人事部WMの、24時間人材開発日記

某社人事部で、人材開発を担当してます。
家では、2児の育成を担当しています。
ビールぐびぐびしながらブログ更新しています。


テーマ:

”柔軟に””パワフルに””ずっと続ける”ことを目標にしたら、結果として、すごくパワフルな人材でなければ厳しい、というのが最近常々感じること。

 

 

うちのチームで最近、ワークプレイスとワークアワーの自由化を推進しようとしているのですが、

ちらっとやってみて実感しているのが、働く場所と時間が自由になればなるほど、働く人個人の能力が、残酷なほどくっきりとあぶりだされるということ・・・

 

コミュニケーションがどうしたって減りますから、ノイズが少なくなる分、時間あたりでどんな成果を出してきたかがくっきりと浮かび上がるのですよね。

 

 

 

加えて、最近、身近なところで立て続けに、パワーキャリア組の、「旦那様の海外転勤に帯同したい転勤希望!」がありました。

 

そういうことが認めてもらえるのは、当然ながら、国境を越えても、元と同じポジションと同じだけの結果が出せるからですし、それを支えるのはやっぱり国を超えても通用する強烈な強みがあるからですよね。

 

・・・

 

で、やっぱり、なんだかんだで、女性はキャリアについて人からの影響を受けやすいんだなぁと・・・・

 

 

だからこそ、女の子にはよりいっそう、ポータブルで卓越した能力を授けるのが親としてできる最大のギフトなのかも・・・と徒然に感じた次第です。

 

 

 

 

 

受験世界にどっぷりつかっていると、ついつい女の子はほどほどでもよい・・と期待値が下がりがちになってしまう点を自戒しつつ・・・

 

 

しかし、どうして受験にどっぷりになると女の子の成績の期待値が下がるのだろうか?

やっぱり、算数が伸び悩みがちだから?

子供が女の子だけだったらまた違うんだろうかね??

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

GW期間。

 

学園祭が開催される学校がいくつかありますね。

回ってきました。

 

仕事で恐ろしく追い詰まったまま、宿題たっぷりかかえたまま休みに突入してしまったので、休暇とはいいつつも、「受験生の母」という以上に、「企業の人材育成担当者」脳のまま訪問した学園祭。

 

学園祭を、生徒が主体的に運営しているという学校がいくつかありますが、これ、「人材育成の場」という観点から見ると、相当にすばらしいですね。

 

文化祭実行部長を務めあげられる子は、そこらの並みの社会人よりよっぽど仕事できると思いました。

 

 

 

まず、コンセプトを決めて、企画も美術も、それをベースに発展させていくわけだわね。

それにそって、下手すると大人顔負けの映像つけたり、オブジェクションマッピングやったり・・・生徒が作ってるんだとしたら相当たいしたもんだけど、たとえ外注だとしても、コンセプトをつたえて、納期スケジュールを管理して、予算内におさめて・・・とか諸々考えると、全然楽じゃない。

 

絶対間違えちゃいけない系書類をつくるときの、あの胃が削れそうなストレスも、体験できるやね。

パンフレットを見るに、原稿を各所に依頼してつくってもらってるけど、どんなに余裕持たせても絶対スケジュール通りに原稿集まらないからね。文章はぎりぎりしあがっても、ロゴがよくわかりませーんとか、いい加減なことを言う人がぜったい出てくるからね。直前1週間で、修正修正、また修正が入りまくるのよ。

校正も念入りに、ダブル、トリプルチェックをいれても、チェック入れるたびに修正箇所が見つかるのよ。

表紙デザインとかも、素人考えで勝手にひっくり返えるからね。

 

学校によっては、パンフレットに広告がはいっているところも。

広告が入るってことは、営業部隊もいるわけだよね。収益目標とか当然予算化されているんじゃない?ノルマとかあるんだろうか?


 

出店を出すとして、仕入れはどうするの?衛生管理は?調理に使うガス電気水道下水道は?お金のやりとりは?お客さんがどっとおしよせたらどうさばく?

代々、マニュアルは受け継がれているだろうけど、絶対に”予期しないトラブル”は発生するからね。

 

 

もっといえば、これらの仕事はみんなで力を合わせてやるわけだが、文化祭の運営委員だけで何十人、実際に企画出典にかかわる部活とかの部員まで含めたら何百人という組織。さぁ、どう役割分担する?どうコミュニケーションとっていく?

