思春期・完全版

テーマ:

仕事帰りに交差点で信号を待っていたら、横断歩道を高校生のカップルが手を繋いで渡っていた。何かすごく良いことがあったのか、それとも一緒にいられること自体が嬉しいのか、手を引く男の子に女の子はスッキプしながらついて行く。


高校時代に女子と話した時間が合計で30分に満たない僕には全く想像がつかないけど、夕焼けの交差点を歩く二人の光景はどこかとても懐かしく、甘酸っぱいような不思議な感覚に包まれた。二人を見送るとその後ろから、今度は一人の男子高校生がさっきとは対照的に、重くも無い足をわざとたどたどしくゆっくり歩き、そのカップルに近づかないよう一定の距離を保とうとしているようだった。


そっか、僕はあそこから見ていたんだな。

なぜ懐かしく感じたのかが分かり、無意識に「がんばれ」と呟いていた。


少年から大人に変わる。

どんな形であれ思春期は誰にでもあって、楽しい思い出や辛い思い出がたくさんあると思う。そしてそれは誰にとっても大切なことで、変に悔いる必要もないし、また、人に誇る必要もないのだ。



さて、酒を飲んで自分の言葉によっている気持ち悪い、昔ミュージシャンを目指していた(ということにしている)オッサンの独り言、みたいなぶっちぎりスタートをかました今日の日記ですが、皆さんにとっての思春期はどういったものですか?


このあいだ友達と二人で始めて飲みに行ったカラオケスナックのママ@52歳が、

「あたし今、思春期かも」

と、鳥肌が立つようなステキな言葉を聞かせてくれたので、

「なんでですか?」と聞いたら

「あがったと思っていたら、4ヶ月のブランクをへて生理が帰ってきたのよ」

と嬉しそうに答えてくれました。



えーと、僕は恋愛経験が少ないから分からないのですが、

女の人はそれを「思春期」と呼ぶのですか?



なんと返したら良いのか分からなかったので、ただ笑っていたら、ママさん僕に素敵な替え歌を歌ってくださいました。



それでは皆さんもお聞きください。

曲は徳永英明の「壊れかけのREDIO」です。


何も聞こえない

何も聞かせてくれない

僕の身体が昔より

大人になったからなのか


~中略~


老年期に

おばさんから 乙女に変わる

道を探していた 穢れもないままに


華やいだ 祭りのあと

静まる街を背に

本当の幸せ教えてよ


あがり


かけの


レディー









・・・


ありがとうございました。







「へー良かったですね」


「それが良くもないのよ。あがったと思ってナプキンとか全部娘にあげちゃったから、すぐ電話したわよ。お母さん生理帰ってきたから、すぐ持ってきて!って」


とよせばいいのに僕も相槌うっちゃったもんだから、それから後はずーっとそんな話。


AD

私も覚悟は、していた。

いつかはこういうことを考えなければならないときが来るとは思っていた。

しかし、いざ自分の番となると、やはり面倒なのである。

私としては身内だけの簡単なもので良いと考えていたのだが、由香子がどうしてもウエディングドレスを着たいというのならしょうがない。盛大にやってやろうとは思うのだが。

大体、結婚式の招待状なんてものは、貰ってもちっとも嬉しくない物である。

正確には、結婚式は披露宴の前に親類だけで行う神前式のことだから、結婚式の招待状ではなく、結婚披露宴の招待状である。

が、そんなこと今はどちらでも良い。

問題はどのくらいまでの知人を招待するのか、という一点である。

過去、私も数々の披露宴に出席した。正直なところ、どう考えても披露宴に呼ばれるいわれの無いような奴の披露宴にまで出席したこともある。全くもって金をドブに捨てるようなものだが、呼ばれたからには行かねばならない。

そのような場合は出席して酒を飲んでも全く面白くない。当然である。周りに親しい友人がいるわけでもなく、私に結婚を祝う気持ちなんて微塵も無いのだから。

招待する側はもう少し慎重に人選してほしい、というのが私の持論である。

つまりそういうこともあるからして、私も結婚披露宴に誰を招待するかについては、十分に吟味した上で決定しなければならない、と思い考え出したところ、これは相当に面倒な問題であることに気づき、やはり容易には答えが出る筈も無く大いに頭を病んでいるのである。

山畑と本宮と山チャンと江川の4人を呼ぶことは決定だとしても、新郎友人が4人ではちと少ない気がするので、あと2・3人欲しいところだ。

―――吉井を呼ぶか?



