『波の狭間で』vol.4


5月3日 (晴れ)

8:30 仙酔島出航。 岩城島迄20マイル。
風が強いので島影を航行する。

風力17ノット 速度5,5ノット 海の色はどこまでも碧く、
艇は揺りかごに抱かれているような穏やかな波に委ねられていた。

途中お魚センターを探したが場所が特定できないので
岩城島を再度目指す。

田島の向かい側に常石造船所が見える。

5万トン級の大型船が7隻も新造されている。

12:15 因島の日立造船所にも5隻の大きな修繕船があった。

日本の造船技術が改めて見直され三年先まで海外からの
受注があると新聞は伝えていた。

三十年前の造船不況で被った大波が嘘のような業界の
活気を目の当たりにし穏やかな波に身を任せた。

13:30 岩城島着岸。

海側から望んだ小高い山の上の城跡に辿り着くには
石段を登らなければならない。

私の右足は、金比羅参り以来指先に向かって
青紫色に変色し靴も履けないほど腫れ上がっていた。

痛さを堪え夫の腕にスガリながら登りきる。

山頂から航海してきた海を見下ろすと
潮と潮がぶつかり合う様が良く見える。

艇に帰るとサイクリング中のご夫婦が我々のヨットの
写真を撮らせて欲しいと言う。

「コーヒーでもいかがですか?」とキャビンに招く。

「ウワァー!木の温もりがあって素敵ですね」
ハンスクリスチャンの内装はチークをふんだんに
使っているので落ち着いた雰囲気を醸し出す。

「こちらにお住まいですか?」

「いえ、福山からです」見知らぬ人との出会いも又面白い。

5月4日

ゴォ~ッゴォ~!風の音 ガタッ!
ゴトッ!戸を叩く音 キュイ~ギッギィ~!
フロートの軋む音。

寝ている頭の上をバタバタ歩く音で目が覚めた。

「お父さん!新居さんと前さんの声がするよ」
慌てて夫も外に飛び出す。

暫くして各艇の増し舫いが完了した様子が覗えた。

夫が戻り安心してもう一眠り。

7:10 岩城島出航(曇り)

