蘇える筋老

ほぼ日本一遅いトライアスリート。
いや、アスリートですらないかも・・w
トレーニングの嫌いな快楽主義者ですが、
なぜかトライアスロンを楽しんでいます。
目標は常に「完走」のみっ!(笑)
アスリートには全く参考にならない日記ブログですw


テーマ:

意外とすんなり終わったスイムに続いて80キロのバイク

そうそうドラフティングに気をつけなきゃ・・・・

て、前も後ろも誰もおらんわっ!


コースの最初は5キロほど行って帰ってくる両側通行のコースです。

向かいのレーンは沢山のバイクが走ってきますが、こちらのレーンは

一人旅・・うむむ。かなり遅れてるなぁ。。

なんて思いながら走ってると、それでも前に選手が現れます。

大概は女子で、たまに太った男子。。

ちょいちょい抜かして順位を上げていきます。

コースはアップダウンが頻繁にあって、下りで思いっきり

スピード出して登りを駆け上がる・・の繰り返し。

でも、たまに登りだけのところがあったりすると、もうヨレヨレで

練習不足を露呈してしまいました。


でも沿道には沢山子どもたちが応援してくれてて、

バイクに乗りながらハイタッチをせがんできます。

丁寧にスピードを落としてハイタッチに応えていたのですが

段々つらくなってきますw

でも、子どもたちがハイタッチとか手を振って挨拶すると

信じられないぐらい、ものすごーく喜んでくれるので、こちらも嬉しくなって

しまいついつい「イェー!!」とハイタッチしてしまいます。


そんなこんなで楽しくゆっくり走って30キロぐらいの地点

結構な上り坂があってギアをローにガチャガチャ落としていった

とき、突然ペダルが空回りしてあやうくコケそうになってしまいました。


バイクを降りて見てみるとチェーンがギアの内側に落ちてしまって

いました。すぐ直して・・・と思ったのですが、チェーンが車軸にガッチリ

ハマってしまっており、うんともすんとも動きません。


やべえやべえ・・落ち着かなきゃ・・と、ようく見てみるとなんだか

変速機も変な感じにタイヤのスポイラーに食い込んでます。

タイヤを外そうにもうまく外れない。

チェーンも食い込んでびくともしない。


うあああああ・・・やばい・・


子どもたちが集まってきます。

「おじさんの自転車こわれちゃったよー><」というと

私の周りを取り囲んで、みんなすごく心配そうにのぞきこんできます。

下は3歳ぐらいから上は6歳ぐらいまでの子どもたち10人

ぐらいに囲まれて悪戦苦闘で20分。。


さっき抜かしてきた選手達が横目で私をみながらどんどん

通過していきます。


もうリタイヤかも・・・とあきらめかけた頃、突然チェーンがうまく外れ

ました。「やったーなおったー」と言ったら、子どもたちもとても

嬉しそうにしてくれて、みんなとハイタッチをして再出発です。

結局30分近くロスってしまいました。


その間今まで抜いて行った人達に全部抜かれてたので

おそらく本当のビリかも・・。

まあ、足切りタイムまではなんとかなるはず・・と思い直して

頑張ります。

こんどはチェーンが落ちないよう細心の注意をはらいつつ

ハイタッチも自粛で手を振るだけにしました。


で、バイクの練習不足(毎回だけどw)で自分を呪いながら

なんとかかんとかバイクも終了。


やっとランだ・・。

暑い・・疲れたー

でも20キロ走らなきゃ。。


手ぬぐいタオルを頭に巻いてヨロヨロ走りだします。


コースは1周7キロの湖の周りのコースを3周

走り始めると結構みんなヨロヨロしています。

一周目は遅いなりにも脚を止めずに走りました。

エイドも2キロ毎ぐらいにあるので、その度に止まって頭に水を被りました。


同じチームのメンバーにもところどころ出会って声を掛け合いますが

みんな既に2周目だったり3周目だったり・・。

うう・・先はまだ長い。。


2周目は走ってるんだか歩いてるんだか・・っていう速度。

エイドはまだかー、と唱えながらエイドの手前だけは歩くことに。

でもやっとエイドに着いても、既に終わりが近づいてる為、氷もなくなって

頭にかぶる水もドリンクもぬるくて力が湧いてきません。


3周目にはいると、もうほとんど周りに人がいません。

ああ・・前の方に歩いてる人がいる・・・

なのに差が縮まらない!!!

おいらは走ってるのにー!ってぐらいフラフラで走ってました。

もう、エイド手前からエイド過ぎても歩く歩く(笑)


暑くて脚は痛いしフルマラソンの40キロ地点とおんなじ状況でした。


でも、前に進む限り必ずゴールはやってくるのです。


最後だけ頑張って走ります。もうすぐ終わりだー・・・。


そしてついに、やったー!ゴール!




すると、なんとゴールゲートくぐったところにチームのメンバーが

皆待っていてくれて祝福してくれました。

予想してなかっただけに、大感激です。

頑張ってよかったー(泣)


そして、初のIRONMANメダルをゲット!