いや、彼は駄目だ。

彼の性格からして素直に私の結婚を祝ってくれそうではある。しかし、なにぶん彼はいわゆる「前科一犯」であるからして、そのような者を披露宴に招いては両家の親類に申し訳が立たない。例え彼が二十歳のときに、近所のスーパーに小銭を盗みに入った罪を十分に償って立派に更生していたとしても、前科というものは決して消えないのだ。社会は厳しい。

―――では小木原はどうか?



うむ、特に問題はなさそうだが。

いや、まて、重要なことを思い出した。

彼は、類を見ないほどのケチではないか。

実家がチッポケな靴屋を営んでいて、薄暗い小さな店なのだが、潰れそうでいて中々潰れない。しぶとい。その親父譲りのケチなのか、ジュースの1本もおごってくれた例が無い。

さすがに祝儀を出さない、なんてことは無いだろうが、こんな奴から祝儀を受取ったら一生、何をされるか判らないだろう。

自分が中学のときに履いていたコンバースのバッシュ的な物を、流行だとかサービスだとか上手いこと言われて売りつけられそうだ。

大体、苗字が三文字もある奴にろくな奴はいないのだ。

―――ならヤスベーはどうだ?



やめておけ。

どこに自分の披露宴にワキガを呼ぶバカがいる。

せっかく用意された料理が全部酢の物になってしまうではないか。論外である。

なかなか呼べるような奴がいない。

―――じゃあ、高本を呼んだらどうだ・・・。

いや、彼は呼ぶべきではないだろう。

確かに高本は古くからの親友だ。

そしてすこぶるいい奴だ。

しかし、由香子の元彼だ。

高本を呼んだら、事情を知っている何人かは気まずい思いをするのではないか。

とても仲が良く、ゴールインは確実だと思われていたほどの二人だ。まさか別れるとは私も思っていなかった。

そもそも、なぜ別れたのだろう?

そういえばそのことについては聞いたことがない。



―――何が原因だったんだ?



高本の浮気か?

いや、高本はそんなことができる男ではない。

いや、そもそも、どちらが振ったのだろう。

私の見る限り高本にこれといった欠点はない。

高本が振ったのか?

おそらくそうであろう。

とすると由香子のどこが気に入らなかったのだろう。

由香子だってそこそこ美人であるし、気立ての良いなかなかのいい女だ。私が選んだだけの事はある。

いや。

まてよ。

私は高本が振った女と結婚するのか?

気にくわないな。

なんか、こう、男としてランクが下に見られるような。

高本より格下になってしまうではないか。

そもそも私は由香子のどこが好きなのだろう。私ほどの男が結婚する価値がある女なのだろうか。

うむ。

少しずつ気が変わってきた。



―――やめるか?



やめよう。

彼女と結婚するのはやめよう。

よくよく考えたら、私は彼女のことをそれほど愛していないではないか。

よし、決めた。

結婚はやめよう。



―――ならば交際はどうする?



うむ。

遊び程度ならよいが。

いや、やめよう。

それは時間の無駄だ。私は忙しいのだ。

結婚できない女と交際している暇はない。



―――告白は?



やめよう。由香子に交際を申し込もうと思い、いろいろ考えてみたが、彼女とは交際しても意味がないことがわかった。

危ないところであった。

もし交際していたら、とんでもない時間の無駄をしてしまうところだ。

やはり交際する前にイメージしてみて良かった。

世間一般の男は行動の前に私のようなイメージができないから、さまざまなミスを犯し堕落していくのだ。

私のように明確にイメージすることができる人間は違う!

そう、云わば勝ち組なのだ!

はっはっは。また一つ危ないところをすり抜けたぞ。

ま、私のような勝ち組には出来て当然だがな。

女に告白する前から、ふさわしい女かどうか明確に判断することが出来るのだから。

そう、私は勝ち組なのだ!!!

