1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-01 14:19:29

片岡亮太ニュースレター~時明かり~第2号

テーマ:ブログ

‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=
0. はじめに

日頃より私片岡亮太への暖かなご支援、ご声援を賜り誠にありがとうございます。

季節外れの台風が立て続けに二つも訪れる慌ただしい10月でしたね。
皆様のお住まいの地域は大丈夫でしたか?


各地の被害のニュースを耳にする度、胸が痛みます。
レベルは全く違いますが、急激な天候の変化は演奏家にとっても
交通手段の混乱や公演の中止の心配など、ひやひやさせられるもの。
穏やかな天候が続いてくれることを祈らずにはいられません。

皆さまの無事と平穏を祈りながら、
それでは時明かり第2号をお届けします。

‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=
1.コラム「私の視点」


「見えるものの面白さ」

10歳で失明してから早23年。
「なんで自分がこんな目に会うんだ!」

と思っていた時期から、たくさんの大切な出会いや学びを通して
「見えなくても生きていける!」と、思えるようになりました。
さらにそれがいつの間にか、「見えないことが当たり前」になりました。

それはいわゆる「障害受容」と呼ばれるもので、
一生続く(であろう)全盲の我が身を受け入れ、
上手に付き合えるようになってきたということなのでしょう。


しかし、そのように思えるようになるステップの途中で
忘れてしまっていたものの存在に近年気づかされました。
それは「目で見える世界の豊かさ」です。
今回は、そちらについてお話を書かせて頂ければと思います。

公私ともにパートナーである山村優子。


彼女は僕とは対照的に(?)とても視力がいいのですが、
「そんなに見えてるの!?」と驚くことがよくあります。

夏のある日、居間でくつろぎながら部屋の反対側にある窓の外を見て、
「あっ、虫食いの穴!プランターのトマトの葉っぱを虫が食べたみたい!」
とか「おっ、青虫が這っておりますなぁ」なんて興奮していたりするのです。

出会って間もない頃に、

電気を消した部屋で暗闇の中をすいすい歩く僕の姿に彼女が感心していたように、

僕にとっては、彼女に見えている世界を知ることが面白く新鮮です。

それはエンターテイメントの分野でも言えること。
最近僕は映画をよく聞きます。(あえて聞きますと書いています)

現在、様々な団体が「シネマデイジー」と呼ばれる、
映画の音声に各場面の描写を付与したものを作成しています。

それを視覚障碍者をはじめ、文字で読書をすることが困難なユーザーが使用する、

「サピエ」という電子図書館からダウンロードすることができるのです。

作品は、新旧の洋画、邦画等、現在約300タイトルほど。
今もどんどん増え続けています。


僕の場合、スマホにダウンロードし専用のアプリで再生しています。
その他にも、劇場公開中の映画を音声ガイドと連動させながら鑑賞できるアプリ
「UDCast」というものがあり、それさえあれば映画館で誰の力も借りることなく十分に映
画を楽しめるのです。


今までは誰かに説明してもらうか、

台詞や効果音から場面を想像することでしか
楽しむことのできなかった映画が、

とても生き生きとしたコンテンツとして味わえるようになったのです。


もともと知っているつもりだった作品でも
「えっ?台詞がなかったシーンでこんなこと起きてたの!?」
「うそっ!エンディングテーマが流れてる間に後日談が語られてたのっ!!」
なんてことを知って感動することが多々あります。

台詞と台詞の間の空白や言葉以外で語られるメッセージ。
それらは僕にとって、太鼓の一打一打の間の時間、

振り上げ、振り下ろす撥のスピードやしなりに等しいもの。
音は出ないこういう時間をどう見せるのか、
直接的には音にならない身体的な表現をどう体得するのか。
そんなことを考えたり興味を抱けるようになったのも、
見える世界の面白さを思い出せたからかもしれません。

映画、美術作品、美しい風景。
視覚的な情報が雄弁に語るものや
目で見るからこそ感じられる感動が世界にはいっぱいある。
それを僕が直接味わうことはできません。


そのことを思う時、胸の奥がじくじくと疼くような、

痛みや切なさを感じることもあります。

けれど、誰かの言葉や、

誰かが作ったコンテンツで豊かさの一部を知ることはできる。
全盲であるから視覚的な世界に興味を持たないでいるのではなく、
完全に手は届かなくても、間違いなく僕の周りに広がっている視覚の世界に
興味を持ち、手を伸ばし続けること。
それは僕の心の視野をきっと豊かにしてくれる。


視覚障害への理解を求めるように
目で見える世界のことに意識を向けることは
僕の中に多様性を授けてくれると信じています。

‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=

2. 出演情報
*どなたにもお越しいただける公演のみ掲載しております。

11月3日(金、祝):三島秋の大通り宿場祭り(Ajarria出演)
http://www.at-s.com/event/article/bussan/117958.html
*例年のお昼過ぎからのはま寿司の傍での演奏の他、
11時過ぎには歩行者天国のオープニングでも演奏予定。

11月25日(土):「心のくもりを吹き飛ばそう」@富士ロゼシアター小ホール
(片岡亮太出演 ゲスト:山村優子)
14時開演、入場無料
*精神障害当事者の家族会である「はばたきの会」が主催する公演です。
演奏を楽しみながら、心について考え、皆で元気になれる時間にできたらと思います。

