作庭記

テーマ:
{7FB9B6D3-EAA7-4131-BA1B-31626DB7B853}

平安時代に書かれた日本最古の庭園書『作庭記』は寝殿造りの庭園に関することが書かれており、その内容は意匠と施工法であるが図は全く無く、すべて文章である。編者や編纂時期については諸説あるが、11世紀後半に成立したものと見られている。

{ED26140C-8B95-44B2-AF1A-134F3DEF9125}

{BA9214A3-1828-4694-BB55-3727224EE2E4}

井伊直虎の婚約者だった亀之丞(のちの直親)が吹いた笛「青葉の笛」が収蔵されていた浜松市・寺野六所神社は私の父が生まれた生家の横の階段を登った小山の上にあった。

数年前、廃屋になっていた屋敷を取り壊すまえに
、裏庭にあった幾つかの鑑賞石の中から、持ち運びのできる一つだけ持ち帰った。

{16E4CBA7-C880-4938-8248-E11BF2DB3F90}

{AA9E828A-F349-4A7C-A213-24BDA43AB591}

{BC8A5900-BFB1-4711-9F81-C0C23ACDD4CC}

{630028C4-0AC9-4C0A-A514-80034890B85A}

{21C7F191-DEB5-4A88-A9E2-C5B84AFECEE5}

{7691BE06-9368-4869-9E76-B8DC2177E087}


つづく

AD