先日、
南山城村の移住支援コミュニティスペース「やまんなか」の、
毎月恒例村人交流會(全体的に名前はてきとー^^)の、
ゲストシェフとして、ランチ會をさせていただきました。


みなさまのお陰さまで、大盛況で、 
ほんま樂しい時間になりました!

でね、
話はそのことじゃないねん。

ランチ會の参加費は、お一人1000円、
12人参加で、¥12000の収入に對して、
材料費や交通費の合計が¥10500。

これは、自営業のお仕事としてはあり得ない数字。
なんだけど、
ワタシタチがこの日いただいたお金でない価値を思い出すと、、、

①これから滋賀で築いていくコミュニティのリハーサルをさせてもらえてる。 

②前から逢ってみたかった方、逢ってみたいと思ってくださってた方に逢えた。
至くんに至っては(笑)、ギャラリーDENの手島さん(ご主人)が、なんと大學時代の恩師という、
びっくりする再會あり、
しかも終わってから手島さん宅にお邪魔しちゃい、
これからやっていきたい暮らし方の青寫眞を見てしまう!という、
素晴らし過ぎるおまけ付き。

③森さんのむくな豆(珍しい、すごいパワーフード)を炒って、Vitamixできな粉作って、
結構いっぱいおこぼれにあずかる。

④手島さんに、自家採卵とジビエいただく。
(來月のランチ會、至パスタの會に向けて、ベーコン作るで。)

都會で、今までの考え方だと、
「次回はお一人¥3000にしなあかんな。」という反省になるところですが、

そうじゃないねん。

これなんよね。
お金でないところの価値観。

もっと進化すると、
食材も全部持ち寄りでとかになれば、
お金の計算する時間も要らなくなるね。

南山城村の隣人森さんとは、
以前から森さん野菜でワタシが料理を作るという
お金のいらない國コミュニケーションが出來上がっていたのですが、

やっぱり
「野菜やお米や穀物や果物を自分で作る!」
ということをベースにして、
着るものはリサイクルと天然素材で自分で作る。
お家もできるところは自分で改修する。
暖を取ったりするためのエネルギーも自給の方向で考える。
ローフードは野菜を生で食すための方法として、和の方にスキルアップを。
ナッツはアホみたいに高いし、輸入だし、違う方向で考えよかな。

そんな自給自足の人たちが増えれば、
お金のいらない國が現實のものになってくるんとちゃうかな。

遠くに行くこと、
通信することは、まだしばらくお金のかかることではありますが。。
テレポートにテレパシーか。
がんばろう笑笑^^

來月水曜ランチ會は3/14、
リンダとくっすんの前菜に、至パスタの會を予定しております。
定員ありますので、絶對來たい方はお早めにやまんなかまでお問い合わせください。





毎年恒例、ふらの新年會は、
年に一度のふらのわ會の総會みたいなもので、
日本全国から、ふらLover❤が集まります。

綿から糸を紡ぐのを見せてもらったり體驗したり、
ここでしか買えないお買い得商品が出たり、

一番の目玉は、
豪華商品が貰える、ふらの布や糸で作ったものの作品コンテスト。
年々レベルが上がり、力作揃いでびっくりします。
ここで、「あ~、そういうの作ったらいいね♪」のヒントをたくさん貰えるのも醍醐味だったり。

ワタシのくまは、惜しくも入賞を逃しましたが、
(今年は編みぐるみ多かった)、
來年こそは、大賞の30万のマリムーンロングを狙っていくで٩(๑❛ᴗ❛๑)۶❤!

今回、特別に発表の時間をもらって、
ふらの葉っぱのたわしのペイフォワードをみなさんにお傳えしました。
そして、作っていった50枚の茶綿たわしは、
節分ということもあって、客席に投げてみなさまにキャッチしていただくという趣向で盛り上がり、
終わってからも、「貰えなかったけど編むわ~」とか、
「編み図はどこで見たらいいの?」とか、
「ふらのわ會で賣って欲しい」とか、
とってもたくさんのペイフォワードになったことは、
賞をいただくより嬉しい結果となりました。

葉っぱを編む會は、ご連絡をくだされば随時開催します。
大阪市内カフェ、うちの家Amigo、なんなら南山城村とか滋賀でもやります。
お一人から、三名ぐらいなら一度に教えられるかな。
一個編むのは無料です。

糸車で回すと、綿が糸になる。

弓でびょんびょんすると綿がほぐれる。
作品コンテストで、くま鎮座。
前島社長のお話。
一緒に葉っぱのたわしを撒いたお寫眞はないなぁ。

くまこは、これから受注生産もお請けします。
この子はけっこう大きいです。この子ぐらいの大きさで35000円ぐらいと思っといてください。
ふらの手紡ぎ糸で編み、パワーの強い茶綿を入れて、お目目もムクロジという木の實の種でできている、
最高にナチュラルなテディベアです。
抱っこするだけで癒され、體の調整をしたり、人によってはデトックスが始まったりします。
お部屋に置いとくだけで氣の浄化にもなるよ。