12月2日(土):「藝大21 藝大アーツ・スペシャル2017 障がいとアーツ」
筑波大学附属視覚特別支援学校音楽科生徒、
芸大の望月左太晃郎さん、映像でSENJU LABと共演
会場:東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場無料
14:00 開演(13:30 開場 / 16:00 終演予定)
詳細HP
http://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/60989.html

3. 本のご紹介
8月のニュースレターにてご紹介いたしました
「福祉が世界を変えてゆく―社会の課題に取り組む現場の声―」
おかげさまで寄稿させて頂いた文章がとても好評との連絡を頂きました。


また、僕の文章が掲載されていることがきっかけとなり、
この本が「点字役にふさわしい本」と認めて頂き、
1.のコラムで紹介した電子図書館のサピエにアップロードされることになりました。
現在は点字にしていただいている途中ですが
幅広い方に読んでいただけることがとても光栄です。
本の詳細は以下からご覧ください。

https://shop.gyosei.jp/products/detail/9465

そして!
この度山村優子も本を出しました!!
しかも絵本!
ニューヨークでお世話になっていた方と、

合同で立ち上げた出版会社が作った下記の絵本。

山村優子はベビーシッターなどでご縁のあった子供たちに
よく手作りの絵本をプレゼントしていました。
それがきっかけとなって生まれた本です。


とてもかわいらしい物語。
英語、日本語、中国語に加え
今後は日・英バイリンガル版など、
さまざまなバリエーションでリリースするとのこと。
ぜひご覧ください。

「そらくんときょうりゅうのこども: ひみつのおともだち」
日本語版(現在タイトルの表示がおかしくなっています)
https://www.amazon.co.jp/そらくんときょ-12-ひみつのおとも-Yuko-Yamamura/dp/1947302000/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1508919741&sr=8-3&keywords=yuko+yamamura

kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B07688Z1B9/

英語版
https://www.amazon.com/Solar-Baby-Dinosaur-Secret-Friend-ebook/dp/B0768J1SY4

so so little reads
http://sosolittlereads.com/

*下記リンクで一覧表示が可能です。
https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=yuko+yamamura

‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=

徐々に気温が下がってきました。
皆様どうかご自愛いただき、2017年の締めくくりに向かって
元気に日々を過ごしましょう。



----------
  片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)
 「人が集い、音が響き、時が輝く」
☆演奏、講演、指導(グループでも個人でも可)、執筆等、ご連絡は以下から☆
 いつでもお待ちしています。
Mail: r_taiko_fukumimi@yahoo.co.jp
Blog(Japanese): http://ameblo.jp/funky-ryota-groove/
twitter: http://twitter.com/funky_ryota
Facebook: http://www.facebook.com/#!/ryota.kataoka.566
youtube channel: https://www.youtube.com/user/Ajarria

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-14 20:46:41

いよいよ明日放送!

テーマ:ブログ
明日の19時半から、NHKラジオ第2視覚障害ナビ・ラジオにて、片岡亮太のリポート企画第二弾が放送されます!
拙いトークではありますが、おもちゃのバリアフリーについて、そしてその道に情熱を注ぎ続ける視覚障害当事者の高橋玲子さんのあゆみや思いについて、僕自身感動しながら取材をさせていただきました。
ぜひお聞きください。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/shikaku/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-01 16:23:56

片岡亮太ニュースレター~時明かり~第1号

テーマ:ブログ
‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=
0. はじめに

日頃より私片岡亮太への暖かなご支援、ご声援を賜り誠にありがとうございます。

この度、活動開始10年の節目に立ち、ニュースレターも一新することにいたしました!
題して「時明かり(ときあかり)」。現在僕は、「人が集い、音が響き、時が輝く」を
モットーに活動をしております。

これは、僕が放つ音や言葉が、お集まりくださった方々と響き合うことが、
奇跡のように思え、

そのような瞬間には時そのものに光が宿るのではと考えたからです。

それ以来皆様と共有する時間に明かりを灯したいという思いで活動しています。
また辞書の中で時明かりとは、夜明けの頃の柔らかな光、雨の日の雲間からさす光をさ
しており、これを僕は始まりの光と捉えています。

読んでくださる皆様の心に、
その瞬間に、時明かりが輝くことを願ってこのニュースレターをお送りいたします。

‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=
1.コラム「私の視点」

「活動を支えているもの」

2007年の4月から始めた活動を、10年間続けこられたのは、多くの方との出会い、ご縁、

ご支援があったからこそであることは言うまでもありません。ですが、それだけではない
ことも事実です。

活動を実質上成り立たせるための様々な工夫を繰り返して今があります。その一つが、「
楽器の運搬」。

今日はそれにまつわるお話をさせてください。


一般的に、和太鼓の奏者は、自分自身あるいはスタッフの運転する車両などで楽器を運ぶ
のが常ですが、

自動運転の車もドラえもんにでてくるスモールライトもまだ実用化されてない現在、僕が
自力で運搬するのは困難です。

近場であれば、主催の方に車を手配していただくことも可能です。

それが難しければ、「障害のある音楽家は家族のサポートを受けないと成り立たない」と
いうイメージを持たれがちであることから、

あえて表立っては関わらないようにしてもらっている家族に車を出してもらうこともあり
ます。
ただ、遠方の場合はそうもいきません。(僕にとって)小さな楽器のセットでお引き受け
する場合は、

