”江戸川わらべうたとおはなしの会”のブログ

子守唄、遊び唄、年中行事の唄、おはなし、読み聞かせ・・・・
やさしくて、美しい日本語に包まれながら
親子の時間を楽しんでいます

新規会員募集中!







やさしくて、懐かしい・・・

「江戸川わらべうたとおはなしの会
」でわらべうた遊びやおはなしを一緒に楽しみましょう。


音譜お気軽に体験参加
してみてくださいね。




船堀わらべうたの会のブログ(テストページ)


一緒に遊ぼう、待ってるよー







遠い昔に名もない人が遊びだし、それが口伝えに伝わった「わらべうた遊び」

親子のスキンシップ、丈夫な身体作りを促します。おはなしは豊かな想像力を育みます

まずは体験!お子さんと気持ちをやり取りする楽しさを感じることができますよ
会員募集中!!
新年明けての会を17日にいたしました。
10月に参加以来、久しぶりの参加の方も含め4組の参加でした。
今回は、お正月にちなんだわらべうたで遊びました。
『せんぞうや まんぞう』では、お母さんの膝にのって、ふねをこぐように体をゆらして遊び、

『ぺったら ぺったん』では、お手玉をおもちに見立て、歌いながらお餅をつき、

『たこたこ あがれ』では、柔らかい布をヒラヒラとはためかせて歌いながら、ぶつからないように動いて遊んだりしました。

また、『ななくさ なずな』では、たたんだ布を七草に見立て、手を包丁のように布を歌いながらきざんで、七草粥をいただく仕草をして遊びました。

インフルエンザや風邪が流行っていますが、元気に会に遊びに来てくれて、嬉しい新年明けての会となりました!

次回
2月7日(水) 北葛西コミュニティ
和室 10時~11時
遊びにいらしてくださいね。

読んだ本
『ゆき ゆき ゆき』たむら しげる さく
幼児絵本 ふしぎなたねシリーズ 福音館書店
つめたい くものなかで、ゆきのあかちゃんがうまれます。ゆきがどのように大きくなっていくのでしょうか。

『ねずみのすもう』
神沢 利子 文 赤羽末吉 絵 偕成社
むかし、びんぼうなおじいさんとおばあさんがいました。
ある日、声のする方へ行ってみると、やせねずみとふとったねずみが、すもうをしていました。
すぽん すぽんと投げられているやせねずみは、
おじいさんとおばあさんの家のねずみでした。
その晩、おじいさんとおばあさんは、ねずみのためにお餅をつきました。さて、次の日ねずみのすもうは…。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
♪ななくさ なずな とうどの とりが
にほんのくにへ わたらぬ さきに♪
『0、1、2歳児クラス編 いっしょにあそぼう わらべうた』明治図書(p18参照)

今日は1月7日、 無病息災を願って七草粥を食べる日。上のわらべうたは、七草をきざむ時にうたううたです。私が子どもの頃、母、祖母は唄わなかったので、このわらべうたは、わらべうたを習ってから知りました。
また子どもの頃、七草粥もこの時期、七草を見ることはできず、七草粥と言っても畑でとれた小松菜でのお粥をいただきました。
今は、スーパーで七草のセットが売られているので、七草全て見ることができますね。


さて、ややっこの部の今後の予定です。

1月17日 船堀コミュニティ 和室
2月 7日 北葛西コミュニティ 和室
2月21日 船堀コミュニティ 和室
10時~11時までです。

どうぞ遊びにいらしてください。

体験参加 1回500円(4回まで可能)

申込先
Funabori_warabe@yahoo.co.jp(新見まで)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
12月6日、1~4才まで、初めて体験される親子を含め8組の参加でした。
まだまだ、いっぱい、いっぱいの私ですが、お母さんと楽しそうに「わらべうた」で遊ぶ子どもたちの笑い声に支えて貰っています。

さて、わらべうたの会では、始まる前に木のおもちゃやフェルトで作ったおもちゃで遊ぶ時間があります。
この時間に二人の男の子が、畳の上に横たわり、ころころと転がりましたので、「いもむし ころころ ひょうたん ぽっくりこ」と私が唄い、「『ぽっくりこ』で起き上がれる?」と声をかけると男の子たちは、『ぽっくりこ』で起き上がり、何回か「いもむし ころころ」で遊びました。

その遊びをしながら、この夏郷右近先生の講座に参加した際、「いもむし ころころ」のわらべうたについて、詳細な資料にもとづいたお話を伺ったのを思い出しました。

「いもむし ころころ」は、その土地、時代で列遊びだったり、そこに問答や鬼ごっこなどが合わさって遊びますが、遠野のわらべうたでは、生きていくうちには転ぶときがある。そのときは、ひょうたんみたいに、ぽっくりこって立つんだぞ。ということが込められていると言います。