沢山のボランティアの方々、応援してくれた地元のチビッコ

そしてチームのメンバーに心からの感謝です。


終わった後は氷の浮かんだ水のプールに浸かって休憩。

コレはすごく効いた気がする。

宿に帰ってからも、翌日もほとんど筋肉痛にならず助かりました。


結局タイムは

スイム 00:51:03

T1   00:07:19

バイク 04:01:37

T2   00:03:59

ラン  03:02:52

トータル 08:06:50


全体順位 472/487位 (下から15番目!!)


あっぶねー、まじでビリになるとこだった(笑)

バイクトラブルがなければ・・・でもまあ、同じようなもんかw

何しろ完走できただけでも大満足です。


というわけで50歳の記念運動会は無事終了~!


しばらくはダラダラするぞー!


と思ってたら・・・何もせずに1ヶ月が過ぎました・・・


3週間後にジャカルタマラソン(ハーフ)、2ヶ月後に

那覇マラソン(フル)が迫ってるというのに・・・・


そろそろ再稼働しないと・・・


で・・・いつまで続くんだ・・これ・・・(笑)










AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

そういうわけで、やや寝不足のまま起床しボーッとしたまま。

朝3時半ぐらいだったかな?何しろ眠くてよく覚えていません(笑)

とりあえずトライスーツに着替えて、朝食。

さすがに参加者の宿泊も多く早朝からレストランは開いてます。

行ってみると結構沢山の料理が・・・あわわ・・

あれもこれも食べてみたいけど、さすがにレース前なので・・・

何食ったか忘れました(笑)

たぶんコーヒーとパンだと思う。たぶん。



無事に帰ったら、明日朝はたらふく食ってやる・・・と誓いつつ

バッグを担いで専用バスで会場まで移動。


・・・このへんの記憶は眠くてかなり曖昧ですw


で、会場についたらまずバイクの前でトランジットの準備です。

こればっかりは結構慣れてきたのですぐ終了。

周りは真っ暗。





ちょっと悩んだけどスイムは上半身ハダカで泳ぐことにしました。

レースでウェットスーツ着ないの初めてなのでちょっと緊張。

トライスーツ(写真で着てるやつ)着たまま泳ごうかとも思った

のですが、単なる抵抗にしかならないってチームのTくんも言ってたし。


ようし!短パン一丁でキャップとゴーグルもって・・・いくぞー!!



はわわ・・・周りが見えない。。。


普段メガネの私はゴーグルもサングラスも度入り。

まだ暗い中ゴーグル掛けて周りを見るも・・・よく見えない(笑)


速攻チームの仲間とはぐれました。。


よくわからないまま、あっちこっちへウロウロ・・・。


ようやくちょっと明るくなってチームの仲間と写真撮ったりしてました。



大分明るくなってきた頃、試泳タイムです。

ゆっくりゆっくり試し泳ぎ。

仰向けになって浮くことを確認してみたり。

海はだいぶ遠浅のようです。


ブイは・・結構遠くに見えます。


そうこうしているうちにスタートが近づいてきます。

私は第6ウェーブなので仲間が先にスタートするのを

応援しつつ待ってました。


そして、とうとうスタート。


スタート地点は結構沖の方ですがそれでも遠浅で

腿がつかるぐらいの深さです。

例によってバトルには巻き込まれたくないのでほとんど

全員泳ぎだしてから、私も泳ぎ出します。


まずはゆっくり呼吸をしながら、淡々と泳ぎはじめます。

大体400mぐらいまでは息苦しい感じが続くのが常なので

あせらず、リズムよく、パニックとかならないように。


きっと500mの第一ブイに着く頃はちょっと楽になってるはず。


で、泳いでいくとどこまで行っても遠浅で底が見えます。

もしかしたら足届くんじゃないの?ってぐらい。

これがとても安心であっという間に第一ブイへ。

左に曲がって第二ブイを目指します。


あれ?なんか、快適に泳げてない?

波もないし、水も結構綺麗だし、身体も浮くし。


たまに後ろからスタートした人達が、だーっと抜かしていくけど

なるべく外側を泳いでるおいらにはあまり影響なしです。


最後のブイを回ったあとは700mの直線で岸と平行に泳ぎます。

ちょっと泳ぐの飽きてきた・・と思いながらも、底に見える海藻の周りに

魚がいるのを見たりしながら、快適に泳げました。


トライアスロンのスイムで快適だーって思ったのは初めてです。

波なし、バトルなし、海上の渋滞なし、水温も快適。


途中でカヌーに乗ったライフセーバーのお兄ちゃんに

「疲れたーw あとどのくらい?」「もう300mぐらいだよ、がんばれー」

などと会話をする余裕もあり。

遅いくせに・・・・(笑)




(これはチームのWさんのスイムアップ、楽しそうです)