総重量50~60kgほどの荷物(楽器、スタンド、etc…)を巨大なバッグとスーツケースに
分担して自力で運んだ時期もありました。

でも、大きな楽器はそういう訳にはいきません。


そこで、長らくヤマト運輸さんの「ヤマト便」という規格外の荷物を送るためのサービス
を利用して、

各地へ大太鼓をはじめとする大きな楽器たちを送ってきました。しかし、この度の宅急便
業者の働き方改革の流れで、

取り扱い荷物のサイズの制限が厳しくなってしまい、今まで通りのやり方では楽器を送れ
なくなってしまったのです。

8月末に福岡県での演奏のために楽器を送ろうとしてそれが判明。

急遽、大型荷物も引き受け可能であった佐川急便さんに切り替えて、何とか発送はできた
ものの、

復路は楽器の梱包の仕方が規定に反するとのことで受け取り拒否!

結果的に主催者の方々に大変なお手数とご負担をかけることになってしまいました。

それを受け、先日偶然見つけた近所の段ボール工場に依頼し、大太鼓、大太鼓用の台等、

大規模なものを梱包するのにぴったりな箱を作っていただきました。

10月以後、また遠方での演奏が続くので、これでうまくいくことを願うばかりです。


今回の事で改めて自分の活動の中には、自分の障害ゆえに自力で行うことができないも
のが含まれていることを実感しました。またそれを乗り越える手段は、たとえ一度見つか
ったとしても時代の流れによって変化せざるを得ないことだってある。

つまり、片岡亮太の演奏(活動)は、とても不安定な要素が上手にかみ合ってくれて初め
て成り立つものなのです。

ご依頼を頂き、その舞台が無事に終了し、自分も楽器もちゃんと帰宅する。

どれ一つとっても、決して当たり前ではないことを教わりました。

ご依頼をくださる方や、お客様に感謝するだけでなく、自分自身の移動、
楽器の移動、それぞれを支え、その日演奏できる状況を整えてくださった全てに感謝して
いかねばとつくづく感じました。

まさに「おかげさま」。ご依頼していただく上でも、
それをお引き受けするうえでも安心できる状況を作らなければ活動が続いていきません。
節目の年にいい学びを頂いたと思って、これからも頑張らねば!

‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=

2. 出演情報

◇第38回 筑波大学附属視覚特別支援学校 音楽科定期演奏会◇
2017年10月5日(木)
13時30分開場 /14時開演
会場:文京シビックホール 小ホール (入場無料)
[会場までのアクセス]東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅
都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅
* 最後の演目で、4月から指導をしてきた和太鼓の合奏を演奏いたします。

10月7日    (土)
『 ふれあい広場鈴鹿  』  
13時~       無料
鈴鹿ハンター・弁天山公園
( 鈴鹿市算所2丁目 )
ー出演者ー
片岡亮太 (和太鼓、パーカッション)
中野恭子 (フルート)
凛            (和太鼓)
『問合せ先』
059-382-5971(鈴鹿市社会福祉協議会)
公式URL
http://www.suzuka-shakyo.or.jp/

◇「亮太が行く!2 おもちゃのバリアフリー最前線」放送◇
2017年10月15日(日)[NHKラジオ第2]  午後7時30分~8時00分
(再)2017年10月22日(日)[NHKラジオ第2]  午前7時30分~8時00分
    (放送内容)
 和太鼓奏者・片岡亮太さん(全盲)の体験レポート第二弾。大手玩具メーカーで、共遊

具の開発・普及に取り組む高橋玲子さん(全盲)を訪ねます。
共遊玩具とは、目の見えない子どもたちや耳の聞こえない子どもたちもいっしょに楽しめ
るように作られたおもちゃのこと。
スイッチに小さな凸をつけたり、ボタンを押すと音が鳴ったり振動する機能をつけたり、
ほんの少しの工夫で、障害のある子どもたちの遊びの
世界がぐんと広がります。開発をリードしてきた高橋さんの思いをうかがうとともに、お
もちゃのバリアフリーの最前線をリポートします。
(出演者)
片岡 亮太さん(和太鼓奏者)
高橋 玲子さん(株式会社タカラトミー 社会活動推進課)
遠田 恵子さん(司会)

3. お勧め動画のご紹介
8月25日~29日に博多で開催された視覚障碍者のボウリングの世界大会「IBSAテンピン
ボウリング世界選手権大会」の開会式と
オープニングレセプションでの演奏をAjarriaで務めさせていただきました。初の日本開
催という大事な場で演奏させて頂けたことは本当に光栄でした。
ボウリング場に大太鼓とホルンが鳴り響くという、前代未聞の舞台!
皆様にとても喜んでいただき、パーティでの演奏も海外の選手団を中心に大変な盛り上が
りでした。
その様子を御裾分けいたします!

