奈良県桜井市の吉田智樹君(5)が十分な食事を与えられず餓死した事件で、智樹君が生後数カ月のころ耳たぶに内出血があったことが関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親のパート店員、吉田真朱(まみ)容疑者(26)は「約3年前から顔面をたたくようになった」と供述しているが、それ以前から虐待されていた可能性が出ている。【上野宏人】

【関連ニュース】
<関連記事>奈良5歳児餓死:逮捕の母親 夫から日常的に暴力
<関連記事>5歳児餓死:「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述
<事件の第一報>虐待:食事与えず5歳児餓死、体重6キロ、父母逮捕 奈良
<関連記事>3カ月長男虐待:容疑の父親逮捕 脳に障害か 大阪
<関連記事>兵庫の女児虐待:虐待死、元継母を容疑で再逮捕へ 強く揺さぶった可能性

センバツ「振り込め」注意、出場校OBに不審電話(読売新聞)
ダム38か所「見切り発車」、国の満額補助前提(読売新聞)
<殺人未遂>スーパーで女性刺した被告に実刑判決 神戸地裁(毎日新聞)
小児専門病院を臓器提供施設に=「5類型」提案-研究班(時事通信)
降雪で倒木…西武秩父線で運転見合わせ(読売新聞)
AD