22歳がんと闘う!ステージIII期→胸膜転移→Ⅳ期へ

21歳で癌にかかり、手術で摘出後、1年後に再発を宣告されました。
今までの経験や感情と、これから始まるであろう闘病生活を綴っていきます。


テーマ:
AD
コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

記録。


手術は朝一番、8:15から。
ギリギリの7:30まで寝る私、、、
朝一番だからか、手術室混み合ってるー

手術前の点滴 3回刺されるのは毎度のこと。
もう少し立派な血管があればなぁ。

真っ白な部屋に ネオン光るモニター
何回入っても手術室は異空間。

背中に麻酔が入ってからウトウトし始めて
マスクをつけて1.2.3.4 で眠りにつく。


目を覚ますと同時に痛みを感知。
おおおおお、今度は脇腹と背中か。

でも 2年半前の手術とは比較にならない。
息できる、、声が出る、、
あぁ、よかった。

やっぱり開胸と胸腔鏡じゃ
身体への負担が全然違う。

日本で始めて内視鏡外科手術が行われたのは1990年のこと。保険適用は1992年から。
胸腺腫に関して言えば目覚ましい発展はまだまだ見込みが薄そうなものの、医療全体ではやっぱり技術が格段に進歩しています。


夕方になって、左手の異変に気付きました。
動かない……二の腕も肘も指先まで……
手術中、ずっと同じ体勢で力が入ってたからじゃない?って、位置を高くしてみたけど変わらず。

背中の麻酔のせいじゃないかって
麻酔を抜いてみたら
1時間後 肘から下が
2時間後腕全体が動くように、、
麻酔って怖い。

前回に比べたらマシだけど、痰も出て
吸引してもらいました。涙でた。

手術当日は 不思議なもので
寝ても寝ても寝れました。
夜中も 2時間おきくらいに
目を覚ましつつ朝まで寝れて安心。

翌日からリハビリ開始。
歩ける、歩ける、歩ける。
いけるぞこれ。

看護師さんもリハビリの先生も
すごく驚いて、褒めてくれました。

そりゃそうだ。フロア見渡すと、
20代はもちろん30代40代飛び越して、
50代60代70代の方ばかり。
回復の早さは若さに比例するみたいです。



そして、手術2日後に退院しました。
もう帰っていいよーって先生。
早すぎる退院に私より家族の方が
びっくりしてました。



今日で術後4日目。
穴を開けたのは脇腹と背中に2つ、
今は何故か肋骨がよじれるような
痛みがあります。
珍しく少し不安になってます。



焦らず、ゆっくり治していきます。

{8CF0C52B-BBB3-4F18-9484-5B38AAFCC9FF}




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログが、、闘病ランキング1位、、

とんでもないことになっている

ごめんなさい慣れてません

不適切な発言、不愉快な思いをさせてしまった方、
いましたら本当に申し訳ないです。




そして
ご心配おかけしております。

手術 無事に終わりました。

予定通り胸腔鏡で1時間半程の短い手術でした。
腫瘍は、CTで写った背中側の胸膜に1つだけでした。


部屋で目を覚ました時
父親が、終わったよ。1つだったよ。
と言っているのをぼんやり聞いて、
痛みでまたすぐ眠ってしまい、

再び目を覚ました時、
あぁ 本当に全てなくなったんだ
と実感しました。

前日の説明で、CTに写るのは腫瘍が1cmくらいの大きさになってからで、それに満たない播種が他にもある可能性がある、と言われていました。

くまなく探し、取れるものは全てとる、
しかし 予想以上に播種が多かった場合、
位置的に切除が不可能な場合は
手術できない可能性もある とのことでした。

そしてなんと、今回Y先生は出張でご不在。
ポテトヘッドが執刀医でした。
全然聞いてない。まぁいいけど。
ポテトヘッドは本当に優しくて、
手術前の不安を全て聞いてくれて、
大好きな先生です。



少なくとも1年以上、
私の左の胸膜にはずーっとずーっと
イボくんがいたから、
「がんが身体にない」というのが
なんだか不思議で、実感しにくく、
でも ジワジワと胸に沁みいるものがあります。


胸腺腫は本当に不思議ながんで
進行が遅く、転移しにくいけれども
1年後、3年後、5年後、10年後、
また突然現れる可能性は十分にある。
その度に 治療の幅が狭くなる。

21歳で10万人に1人のがんになったんだもの
もうなんだって起こり得る気がします。


でもね、ここからは、「強い思い」が
大切になってくるんだろうなぁ。

こんなのは西洋医学では通用しない
分かっているけど
そういう超越的なものがこの世界には
ある気がするんです。

だって
私が今ここにいることすら 不思議。

心臓が鼓動して 肺が脈打って 血液が流れて
私の意思とは無関係に身体がリズムを作ってる
宇宙とか波動とか そういうの、
やっぱりある気がするなぁ
本で読んだんだけどね。
私は そういうの 信じようと思います。



術後 もう1人の担当のF先生が母親に言ったそうです。

「娘さんを、頑張ったねって褒めてあげてください」

普段は私にあまり甘い言葉を囁かない先生たち、、、

そんなこと言われたら泣けちゃう〜



本当に先生たちにも感謝です


再発しない させない

前に進みます。

{7708B6BE-09D7-41A8-B103-B1223BE29DA9}




AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

いそいそと仕事を片付ける。


不在にする間の引き継ぎ書を作って、

何故か課の懇親会のボウリング大会の幹事だから、出来るところまで準備を進めて、

3/17だけどそれまでに復帰できるか?