(開会式)
https://www.youtube.com/watch?v=SFeD_R1EN4A&t=5s


(寛伽羅麗(かんからり)/山村優子作詞、作曲)
https://www.youtube.com/watch?v=EMHgkrjxdVI

‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=‐‐‐‐‐‐‐=



リニューアルしたニュースレター「時明かり」はいかがでしたか?
あっという間に師走がやってきそうな感じですが、
皆さまへの感謝を忘れず、引き続き真摯に丁寧に活動をしてまいります。最後までお読み
いただきありがとうございました。


----------
片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)
「人が集い、音が響き、時が輝く」
☆演奏、講演、指導(グループでも個人でも可)、執筆等、ご連絡は以下から☆
いつでもお待ちしています。

Mail: r_taiko_fukumimi@yahoo.co.jp
Blog(Japanese): http://ameblo.jp/funky-ryota-groove/
twitter: http://twitter.com/funky_ryota
Facebook: http://www.facebook.com/#!/ryota.kataoka.566
youtube channel: https://www.youtube.com/user/Ajarria
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-07 14:56:51

♪出演情報(東京&奈良)のお知らせと本のご紹介!~片岡亮太ニュースレター8月7日号~♪

テーマ:ブログ
 暑中お見舞い申し上げます。

 日頃より私片岡亮太への暖かなご支援、ご鞭撻のほど、本当にありがとうございます。

 台風5号が各地で猛威を振るっておりますが、お住まいの地域は大丈夫でしょうか?
どうか皆様、安全第一でお過ごしください。
大きな被害が出ないことを心から祈っております。

 さて、4月に新年度がスタートして以後、
筑波大学附属視覚特別支援学校音楽科での授業もスタートし、
さらに今年度は例年にないほどに、各地で多岐にわたる活動の機会を頂いており、
気づいたら8月になっていたという状態です。
本当にありがたいです。
 視覚特別支援学校での授業は、手探りではありながらも
生徒たちとのやり取りを通して、
回を重ねるごとにお互いに学び多き時間を過ごせている実感を抱いています。
10月5日(木)の午後、文京シビックホールの小ホールで開催される
定期演奏会で授業での取り組みを披露いたします。
ご興味のある方には詳細をお伝えしますのでご一報ください。

 また、今月25日には、日本で初開催される
視覚障碍者ボーリング世界大会の開会式とレセプションにて
ホルンの山村優子と共に演奏させて頂くべく、博多へ行ってきます。
その他、年末に向けてお声がけいただいている演奏、講演、指導の機会が目白押し!
ありがたい機会の一つ一つに感謝しながら、心を込めて演奏してまいります!

 YOUTUBEには先月久しぶりに行った炎舞集団「春風火舞」さんとの共演の他、
様々な動画をUPしております。ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/user/Ajarria

 それでは以下、どなたにでもお越しいただける演奏の情報と、
この度寄稿させていただいた本の紹介です!
長文で恐縮ですが、ぜひ最後までご一読ください。

☆☆☆ 1. 出演情報 ☆☆☆☆
* 各演奏の詳細は下記3.~5.をご覧ください。

8月11日【金】: Ajarria 演奏@奈良公園内「青葉茶屋」前
8.28(月): "Ajarria" + 2@江古田buddy
10月22日(日): Ajarria出演
テレビ朝日福祉文化事業団創立40周年記念「LIVE TOGETHER!」
@きゅりあん8F大ホール 品川区立総合区民会館(品川区)

☆☆☆☆ 2. 本に寄稿させて頂きました! ☆☆☆☆

 この度、母校上智大学の社会福祉学科で在学中大変お世話になった
伊藤冨士江先生からのお声がけで、
「福祉が世界を変えてゆく―社会の課題に取り組む現場の声―」
という本に寄稿させて頂きました。
多様な現場で働く卒業生の活動を通して多面的な福祉のあり方を紹介しながら、
その道に進むきっかけとなった学生時代の学びを振り返り、
現在、そしてこれから福祉を学ぶ方々に向けたメッセージとして
それぞれの思いを込めた一冊。
そこに、社会福祉の視点から、なぜ僕が表現者としての道を選んだのかについて、
また10年間の活動の中で抱いた考え等を書かせて頂きました。
 下記のサイトのほか、アマゾンなどでも購入可能ですので、
よろしければご一読ください。
*この本の収益は、社会福祉学科が独自で設立している奨学金の資金として
利用して頂くことになっています。

https://shop.gyosei.jp/products/detail/9465

☆☆☆ 3. 8月11日詳細 ☆☆☆

 灯花会で美しい光に彩られる奈良公園にて18時30分ごろから行われる
青葉茶屋さんのイベントで演奏させていただきます。
毎年おかみさんを中心に様々な趣向が凝らされている催しものです。
今年はどんな時間になるのか!我々も楽しみです。
* 天候などの状況に応じて演奏時間など変更される場合がありますので、
時間に余裕を持っておいでください。
青葉茶屋住所: 〒630-0000 奈良県奈良市奈良公園浅芽ケ原1169


☆☆☆☆ 4. 8月28日詳細 ☆☆☆☆

 日本におけるアバンギャルドなホルン演奏の先駆者である古田儀左衛門さんと、
山村優子のジャズバンドでも素敵な演奏を聞かせてくれる、大ベテランの
ベーシスト小井政都志さん。お二人と片岡亮太のトリオ演奏を
数年前に岡山で行っており、それを復活させるべく決まったこのライブ。
Ajarriaとしても演奏いたします!
…、というか気づけばライブタイトルはAjarriaが前面に(笑)。
編成は近いものの、二人のホルン奏者のキャラクターで
太鼓との響き相方は全く違うはず!
ぜひ会場で体感してください!