広島迄60マイル 6ノットで10時間の長旅になる。

どんよりした鉛色の曇り空ではあるが雨は降っていない。

念の為、合羽を用意する。

伯方沖に差し掛かると海の男達がゴールデンウイークに
家族の元で過ごす為なのか中型船が何隻か停泊している。

速度4ノット 風は正面 水深37m。

先頭を航行する澪が全く動かなくなった。

海水速度6,3ノット 対地速度2,7ノット~1,3ノット

ヨットがピタッと止まり風景も止まっている。

しまなみ大橋を抜けるまで逆潮に行く手を阻まれた。

こうなるとどうあがいても先には進めない。

10:30 岡村島沖で佐伯帆走協会のメンバー中鶴さんの
ヨット「風花」と出会った。

風花には、7人位乗っていた。

仲間のヨットに思いがけず出会えると感激する。

腕が千切れんばかりに手を振り「風花」が見えなくなるまで見送った。

海には道なき道がある。

海は世界と繋がっている。

私は「ヨットで世界一周をする」という夫の夢を叶えてあげたい。

生死をかけた男のロマンに付き合えるのは妻の私しか居ないであろう。

一人では絶対無理な「ヨットで世界一周」であっても
勇気を振り絞って出航するという夫と二人なら例え途中で
果てても本望だと思える。

お互いが元気でなければ実現できない夢である。

配偶者を失った悲しみを私は経験していない。

静寂な海面をじっと見ていると深い海の底から姉の悲しげな
顔が浮かび義兄に想いを遺している姉の声が聞こえた。

その時、生の始まりが海であるならば死後の世界は「

天国にあらず海に有り」
ではないかとふと思った。

義兄は、出航してから8時間ずっと眠り続けている。

本当に船酔いだったのかもしれない。

2年前に佐田岬沖で私もひどく船酔いし苦しんだ記憶が蘇る。

髪の毛に白い物が増え、額に深い皺を寄せ泣き顔になって寝ている
義兄の孤独にもう少し優しく寄り添ってあげれば良かった
「辛い旅だったね」と心の中でつぶやいた。

穏やかに見える瀬戸内海にも時として白波が立つ。

高波に飲み込まれそうな恐怖も覚える。

しかし、この波を受けて立ってこそ世界が見えてくるロングクルージングであった。

16:00 廿日市帰港

船田 和江

http://www.funada-ship.com

船用品のことなら船田船用品へ
お気軽にお問い合わせください。
AD
『波の狭間で』vol.3

5月2日

9:30 多度津港を出航。明け方から雨が降り続けていた。

例年5月の連休の1日位は天気が崩れる。

荒れ模様覚悟で鞆の浦沖の仙酔島を目指した。

予測は裏切られることなく高さ2メートルの波が
次から次へと襲いかかる。

艇は、山の頂上に登ったかと思う間もなくジェットコースターに
乗っているが如く真っ逆さまに落ちて行く。

ドスン!ドスン!と海面を打ち続け左右に大きく
横揺れする度に「お父さん!怖いよう!」と叫ぶ。

キャビンの中から片付け忘れたコップや皿の割れる音が
するのだが這いつくばっているのがやっとの私では成す術がない。

風力18~20ノット速度4,5ノットキャビンで寝ていた義兄が
必死で這い上がってくると「グオッ!ゲボッ!」と嘔吐した。

私も自分自身を支えているのがやっとなので
背中をさすってあげることもできない。

雨が降らないのがせめてもの救いである。

14:30 やっとの思いで仙酔島に着いたのだが
観光船と漁船の間という狭い場所に3艇係留するので
着岸は手間取った。

係留許可は新居さんが事前に福山港湾局で取っていた。

係留費はトン数で決まる。

エヌザークが5トン、澪も5トン、スペルバウンドが
10トン三艇の合計トン数は20トンで1トンに付き5円だから
百円支払えばよい。

あまりの安さに驚いた。

お金を入れた封筒に船名、所有者名、トン数を書き
桟橋待合室に置かれている箱に入れておけば完了する。

仙酔島の名前の由来は、仙人ではなく


千人の人が酔う風光明媚な島という意味だそうだ。

周囲6Kmの小さな島であるが明日から鯛網漁まつりが
あるので桟橋には沢山の観光客が次々訪れる。

続く

船田 和江

http://www.funada-ship.com

船用品のことなら船田船用品へ
お気軽にお問い合わせください。
$航海日誌&船用品ご紹介&航海で役立つアドバイス広島市宇品船田船用品blog
AD
『波の狭間で』vol.2

5月1日
早朝から雨がザアーザアー降りキャビンの中まで雨が入り込んできた。
雨音はどんどんひどくなる。
暗雲立ち込める空模様に陽の射す気配は無い。


「こりゃお父さん、こんなドシャ降りでは
金比羅山に行くのは無理かねぇ」
ところが朝食の準備をするころには雨音が弱くなり
午前9時にはすっかり雨が止み予定通り金比羅山に
行くことになった。

