今年も昨年と同様に、投票するのもおこがましいほどの本数しか観られずじまい。
しかし、昨年は何とか投票に参加し、今年は日本インターネット映画大賞様より
投票のお誘いを頂きましたので、今年もずうずうしくも投票させて頂きました。



-----------------------------------------------------------------

【作品賞】

「 共喰い      」10点
「 風立ちぬ     」 9点
「 そして父になる  」 3点
「 陽だまりの彼女  」 3点
「 凶悪       」 2点
「 男子高校生の日常 」 2点
「 舟を編む     」 1点

【コメント】
昨夏より公開を楽しみに待ち望んでいた作品「共喰い」
重厚かつ濃厚な日本映画を久々に観た。
「紅の豚」を彷彿させる宮崎監督の作品「風立ちぬ」
子供向きではないので賛否が分かれているようだが、
私はこういう向きの宮崎監督作品も好きである。


—————————————————————–

【監督賞】
[ 青山 真治 ] (「 共喰い 」)
【コメント】
今までの青山監督の作品は苦手としていたが、少し洋画ぽい雰囲気に感じたせいかもしれない。
でも、この作品は純文学、原作ものの作品で、観終わった瞬間「日本映画を観たなぁ」と感じた。
青山監督ごめんなさい、と謝りたくなった作品である。


【主演男優賞】
[ 菅田 将暉 ] (「 共喰い 」)
【コメント】
彼よりもこの賞を投じたい役者さんは数多いるのは承知なのだが
失笑されても、やはり彼の転機となった、まさに体を張った演技に投じずにいられない。


【主演女優賞】
[ 真木 よう子 ] (「 さよなら渓谷 」)
【コメント】
この雰囲気、真木さんのこの雰囲気、参ったなぁ


【助演男優賞】
[ ピエール瀧 ] (「 凶悪 」)
【コメント】
これはもう言わずもがな、でしょう。


【助演女優賞】
[ 田中 裕子 ] (「 共喰い 」)
【コメント】
やられた!この迫力にしてやられた。
滲み出る母性愛からくる言動・行動、この映画の本質はここにあるのだと感じた。


【ニューフェイスブレイク賞】
[ 菅田 将暉 ] (「 共喰い 」)
【コメント】
昨年も投じたが、まだまだブレイクには至らず。
今年は満を持して彼にニューフェイスブレイク賞を投じたい。


【音楽賞】
「 陽だまりの彼女 」
【コメント】
主題歌「素敵じゃないか」 これほどこの映画にぴったりの楽曲はないのではないだろうか。


—————————————————————–

【私が選ぶ○×賞】
[ 該当なし ]
【コメント】
なし。

—————————————————————–
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
—————————————————————–


どうぞよろしくお願いします。
AD

コメント(1)