8.28(月): "Ajarria" + 2@江古田buddy
OPEN 18:30 / START 19:00
                   ■\2,400 ■+ドリンクオーダー:\600

 NYで活躍するジャズホルン奏者山村優子と、盲目の打楽器奏者片岡亮太とのデュオ。
優しいホルンの音色と力強い和太鼓の響き、独自の音世界をどうぞお楽しみください!,

■出演
【Ajarria】 山村 優子(French horn)、片岡 亮太(和太鼓)
                   ----------------------
小井 政都志(Bass)、古田 儀左ェ門(French horn)

  (HP)
http://www.buddy-tokyo.com/scdl.html

  (会場までの道案内)
西武池袋線江古田駅改札口を出て左方向へ...
エスカレーターもしくは、階段で1Fへ
くるっと180度、右旋回し、交番前を通り過ぎ
約10m、双葉会館地下2階です。
ビルの上にも下にもBUDDYという看板が見えるはず...。


☆☆☆☆ 5. 10月22日詳細    ☆☆☆☆

 「LIVE TOGETHER!<普通にやろう! 一緒にやろう!>」
 テレビ朝日福祉文化事業団は創立40周年を迎えます。その記念事業として、テレビ朝日
福祉文化事業団が行っている児童福祉、母子福祉、高齢者福祉、障がい者福祉を集約した
2日間「LIVE TOGETHER!<普通にやろう! 一緒にやろう!>」を企画致
しました。未来へ向けての一歩となることを願って、障がいのある人もない人も、共に創
り上げて共に楽しむことができるステージです。       

  開催概要
◆日  時 2017年10月21日(土) 開場 12:00/開演 13:00
            2017年10月22日(日) 開場 13:00/開演 14:00
◆入 場 料 無料 ※22日のみ事前申込みが必要です
◆主  催 社会福祉法人 テレビ朝日福祉文化事業団
◆後  援 品川区/東京都社会福祉協議会/品川区社会福祉協議会/テレビ朝日
※品川区民芸術祭2017協賛事業として開催します。
◆会  場 きゅりあん8F大ホール 品川区立総合区民会館(品川区)
             〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1
      <以下は22日のみ>        
◆共  催 東京六本木ライオンズクラブ/東京原宿ライオンズクラブ
◆特別協賛 ㈱竹中工務店  ダイダン㈱
◆協  賛 アラコム㈱  ALSOK東京㈱  ㈱伊佐梅  ㈱大塚商会
               ㈱関電工  ㈱コマデン  ㈱サンフォニックス  ㈱シービー
エス
               ㈱台東サービス  ㈱テルミック  ㈱東京美術  富士ゼロッ
クス㈱
               富士通㈱  ㈱ミヤギ  横浜エレベータ㈱東京支店         
◆協  力 東京藝術大学、ヤマハ(株)

10月21日(土)
 障がいのある不自由さに限らず、誰もが抱えている「不自由さ」。それは老いであった
り、家庭環境であったり、個人個人により千差万別です。「LIVE TOGETHER
!」の第1日は、その「不自由さ」を持つ人も持たない人も一緒にダンスや音楽やスポー
ツを楽しむことを実践している方たちに話を伺いながらパフォーマンスを披露してもらう
ステージです。
      また、30年目となった高齢者施設訪問の特別編として施設訪問をしていただい
ている6組の歌手の方たちによるスペシャル歌謡ショーも行います。

10月22日(日)
LIVE TOGETHER!CONCERT
 第2日は、障がいのある人もない人も共に楽しめるコンサート
「LIVE TOGETHER!CONCERT」を開催します。
     第1部は「五感で楽しむコンサート」。演奏と映像との共演や、音の振動を体で聴
くスピーカーなど、視覚や聴覚に障がいのある方も一緒に音楽を体感する場です。
     第2部は「アニヴァーサリーコンサート」。世界的ヴァイオリニストの川畠成道を
はじめ、障がいを乗り越え現在プロとして第一線で活躍しているアーティストたちが出演
します。

応募要項
      ≪お申込み・お問い合わせ先≫
       *〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10番13号 野元第一ビル2
        テレビ朝日福祉文化事業団40周年記念コンサート 係
        *(TEL)03-6416-1226 (FAX)03-3463-0771        
<応募締切:2017年9月13日(水)の消印まで有効>
     ≪応募方法≫
      往復はがきの往信用裏面に
      郵便番号・住所・氏名・電話番号・希望人数:1名または2名
(1枚で2名まで入場可)を必ず明記し、        返信用表面に貴方の宛先(郵便番号・
住所・氏名)を書いて上記まで郵送してください。
      なお、返信用裏面には何も記入しないでください(当事務局からの連絡などに使用
します)。
※ 応募者多数の場合は抽選となります。発送をもって発表に代えさせていただきます。
※ 個人情報は適切に管理し、このコンサートの連絡のみに使用します。
※ 車いす・盲導犬等を伴う方・未就学児童同伴の方は、座席のご用意がありますので、
事前にお問い合わせください。
※ 出演者等は変更になる場合があります。※時間は予定です。       

