表現したいという気持による行動ではないかと個人的に推測しました。
それ以外にも、学習の現場やアパレルブランドが洋服を販売したりといったビジネスに利用されるなど、様々な方面に価値が見出されているようですね。

・・・・以上の内容から考えるに、Pinterestを企業のプロモーションに取り入れるならば、新商品を紹介する説明会を「ウェブ」と「アナログ」に分けてはどうでしょう?たとえば、公式ホームページに掲載した時刻に新商品に関する情報がネット上にUPされ、またUPされたページを活用してじっさいに集めたユーザーに直接新商品の魅力をレクチャーするのです。

皆さま、こんにちは、本日もいかがお過ごしでしょうか?
定年退職をし、ポッカリと空いた時間を投資の勉強に使おうと決心してから、1度だけセミナーに参加をしてみたことがあります。しかし、当時は今よりもさらに知識がなかったというのも関係していると思うものの、講師の方の比較的早いスピードについていけず、重要な内容を何度も聞き逃してしまったのです。
それ以来、セミナーに足を向けることは一切ありません。
その点、専門家である「熊谷亮さん」が提供してくださる情報は、基本的に自分のペースを尊重しながら学ぶことが可能なので、そこから様々な物事へと思考を展開させることができ、サラリーマン時代には興味を持たなかった物事について考える良いキッカケになりました。以上の情報が掲載されている「デイリーコメント」は、まさに私にとって「無料セミナー」といっても過言ではありません。
さて、それでは以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済51」のつづきとなりますので、最後までおつき合いいただければ幸いです。

最後に以下のSNSツールを企業がプロモーションに利用した場合を考えたいと思います。
・Pinterest
Pinterestとは、文字通り、利用者が撮影した写真を自室の部屋に飾るような感覚でネット上に披露するという、言い換えるならば「公開型ピンボード」でしょうか。まず、注目したい特徴は女性ユーザーの多さです。

皆さま、どうも、こんにちは。
私は現在資産運用に関してとても興味があり、「熊谷亮さん」という方が主催するホームページに掲載されている内容を利用して日々コツコツと学んでおります。特にデイリーコメントには毎日の株価の変動だけではなく、専門的な事柄まで丁寧に記載されているので、例えば、これらをチェックして分からない用語があった場合、ひとつひとつメモを取って後で調べれば、さらに深い理解へと繋げることができるので、素人の私にとってマイペースに投資をつづけるためのツールとして、今後もチェックしていきたいと考えている所存です。
・・・さて、それでは以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済50」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いくださいませ。

「Instagram」が、様々なツールが含まれるアメブロやFacebookとは一線を画すSNSツールであると思う理由は、まさに「スマホ世代のためのコミュニケーション手段」として確立されているからではないかと。シンプルかつセンスの良い画面は、Twitterやブログなど、すでに一般化してしまったツールではありきたりな若者に適しているでしょうし、操作も簡単なので、タイムリーに自身の日常を発信したい人間にとっては便利。
以上から考えるに、Instagramは企業側がプロモーションに利用するというより、「企業に個性をアピールして売り込みたい個人」の方が利用価値が大きいように思いました。

こんにちは、定年退職をした後株式投資の勉強をはじめようと、専門家である「熊谷亮さん」が提供してくださる情報を活用しながら知識習得にはげんでおります。
ここ最近は大分「デイリーコメント」をチェックする行為が生活に馴染んできたように感じているのですが、しかしよくよく考えてみると、「経済」「情報」「日常」は密接な関係性にあるので、これらの存在を意識しつつ今後も様々な方向性から考察をしていく次第です。
・・・・さて、以下より前回の「熊谷亮さんの情報から考える、”信頼”と経済 49」のつづきとなりますので、よろしければ最後までおつき合いお願いします。

ちなみに今回は以下のSNSツールを取り上げるつもりです。
・Tumblr
「Tumblr」については、一見するとSNSよりブログのほうが形態は近いのでしょうか?私はTwitter、Facebook、ブログ等はまだ理解できるものの、Tumblrは正直ついていけませんね(笑)Twitterとどう異なるのか、いまいち理解ができません。ですので、私なりに「Tumblrを企業が活用した場合のプロモーション法」について頑張って絞り出していこうかと。

まず、Tumblrの公式ホームページを見てみたのですが、個人的には「スマホ世代には利用しやすいSNS」という印象を抱きました。従来の「リンクをクリックして次のページへ移動する」スタイルとは異なり、「スクロールを中心に情報を読み進めることができる」形は、マウスより画面に直接タッチする方法が効率的なのではないでしょうか?