後、何も数えずに作るので、同じものは二度とできないことご了承ください。


リンダ、デモンストレーションの現場は1月いっぱいで退くことにしました。

なので、
リンダからVitamixを買いた~いというお方は、
下記デモンストレーション會場にお越しくださいね。

1/20(土)21(日) イノブン天満橋店
1/23(火) ヨドバシ梅田店
1/26(金) コストコ尼崎
1/27(土) コストコ神戸

冬にぴったりの温かいスムージーやスープ、
でも冬にも美味しいジェラートも作っちゃうよ♪
この時期氣になるチョコメニューをお傳えできたらいいなと思っております。

各賣場でお待ちしてます。





リンダのおうちで、ふらの葉っぱのタワシを編む會をしますよ。

2018年1月14日(日)
13:30-16:00(時間内の何時に來て何時に歸ってもオッケー)
場所 
大阪府大東市津の辺町7-28
JR学研都市線の野崎駅下車徒歩約10分

持ち物
かぎ針5号 お持ちでない方はお申し込み時にお知らせくだされば準備しておきます。
5号前後なら4でも6でも大丈夫です。
¥108ご用意くださいね。

参加費
場所代としてお茶飲み放題込み¥500を貯金箱に入れてください。

タワシ1つはリンダからのペイフォワードです。

ご用意した手紡ぎ糸で、葉っぱのタワシを一緒に編みます。

お家でももっと編みたい方は、ふらの糸を買っていただくこともできます。

100g ¥2500です。

葉っぱのタワシへの思いは、
一個前の記事を見てね。

お申し込みは、
Facebookのコメントまたはメッセンジャー、メール(info.linda.gsb@gmail.com)などで、
リンダまで。

シェアしてくださってもありがたいです❤❤❤

有機栽培の綿花を、手で摘み、手で紡ぎ、手で織った「ふらの布」に出逢ったのは、
もうかれこれ8年か9年前のこと。
それからずっと使い續け、
お店でお話會をしたり、
販売拠点「ふらっと」をしたりもしながらゆるっと関わってきたのですが、

久しぶりに京都のつどいに参加してからかな、
なんか、再燃!
しかも、
お友だちが、お二人もつどい主催しちゃうとのことで、
ふらの良さを再認識するとともに、
何か、地球をきれいにするのにワタシに出來ることはないかと、
思いついたのがこれ。

🌿葉っぱのアクリルたわしを編んで賣っている三重のお母さんたちの會の出店で見て、
葉っぱの形が大人っぽくて、
これなら使いたいと思って買った。
🌿自分でも編んでみたいと思って、ネットで編み方を探してアクリルで何個か編んだけど、
手の油を取られる感じが苦手でやめた。
🌿京都のふらっと「きもの塾さかもと」さんで、ふらの糸で葉っぱのタワシ編んではるのを見た。
🌿ふらの葉っぱのタワシを編んでいたら、「ペイフォワードにしたらええんちゃう?」が降りてきた。
🌿要は、みんなが色々やっておられたことを融合しただけやねんけどな。

ワタシに逢うと、葉っぱのタワシが貰えます。

もらったタワシを普段の食器洗いに使ってくださると、
洗剤を使わない生活をする人が増える。

それだけでもいいんだけど、
ワタシからタワシを買っていただいて、
誰かにプレゼントすると、もっと洗剤を使わない生活をする人が増える。

編める人はワタシから糸を買っていただいて、
自分で編んでプレゼントすると、もっともっと洗剤を使わない生活をする人が増えるやん。

編んだ人は、販売してもいいし。

1日がんばっても10個も編めないので、
これで儲けることはできないと思いますが、
編んでるだけで癒されるので、
ワタシは電車の中や、なんか時間つぶさなあかんときとかに、
スマホ見る代わりに編みます。

ふらの糸だと不思議と肩が凝らないというのも、
編んでる人みんなの共通感覚。
おもしろいやろ。

共感してくださる編み物好きなナチュラリストがどれだけいらっしゃるかはわかりませんが、
ライフワークとしてやっていきたいとおもっておりますので、
教えてほしい方も、
タワシもらってくださる方も、
よかったらお声かけお待ちしております。

ふらのつどいのない1月は、
葉っぱのタワシを編む會を、
1/9大阪市の福島と、1/12芦屋で開催します。
お問い合わせは、とりあえずリンダまで。

info.linda.gsb@gmail.com