誤解

テーマ:

俺は最低な人間だとつくづく感じた


いっそ俺がいなかったら彼女はどれだけ楽だったかと思うと。。。


小さな誤解が膨れ上がり 


大きな歪みになっていく


俺は何をしてやれたのだろう


この小さな両手では何もしてあげれなかった


そのかわり彼女に大きな悲しみを与えてしまった


俺はなんて愚かな人間なんだろう


自分の言いたい事は伝わらず


自分の思ってない事が伝わってしまう


彼女に今までどれほどの傷をつけてしまったのだろう


多分彼女は俺を憎んでしまってるかもしれない


でもそれはしょうがない事なのだと思う


俺は憎まれてもしょうがない事をやってしまった


もう自分に素直になれないのかもしれない


好きになってしまう事がとても怖い


なんだろう。


俺はどうすればいいのだろう


先に進んでも待っているのは闇


後ろに戻っても待っているのは罪


俺は一体なんの為に生まれてきたんだろう


俺は一体ここまでなにをしてきたんだろう


俺は一体・・・






AD

キミへ

テーマ:

いつも笑いかけてくれたキミへ


時々すねてしまうキミへ


しょうもないわがままを聞いてくれたキミへ


悩みを打ち明けてくれたキミへ


夢のような日々が過ぎて行く


永遠の前ではあまりにも脆く


まるでシンデレラにかけられたの魔法の様に


儚く淡く愛おしく・・・






優しく抱きしめてくれたキミへ


甘えん坊だったキミへ


照れ笑いを浮かべていたキミへ


一緒にバカをやったキミへ


届かない思いを胸にそっとしまい


溢れゆく思いを胸にぎゅっと抱いて 


流れていく時の中でこの思いが色褪せない様に


儚く淡くイトオシク・・・・






もしキミが押しつぶされそうになり


過ちを繰り返してしまいそうになった時


そんな時またそっと手を差し伸べるから・・・・






AD