 

 

 

 

・・・・・などなど。

 

まぁ、もちろん一から考えるわけではなくて当然毎年ノウハウが先輩から後輩へ引き継がれていくのでしょうが、こんなの、マニュアルがあるからさくさく出来るというわけではないですからね。

 

想像しただけで、胃がきゅっと痛くなるような膨大なタスクが裏で走っている。

それを、実質高校生だけで仕切っているのね・・・・

 

そう思うと、えらく感動するとともに、社会人の我々、高校生に負けちゃいかんと気が引き締まりました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小5男子。

紆余曲折を経て、最近またマネーの世界に戻ってきました。

今のところ、将来の目標は「一流の銀行員」だそうです。

 

銀行員になるのに有利な学部はなんだろう??

ということで、本人は、法学部と経済学部で迷ってます。

本人はどちらかというと法律に魅力を感じているようす(うっすら法律男子も残る)。

民法の財産法を、「わかんない!むずかしい!!」とぷんすか怒りながら一生懸命読んでいます(笑)

 

法律の勉強というと、小学生レベルでは残念ながら憲法しかやらないのだよ・・・というか、憲法以外の勉強って大学で法律を専攻するか、法律必要系資格試験の勉強でもしないかぎり出てこないんじゃないだろうか?

と言ったら、それはそれはがっかりしておりました。

6年生になったら、いやでも憲法は出てくるぞ。条文丸暗記でもなんでもしてくれ・・・・

 

「勉強しなさーい!」と言ったら、ナニワ金融道を横に置いて、90日手形の割引率を一生懸命電卓たたいて計算しはじめました・・・(それ勉強っちゃ勉強だけど学校の勉強でも受験の勉強でもなーい!)

 

春休み、日銀の親子見学会にいってきました。

一生懸命、札勘の練習をしていました。

が、日銀の仕事内容は、ちょっとイメージとずれていたらしいです。

日銀よりは、市中銀行で働いて、工場やお店に貸出をして、商売繁盛を応援するほうが、やりがいを感じるそうです。

 

 

 

ということで、相変わらず、元気にしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いきなりですが。

 

 

一日30品目バランスよく食べる

 

 

 

が、最近の主婦としてのわたくしのテーマでございます。

 

 

 

 

まぁ理由はいろいろあるんですけど、大人の仕事も子供の学習も、結局は体が資本だし、健康な体は食事からだよね・・・てことで。

 

 

 

とはいえ、わたくし自身、料理うまくないし、時間も気持ちも余裕がない。

 

 

いろいろ試行錯誤した結果・・・

 

 

ごはんを改造する

 

 

という方向で落ち着きました。

 

 

毎日必ず食べるごはんに、多彩な栄養盛り込めば、多少おかずが貧弱でもなんとかなるんじゃないか!?という安易発想w

 

 

栄養という面でいえば、玄米や胚芽精米にすれば、白米よりは栄養がたくさんとれていいんじゃないかとは思うのですが、いかんせん食味がネックで・・・炊き立てならおいしいんですけど、冷めるといっきに糠くさくなって食べづらくなってしまうので続かなかったのでした。

 

次にトライしたのが、雑穀米。

これは、すごくおいしかったし、とてもよかったです。

ただ、いかんせん市販の「15穀米」なんかは、ごはんにいれてしまうと割合的にはほんのちょっぴり、その割には毎日続けるにはちょいとお高い(汗

あと、豆が入ってるのが個人的にはちょっと苦手でした。

 

であれば、自分と家族が好きなものだけ入れてブレンドしてしまえばよいのでは!?