誰も私にはかなわない!私は勝ち組なのだーーーー!わーっはっはっはーーーーー!!!



は!?

おっと。

また悪い癖が出てしまった。

自分に酔ってばかりもいられない。

私もそう若くはないのだ。早く生涯の伴侶を手に入れなければ。



―――方法はどうする?



見合いはかっこ悪いから、まずは恋愛だな。



―――では誰に告白する?



うむ。迷うところだが、吉井の妹の美幸ならどうだ。

「ミユキ」だなんて、名前からして美しいではないか。

実際に会ったことはないが、まずブスではないであろう。

付き合うことは問題なさそうだな。

結婚まで行ったらどうする。式は挙げるか?

うむ。

だが面倒だな。

やれお色直しは何回が良いだの、引出物は何が良いだの、挨拶を上司にお願いするだの、誰を呼んで誰を呼ばないだの、ものすごく面倒な作業なのである。

いや、それはね、私も覚悟していた。

もう一度言う。

私も覚悟は、していた。

いつかはこういうことを考えなければならないときが来るとは思っていた。

しかし、いざ自分の番となると、やはり面倒なのである。

私としては身内だけの簡単なもので良いと考えていたのだが、美幸がどうしてもウエディングドレスを着たいというのならしょうがない。盛大にやってやろうとは思うのだが。

大体、結婚式の招待状なんてものは、貰ってもちっとも嬉しくない物である。

正確には、結婚式は披露宴の前に親類だけで行う神前式のことだから、結婚式の招待状ではなく、結婚披露宴の招待状である。

が、そんなこと今はどちらでも良い。

AD

謎の女

テーマ:

最近、僕のところに磯村さやかさんという女の子からメールが来る。

彼女とは直接面識がないのだが、どうやら僕に好意を抱いているらしく、毎日のようにメールをくれる。今日のメールはこのような内容だった。


「駅で見かけたときからお慕いしていました。50万円までなら用意できます。私を犯してください」



嫌です、そんな唐突なアバンテュール。


また、秘書課という課から、意味不明な説教をされたこともある。


「女性とお付き合いするときは、すぐにお金の話をするのではなく、まず心を通い合わせてください。最近あなたに思いを寄せている女性の方から、あなたの態度が冷たいと当課に苦情が寄せられました」



磯村さん、僕があまりにも冷たいものだから、とうとう秘書課にまで相談してしまったらしい。最近の若い娘は行動が大胆だと聞いてはいたが、あきらかに行き過ぎた行動である。


「これで最後にします。もしこのメールが帰ってこなかったら、別の人のところへ行きます」



すごい捨て台詞である。


きっと磯村さんは演歌歌手か何かなのだろう。

とにかく僕をあきらめてくれるらしいのだから助かった。


僕はインターネットの世界では、予想以上にモテるようだ。


「君の気持ちは嬉しいけど、僕は君にかまっている暇はないんだ。ごめんよ」

磯村さんからのメールを削除するとき、僕は静かに呟く。これで彼女との付き合いも終わったなとおごそかな気分に浸っていると、さらに彼女からメールが届く。


「学生、フリーター、社会人を応援します!人妻出会い系サイト」


磯村さん、最後にするって言ったじゃん。

しかし、学生とフリーターと社会人を応援するとは、なんともまあ欲張りな応援団である。




あー、スパムもウヒルスさえついてこなければ面白いのになー。ウヒッ

AD

腱鞘炎・完全版

テーマ:

一昨日、左手がとても痛かったので病院に行ったら腱鞘炎だった。

なんのこったない。普段あまり練習しないくせに、最近新バンドの初練習があるってんで、なれないギター練習を毎日やったらこのざまだ。

「手を休めたほうがいいですね。しばらくギターは弾かないでください」

「・・・今日の練習が終われば、しばらく弾けなくてもいいんで、今日は弾かせてください」

「しょうがない、それじゃ痛み止めを出しておきましょう。くれぐれも無理はしないでください」

なんてやりとりがあった。

あれ、

もしかして、

オレちょっとかっこ良くない?