*『わらべうたで 子育て 応用編』福音館書店 P10


わらべうたには、楽しみながら遊び、深いとこでは、人が生きていく上で大切なことを伝えてくれているんですね。
幼いときは、深い意味は、ひとまずおいておいて、日々の生活の中で、わらべうたを楽しんで欲しいと願っています。
この日は、二人の男の子たちから「いもむし ころころ」で遊ぶ楽しさを教わりました。


わらべうたでは、12月に入りましたので、お手玉をお餅に見立てて、唄に合わせてお餅つきをしたり、
やわらかい布で遊んだり、唄に合わせて顔を拭いて貰う遊びもしました。

≪読んだ絵本≫
*コッケ モーモー たなかあきこ訳 徳間書店
(鳴きかたをわすれてしまったおんどり、夜中にきつねがやってきて…)

*てぶくろ (ウクライナ民話) うちだ りさこ訳 福音館書店
(おじいさんがおとして行ったてぶくろに、次々どうぶつたちがやってきて…)

次回は、12月20日(水) 10時から
北葛西コミュニティ



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

11月15日(水)開催。

今日は、転居のため会を離れていた方が戻っていらして、数年ぶりの参加。

中学1年生になっていてびっくり。

でも、幼いころ一緒に遊んだ楽しさを思い出し、「参加したい」と話したということでした。

 

みんなが集まるまで、お手玉や竹返し好きな方で遊ぶ。

そのようなことで、久しぶりの子ども達もいたので、「竹返し」の「とんぼ」から、技をひとつずつゆっくりと見せながら遊んでいきました。

 

次は、ゴム跳び。

2つのグループに分かれて、「ぐーぱーぐーちょき」をやった。

だんだん高さが高くなります。

できないはずの高さを指定し、できないことも楽しんだり・・・・

 

もうひとつのゴム跳び、「うえしたまんなか」もやってみた。

今回が初めて。

狭い中をくぐったり、洋服に当たってアウトだったり。

 

最後は手ぬぐい落とし。

「走らず歌に合わせて」「手は前。通り過ぎてから手だけを後ろに探す」というルール。

未就園の子もお母さんに助けてもらいながら参加。

歌い聴かせは、「おおさむこさむ」。「みんなも一緒に歌ってね」と声を合わせて歌う。

 

会が終わった後も、みんなで鬼ごっこ。これも楽しみの一つのよう。

この様子は、会が始まってからずっとあったものだったけれど、手足が長くなり、顔つきも大人っぽくなっているのでなんだか不思議な感じがする。

 

次回は1月24日(水)。

8年続いてきた「わらしっこの部」最終日。

 

 

 
いいね!した人  |  リブログ(0)
11月15日、七五三の日にわらべうたとおはなしの会でした。

七五三は、髪置、袴着、帯解の儀式がもとになり、また5代将軍綱吉が、11月15日に長男の健康を祈願したことに始まるとされてます。今は11月の土・日に神社にお詣りするご家族を見かけます。

さて、この日は、初めての方を含め3組の参加でした。
いつものはじまりのわらべうたと絵本の読み聞かせの後、親子でにらめっこ遊びをしました。

子どもの時、ただただ楽しく遊んでいた、にらめっこ遊び(『だるまさん、だるまさん、にらめっこしましょ、笑うと負けよ、あっぷっぷ』)。

小さい時のにらめっこ遊びには、相手と心を通わせるには、目を見て話すこと聴くことの大切さを伝えていると知ったのは、わらべうたを学んでからでした。

親子でにらめっこ遊び。少しの間の静けさから笑い声がしてきました。
そして、負けた相手に『一本橋』で、くすぐります。
まずは、親から子へ、唄に合わせてくすぐります。
3~4才になると、してもらうことから、自分からお母さんにしてみたくなる気持ちが出てくるのですね。次は子どもたちが唄に合わせて、お母さんをくすぐります。
してもらう時とは違う、ちょっと大人の表情になりました。
その後は、
『うまはとしとし』
『ふくすけさん』
など

1才5ヶ月のお子さんも遊べるように
布を使って遊ぶわらべうた
『じーじーばー』
『にぎりぱっちん』
など


秋の深まりを感じてもらえたらと
『おせんべやけたかな』
で並ぶ順番を決め

『雁雁渡れ』
をみんなで順番に手を繋いで、唄に合わせてS字に歩きました。

七五三の日のわらべうたの会。
子どもたちの成長を感じた日でした。

☆読み聞かせした本
『もこ もこもこ』(たにかわ しゅんたろう・さく)
(1才5ヶ月のお子さんが、笑いながら楽しそうに絵本を見ていました。)

『おおきなかぶ』(ロシア民話 トルストイ再話)
(お母さんの膝の上で、ゆったり聞き入っている様子でした。)

次回は、12月6日(水) 船堀コミュニティ 和室
10時~11時
どうぞ、遊びに来てくださいね。




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。