 

ということで、結局こういう感じに落ち着きました。

 

お米2合

・もちあわ 小さじ1

・もちきび 小さじ1

・もち麦  半カップ

(キヌア 小さじ1)

(アマランサス 小さじ1)

+ 強化米 スプーン1

 

※()は、入ったり入らなかったり

 

 

雑穀は種類によって値段がだいぶ違うんですけど、あわ、きび、麦は雑穀の中でも比較的リーズナブルです。

あらかじめブレンドされているやつではなく、単品でどさっとまとめて買えば、そんなに高くないです。

 

麦は結構混ぜますが、うるち系だと よく言えばあっさり、ありていにいえばぱさぱさになりがちなんですが、もち系だとぷりぷりもっちりになるので、ぱさぱさ感もなくおにぎりにしても全く問題なし。

 

んでもって、栄養面でいうと、雑穀でもある程度ミネラルは補えますが、強化米が、栄養的には最大の決め手かなと。

いくつか種類はありますが、我が家では、ビタミンB、葉酸、鉄分を追加しています。

 

食物繊維も各種充実しているので、腸内環境整備もばっちり。

 

白米に比べれば、かなり栄養バランスは改善されているのではなかろうかと。

なにしろ、ごはんは毎日毎日、それなりに量を食べるので、ここで栄養面でのテコ入れができるとかなり大きいですよね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結局、子育ての取組やら状況やらって、いつまでたっても安定することないんだなぁ~~~ と子育て開始10年目にして知った秋★

 

 

■子供らの習い事

小4兄:

・受験塾(週2)

・英会話教室(週1)

・チェス(週1~2)

 

 

小2妹:

・英会話教室(週1)

・公文英語(週2)

・バレエ(週3)

 

 

■兄

兄は、塾、相変わらずがんばっています。

時々疲れてしまいますが、そういうときは適当に手抜きして・・・で、手を抜いた分順調に成績は下がり(汗)、そうすると、やばい!とまたがんばって、また少し上がって・・・を、繰り返しています。

 

英語は、惰性です(汗)

ただ、続けることが重要かなーと。

週1だけでものすごく上手になるとは思っていませんが、ここがなくなると、ホントに英語体験ゼロになりますから。子供がこの先あと2年半英語ゼロで過ごしたら、間違いなくゼロリセットされる(断言)

コストを考えると、オンライン英会話に移行しようかと、何度となく頭をよぎりましたが、そうすると、レッスンが続かなくなるのがもう目に見えているので、ここは辛抱辛抱。

 

もう、宿題だの家庭学習だのとプレッシャーをかけることはやめたので、そうすると兄のほうも楽になったらしく、「学校の帰りに教室によって、しゃべってくるだけだもんね。別につらくないからいいよー」ということで、本人も特に負担には感じていないようすなので、このまま続けます。

 

あ。

テキストですが、結局Lets go卒業後は、Side by Sideになりました。ま、スタンダードな進路ですねぇ。

 

 

検定は・・・特に受けることは考えていなかったのですが・・・どうしようかな?

次は3級?

 

受験勉強がきつくなる5年生になるまえに、3級はとっておいたほうがいいかなぁ?

でも、2月まで勉強が続かなそう(爆)

(もうこの時点で終わってるわw

 

尚、英検を受けるなら、公文英語を併用したら??とことあるごとに勧めているのですが、ペーパーワーク大嫌い兄「お断りします!」と元気に断ってきます(汗

 

チェスは、オンラインレッスンに移行したら、続かなくなってしまった典型(爆)

オンラインレッスンって、けっこう不安定なんですよね・・・環境も安定しないところにくわえて、先生となかなかスケジュールが合わずにつど決めることにしたら、レッスンから遠ざかってしまいました。

時間を決めて定期的に取り組むってホントに大事!

受験の優先度があがってきたために、こちらも以前のような熱意が薄れてきたのは否めず、実力的にも伸び悩み中、といったところです。

ただ、相変わらず好きな趣味なので、まぁ楽しめればそれでよし、といったところでしょうか。

 

 

■妹

習い事は2つだけ。英語とバレエ!

ただ、両方とも週3づつやっているので、完全にフリーな日が週に1日しかありません。

 

バレエですが、最初に習い始めたゆるゆる教室が、先生の都合で教室がたたまれてしまったため、教室をうつることになりました。

 

妹ちゃんのお友達が通っているという某バレエ団付属の学校なども見学には行きましたが、結果、選んだのは、ご近所バレエ教室。

ですが、同じ町のバレエ教室でも前のゆるゆる教室とはだいぶ違って、レッスン日も最低週2からマックスで週5までありますし、ここの教室に通いつつ、バレエ団のレッスンを受けたり、コンクールにチャレンジしたりしているお子さんもいらっしゃいます。

先生の指導がよいのか、周りのお友達からの刺激なのか(たぶん両方だろう)、妹ちゃんも、教室をうつってから1か月でみるみるうちに体の使い方も変わって、指導を受ける先生によってこんなにも変わるのか!と驚きました。

 

英語ですが・・・

英会話教室は相変わらずゆるゆるっとLets Goをやっています。

 

公文についてですが、過去ブログを読み返してみると、4月にG課程にはいったんですね。

実は、G課程にはいってから、いきなり進みが遅くなりまして。

GI100を通過したのが6月。

GI200を通過したのが9月!

