2005-01-22 05:43:21

スパイダーマン2 ☆☆☆

テーマ:映画
2004年、アメリカ、サム・ライミ監督


主人公がヘンな蜘蛛にさされてスーパーヒーローになった前作の続編。


期待を裏切らないおもしろさがスパイダーマン。

その魅力は、アクションシーンの派手さもさることながら、等身大に映し出されたスーパーヒーローの悩める内面にあるんじゃないでしょうか。

ヒーロースーツをコインランドリーで洗うスパイダーマンには哀愁すら感じられます。まさに「あなたの街の」スパイダーマン。

クリーニング出せよ!ってわけにもいかないしなぁ。。なんて思わずトビーと一緒にがっかり。そんな身近さまた魅力なんでしょうね。


今回は前作に比べて全体的に遊び心を交えながらも、心理描写などがかなり丁寧に描写されていて個人的にはとっても共感できました。


「大きな力には大きな責任がともなう」
前作からキーワードとなり続けている言葉です。

ミスター・インクレディブルでもそうでしたが、この頃のヒーローは、ただ無鉄砲に悪をやっつけてるだけじゃダメみたいですね。

どっかの大統領とか首相にも見習ってほしいものです。




終盤には、スパイダーマンの正体を知って呆然自失のハリー君がグリーン・ゴブリンの秘密の部屋を見つけちゃったりして次回作への伏線もばっちり。

ラブシーンには多少陳腐さがただよったものの、テンポのいいストーリー展開は爽快でした!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-21 01:14:17

えびボクサー ☆☆

テーマ:映画
2003年、イギリス、マーク・ロック監督


題名のインパクトに負けて思わず手にとってしまったえびボクサー
ひびきがイイよなえびボクサー

どうやらB級映画の中ではかなり有名みたいです。

仮面ライダーの怪人みたいな中途半端にリアルなエビがアル中ダメジョンブルと一緒にボクシング、あげくのはてには禁断の愛に目覚めるというストーリー。

ていうかお前じつはシャコだろ!!

微妙にハートタッチアブルなのがすげー微妙。
ただなんとなくナウシカが王蟲と抱き合ってたシーンを思い出しました。




柳の下のドジョウでいかレスラーなんてのもあるらしいです。
サイトも拝見しましたが主題歌がツライ。

そしてさらに次回作ではコアラ課長を企画してるとか。
もはや(というか最初から?)意味がわかりません。

エビの背中にフジツボがついてたり、エサがエビだったり(注:共食い)、突っ込みどころは豊富な一作です。

ちなみにえびはら武司(「まいっちんぐマチコ先生」という漫画の作者)のコメントが秀逸。

「私は生まれて初めて観た!巨大なエビが立って走って泣きながら必死に人間と格闘するシーンを!まいっちんぐ!」


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-01-20 02:36:06

美人画報 ☆☆☆

テーマ:
安野モヨコ、講談社文庫、2004年



ちょっとした手違いで購入。
女の子の生態が解る一冊。

せっかく買ったんだし読むか。。と最初はあまり気が進まずながら読み始めたんですがこれが以外とおもしろい。

内面も外面も「キレイ」になるためにがんばる作者の奮闘っぷりがなんとなくかわいい。

女の子って大変なんすね~なんて、のん気に思ってみてたらアララ人事じゃないみたい。最近は男子もコギレイ化が進行してるらしいっすよ。

確かに中学生くらいの時はアブラ取り紙も眉毛抜くのとかもなんとなくハズカシイ雰囲気があったけど今じゃ別にフツーだもんねー。

「パックして、ちまちままゆ毛そってスネ毛を脱毛して、ファンデーションぬって、あぶら取り紙で化粧直してる男、ホントにOKなんすかー!?(本文より)」

皆さんどう思われます?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-19 19:19:59

カンフーハッスル/少林サッカー ☆☆☆

テーマ:映画
2004/2001年 チャウ・シンチー監督


経済にしても映画にしても最近中国元気ありますよね。


年明けにカンフーハッスルを見たので実は今までみてなかった少林サッカーも観戦(?)

少林サッカーもカンフーハッスルもエンターテイメントのお手本みたいな作品。

ウダウダした理屈なんか抜きで楽しめ!っていう感じですな。
一方そんなツボを抑えながらも細かいところまで突っ込みどころ満載なのも心憎い。

カンフーハッスルはほとんどリアルドラゴンボール。
個人的には常に半ケツの床屋がツボでした。


2本見るとちょっとしたつながりを発見できるのが微妙におもしろい。
シンの「もうサッカーはやらん!」とか。

水渡りのラム・チーチョンはともかく魔の手のティン・カイマンが斧頭会の笑う組長・サムだったことには中々気付きませんでした。
かっこよくなりすぎだよ!

ちなみにチャウ・シンチー、今度の作品ではもっとアジア全体の武術を取り入れたいそう。
ニンジャとかサムライがスクリーンの中ではちゃめちゃにチャンバラする日も遠くないかも!?

下の公式ホームページではカンフーハッスルのミニゲームとか楽しめます。

結構構成舞台設定も凝ってるんだなぁと感動しました。
っていうかミニゲーム充実しすぎ!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-01-18 02:49:01

はじまりは突然に

テーマ:日想
←不自然な姿で鎮座ましますテレビ&ビデオ様
どう考えても6畳間には不釣合い







ある深夜、酔っ払って歩いている僕の目に一台のテレビとビデオが目に入りました。しかも良く見ると『ご自由にお持ちください』なんて張り紙が。

酔いの回った頭で何を思ったのか正確には覚えていませんが、確かなのはうちに今そのテレビとビデオがある、という事実のみ。

23インチだぞこれ。。。どうやってもってきたんだろう。

しばし考え込むも、きっとこれは今までテレビなんてものに縁がなかった自分に映画を見て教養を深めろというカミサマのオミチビキだと前向きに判断。
せっかくなのでこれを機にブログを書こうと思い立ちました。


というわけで、このブログでは、映画や本の紹介を中心に、日々の忘備録を兼ねながらその時々に感じたことやメモ書きなんか適当にアップしていくつもりです。

てきとーにお付き合いいただければ幸いです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。