「お義兄さん、雨が止んだから金比羅山に行けるよ」
「俺は行かない、歩きたくないよ」
と言い出した。

義兄を励まそうと広島に来る事を勧めたが
義兄にとっては群馬で誰にも邪魔されずに好きなだけ
酒を飲み寝たいだけ寝ていたほうが良かったのだ。

「ウン、好きに過ごしていてね」
もう同情なんかするもんか、私の心に三メートルを
越す怒りの波が怒涛の如く押し寄せた。

港の近くに駅があると行動範囲がグ~ッと
広がりご当地名物や観光地を訪れ易くなり
旅の楽しみがグンと増す。

9:30 多度津駅から20分で琴平駅に着いた。

金比羅宮は海の神様。
象頭山(海抜521m)の東腹に建立されている。

石段は中腹にある本宮迄785段、山頂近くの奥社迄は
1368段有る。

痛めた右足首がジンジン痛む。

客待ちしていた籠に乗ろうと近づくと
二人の担ぎ手はお年寄りであった。

とても申し訳ないので自力で歩くことにしたもののふと、
彼らにとっては仕事なのだから乗ったほうが
良かったのだと階段の途中で気付いた。

始めは段数を数えながら登っていたが足が重くて
しんどいので数えるのを諦めた。

5人百姓の飴売りのところで一休み。
シンボルの紅傘は1軒お休みなのか4本しか開いていなかった。
気を取り直して先に進むと宝物館があった。

入館料500円を払い一歩足を踏み入れるといきなり雅な
36歌仙が目に飛び込んできた。

36歌仙は、読みやすい大きさの字で1首ごとに額に
入れられ入り口正面の壁面全体に飾られていた。

平安時代中頃に藤原公任が「万葉集」「古今集」「後撰和歌集」
から36人の歌人を選んだのが始まりで金比羅宮の絵は
狩野探幽3兄弟が描いた物を慶安元年(1648)
讃岐高松藩主松平頼重公が奉納したものであると
所縁が記されていた。

2階に上がると重要文化財の11面観音立像も拝観する事が
出来る。

しかし、照度が極端に落とされているせいか10個の
顔が確認できない。

「お父さん、正面のお顔の他に10個の小さな
お顔がある筈なのよ、でも私の目では確認出来ないから
良く探してみて」
「ウン、でもワシも目が悪くなったのか見えんよぉ」
階下に下りると受付の人が
「11面観音像のお顔は一つしか有りません、
10個のお顔は全部外れています」と
言うではないか。

「無いお顔を捜していたのだから見えない筈よね」
夫と顔を見合わせ大笑いした。

日本の油絵の父と言われる「高橋由一油絵展」を
見ようと学芸参考餡にも足を運んだ。

痛む足を引きずっても行く価値のある27点の作品に
出会えた。

中でも明治18年に描かれた「鯛」は今にも額縁から跳ね上がって
来そうな勢いである。

どの作品も構図が面白い。浮世絵を彷彿させる由一の作品は
ヨーロッパでは観ることの出来ない独特の画風を編み出していた。

石段下で六人は合流し、昼食は名物の
讃岐うどんを食べる事にした。

二軒のうどん屋が軒を連ね、店の前で
お客の呼び込みをしている。

「お客さん!皇室ご一家もお立ち寄りになり、
雑誌、テレビでも紹介されている店ですよぉ!」

隣の呼び込みはその声に負けじと
「こっちは出来立ての手打ちだよぉ!」
と更に大きな声で叫ぶ。

その内、お互いを牽制するつばぜり合いが始まった。

ご近所付き合いは大丈夫なのだろうか?と
心配するほどヒートアップしていく。

14:26 琴平駅発の電車に乗り一駅で善通寺駅に着く。

善通寺のお堂の中にあるご本尊様の周りには、
様々なお顔の石仏が所狭しと並んでいた。

中には悪戯されたのか黒く太い眉が描かれた石仏がある。

世の中には罰当たりがいるものだ。

ご利益のある「足、腰守り」を買い、おみくじを引くと
末吉で
健康運の欄に「さわり有り」と書かれていたのだが
既に遅しの感である。

帰りはマリーナまでタクシーに乗り、料金1780円を支払った。

「お義兄さん、シャワーが、
とても気持ち良かったよ!入っておいでよ!」
と促すと
「ウウン、行かない.風邪を引いたみたいで
寒気がするから。」

「薬を飲む?」
「いらないよ、寝ていれば直る」
「寝袋も出しましょうか?」
と夫が優しく言うと
「いらないよぉ暑いから」
さっき寒いと言ったじゃないか!
もう義兄に対して私の心の波は漣も立たなくなっていた。

続く

船田 和江

http://www.funada-ship.com

船用品のことなら船田船用品へ
お気軽にお問い合わせください。

$航海日誌&船用品ご紹介&航海で役立つアドバイス広島市宇品船田船用品blog
AD