「おさる師匠のボルダリング教室」第二回です。
教本なんかだと「振り」っと書かれてる事が多いのですが、僕の周りでは「正対」に対して「側対」と言われる事が多いので「側対ムーブ」と呼びますが、同じ物です(^∇^)

文字通り壁に対して「体の側面を向けて、体を振って」登って行きます。
①右足⇒右手、左足⇒左手は正対ムーブと同じです。
②足は外側(小指の外)位をホールドに乗せます
③乗せて無い方の足を外側に張り、バランスを取る
④腕では無く、脇を伸ばすようなイメージでホールドを取る

さっそく動画です。

【悪い例】


これも有りがちな感じですねあせる
足の力では登っていますが、乗せてない方の足に意識が無くブラブラしている為バランスが取れていません。これだと反対の足は壁から剥がれる方向に重心を持っていってしまいます。

【良い例】

ちなみにおさる師匠は側対ムーブが得意です、正対が楽な時も側対で登ります(笑)

乗せてない足を壁にピタッと付けて、これくらいの課題だと足の力を使うことすら無く腰を壁に近づけて脇を伸ばすだけで距離が出せます。

側対は体幹の力を使って登れるので強い傾斜の壁で有利です、それになんと言っても側対で登ってると素人っぽく見えない(笑)特に女性やどっかぶりの壁が苦手だという方は早く身に付けちゃいましょ( ̄▽+ ̄*)

ちなみに気付いたかもしれませんが、動画は第一回の「正対ムーブ」と全く同じ課題をやっています。見比べて見ても面白いかもしれません。


ペタしてね読者登録してね
にほんブログ村 アウトドアブログ クライミングへ
にほんブログ村

ボルダリングからはじめよう!Enjoyフリークライミング

新品価格
¥1,365から
(2011/4/29 13:19時点)



小山田大 DVDでボルダリング

新品価格
¥2,520から
(2011/4/29 13:25時点)







AD

コメント(6)