----------
  片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)
 「人が集い、音が響き、時が輝く」
☆演奏、講演、指導(グループでも個人でも可)、執筆等、ご連絡は以下から☆
 いつでもお待ちしています。
Mail: r_taiko_fukumimi@yahoo.co.jp
Blog(Japanese): http://ameblo.jp/funky-ryota-groove/
twitter: http://twitter.com/funky_ryota
Facebook: http://www.facebook.com/#!/ryota.kataoka.566
youtube channel: https://www.youtube.com/user/Ajarria

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-06 18:23:01

⭐️テレビ朝日福祉文化事業団創立40周年記念イベントに出演決定!⭐️

テーマ:ブログ
10月22日(日)は、テレビ朝日福祉文化事業団創立40周年記念のコンサートに
Ajarriaで出演させていただきます。
会場はきゅりあん8F大ホール 品川区立総合区民会館。
事前のお申し込みが必要です。詳細は以下をご参照ください。

  <HP>
http://www.tv-asahi.co.jp/fukushi/

「LIVE TOGETHER!<普通にやろう! 一緒にやろう!>」
 テレビ朝日福祉文化事業団は創立40周年を迎えます。その記念事業として、テレビ朝日
福祉文化事業団が行っている児童福祉、母子福祉、高齢者福祉、障がい者福祉を集約した
2日間「LIVE TOGETHER!<普通にやろう! 一緒にやろう!>」を企画致
しました。未来へ向けての一歩となることを願って、障がいのある人もない人も、共に創
り上げて共に楽しむことができるステージです。       

  開催概要
◆日  時 2017年10月21日(土) 開場 12:00/開演 13:00
            2017年10月22日(日) 開場 13:00/開演 14:00
◆入 場 料 無料 ※22日のみ事前申込みが必要です
◆主  催 社会福祉法人 テレビ朝日福祉文化事業団
◆後  援 品川区/東京都社会福祉協議会/品川区社会福祉協議会/テレビ朝日
※品川区民芸術祭2017協賛事業として開催します。
◆会  場 きゅりあん8F大ホール 品川区立総合区民会館(品川区)
             〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1
      <以下は22日のみ>        
◆共  催 東京六本木ライオンズクラブ/東京原宿ライオンズクラブ
◆特別協賛 ㈱竹中工務店  ダイダン㈱
◆協  賛 アラコム㈱  ALSOK東京㈱  ㈱伊佐梅  ㈱大塚商会
               ㈱関電工  ㈱コマデン  ㈱サンフォニックス  ㈱シービー
エス
               ㈱台東サービス  ㈱テルミック  ㈱東京美術  富士ゼロッ
クス㈱
               富士通㈱  ㈱ミヤギ  横浜エレベータ㈱東京支店         
◆協  力 東京藝術大学、ヤマハ(株)

10月21日(土)
 障がいのある不自由さに限らず、誰もが抱えている「不自由さ」。それは老いであった
り、家庭環境であったり、個人個人により千差万別です。「LIVE TOGETHER
!」の第1日は、その「不自由さ」を持つ人も持たない人も一緒にダンスや音楽やスポー
ツを楽しむことを実践している方たちに話を伺いながらパフォーマンスを披露してもらう
ステージです。
      また、30年目となった高齢者施設訪問の特別編として施設訪問をしていただい
ている6組の歌手の方たちによるスペシャル歌謡ショーも行います。

10月22日(日)
LIVE TOGETHER!CONCERT
 第2日は、障がいのある人もない人も共に楽しめるコンサート
「LIVE TOGETHER!CONCERT」を開催します。
     第1部は「五感で楽しむコンサート」。演奏と映像との共演や、音の振動を体で聴
くスピーカーなど、視覚や聴覚に障がいのある方も一緒に音楽を体感する場です。
     第2部は「アニヴァーサリーコンサート」。世界的ヴァイオリニストの川畠成道を
はじめ、障がいを乗り越え現在プロとして第一線で活躍しているアーティストたちが出演
します。

応募要項
      ≪お申込み・お問い合わせ先≫
       *〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10番13号 野元第一ビル2
        テレビ朝日福祉文化事業団40周年記念コンサート 係
        *(TEL)03-6416-1226 (FAX)03-3463-0771        
<応募締切:2017年9月13日(水)の消印まで有効>
     ≪応募方法≫
      往復はがきの往信用裏面に
      郵便番号・住所・氏名・電話番号・希望人数:1名または2名
(1枚で2名まで入場可)を必ず明記し、        返信用表面に貴方の宛先(郵便番号・
住所・氏名)を書いて上記まで郵送してください。
      なお、返信用裏面には何も記入しないでください(当事務局からの連絡などに使用
します)。
※ 応募者多数の場合は抽選となります。発送をもって発表に代えさせていただきます。
※ 個人情報は適切に管理し、このコンサートの連絡のみに使用します。
※ 車いす・盲導犬等を伴う方・未就学児童同伴の方は、座席のご用意がありますので、
事前にお問い合わせください。
※ 出演者等は変更になる場合があります。※時間は予定です。       



----------
  片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)
 「人が集い、音が響き、時が輝く」
☆演奏、講演、指導(グループでも個人でも可)、執筆等、ご連絡は以下から☆
 いつでもお待ちしています。
Mail: r_taiko_fukumimi@yahoo.co.jp
Blog(Japanese): http://ameblo.jp/funky-ryota-groove/
twitter: http://twitter.com/funky_ryota
Facebook: http://www.facebook.com/#!/ryota.kataoka.566
youtube channel: https://www.youtube.com/user/Ajarria

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-06 18:02:56

8月28日はアバンギャルドなホルンの夜を!