春休みが終わってしまうきぶん。








{F41CCBD4-05EA-495C-B955-65AE5B8BCC95}


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、先週と先々週の検査結果を聞いてきました。久しぶりに両親も一緒に。

画像上、他転移なし。
現状では1番いい結果でした。
最初から切開して肺全摘するということはなくなりました。
神様、ありがとう。

最近、Y先生ピリピリしてる気がする。
久々に外来した両親はいろいろ聞きたそうだったけど、多分聞きたいことの10分の一も聞けなかっただろうなぁ。
セカンドオピニオンという言葉が初めて頭をよぎりました。



手術前の採血や感染症検査をして、入院の説明を聞いて、ってこういうのももう4回目だ。

初めての手術は21歳で、遊び盛りの学生で、精神的には自立しているつもりだったけど経済的には全く自立してなかったし、社会のことは右も左も分かっていませんでした。ほとんどお母さん任せだったなぁ。

2回目、3回目は再発のショックと闘いながら必死で踏ん張って、なんとか自分の足で立っていたかんじだったかな。社会人1年目、十分な貯金はないけれど、自分の力でできるとこまではやらなければという思いでお金の計算とかはしてたけど、お母さんはパートをやめてほとんどの時間を私のサポートにあててくれていた。今思い返すとまだまだ子供だったな。


今回は、ようやく自分で一通りのことを頭でイメージしてこなせるようになってきました。
入院手続き、お金の準備、心のケア、体調管理、手術まで2週間きったけど、しっかり進めていこう!職場にも話さないとな。これが1番私にとっては難しいかも、、、




話は変わりまして。

先日お母さんが、健康診断で「肺に影があると言われた」と言ってきました。
いや、言うつもりはなかったんだろうけど、話の中でふとでてきました。

「この歳になるといろいろあるのよ〜。まぁ、タバコも吸わないしお酒も飲まないし大丈夫よ!何もなくてもレントゲンに影が映っちゃうことはたくさんあるみたいよ。」

なんて笑顔で言ってたけど、一緒だ。私と一緒。

健康診断でレントゲンに影があると言われ、大丈夫、こんなに元気だから何もあるはずない、と思って、がんだと診断された。

目の前が真っ暗になりました。
けどきっとそれ以上にお母さんは怖くて、それでも私の手術を控えているから自分のことなんか心配してる余裕なんてなくて、こうやって笑顔を向けてるんだろう……。



もしお母さんが病気だったら
もしお母さんが入院したら
もしお母さんが手術したら
もしお母さんが抗がん剤したら
もしお母さんがよくならなかったら
もしお母さんが余命1年と言われたら
もしお母さんが………


そうやって、「当たり前」が「当たり前」でなくなるのを想像して、
あぁ、自分はなんて恵まれた環境で病気と向き合っているんだろう って
また思うのです。


自分が病気になるより、自分の大切な人が病気になる方がよっぽど辛いなぁ、


自分の検査結果を待つより、お母さんの検査結果を待つ時間のほうがずっと不安定でした。


検査結果、

肺の影は、


乳首

でした。




でも、大切なことに気づかせてくれた乳首、ありがとう(;o;)




{34AD7A1B-DB40-45C9-8483-32DDE8ECFE13}




いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が不安定になるのは、病院行った次の日とその次の日と長くてもその次の日くらい。

あとは基本忘れてる。


今日はちょっと、いろいろ悪いこと考えてしまって、こういう思考はよくないと分かっているんだけどね、、、


普段周りに心配かけるくらいノー天気に生きているんだから、こういう時だけ弱るのはずるい、とかそんなよく分からない拘りもありまして。

あんまり人にも話さないし、話しても、あくまで平常心。家族以外の人とは、フラットでいたい。変に感情移入されたくない。



だから、かなり久々に、人に弱音を聞いてもらいました。


その人は言いました。


「そんなことを考えるより、明日交通事故に遭わないことのほうが大切だと思うんだ。」

確かにね。


今この時を、目の前の時間をしっかり生きよう。
そうやって、生きた証を刻んでいこう。
って思えました。


あとね、泣いて、不安な気持ちを話している時、
とてつもなく自分の身体が愛しく思えました。

不安な気持ちと、愛しい気持ちと、錯綜。
毎度毎度皮肉だぜこんにゃろー。



それから、「なんか分かんないけど、大丈夫だと思うよ」って言われました。

なんの根拠もなしに。笑


でもね、小林麻央さんのブログにも書いてあったけど、バカみたいに信じてくれる人がいるっていうのはなんとも心強くて、幸せなことだと思うんです。

なんか本当に大丈夫な気がしてきちゃう。



そうやって、いつものノー天気に戻るのでした〜。



さぁさぁこんな時間だ。


眠らなければ。


いい夢見れますように



{EDD21FD2-A2B1-4B1A-A2FE-B9D8B1C600D2}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お久しぶりです。