ようやっと岸に上がって後ろを見ると、

うわ・・・結構人がいないw


でも、無事生還するという大目標への大きな関門を突破しました。


スイムのタイムは51分。自分としてはまあまあ。

当初の目標タイムはスイム1時間、バイク4時間、ラン3時間の

トータル8時間で完走ですので、上々です。


今までは毎回だった、岸に上がった時に足が攣りそうになることもなく

バイクのトランジットへ。

案の定・・・ほとんどバイクはなくなっており、やっぱ俺おせえわ・・

と思いつつもバイクウェアに着替えます。


長く走ると坐骨の当たりがいたくなるので、スイムパンツの上に

バイクパンツを履くという2枚重ね作戦に出ました。


BCAA飲んで、さあ、80キロのバイクスタートだー!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そういえば、結構時間が経ってしまいましたが

やっぱり書いとかなきゃいけない・・・


「IRONMAN BINTAN 70.3」


bintan
↑ほとんどビリケツのゴールシーン

行って来ました!!!(もう一ヶ月も前だけど・・・)


インドネシア唯一のアイアンマンレース(ミドルディスタンスですが)

泳いだ!漕いだ!そして、走っ・・・歩いた。。w

でも、無事に生きて戻ってこれました(笑)


あー辛かったww


そして海外に来てもやはりおいらは底辺のトライアスリートであることを

再確認したレースでしたーw


しかーし!

トライアスロンやってみようかな?という方には参加可能ギリギリの

ラインを知ることは大変価値があると思われ・・・これなら俺も!と思って

頂けることを願って・・・恥ずかしいレースレポートを書かせて頂きます。


【事前の準備】


さてさて、レースより遡ること1ヶ月か2ヶ月は地味に練習しました。

やっぱナメちゃいけないと思って。

と言ってもちゃんとやってる人からみれば本当に最低限なのですが。。。

週に3~4日ほど家の近所で夜ランニングというかジョギング。

大体10キロぐらいかな。

もう・・ゆっくりなのでキロ7分とかで淡々と走るだけ。。

2日走って一日空けて1日走って一日空けて、たまに3日走ったり。

でもって週末はゴルフ・・・でもラウンド中できるだけ走るw

そして一応土日どっちかは自転車とスイム。


自転車は40キロから60キロぐらい。(平均時速25キロとか・・w)

スイムは1.5キロから2キロぐらい。(平均速度50m1分ちょっとw)

つーか、超遅えええぇぇ!!(笑)

でも前の週にカポポサン島にダイビングに行った時も一人で

1.5キロぐらい海スイムの練習しました。


まあまあ、遅くても継続的にやるところがアレですわ。

なんつーか気持ちの問題です。

と言ってもこのレベルってたぶん本当は、ショート(OD)用の練習レベルと

おんなじでした。。本当はもっともっとなんだろうけど。。

でもいいんです。だっておいらの最大の目標は生還すること

なのでまず、溺れないで2キロぐらいは続けて泳げること。4時間ぐらいは動き続けて

も変調を来さない身体。を目標に頑張りました。



【でもってレース前日】


ジャカルタからガルーダの国内線で2時間弱・・だったかな。

土曜日の朝でてお昼ぐらいにはビンタン島に到着しました。


ちず

もうインドネシアというよりシンガポールの植民地的位置づけです。


空港で自転車預けるのに超過料金とられるものとビビっていたのですが

タダで乗っけてくれました。大きさも重さも規定値をはみ出だしてた

のですが、神の鳥ガルーダ!さすがです!


あと宿とか空港からの交通とか、ほとんど全部チームの方にお願いして

しまったので・・・詳細は不明。。。w  でも、本当に助かりました。

現地での足の確保とか、タイムスケジュールとか一人だと結構大変

ですから・・。




到着してすぐに、会場入りしてレジストリです。

IRON MANのロゴを見ると否が応でも盛り上がってきます。

会場の入り口には民族衣装の女性と男性が出迎えて

くれたり、全員の参加者の名前が入ったボードがあったり。

でも、結構すいてて受付もすんなり終了です。




でもって、早速自転車を組立てました。

さくっと組み立てて、タイヤに空気を入れておわりー、と思ったら。

何故か空気が入らず・・・・ばっちりパンクしてました><

あわてて予備のチューブに交換しましたが、本当にレース中じゃなくてよかった。

最後にメカニックの人にバイクの調整をしてもらって

あとは自分のナンバーのバイクラックに自転車を預けておわり。




その日の夜は会場の屋外でカーボパーティ

・・・という割には飯は普通のインドネシア飯のような・・・w

なんだか落ち着かず食って早々に宿に戻りました。


宿はニルワナリゾートホテルという素晴らしいホテルでした。






作りはバリのアヤナリゾートにとってもよく似てる感じ。

目の前はビーチだし、のんびり過ごすには最高。

部屋もとっても綺麗です。

が・・・今回はエキストラベッド使用でオヤジ3人一部屋です。

翌朝はレースで3時だか4時だかの早起きなので、快適なベッドで早めの就寝。。。



しかし、となりのM氏のいびきがなかなか豪快でなかなか寝れずw

不安な夜を過ごしつつ・・・前日の夜は更けていったのでした。。。(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。