テーマ:ブログ
 すでにTWITTERやFACEBOOKでは告知しておりますが、8月28日(月)に、下記のライブに出演致します。
ライブのタイトルにはAJARRIAを前面に出して頂いておりますが、きっかけは義左衛門さん、小井さん、自分のトリオを以前岡山でさせて頂いており、久々にその三人の演奏を!ということになったのです。
 そこにAJARRIAとしても参加できる!とてもありがたい。どんな夜になるのだろうか!?

8.28(月): "Ajarria" + 2@江古田buddy
OPEN 18:30 / START 19:00
                   ■\2,400 ■+ドリンクオーダー:\600

                   NYで活躍するジャズホルン奏者山村優子と、盲目の打楽器奏者片岡
亮太とのデュオ。
                   優しいホルンの音色と力強い和太鼓の響き、独自の音世界をどうぞ
お楽しみください!,

■出演
                   【Ajarria】
                   山村 優子(French horn)
                   片岡 亮太(和太鼓)
                   ----------------------
                   小井 政都志(Bass)
                   ----------------------
                   古田 儀左ェ門(French horn)
  (HP)
http://www.buddy-tokyo.com/scdl.html


  (会場までの道案内)
西武池袋線江古田駅改札口を出て左方向へ...
エスカレーターもしくは、階段で1Fへ
くるっと180度、右旋回し、交番前を通り過ぎ
約10m、双葉会館地下2階です。
ビルの上にも下にもBUDDYという看板が見えるはず...。


----------
  片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)
 「人が集い、音が響き、時が輝く」
☆演奏、講演、指導(グループでも個人でも可)、執筆等、ご連絡は以下から☆
 いつでもお待ちしています。
Mail: r_taiko_fukumimi@yahoo.co.jp
Blog(Japanese): http://ameblo.jp/funky-ryota-groove/
twitter: http://twitter.com/funky_ryota
Facebook: http://www.facebook.com/#!/ryota.kataoka.566
youtube channel: https://www.youtube.com/user/Ajarria

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-06 17:55:33

⭐️8月11日は奈良公園で演奏いたします⭐️

テーマ:ブログ
今年も奈良の灯花会で8月11日、18:30ごろから奈良公園内の旅館「青葉茶屋」さんの前で行われるイベントにてAjarriaが演奏させていただきます。
美しい光に彩られる夜を音で盛り上げさせていただきます!
お近くの方はぜひおいでください。
毎年青葉茶屋さんのおかみさんを中心に素敵な趣向を凝らしてお客様が楽しめるよう工夫されています。今年はどんな感じになるのか、我々も楽しみです。
自分にとっては当初からとても大切な場所である奈良へ、こうやってまた帰れることがありがたい!
太鼓とホルンを古都奈良で鳴り響かせてまいります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-03 21:20:44

緊急出演決定!!

テーマ:ブログ

  緊急決定!!

 5月の開業日にもお手伝いさせて頂いた道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」が来場者数30万人を突破!とのことで、明日8月4日、式典が開催されることになり、その中で記念の演奏をさせて頂くことになりました。

11時頃の予定です。平日ではありますがお近くの方はぜひおいでください。


 また、先月、いつもお世話になっている沼津市内の救護施設の納涼祭でのソロ演奏と、炎舞の春風火舞との共演を

YOUTUBEのチャンネルにUPしています。

記事最下部のURLからAJARRIAのチャンネルに飛んでいただき、最新動画をぜひチェックしてみてください。

FACEBOOKでみなさんにご覧いただき、とても好評をいただいております!!





----------
  片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)
 「人が集い、音が響き、時が輝く」
☆演奏、講演、指導(グループでも個人でも可)、執筆等、ご連絡は以下から☆
 いつでもお待ちしています。
Mail: r_taiko_fukumimi@yahoo.co.jp
Blog(Japanese): http://ameblo.jp/funky-ryota-groove/
twitter: http://twitter.com/funky_ryota
Facebook: http://www.facebook.com/#!/ryota.kataoka.566
youtube channel: https://www.youtube.com/user/Ajarria
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-28 10:32:34

一行の中に紛れる真実!

