ふみのブログ

only Daisuke Takahashi


テーマ:
ご無沙汰しています。
大輔さんから相変わらず活力をもらっています

ツイッターで大輔さんの写真を載せてくれた、韓国の方のつぶやきを翻訳して、リツイートしたところ、大輔さんのファンやその他の方に喜んでもらえたので、ブログにも残しておきます。

https://twitter.com/fumikenzo/status/833012311644205056


最後の私からその方へのメッセージの訳は、以下のとおりです。
「髙橋大輔を覚えていて、写真をシェアしてくれてありがとうございます。大輔さんは今でもスケートやダンスで素敵なパフォーマンスを見せてくれているので、ぜひ見て下さい。」

2008年韓国での四大陸選手権で、熱狂的な声援を浴びた大ちゃん。今でも白鳥の湖ヒップホップバージョンが、韓国の方の記憶に残っていて嬉しいです。

大輔さん、Art on Iceに引き続き、四大陸選手権の長時間のお仕事、お疲れ様でした。
氷艶、LOTF2、楽しみにしています。

写真お借りします。

{5F47BEA4-C3A7-4051-95E2-CB23EEF986CB}



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

明後日からグランプリファイナルに行ってきます。

福岡で初めて開催される世界最高峰の大会の成功を大ちゃんも願っていると思うので、

大ちゃんがリンクにいないのは寂しいですが、精一杯盛り上げてきます。


昨日、「ヴァイオリンのためのソナチネ」を弾いている、大谷康子さんのリサイタルが

名古屋であったので行ってきました。

ヴァイオリンとピアノだけですが、情熱的で迫力のある演奏でした。

ピアノは後藤正孝さんという愛知県出身の大ちゃんと同世代の若手ピアニスト。

大谷さんがMCのたびに後藤さんに話を振るのですが、まだ話慣れていないため

とつとつと誠実に話す姿が微笑ましかったです。

でも大谷さんとのアンサンブルは、巧みな技巧と息があった演奏で素晴らしかったです。



大谷さんはMCで1曲1曲ユーモアたっぷりに解説して下さるので、馴染みのない曲でも集中して聞くことができました。



大ちゃんやスケートに関することは、

・自分の演奏している曲が髙橋さんのプログラムの曲に選ばれたことを聞いてびっくりしまし 

 た。

・別の収録でNHKのスタジオに行った時に、録画でNHK杯の演技を見て、感激して涙が出てきた。

 収録があったので困りました。

・怪我をしてしまって心配ですが、なんとか早く治ってほしい。

・サラ・マイヤーさんの滑る曲にも選ばれて、さいたまアリーナに見に行った。寒いところなん 

 ですね~

 氷の上で演奏してみたいけど、こんなかっこ(肩が出たイブニングドレス)では無理ですね。

 でもそもそも滑れないと真ん中まで行けませんね~。

・サラ・マイヤーさんは、数ある曲の中から私の曲を選んでもらったそうで、髙橋さんもそうだと思いますが…

・高橋さんは表現力がすごくある方らしいので、この曲を選ばれたんでしょうね。ドラマティックな曲ですから。ヴァイオリンのすーっと滑らせて弾くところが、フィギュアスケートとよく合うと思うんですよね。

など話して下さいました。

会場には、大ちゃんのファンはあまりいなさそうでした。



休憩時間にサイン会があり、買ったCDにサインをしていただき、少しだけ声をかけました。

髙橋さんがきっかけで聴くようになって、CDなどで何回も聞きましたが、今日の演奏は本当に素晴らしくて感激しました、と伝えました。アイスショーでぜひコラボして下さいと言ったら、

“そのように要望を出しておいて~”と気さくにおっしゃっていました。



河村たかし市長も来られていて、幼い頃の同級生もいっぱい来ていて、地元のコンサートという雰囲気だけど、演奏は超一流。人によってこんなにヴァイオリンの音って違うんですね。緩急のつけ方、弦の弾み方、キンキンした音ではなくまろやかな心地よい音でした♪



ソナチネは何回も聞いたので、CDと違う弾き方をされるところもあるなと思いましたが、生演奏でフルに聴くと佐村河内さんが戦いの曲と言われたのが実感できました。ピアノとの掛け合いが絶妙で、後藤さんも弾きこなすのが難しい曲とおっしゃっていました。時々大ちゃんが滑っている姿がちらつき、最後はもうすぐ終わるーっと思って手を挙げるシーンを想いながら聞いていたので、胸がドキドキしましたラブラブ

スタオベしたいぐらい感動したのですが、誰もしていなかったので出来なかったのが残念!




ふみのブログ


シャコンヌはCDを買ってなかったので、初めて聞いたのですが、始まる前に覚悟して聞いて下さいと言われました。バッハのシャコンヌを聞いていないので、よくわかっていないかもしれませんが、20分ぐらいの長い曲でも飽きることなく、大谷さんの美しいヴァイオリンの音色を堪能しました。不思議な独特の雰囲気があって、聞けば聞くほど味が出てきそうです。



シュトラウスは本当にお好きなようで、来年のシュトラウス生誕○年?のテレビ番組に出演するので、思う存分語れると嬉しそうに話しておられました。



他の会場のレポを読ませてもらったら、チャールダーシュはいつも弾かれるんですね。会場の後ろから入ってこられて、右に左に移動しながら客席に向かって弾いて下さるので、いっぱい拍手をして盛り上がりました。



大谷さんはMCで“みんなが幸せに暮らせたらいいなと思う”とか“音楽を聞いて、穏やかな気持ちになっていただけたら嬉しい”などとおっしゃって、可愛らしいおしゃべりと温かい人柄で、楽しいコンサートだったので、また行ってみたくなりました。



曲目
エルガー/愛の挨拶
モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ第28番ホ短調K.304
佐村河内守/ヴァイオリンのためのソナチネ

佐村河内守/無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌ
R.
シュトラウス/ヴァイオリン・ソナタ変ホ長調作品18
リスト/愛の夢第3番(ヴァイオリン版)

モンティ/チャールダーシュ


クラシック音楽に疎く、つたないレポートを読んでいただき、ありがとうございました!

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。