第26話+第27話

第26話~歌詞~

俺達はそのあと先生の指導の下、2時間ぶっとおしで基本の徹底を教え込まれた。ストロークの事から演奏の技法まで。そんなこんなでいつの間にか19時を回っていた。

美樹『いっけない!もうこんな時間。ついつい集中しすぎちゃったわね。今日はこのぐらいにして帰りましょう。』

そういうとさっさと音楽室の鍵を閉めて職員室に走っていった。すると雄太はフラフラになりながら、

雄太『やべぇ。マエケン・・・俺もうくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」』

健三『何言ってるかわかんねぇよ笑 まぁ、雄太は特別しごかれてたからな。お疲れ様。』

唯『やっぱただ歌うだけじゃ駄目なんだねぇ。やっぱカラオケみたいには行かないもんなんだなぁ。』

そういうと唯が気づいた様に続けた。

唯『そうだ!明日学校休みだから3人でカラオケいかない?』

雄太『いいねいいね!俺元気出てきた!』

健三『んじゃそうするか。じゃあ明日12時に校門前集合な。』

雄太&唯『りょーかい♪』

雄太は帰り道が違うので校門で別れた後、俺は唯と一緒に帰ることになった。

唯『いやぁ。ほんと今日は疲れたねぇ。』

健三『さすがにいきなり2時間ぶっ続けはきつかったな~。てかさ、唯って歌詞とか作るの得意なの?』

唯は手をぶんぶん振りながら、

唯『得意って言うわけじゃないんだけど、たまーーに詩を書いたりするぐらいね。』

健三『ほぉー。詩ねぇ。俺まだ見たこと無いんだけど。つか知らなかったんだけど笑』

唯『だって教えてなかったもん♪』

唯はそういうと、いたずらっぽい笑顔を俺に向けた。

唯『結構恥ずかしい事書いたりするから今まで内緒にしてたんだよね。』

健三『へぇ。ちょっと見せてみてよ。』

唯『ん~。いいよ。ちょっとまってて。』

唯はそういうとカバンの中をごそごそ漁りだした。その中から表紙がキャラクターで埋めつくされている手帳を一冊取り出した。

健三『なんで女の子ってそんなでかい手帳持ち歩くんだ?肩こってしょうがないだろ。』

唯『いまどきの手帳は日記とかも書けるし、それにプリクラとかもらったときすぐ貼れるじゃん♪こんぐらい知ってないとおじさんって言われちゃうぞ~。』

健三『ぷりくらねぇ・・・。』

唯『もしかしてけんちゃん撮ったことないとか?』

俺は悪びれもせず、唯に言い放った。

健三『あぁ。まずゲーセン自体あんまいかねーし。雄太とかはたまに撮るとかいってたけど。』

唯はふーんと鼻をならしながら、

唯『じゃあ今度一緒にプリクラ撮りにいこっか♪』

健三『別にいいけど。てかとりあえず詩見せてみ。』

唯は照れ笑いを浮かべながら、

唯『あ、ごめんごめん。忘れてた。えーとね、はいこれ。他のページはあんま見ちゃ駄目だよ?』

そういうと手帳を開いて俺に手渡してくれた。そこには沢山の言葉が並べてあった。短い詩もあれば長いのもあった。どれもこれも唯自身で考えて作ったんだろうか。俺はその中の一つに目を奪われた。
第27章~決心~

--------------------------------------------------------------------
なんだろう、この胸の痛み
--------------------------------------------------------------------
あなたを思うと強く、そして切なく鼓動する。
--------------------------------------------------------------------
あなたと会話するだけで私は嬉しかった
----------------------------------------------------------------------
メールをしているだけで幸せを感じていた
----------------------------------------------------------------------
ふと携帯をみると、メール受信中
----------------------------------------------------------------------
私は緊張しながらフォルダをあける
----------------------------------------------------------------------
それはあなたのメールじゃなかった、けど
----------------------------------------------------------------------
私はその時確信した
----------------------------------------------------------------------
あなたが好きって。
----------------------------------------------------------------------
でも、今はあなたが遠い。
----------------------------------------------------------------------
ずっと先に行ってしまって
----------------------------------------------------------------------
置き去りにされてしまった。
----------------------------------------------------------------------
もう考えたくないのに、忘れたいのに
----------------------------------------------------------------------
ふとした瞬間思い出して
----------------------------------------------------------------------
思いが溢れてくる。
----------------------------------------------------------------------
なんだろう、この胸の痛み・・・
----------------------------------------------------------------------
でも、私は行くんだ。
----------------------------------------------------------------------
どんなに辛くても、悲しくても
----------------------------------------------------------------------
今までの流した涙を過去に捨て、
----------------------------------------------------------------------
今は笑っていよう。
----------------------------------------------------------------------
辛いからこそ笑うんだって。
----------------------------------------------------------------------
きっと辛が幸になるから。
----------------------------------------------------------------------
信じるよ。自分の素直な気持ちを
----------------------------------------------------------------------

健三『へぇ。こういう詩も書くんだ。』

唯はこの詩を見ながら、

唯『この詩は昨日書いた奴かな。閃いた時にパパっと書いちゃうからさ。でもなんか凄い足りない気がして。』

健三『いやいや、すげぇよ。そんなパパって書いた風には見えないし。』

唯『それでね、今日先生の曲聴いたときこれだ!って思ったの。』

健三『・・・?』

俺は首を頭の上に?を出しながらかしげた。


AD