医者に止められてるのにギターを弾く一人のサムライ。

むふふ。

沸き起こるモテそうな予感。

母性本能くすぐりまくり。

わざと痛そうに振舞ったりして。きゃーモテすぎたらどうしよ。


ふー。

右手だけでキーボードを叩きながらニヤニヤしている一人のサムライ。


当分は右手が恋人。ひゃー。

 


久しぶりの更新が下ネタ落ちで悩ましい。

よくある話

テーマ:

仕事帰りにコンビニに寄ってビールを1本買って帰る。

つまみは何にしようかなー、なんて選んでるときに僕はささやかな幸せを感じる。

今日も一日頑張った自分への小さな御褒美だ。

のんびりとつまみを選んでいたら、隣にいたおじさんがブビっと一発こきやがった。

 

そしらぬ顔でその場を離れていくおじさん。

でも僕は大人なので、そんなことで怒ったりはしない。

 

いいんだよおじさん。別におならくらい気にしなくたって、男どうしだもの。

 

優しい微笑でおじさんの後姿を見送り、何事もなかったかのようにつまみの方に目を向けたら、そばにいた女の子店員が僕をちらちら見ている。

二十歳ぐらいのかわいい女の子だが、明らかに僕を犯人だと決め付けている目だ。

  

いてもたってもいられなくなったので、つまみは何でもいいやと、目の前のビーフジャーキーを手にとりレジへ向かう。僕が犯人でないことの証明に、わざとその子の隣を通った。

臭くないのを確認させる作戦である。

するとその子は僕が脇を通り過ぎる瞬間に笑顔で

「ありがとうございました」

と声をかけてきた。

まだレジも終わってない客に「ありがとう」もないだろうと思ったけど、僕もとっさに「どうも」と言ってしまった。

  

 

うーん。

  

  

えーと、こういったひょんなことから恋愛に発展したりするのかもね、きっと。

   

超ポジティブシンキング。


ソフトモヒカン

テーマ:

張りきって髪の毛を切った。やはり短いほうが気分がいい。

シャンプーもちょっとでいいから経済的だし、リンスもちょっとでいいから経済的だし、ドライヤーもすぐ乾くから経済的だ。しかも似合うから、もしかしたらもてそうだし、さわやかそうに見えるから、もしかしたらもてそうだし、汗がすぐ額をつたって輝くから、もしかしたらもてそうだ。

うん、きっともてる。

彼女が出来てデート費用がかさんでも、シャンプーで浮いた分をまわせばいいんだから、大丈夫だ。

よしよし。

 


新鮮な気分で職場に行ったら

大先輩のおじちゃんが手にハサミをもってこう言ってきた。

 

 


「じゃば君、刈り残しがあるからきってやろうか」

 

 

「あの、いや、すんません。これ、わざとなんです」

 

 

「あっなんだ、そうだったのか。失敗したんだと思って、ははは」

 


 



自分ではちょっとおしゃれかななんて思ってたんだけどなぁ。

 

 


 

明日からいよいよ沖縄だ。かなりテンションが高い。

素晴らしき日々

テーマ:

最近ミクシィをはじめた。

自分の身近な人や昔からの友達とばったりミクシィの中で会ったりしておもしろい。

なかでも一番楽しいのは自分の出身校のコミュニティで、同級生や年の近い知った顔を発見することだ。

「うおーひさしぶりー」とか

「おぼえてる?」とか

 

ただあいさつを交わすのがとても楽しい。

 

そんなわけで、まだミクシィはじめたばっかりだが、何人も高校の同級生と再会した。

ふと高校時代が懐かしくなり、ミクシィの中に他にも同級生がいるかもしれないし、ちょっとあの頃を思い出してみよっかな、などと思う。

 

何年ぶりかに、卒業アルバムを開いてみた。

 

今でも一緒に遊ぶ良く知った顔や、当時は仲が良かったのに卒業してからは一度も見てない顔。

こんな奴いたっけかと全然思い出せない顔や、忘れたくても忘れられない嫌いだった奴の顔。

そして、初めて告白し見事に玉砕した、大好きだったあの子の顔。

  

どの顔もみな、若く、そして楽しそうに笑っている。

ページをめくるごとに少しずつ思い出がよみがえってくる。

 

校長先生や教頭先生の顔や、覚えづらかった校歌の歌詞、嫌いだった担任の先生の白髪。

そして1組からのクラスごとの集合写真に、部活の集合写真、文化祭や体育祭の写真。

  

あの頃の思い出がジワジワと押し寄せる。

 

懐かしいと感慨にふけっていると、あることに気が付いた。

 

 

 

 



 

あれ!?