 

GIだけで実に5か月かかっています。

相変わらずプリントは一日10枚ペースなのですが、たぶん3~4周どころでなく繰り返してますね。これだけ繰り返したので、進級テストはさすがに余裕の満点通過でしたが、このペースだと、小2末でのF課程修了はかなり、かなり怪しいです(汗汗

 

尚、英検については、教室からは特に何も言われていませんが、今の調子だと、たぶん2月の英検5級は行けるんじゃなかろうか?

 

以上です!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏休みに入りました!

 

今年は特に旅行に行く予定もなし。

日頃の罪滅ぼしに、遊びに連れて行ってあげようかとおもいきや・・・

 

子供たちは、学童のほうが楽しいらしく、せっかく母が家にいるのに、毎日お弁当を持って学童に出かけてます(笑)

 

 

 

=おひとり様時間 

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

 

 

 

・・・うぉっほん。

 

 

で、私も久々に(!) じっくりインプットをしようと思います。

 

子供ばかりじゃなくて、大人にも勉強必要よ~~

 

 

■英語

・・・まぁ、英語が必要なのは今に始まったことじゃありませんが。

会社の体制が変わり、アジア・パシフィックの部隊との連携が非常に増えてきているので、「できたらいいな」じゃなくて「できないとめちゃめちゃ困る」状況です・・・とほほ

 

いろいろ英語の講座にも通いましたが、いまいち「ビジネス英語」ってピンとこなくて・・・

なぜかというと、結局、英語のベーシックな能力が足りていないのが根底の原因なので、「ビジネスの現場」のロールプレイをいくら繰り返したところで、あまり上達しないんですよね・・・しかも、ロールプレイでよくありそうな場面って、実務じゃ正直立ち会う機会ないし(苦笑)

 

で。

今は、通信ですが、サイマルの通訳者トレーニング講座で勉強してます。

学校英語の構文が最低限叩き込まれてないとついていけないのでハードルはそこそこ高いんですが、「純然たる日本語話者が、英語でそこそこ会話できるようになる」ことを目指すなら、理にかなってるんじゃないかなーと思いました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小2女子ちゃんですが、まる1年ばかり続けてきたブンブンどりむをやめることにしました。

 

1)課題をため込みがち・・・

2)よい教材だとは思うけど・・・・

3)たぶん、強化すべきは別のところ?

 

 

1)課題をため込みがち

まぁ、通信教育共通のお悩みですかね。

 

娘ちゃん、書き物は好きなので、いちど取り組み始めればけっこう集中してあっというまに書きあげてしまうのですが、なかなか腰の重たいところもあり、一人で取り組むのは厳しかったです。

 

やっぱり、定期的にクラスルームに通うのとは難易度が違いましたね。

 

 

2)よい教材だとは思うけど・・・・

まず、ため込んでしまってたら全然意味がないよ、というのが一番大きい。

そのうえで、書いた作品を適切に指導して、フィードバックしていかないと、身につかないですね。やっぱり、親のサポートがかなり必要でした。

 

ただ、妹ちゃんは、本気でダメダメだった兄と比べればまだよくいかせていたほうで、添削が戻ってきたら、赤ペン先生のフィードバックを読んで、原稿用紙に自分で書き直ししたりしていましたし、ここは親のサポートがもっとできていれば、もっとうまく回ったところなんじゃないかと思います。

 

 

3)強化すべきは別の箇所

これは、ほんとに子供次第だと思うのですが・・・

妹ちゃんの場合、えんぴつはよく進むのだけど、そもそも日本語の文法・語法に難がある、とか、ロジックが破たんしてる、という課題が大きくて、その意味でいうと、あまりマッチしてないかな?と思ったというのはあります。