テーマ:ブログ
 僕の読書は、数名の好きな作家の作品を一定期間読み続ける形になることが多い。
ジャンルは、一般的な小説からラノベ、サスペンス、ホラー、ファンタジー等様々。
で、今は何度目かのスティーヴン・きんぐ作品ブーム。
あの独自の世界観にグッと引き込まれていくのが好きだ。
ある作品の序盤のシーン。
きっとその後の展開にさほど重要な役割を示すシーンではないのだと思うが、こんなやり取りがあった。
体の不自由な男が通りすがりのティーネイジャーの子供にその身体をからかうような発言をされる。
主人公はその子供を呼び止め叱ろうとするのだが、男はそれを止める。
「手近な教材にされるのはまっぴらだし、特に今日はそういう気分じゃないんだ」
男はそう主人公に話す。
 このシーン、真実を捉えたすごいシーンだと思った。
ともすれば、障害をはじめとするマイノリティに属する特徴とともに生きていると、ごく当たり前に教材としての任を周囲から与えられてしまう。
あるいは、そうせねばいけないと自ら思ってしまう。
僕などの場合、その気持ちが自分の生きる道に繋がっているところがあるが、けっしてそういう人ばかりではないし、
小説の中の男のように、そんな気分じゃない時だってあるのだ。
どうってことのないワンシーンに、ある意味当事者じゃなければ思い至りづらいような本音を一行に凝縮して読み手に手渡せてしまう。
さすがだなあと思ったし、小説って面白いなあと感動した。
 さてさて、そもそもの本編はここからどう展開していくのか!ワクワクが止まらない!!

----------
  片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)
 「人が集い、音が響き、時が輝く」
☆演奏、講演、指導(グループでも個人でも可)、執筆等、ご連絡は以下から☆
 いつでもお待ちしています。
Mail: r_taiko_fukumimi@yahoo.co.jp
Blog(Japanese): http://ameblo.jp/funky-ryota-groove/
twitter: http://twitter.com/funky_ryota
Facebook: http://www.facebook.com/#!/ryota.kataoka.566
youtube channel: https://www.youtube.com/user/Ajarria
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-15 09:43:35

今週も江戸へ!

テーマ:ブログ
 現在東京に向かう高速バスの中。
毎週木曜は都内の筑波大学附属視覚特別支援学校での授業。
以前ならば上京する手段は新幹線か在来線での旅だったのだが、一度バスを使ったらその快適さにびっくり!
席は広いし到着するまで完全に自分の空間をキープできる。
電車と比べたら圧倒的に静かなことも非常にありがたい。
この快適空間の中で仕事のメールや原稿を書いたり、読書や音楽鑑賞をしているとあっとういう間に東京についている。
 授業を担当するようになって約2ヶ月、だいぶペースがつかめてきた。
中でも生徒さん一人一人の様子がいろいろとつかめ出してきていることがとても楽しい。
当たり前だけれど得意なことや苦手なことがそれぞれに大きく違うし、ちょうど10代後半の年齢だから一人一人あれこれ悩んでるんだなあということも見えてくる。
先日、学校にお願いをして僕の授業に対するフィードバックを一人一人に書いてもらった。
多くは今日受け取ることになりそう。
みんなが何を書いてくるか、授業に対しての感想や意見だけでなく、僕への質問など、ぜひこの出会いを生かせるアウトプットをしてきてほしい。
もしかしたら初回のフィードバックではそこまで書けないかもしれない。
でも複数回行うことで、自分たちが受動的に授業を受けているだけの存在ではなく、自分たちのアウトプットを通して授業をもっと充実させられることに気づいてほしいし、その練習をしてほしい。
思い起こすと僕はそういうことをすることがすごく苦手だった。
感想は言えても意見や提案をうまく伝えられずに過ごしてきたように思う。
ある意味それは、ほぼマンスーマンでの授業を小学5年から中学3年まで受け続け、ほとんどの科目においてスパルタ家庭教師状態の先生方に育てていただく中で身につけてしまったものなのかもしれない。
一対一で大人に意見を言えるほど僕は強くなかったし、そもそもで当時の僕の力を前提に、それよりもやや高いハードルを設定されていた授業は概ね自分にフィットしていた。
生来の性格として、僕は人に意見や提案をした時、それを通して相手の気持ちを不快にしてしまったり良かれと思ってやってくれていることに水を差すようなことを伝えてしまって傷つけたらどうしようかと恐れる傾向がある。
それは今でもそうで、一通のメールを書くのに1時間近くかけてしまうことも少なくない。
それでもおそらく在米時にいろいろな経験をし、反省したり周囲の人から刺激を受ける中で、少しずつではあるが自分の意見や提案を相互にストレスがかからない伝え方でアウトプットできるようになってきている気がしている。
こういうことってきっとたくさんの練習が必要なのだと思う。
僕が授業を担当している生徒さんたちは、プロかアマかを問わないならばきっと一生音楽と付き合っていくはずの子たち。
そういう人生の中で、自分に必要な状況を整えたりあるいは自分を守るために、しっかりと意見を伝えることは多かれ少なかれ必要になるはず。
僕の授業の中でそういうことを練習してくれたら嬉しく思う。
 さあさあバスは順調に高速道路を走行中。一休みして午後へのエネルギーを蓄えますか!



----------
  片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)
 「人が集い、音が響き、時が輝く」
☆演奏、講演、指導(グループでも個人でも可)、執筆等、ご連絡は以下から☆
 いつでもお待ちしています。
Mail: r_taiko_fukumimi@yahoo.co.jp
Blog(Japanese): http://ameblo.jp/funky-ryota-groove/
twitter: http://twitter.com/funky_ryota
Facebook: http://www.facebook.com/#!/ryota.kataoka.566
youtube channel: https://www.youtube.com/user/Ajarria
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。