あ、今更ながら、あけましておめでとうございます。

そして年明けてすぐ、24歳になりました。

ブログのタイトルに堂々と22歳と書いてありますが、24歳なうです。

そんなに月日が経ったのね。
22歳は特別な歳だったから、なんとなくそのままにしておきます。


今日はPET検査の日なので病院にきています。

その前に、朝から心電図、呼吸器検査×5種類、採血、レントゲンとたくさん検査をして午後からPETです。

たった今先生の診察も受けてきました。
検査結果何も出てないから、特に話すことはないのだけどね。

いつも先生と話をするときは結果を聞くときで、大抵お母さんがいるから、一対一で話をするのは久々でした。


私が聞くことも、先生が言うこともずっと変わらない。

現状、三大療法以外で胸腺腫に効く治療法はない。新薬はない。免疫療法、遺伝子治療、夢のまた夢。

手術は最大であと2回。今回はできれば内視鏡で部分切除したい。

化学療法は私にはもう勧められない。唯一投薬できるかもしれない薬はステロイドのみ。

放射線は最後の最後にとっておきたい。放射線をかけたあとに、もう一度放射線、ということは今の医療ではできない。



…じゃあ、最終手段で放射線をしたあとに、また再発したら???


あーこわいこわい。


負の思考はよくないね。


何人の人が涙を堪えながらあの診察室をでたんだろう。

みんなその後に何を考えるんだろう。


私はちょっとしょうもないこと考えてて、まぁしょうもないから言わないんだけど。



話は変わるんですけど、
「自分の人生に責任を持ちなさい」だってさ。
本に書いてあって、私に直接言われてるみたいでした。

深いですよね。人生に責任を持つってどういうことだろう、まずそれを定義しなければいけない。

きっとこうでこうでこういうことだなー。
でもそうするとこうなるからなー。
と、堂々巡りで、うーん、きっとまだまだ私が成熟していないからかな。




とそんなこと言ってたらPETの時間がやってきました。


お腹すいたよー。


外、寒いけど、空が綺麗。
病院からの景色も悪くない。

{02205D3E-D300-4B66-8118-AD658CA9C23B}




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

会社に行ったら泣きそうになりました。
職場も仕事もとっても好きなんです。


いつもと変わらない光景、

なのにたったの1日で大きな変化があった。


絶対大丈夫っていう自信があったのに、
転移してるかも、肺全摘かも、って
急に不安になりました。



でも、別になにも変わってなんていないんだって気づいてしまった、、、


一昨日も昨日も今日もさして変わらない。

見えていなかった事実が見えただけ。




取り乱してはダメだよ。
こんな時ほど冷静に。


って、自分に言い聞かせた1日でした。

{24FA3062-B653-4198-8B20-67618DDB5AF3}




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

Y先生、お久しぶりです。



左肺の胸膜播種が増大していました。
CT上は、他転移なし。


ふぅーーーーーっ。


大きく息を吸って、吐いた。


そりゃそうだ。
イボくんなんて可愛らしい名前をつけたけど、そいつの正体は間違いでも誇張でもなく悪性腫瘍。


お母さんの口から漏れる悲しみの溜息が2.3回聞こえてきたけど、私も先生も落ち着いていました。


1年間放置していたんだもの。
表現正しいか分からないけど、大きくなるの待ちっていう状態だったから、ようやく取り除くときがきたってかんじかなぁ。



2月に大きなプレゼン発表があるから、それが終わってから治療に入ります。

抗がん剤はしたくない。
手術で摘出できたらいいな。


どちらにしても本当に転移がないか、PETやら造影剤やらでこれから検査していきます。
1月下旬からスタート。


初めて冬に入院するなぁ。
病院、寒いかなぁ。
心だけはポカポカでいたいなぁ。




さて、今私がしなければいけないことは、周りに感謝することと、治療に向けての準備です!!


会社を休まなければいけなくなります。
休める環境はあるけれど、それは当たり前のことではない。

明日から、もう全力よ。
今までだってサボってたわけじゃないけど、もう全力で頑張らないと。
そうやって誠意を見せることでしか感謝の気持ちを表現できないよ、今は。自己満足でいいのさ。


それから、とりあえず年内に身の周りを綺麗にしてお金も計算してやるべきこと整理してって。

普段からやっておきなさいって話。



忙しくなるぞ、頑張るぞ。





あ、今外にいる人、空を見て。

わたしの目には世界一綺麗な夕日が映っています!!!!!!


GWに海外に行きたいと企てているわたしでした。

{2ADAD9C4-19BE-4AD1-A0D9-7A12F2C52DC5}



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。