 

たぶん、えんぴつ持っても、書くことがまったく思いつかない!なにから手を付けたらいいか皆目わからん!というタイプの子に、適度に優しく親しみやすいガイドを出して、書けるようにしてくれる、という向きには向いているんだろうなぁと思いました。

 

実際、我が家の兄などはまさにそのタイプでしたが、ブンブンどりむはガイドがスモールステップでしっかりしているので、そういう”鉛筆を持つと頭が真っ白になる系の子”にはいいのかもと思いました。

 

・・・とはいえ、兄にしても、塾での国語の授業のほうが「記述力」という意味では圧倒的に効果がありましたし、やっぱり国語力を伸ばすには、人間に教わらないと厳しいのか??とも思った次第です。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小2女子さんに、今、腹をくくって向き合ってます。

 

 

兄とはまったく個性の違う妹ちゃん。

 

 

兄が苦手なことが、妹は大の得意。

 

 

逆に、

 

 

兄がすらすらできていたことが、妹には手も足も出ない、ということも。

 

今一番躓いているのが、「算数」と「国語」

 

 

実は「計算ドリル」はそんなに苦手じゃないのですが、とにかく文章題が解けない。

文章が全然読めないのです。

で、文中に出てきた数字を、わけわからないまま適当に足したり引いたりしてお茶を濁そうとする。解説しても、ぽかーんとしてる・・・・

 

これ、明らかに国語力が他の科目の足を引っ張るパターンですな。

 

 

・・・ということで、兄の時に買い込んだまま眠っていた、こちらの本の出番がやってきました。

 

 

 

 

 

兄は、ロジック系が得意中の得意だったので、結局本を使うことはなかったのですが、妹ちゃんで日の目を見ました!

 

 

スモールステップで、丁寧に、長文からの読み取りのちからを磨いてくれます。

 

まだ前半のレベルなので、国語力がガタガタの妹ちゃんでもなんとか自力でできています。

 

 

それでいて、小2にしてはそこそこしっかり長めの文章を読ませるので、やっぱりいい本だなぁとつくづく思いました。

 

 

教科書レベルの文章はすらすら音読できるけど、「全国統一小学生テスト」レベルの長文になると、厳しくなってくる・・・というレベルの子には一番フィットするんじゃないかな。

全統の偏差値でいうと、40台後半から50台前半くらいのイメージです。

 

 

きょうだいのベクトルが正反対をむいていると、親としても、上の子の経験学習がまるで生かせなかったりするんですが(汗)

ただ、兄のときの経験上、「苦手はそうそう克服できるものじゃない」ということだけはわかるので、できるだけ能力の凹みが目立たず強みが生かせる方向で、導いていけたらと思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
学習マンガ、中古にする?最新版にする?|人事ウーマンの、24時間人材開発日記


こんな検討を、以前やっていたのですが・・・


ここにきて、さらに新たな情報入手。


江戸時代の身分制度に関する誤解 - NAVER まとめ




「士農工商」は身分制度ではなく、ただの職業分類でしかなかった とか・・・
「被差別部落」は、「江戸幕府が世の混乱を治めるために低い身分の人を作って不満のはけ口にした」という事実は今日では否定されている、とか・・・・


え~~~うっそ~~~
昭和に教育を受けた世代的には、
このへん、「知らないとやばい」日本史基礎知識、でしたよねぇ???




そもそも、こういう本まで出てたのね・・・



あなたの習った日本史はもう古い!/並木書房

¥1,620
Amazon.co.jp

昭和と平成の日本史教科書の比較本。
以前とりあげた「いい国作ろう鎌倉幕府」以外にも、歴史の書き換わりがわさわさ出てきます。





むはーーーー


どうも、21世紀にはいってから、教科書の書き換えがすすんでいるようです。

念のため、我が家にある、集英社版(旧版)の歴史まんがシリーズをチェックしたところ、出版年は、1996年(だ、だいぶ古い・・・)

てか、思いっきり、士農工商の特集ページまであるし汗




子供たち、
最近よく歴史マンガを読んでいることだし、ここで古い知識を刷り込むのはよろしくない。

おーし、決めた!


角川版、導入するっ!

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻定番セット/KADOKAWA/角川書店

¥12,960
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。