 


 

オレ、あんまし写真に

 

うつって無くね?

 

 

 

 


 

 

・・・

 

 

 


 

 

 

 

そっと、アルバムを閉じる。

  

彼女がいるフリ

テーマ:

僕の親友の一人、H治がテレビを見ていたらとっても興味深いアンケートがあったそうだ。

なんでも、24歳以下の女の子はすでに彼女がいる年上男性に惹かれるらしい。

会話していても、がっつかずに余裕があるからいいんだそうな。

 

ほほう。つまり僕は24歳以下の子と接するときは彼女がいるフリをすればもてるんだな。

 

そして25歳以上の女の子はがんがん食いついてくるような男性に惹かれるらしい。

若さとかパワーを感じるからいいんだそうな。

 

ほほう。つまり僕は25歳以上の子と接するときはがんがん押せばもてるんだな。

 

ではもし今年25歳になる、24・5歳の子グループと飲み会があったらどうすればいいのだろう。

押しが足りないと25歳にはもてないし、がっつくと24歳にはもてないのだ。

つまり、

「俺は彼女がいるし本当は余裕だけど、君には一目ぼれしたから頼む、付き合ってくれ」

という態度で接すれば、両方にもてるってことか。

 

 

・・・

 

いや、

  

絶対もてないと思う。

 

 


 

っと、普段ならここでペンを置くのが僕のブログの書き方だが、今日はもうちょっと頑張って掘り下げてみようと思う。僕ももう若くは無い。真剣に今後の将来のことを考えなければならないのだ。

24・5歳の子に飲み会でもてるにはどうしたら良いのか、真剣に考えようではないか。

ここはひとつどちらかにターゲットを絞ってみてはどうか。どちらにも、もてないよりはずいぶんましだ。

よし、24歳と25歳どちらにしよう。

うーん、どちらも魅力的で捨てがたい年頃だ。正直どちらも、ちょうど良い年齢だ。

むむむ、迷う。だめだ、決められない。

親友のH治君にどっちが良いか、相談してみた。

 


 

「24・5歳の女の子のグループと飲む機会なんてねぇから、(考えても)意味ねんじゃね」

 

 

うん、確かにそのとおりだね。

 

 

 


ギブミー出会い。カモン!チェケラ。



ふられない方法

テーマ:

仕事が移動になってしまい、全然更新できない。仕事が忙しいというよりは、家に帰るとやけに疲れていてすぐ寝てしまうのが原因だ。

こんなことではイカンとあれこれ考えていたら、寝る前にふと、女の子に絶対にふられない方法を思いついた。ぼやっとしていた頭が冴え渡り、目から鱗の思いでベットから跳ね起きる。

 

 

 

 

「そうか、告白しなければいいのか!そうすればふられないのか!」

 

 

 

バンドメンバーに報告したら、それはダメだろと一喝された。

うーーん、やっぱ、ダメ?

職場で笑い者になる

テーマ:

先日、安いと評判のクリーニング屋さんにスーツを出した。

職場のお姉さんから教えてもらったクリーニング屋さんで、僕がいつも利用していたところよりも単価が200円もやすいらしい。

1回ではたった200円の差だが、これを1年で考えると結構な金額になるわけだから、クリーニングは安いに超したことはない。

そして今日の夕方、お店のお兄さんが職場に届けてくれた。とても気さくで低姿勢な人で、何度もお礼を言われた。

こういう商売っけのある人は僕は大好きだ。しかも安いし、今度からこのお店を 使おう。

 

料金を払う時にお兄さんが申し訳なさそうに言った。

 

 

「すみません、サイズがすごくデカかったんで上下100円ずつ上ましさせてください」

 

 

・・・。

 

 

兄さん、そりゃないぜ。